おすすめのポケットWiFi

【徹底比較】WiMAXのホームルーターは本当におすすめ!?口コミ・レビューやいかに…?

これまで12回以上の引越しを経験しているマクリン( @Maku_ring)です。

引越しのたびに困るのがインターネット環境

固定回線の移転申し込みから引越しまで時間がないと、回線工事が引越し後になってしまいます。
 

マクリン
引越してからもしばらく、回線のない生活を送ることも数知れず……。
 
僕のように引越しの多い人・光回線の契約が面倒くさい人におすすめなのがホームルーターです。

ホームルーターとは平たく書くと「ポケットWiFiの据え置きバージョン」。

SIMカードを挿したルーター端末を固定回線の代わりに使うので、回線工事が不要で、届いたその日から使えるすぐれものです。
 

ヨメ

ポケットWiFiの仲間なのにスピードは遅くないの?
 
WiMAXのホームルーターならわりと大丈夫!

マクリン

 
そんなわけで本記事は「【徹底比較】WiMAXのホームルーターは本当におすすめ!?口コミ・レビューやいかに…?」について書いていきます。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。 プロフィール詳細

ホームルーターとはそもそも何?

Wi-Fiルーターは従来、モデムとつないで有線からWi-Fiに変換し、スマホ・タブレット・PCなど、さまざまなWi-Fiデバイスに接続するデバイスです。

従来のWi-Fiルーターの説明
 
しかしホームルーターは、前述のとおり「モバイルルーターの据え置き版」なので、ルーター端末自体にインターネット通信するためのSIMカードが挿されています。

ホームルーターは端末自体にSIMカードが挿入

マクリン
モデムとの接続なしにルーターを部屋に置くだけでインターネットができちゃいます!

出先で仕事や作業する人ならポケットWiFiが便利ですが、自宅でしかWi-Fiをつながない人なら、ポケットWi-Fiよりルーターの性能が高いホームルーターがおすすめです。

届いたその日からすぐに使えるホームルーターは、転勤族や回線工事が面倒くさい人に需要が高まっており、現代のライフスタイルに合ったルーターといえます。

ホームルーターを選ぶポイント

ひとえにホームルーターといっても、回線・ルーター端末・キャッシュバックなど、各社それぞれに特徴があります。

サービスを選ぶときに「これだけは最低限押さえておくべき」というものがあります。

そこで、僕なりに考える「ホームルーターを選ぶポイント」を紹介していきます。

 

1. WiMAXを選ぶべし

ホームルーターの回線は、大きく分けて以下の2種類があります。

回線の種類

  • WiMAX
  • SoftBank

 
WiMAXとSoftBankにはそれぞれ下記の特徴があります。

回線の特徴
  • WiMAX 速度は早いが、障害物に弱い
  • SoftBank 速度は遅いが、障害物に強い
マクリン
「繊細なスピードスター」がWiMAX、「打たれ強いけど鈍足」なのがSoftBankです!

障害物に弱いといわれるWiMAXサービスですが、基本的に広エリアかつ高速のau 4G LTE回線とのハイブリッドであるため、不便を感じるシーンは多くありません。

さまざまな場所で使うポケットWiFiなら、場所によって「つながりやすい・つながりにくい」が存在するため、障害物に強いSoftBank回線を選ぶのがベターです。

しかし、ホームルーターは定位置に置いて使うため、自宅さえつながれば問題なし。

つまり、通信速度を優先すべきなのです。

そういう意味でWiMAXのホームルーターをおすすめします。
 

2. 最新のルーター端末を選ぶべし

ホームルーターを使用する上で重視するのは、やはり通信速度。すなわちスピードです。
 

ヨメ

会社によってスピードって変わるの?
 
回線が同じなら、基本的に同じだね!

マクリン

 

ヨメ

え !? そうなの?
 
また「下り最大150Mbps」などのうたい文句は、基本的に出ないものと考えてください。

あくまで理論的な最大速度であって、実測値ではないからです。

とはいえ、最大速度が高いほうが、実測値も大きい傾向にあります。

それより大事なのはルーターの性能です。

ホームルーターの快適性は、端末のスペックに依存するといっても過言ではありません。

WiMAXのルーター端末は、現在こちらの3機種があります。

端末名 最大通信速度 最大同時接続数 対応ネットワーク 無線LAN規格
「Speed Wi-Fi HOME L02」
下り最大:1.0Gbps/上り最大:75Mbps 最大約40台(2.4GHz:20台、5GHz:20台) WiMAX 2+
au 4G LTE
IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
「WiMAX HOME 01」
下り最大:440Mbps/上り最大:75Mbps 最大22台(LANポート:2台、2.4GHz:10台、5GHz:10台) WiMAX 2+
au 4G LTE
IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」
下り最大:440Mbps/上り最大:75Mbps 計42台(LANポート×2台、Wi-Fi SSID×2×20台) WiMAX 2+
au 4G LTE
IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)

最大速度から分かりますとおり、最新機種の「Speed Wi-Fi HOME L02(通称L02)」のみ、光回線と並ぶ最大1.0Gbps(1000Mbps)までカバーしています。

したがって、L02をあつかうWiMAXサービスを選びましょう。
 

マクリン
月額がいくら安くても、古い端末をあつかってたら要注意!

3. キャッシュバック金額の多いサービスを選ぶべし

WiMAXのホームルーターに定めた上で、次に考慮すべきは「キャッシュバック金額の大きさ」です。
 

マクリン
中身は同じなので、キャッシュバックの大きいプロバイダを選ぶべきですよ!
 
僕がWiMAXプロバイダでおすすめするのは、ポケットWiFiでも愛用しているGMOとくとくBB WiMAX2+です。

 
GMOとくとくBB WiMAX2+のみ特徴として「キャッシュバック金額が最も大きい」があります。

WiMAXの提供プロバイダは数あれど、これだけキャッシュバックがあるのはGMOとくとくBB WiMAX2+のみです。

サービス名 キャッシュバック金額 ルーター端末
GMOとくとくBB WiMAX2+ 30,000円 L02
JPWiMAX 11,000円 L02
BIGLOBE WiMAX 2+ 7,000円 L02
UQ WiMAX 3,000円 L02
Broad WiMAX 0円 L02
So-net 0円 L02
@nifty WiMAX 0円 L02

キャッシュバックのない会社は、月額料金をその分下げているサービスが多いですが、それを加味してもGMOとくとくBB WiMAX2+は2位のものより年間4,000円程度お得

マクリン
すなわち最安値のサービスなのです!

ユーザーにやさしいサービスといえるでしょう。

キャッシュバック特典
端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス(GMOのアドレス)宛に、キャッシュバックの振り込みに関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。受け取りを忘れるケースが多発していますので、本当に気をつけましょう。
 
CHECK NOW

WiMAXホームルーターの料金プランと注意点

WiMAXホームルーター「GMOとくとくBB WiMAX2+」は、以下の料金プランとなっております。

プラン名 ギガ放題プラン 7GBプラン
月額 契約月〜2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目〜:4,263円
3,609円
キャッシュバック金額 30,000円
月間容量 無制限
※3日10GB超で翌日まで最大128kbps制限
7GB
※7GB超で最大128kbps制限
契約期間 3年縛り
解約金 1~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円(税抜)
37ヶ月目・73ヶ月目(更新月):0円
MEMO
新規発行時に事務手数料:3,000円(税抜)が発生します。
 
固定回線代わりに使うホームルーターで月7GBの制約はなかなか厳しいので、基本的にギガ放題プランをおすすめします。

WiMAXを使用する上で注意点が2つあります。

ひとつはWiMAXをあつかう全てのプロバイダに存在するものですが、3日で10GBの容量制限があることです。

通常使用している分には基本超えないものの、据え置きゲーム機で長時間プレイしたり、何人かでシェアするとあっという間に到達するので、その点だけ注意しましょう。

ただ、翌日まで我慢すれば、低速制限が解消されるので良心的です。

もうひとつの注意点が、3年縛りにともなう「解約料」です。
 

マクリン
1年以内に解約すると2万円近くかかります……。

高品質のWiMAXサービスを安く使えるのと引き換えに、制約があることをおぼえておきましょう。

CHECK NOW

WiMAXホームルーターの比較表

WiMAXホームルーター「GMOとくとくBB WiMAX2+」ならびに、それとよく比較されるSoftBank Air・NEXTmobileの料金や内容を並べてみました。

サービス名 端末名 最大通信速度 月額(容量) 回線 容量制限 解約料
GMOとくとくBB WiMAX2+
Speed Wi-Fi HOME L02 下り最大:1.0Gbps/上り最大:75Mbps 3,609円(無制限)
3ヶ月目〜4,263円
※30,000円のキャッシュバックあり
WiMAX・au 3日10GB(WiMAX) 1~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円(税抜)
37ヶ月目・73ヶ月目(更新月):0円
SoftBank Air
Airターミナル3 下り最大:261Mbps/上り最大:10Mbps 3,800円(無制限)
13ヶ月目〜4,880円
※30,000円のキャッシュバックあり
SoftBank なし 更新月以外:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円
※Airターミナル割賦金は1,650円 x 36回払い = 59,400円
NEXTmobile
HT100LN 下り最大:150Mbps/上り最大:50Mbps 3,100円(無制限)
25ヶ月目〜3,600円
SoftBank なし 0~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円

まず最大通信速度から分かりますとおり、GMOとくとくBB WiMAX2+がもっとも速く、固定回線と変わらぬ最大1Gbps(1000Mbps)です。

ポケットWiFiとしては優秀なNEXTmobileですが、端末の性能が微妙なので、安くてもホームルーターの選択肢に入れるのは厳しいでしょう。

また、一見安く見えるSoftBank Airも、実は解約のタイミングに落とし穴があります。

更新月(2年ごと)に解約すると解除料自体は無料です。

しかし、この時点では端末代(36回払い)がまだ残り1年分あるため、端末の支払い残額が19,800円も残っています。
 

マクリン
つまり、解約料も端末代もかからずに解約できるのは、なんと4年後……。

ネットワークの品質が良い・キャッシュバックが多い・解約時に端末代がかからない」この3点でGMOとくとくBB WiMAX2+はベストといえるでしょう。

CHECK NOW

WiMAXホームルーターの通信速度レビュー

WiMAXホームルーター「GMOとくとくBB WiMAX2+」は、WiMAX2+とau LTE回線をそなえ、2つのモードがあります。

モード WiMAX2+ au 4G LTE
ハイスピード
ハイスピードプラスエリア
注意
ハイスピードモードに月間の容量制限はありませんが、ハイスピードプラスエリアモードには月間7GBの容量制限があります。
マクリン
エリアカバーも広く取りつつ速度もキープという、いいとこ取りのサービス!

ルーター端末「L02」は、2.4GHz帯と5.0GHz帯の2種類をそなえるデュアルバンドルーターです。

WiMAXホームルーターの端末はSpeed Wi-Fi HOME L02
 
それぞれの周波数帯には以下の特徴があります。

Wi-Fi電波の特徴

  • 2.4GHz帯 速度は遅いが、障害物に強い
  • 5.0GHz帯 速度は早いが、障害物に弱い

 
つまり「繊細なスピードスター」が5.0GHzですが、速さは正義なので、基本的に5.0GHz帯にすることをおすすめします。

そんなわけで、まずはハイスピードモードの5.0GHz帯で通信速度を計測しました。



送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

30Mbps程度であり、Webサイト・SNS閲覧はもちろん、動画鑑賞でも不便を感じることはない速度です。

それから、広エリアかつ高速のau 4G LTE回線が使える、ハイスピードプラスエリアモードで測りました。


 
速度は150Mbps程度まで伸び、au 4G LTEならびにWiMAX2+のハイスピードぶりが如実に発揮された結果となりました。



マクリン
ホームルーター最高クラスのサクサク感ですよ!

ちなみに我が家で使用している、最大1Gbpsの光回線「So-net 光コラボレーション」の通信速度がこちら。



マクリン
下りにいたってはなんと、ホームルーターが固定回線を上回る結果に……!

とはいえ、よくよく考えれば、光回線とルーター端末「L02」の最大通信速度は同値。

ハイスピードプラスエリアモードを駆使すれば、ホームルーターのほうが高速になることもあるのが分かりました(もちろん環境による)。

マクリン
ホームルーターはもはや単なる固定回線の簡易版ではないですね!
CHECK NOW

WiMAXホームルーターの申し込み・解約方法

読まなくていい人
次の見出しからお読みください。
 
WiMAXホームルーター「GMOとくとくBB WiMAX2+」のお申し込み方法を紹介します。

STEP.1
簡単申し込みをタップ

公式ページに遷移後、「お申込み」をタップします。

STEP.2
端末とプラン選択

プランは「ギガ放題(3年)接続サービス」、ルーター端末「Speed Wi-Fi HOME L02(デフォルトで選択済)」を選びます。


STEP.3
安心サポート

故障修理が無料の安心サポート(月300円)とWiF-接続サービス(月362円)を選びます。いずれも最初は入らないといけませんが、2ヶ月間無料でBBNavi(会員ログインページ)から解約可能です。



STEP.4
お客様情報入力

名前・連絡先・住所・希望メールアドレスを入力します。


STEP.5
決済情報入力

クレジットカード情報を入力します。


注意
VISA Master JCB AMEX ダイナースが利用可能ですが、デビットカードやプリペイドカード等はご利用いただけません。
STEP.6
申込完了

申し込みが完了します。


STEP.7
出荷完了

申し込んだ次の日に、端末の出荷完了メールが届きます。


STEP.8
端末到着

さらにその次の日、端末が届きます。


解約方法は、更新月であればBBnaviから解約ボタンを押し、それ以外はお問い合わせセンターに問い合わせる形となります。

注意
契約解除料は1~12ヶ月目:19,000円(税抜)、13~24ヶ月目:14,000円(税抜)、25ヶ月目以降:9,500円(税抜)、37ヶ月目ごと(更新月):0円です。端末・SIMカードの返却は必要ありません。
 
CHECK NOW

WiMAXホームルーターの評判・口コミ

WiMAXホームルーター「GMOとくとくBB WiMAX2+」の評判や口コミを、Twitterから拾ってみました。

通信速度・端末が届くまでの早さ・キャッシュバックの多さに関しては、好意的なコメントが多かったです。

 
しかし、キャッシュバックの見落としや更新月以外の解約しづらさには不満の声もあり、この2点はやはり気をつけるべきでしょう。

マクリン
僕自身はWiMAXならではの快適性に満足してますよ!
 
CHECK NOW

WiMAXホームルーターの比較レビューまとめ

本記事は「【徹底比較】WiMAXのホームルーターは本当におすすめ!?口コミ・レビューやいかに…?」について書きました。

WiMAXのホームルーターは、我が家の環境では光回線と変わらぬ高速であり、もはや単なる「ポケットWiFiの据え置き版」でないことが分かりました。

届いたその日からすぐに使えるホームルーターは、転勤族や回線工事が面倒くさい人におすすめかつ、現代のライフスタイルに合ったルーターです。

マクリン
自宅でWiMAXが問題なく利用できるなら、かなりおすすめできるサービスですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

CHECK NOW

 

 
【ギガ不足サヨナラ】ドコモ光×GMOとくとくBBの評判・口コミを徹底検証!今から光回線に申し込むのはアリ? 【徹底検証】GMOとくとくBBの評判・口コミをレビュー!WiMAXは本当に安くて速いのか? 【決定版】おすすめのWiFiルーターはどれだ!?タイプ別にまるっと紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です