記事を探す方はサイトマップへ

転職の面接を突破できる営業マンの自己紹介・理由への回答・逆質問のコツ

どうも、マクリン(@Maku_ring)です。

書類選考を突破したら、いよいよ面接です。

「これで自分の人生が決まるかもしれない」と思うと、緊張せずにはいられません。

むしろ緊張して当たり前だからこそ、逆に気楽な気持ちで行きましょう。

就活の面接とちがって、転職の面接では実践的な内容が求められます。

採用担当者は即戦力を求めているからです。

即戦力を求められているからといって、自分を大きく見せすぎてもいけません。

ショボいと思わせてもいけません。

 

マクリン

そんなん難しいですよね。

 

これまで転職の面接は6社経験していますが、1社しか落としたことがありません(母数が少ないから自慢にならない)。

それは僕なりに「面接のツボ」を心得ていたからです。

そんなわけで今回の記事は、「転職の面接を突破できる営業マンの自己紹介・理由への回答・逆質問のコツ」について書いていきます。

 

 

 

転職の書類選考を必ず通過できる、職務経歴書の書き方・文章術
中小企業から大企業への転職に成功した、Fランク大卒(低学歴)妻の工夫

あなたはそもそも、なぜ転職したいのか?

面接でなかったとしたら、あなたはこの質問にどう答えますか?

面接とまったく同じ崇高な理由だとしたらすごいことです。

でもそんな人、あまりいないんじゃないでしょうか。

たとえば僕の場合、包み隠さず答えるとこうなります。

 

マクリン

なんとなく転職したくなった

 

マクリン

大企業に転職できたら、カッコいいなと思って

 

我ながら中身がなさすぎてヤバイですが、こういう人って少なくないのではないでしょうか。

本質的な理由を包み隠さず面接で答えると、間違いなく落ちるはずです。

実のところ面接というのは、「なんとなく選んできたことを、いかに論理的に理由づけしてうまく説明できるか」という場なんです。

矛盾が生じたらあなたは誠実でないと映ってしまうので、論理的に破たんしないことが重要です。

論理的な理由づけを、大学の専攻からさかのぼって現在にいたるまで準備する必要があります。

「論理的な理由づけが必要な質問項目」を以下に記します。

 

  • 最終学歴の専攻を選んだ理由は?
  • これまで経験してきた企業を選んだ理由は?
  • 転職理由は?
  • わが社でなくてはならない理由は?

 

もしかすると、最終学歴の専攻やこれまでの選んだ企業の中に「あれは誤った選択だった」というものが含まれているかもしれません。

そういう場合でも無理に正当化しなくて大丈夫です。

正直に「いま思えばこう改善すれば良かった」と伝えれば、「同じ失敗は繰り返さない人なんだな」と印象づけができて、むしろプラスに転じるからです。

転職理由は、ネガティブなことを答えてはいけません。

本質的にはネガティブな理由であったとしても、です。

そして今の会社ではぜったいにできないことを挙げるべきです。

商社からメーカーへの転職であれば

 

マクリン

自分の会社で作った製品を自信を持って売りたいから!

 

これは会社の性質上、商社では絶対できないことです。

メーカーからメーカーへの転職であれば、そのメーカーで扱っている商材にスポットをあててみて

 

マクリン

身近で興味を感じられる商品をお客様に提案していきたい!

 

などもアリです。

注:現職で扱っている商材が特殊でないといけません。

これはよく陥ることなのですが、会社の業績悪化で転職する際、業績悪化そのものを理由にしがちです。

そうではなくて、その一歩先のことを理由にすると、あなたの印象がグッと上がります。

 

マクリン

業績悪化で人員削減……

 

マクリン

一歩先:自分の営業上のこだわりである、お客さんへの丁寧なサービスを実現したい!

 

最後の「わが社でなくてはならない理由」は、かなり重要です。

会社の研究をしっかりしましょう。

しっかりするというのは、「製品から見た視点・会社から見た視点・職種から見た視点」の3方向から考えるということです。

もしその会社の社長あるいは経営層の書いた本があれば、ざっと読んでみてもいいと思います。

大企業であれば、かなりの確率で本が出ているはずです。

本を読んだことを面接で伝えると、熱心さが伝わって印象度もかなりアップします。

 

 

 

あなたの強みを理解させよう

面接の態度はもちろん偉そうではいけません。

ですが、「私の強みはこんなにもあなたの会社で活かせるんだよ」というのが伝わるようにしなくてはいけません。

そのためにはどうすればいいか。

あなたのキャリアの強みを質問の回答でうまく入れていくことです。

例えば、下記質問であれば入れられそうです。

 

  • わが社で何をやりたい?
  • あなたの強みを、わが社でどう生かせるか?
  • 今までで一番印象に残っている仕事は?
  • 仕事をする上で大切にしていることは?

 
これらは実際、本当によく聞かれる質問です。

 

あなたのキャリアの強みは、職務経歴書を書いた時点でよく整理しておいた方がいいです。

下記記事では、「業務成果」の項目で採用担当者に訴えかけたい事と訴求エピソードを書くとお伝えしましたが、これがまさにあなたのキャリアの強みに該当します。
 

転職の書類選考を必ず通過できる、職務経歴書の書き方・文章術

 
たとえば僕の場合、「創造性・プレゼン能力・粘り強さ」の3つをキャリアの強みとして訴えかけたいと考えて、それらが伝わる業務上の具体事例を業務成果に書きました。

業務成果に書いたことを応募会社にトレースして考えることで、「あなたの強みをわが社でどう生かせるか」であったり「わが社で何をやりたい」というのは簡単に導き出せるはずです。

「今までで一番印象に残っている仕事」は、業務成果の中でもとっておきのものを引っ張り出しましょう。

「仕事上で大切にしていること」は、営業の熱い思いを書いた「自己PR」のところをうまくピックアップするとよいかもしれません。

あと「あなたの長所と短所を教えてください」というのも本当によく聞かれる質問です。

 

マクリン

だからといって、本当の短所を答えると、面接官は「えっ……」と絶句されるかもしれません。

 

ですので、長所と短所は表裏一体を意識して、短所=長所の行き過ぎた場合でお話しするといいと思います。

そして、短所を自己認識しているからこそ、○○の対応をとっていると一歩先まで添えておくと、印象度アップできるはずです。

 

 

逆質問とは、あなたが入社した想像をすること

ズバリ書きます!

すなわち、あなたが会社に入社したと仮定して具体的な質問をすることです。

これだけで、面接官の印象はグッと上がるということです。

下記は僕がよくしていた逆質問です。

 

  • 御社に入社して身につけるべき知識は?
  • 営業のみなさんが考える、仕事のやりがいはどういったところ?
  • 成績の評価はどのように行っているか?
  • 入社してどの程度の期間で活躍されているのか?
  • 受注から納品までの流れを知りたい

 

ご参考にしてもらえるとありがたいです。

 

 

まとめ

今回の記事は「転職の面接を突破できる回答のコツ」について書きました。

面接はほぼ準備で決まるものです。

職務経歴書とのリンクも重要なので、面接をしっかり想像しながら書いていきましょう。

準備してきたことは頭に叩き込んで、フランクに答えられるように徹してください。

緊張しすぎてガチガチになると、お客さんの前でもそうなのかなと思われたりします……。

あなたのキャリアアップが成功しますように!

どうも、マクリンでした。

 

 

 

転職の書類選考を必ず通過できる、職務経歴書の書き方・文章術
中小企業から大企業への転職に成功した、Fランク大卒(低学歴)妻の工夫