おすすめの無制限ポケットWiFi

【徹底検証】GMOとくとくBBの評判・口コミをレビュー!WiMAXは本当に安くて速いのか?

 
あらゆる場所で仕事するため、ポケットWiFiが欠かせないマクリン( @Maku_ring)です。

容量の制限がないとうたう無制限のモバイルルーターの回線は、基本的にこの3種類に分かれます。

回線の主な種類

  • WiMAX
  • Softbank
  • トリプルキャリア(Softbank・ドコモ・auだがSoftbank 8〜9割)

 
WiMAXとSoftbankにはそれぞれ下記の特徴があります。

回線の特徴
  • WiMAX 速度は早いが、障害物に弱い
  • Softbank 速度は遅いが、障害物に強い

僕はつながりやすさを重視し、Softbank回線のポケットWiFiを当初使っていました。

が、ふと思いました。

「東京都内にしかそもそも生息していない僕が、つながりにくさを気にする必要なくね !?」

それから友人のWiMAXのポケットWiFiを借りてみて……
 

マクリン
め、めちゃくちゃ速いがな……!
 
と驚がくしたことも後押しになり、WiMAXを契約してしまいました。

WiMAXの外箱

とはいえ、これまで使っていたNomad SIMもグッドサービスなので

ヨメ
私が使うね〜♪

と妻にかっさらわれてしまいました……。

このたび選んだWiMAXは「GMOとくとくBB WiMAX2+」です。

契約理由は、ポケットWiFiで信頼できる友人でもある「ねとみちゃんがメインで使っているから」なのですが、自分なりに調べてもGMOとくとくBB WiMAX2+がもっともオトクであることが判明しました。

WiMAXの弱点であるエリアカバー率も、GMOとくとくBBはWiMAX回線とau LTE回線のハイブリッドであるため、エリアの広いau LTE回線でカバーすることができます。

そんなわけで本記事は「【徹底検証】GMOとくとくBBの評判・口コミをレビュー!WiMAXは本当に安くて速いのか?」について書いていきます。
 

GMOとくとくBB WiMAXは国内で使えるモバイルルーターサービス

GMOとくとくBB WiMAX2+は、国内で使えるモバイルルーターサービスです。

 
運営会社はGMOインターネット株式会社であり、大小さまざまのWiMAXプロバイダがいる中、一部上場の大手企業であり、しっかりしていることは間違いありません。

前述のとおり、WiMAX2+とau LTE 2つの回線をそなえてますので、エリアカバーも広く取りつつ速度もキープという、いいとこ取りのサービスです。

回線WiMAX2+au 4G LTE
ハイスピード
ハイスピードプラスエリア
注意
ハイスピードモードに月間の容量制限はありませんが、ハイスピードプラスエリアモードには月間7GBの容量制限があります。
 
それでは料金面に触れていきます。

GMOとくとくBB WiMAXの料金プラン

GMOとくとくBB WiMAX2+の料金プランはギガ放題プランと7GBプランの2種類です。

プラン名ギガ放題プラン7GBプラン
月額契約月〜2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
※契約月は日割り
3,609円
※契約月は日割り
月間容量無制限
※3日で10GB超えると翌日まで制限
7GB
※7GB超えると最大128kbpsに制限
契約期間3年縛り
解約金1~24ヶ月目:24,800円(税抜)
25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円(税抜)
37ヶ月目・73ヶ月目(更新月):0円
MEMO
新規発行時に事務手数料:3,000円(税抜)が発生します。
 
月額料金は安いものの、月7GBの制約はなかなか厳しいので、基本的にギガ放題プランをおすすめします。

3日で10GBの容量制限は、GMOとくとくBBだけでなくWiMAXをあつかう全てのプロバイダに存在するものなので、致し方ありません。

なお、GMOとくとくBB WiMAX2+のみ特徴として「キャッシュバック金額が最も大きい」というものがあります。

WiMAXの提供プロバイダは数あれど、これだけキャッシュバックがあるのはGMOとくとくBB WiMAX2+のみです。

サービス名キャッシュバック金額ルーター端末
GMOとくとくBB WiMAX2+34,500円W06
JPWiMAX11,000円W06
BIGLOBE WiMAX 2+7,000円W06
UQ WiMAX3,000円WX05
Broad WiMAX0円W06
So-net0円W06
@nifty WiMAX0円W06

キャッシュバックのない会社は月額料金をその分下げているサービスが多いですが、それを加味してもGMOとくとくBB WiMAX2+は、2位のものより年間4,000円程度お得

マクリン
すなわち最安値のサービスなのです!

それにもかかわらず、ルーター端末は最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W06」とすきがありません。

ユーザーにやさしいサービスといえるでしょう。

キャッシュバック特典
端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス(GMOのアドレス)宛に、キャッシュバックの振り込みに関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。受け取りを忘れるケースが多発していますので、本当に気をつけましょう。
 
CHECK NOW

GMOとくとくBB WiMAXのルーター

GMOとくとくBB WiMAX2+のルーター端末は、WX05も選べますが、Speed Wi-Fi NEXT W06にしましょう。

GMOとくとくBB WiMAX2+のルーター端末はSpeed Wi-Fi NEXT W06

W06の最大通信速度が下り最大1.2Gbpsに対し、WX05は下り最大440Mbpsです。

2倍以上の速度差なので、ぶっちゃけW06一択

2.4インチのタッチパネルディスプレイをそなえ、操作性・視認性も高いです。

Speed Wi-Fi NEXT W06は2.4インチのタッチパネルディスプレイを備える

製品名Speed Wi-Fi NEXT W06
製造元HUAWEIファーウェイ
重量約125g
連続使用時間約9時間(ハイスピードモード・スマート)
最大通信速度【ハイスピードモード】
下り最大:558Mbps/上り最大:30Mbps
【ハイスピードプラスエリアモード】
下り最大:1.2Gbps/上り最大:75Mbps
付属品USB-Cケーブル
サイズ136 x 72.2 x 12mm
周波数帯LTE/4Gバンド:Band 1/3/18/26/41/42
同時接続台数16台

 
サイズはiPhoneよりすこし小さいくらいです。

Speed Wi-Fi NEXT W06のサイズ
 
天面には電源ボタン、底面には充電用のUSB-CポートとNano IC Cardスロットを備えています。



利用方法も簡単です。

ルーター端末とともにau ICカードが付いているので、こちらを慎重に外します。



それから端末のIC Cardスロットにセットします。


 
あとは画面に沿って、接続設定を進めていくのみです。


 
ふだん使用する上で留意すべきことは2点。

ひとつは周波数帯で、W06は2.4GHz帯と5.0GHz帯の2種類をそなえる、デュアルバンドルーターです。

それぞれこういった特徴があります。

Wi-Fi電波の特徴

  • 2.4GHz帯 速度は遅いが、障害物に強い
  • 5.0GHz帯 速度は早いが、障害物に弱い

 
つまり「繊細なスピードスター」が5.0GHzですが、速さは正義なので、基本的に5.0GHz帯にすることをおすすめします。


 
もうひとつが通信モード

前述のとおり、WiMAX2+とau LTE 2つの回線をそなえており、このうち高速かつ広エリアのau LTEを使えるのは「ハイスピードプラスエリアモード」です。

ですが、ハイスピードプラスエリアモードには月間7GBの容量制限があるので、ここぞというときだけ使うようにしましょう。

CHECK NOW

GMOとくとくBB WiMAXの申し込み・解約方法

GMOとくとくBB WiMAX2+のお申し込み方法を紹介します。

STEP.1
簡単申し込みをタップ

公式ページに遷移後、「今すぐ簡単お申込み」をタップします。


STEP.2
端末とプラン選択

ルーター端末「Speed Wi-Fi NEXT W06」、プランは「ギガ放題(3年)接続サービス」を選びます。



STEP.3
安心サポート

故障修理が無料の安心サポート(月300円)とWiF-接続サービス(月362円)を選びます。いずれも最初は入らないといけませんが、2ヶ月間無料でBBNavi(会員ログインページ)から解約可能です。



STEP.4
お客様情報入力

名前・連絡先・住所・希望メールアドレスを入力します。


STEP.5
決済情報入力

クレジットカード情報を入力します。


注意
VISA Master JCB AMEX ダイナースが利用可能ですが、デビットカードやプリペイドカード等はご利用いただけません。
STEP.6
申込完了

申し込みが完了します。


STEP.7
出荷完了

申し込んだ次の日に、端末の出荷完了メールが届きました。


STEP.8
端末到着

さらにその次の日、端末が届きました。


解約方法は、更新月であればBBnaviから解約ボタンを押し、それ以外はお問い合わせセンターに問い合わせる形となります。

注意
契約解除料は1~24ヶ月目:24,800円(税抜)、25ヶ月目以降:9,500円(税抜)、37ヶ月目ごと(更新月):0円です。端末・SIMカードの返却は必要ありません。
 
CHECK NOW

GMOとくとくBB WiMAXの通信速度レビュー

GMOとくとくBB WiMAX2+の通信速度がどの程度まで出るのか確認しました。

まず、ハイスピードモードの5.0GHz帯では20Mbps程度であり、Webサイト・SNS閲覧はもちろん、動画鑑賞でも不便を感じることはない速度でした。




送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

 
それからハイスピードプラスエリアモードの5.0GHz帯では、70Mbps程度まで伸び、au 4G LTEならびにWiMAX2+の高速ぶりが如実に発揮された結果となりました。




マクリン
ポケットWiFi最高クラスのサクサク感ですよ!
 
CHECK NOW

GMOとくとくBB WiMAXの評判・口コミ

GMOとくとくBB WiMAX2+の評判や口コミを、Twitterから拾ってみました。

申し込んでから端末が届くまでの早さ・通信速度・キャッシュバックの多さに関しては、好意的なコメントが多かったです。

 
しかし、キャッシュバックの見落としや更新月以外の解約しづらさには不満の声もあり、この2点はやはり気をつけるべきでしょう。

マクリン
僕自身はWiMAXならではの快適性に満足してますよ!
 
CHECK NOW

GMOとくとくBBレビューまとめ

本記事は「【徹底検証】GMOとくとくBBの評判・口コミをレビュー!WiMAXは本当に安くて速いのか?」について書きました。

GMOとくとくBB WiMAX2+は、数あるWiMAXプロバイダの中でもキャッシュバック金額が多く、受け取り忘れさえ気をつければ大変お得なサービスといえます。

申し込んでから端末が届くまでの日数も短く、高速のau 4G LTE回線が使えるため、ポケットWiFi随一の速さをほこります。

マクリン
自分の活動エリアでWiMAXが問題なく利用できるなら、かなりおすすめできるサービスですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

CHECK NOW

 

 

Mugen WiFiは、どんなときもWiFiと同じくトリプルキャリアのポケットWiFi。無制限のクラウドSIMでは月額最安値!

GMOとくとくBB WiMAX2+は、数あるWiMAXプロバイダの中でもキャッシュバック金額最多で、最安値のWiMAXサービス!

クラウドWiFiは月額3,380円のリーズナブル設定ながら、いつ解約しても手数料ゼロの良心的なポケットWiFiサービス!

NEXTmobileはソフトバンク回線で提供するポケットWiFiで、全サービスの中で月額最安値の価格設計!

【頂上決定戦】おすすめの無制限ポケットWiFiはどれだ!?ガチで比較した結果は…? 【徹底比較】WiMAXのホームルーターは本当におすすめ!?口コミ・レビューやいかに…? 【月額最安級】Broad WiMAXの口コミ・評判をレビュー!一番オトクなワイマックスなのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です