おすすめのポケットWi-Fi

【Velop AX MX4200レビュー】Wi-Fi6・トライバンド対応で上位モデルよりコスパの良いメッシュルーター

評価:4.5

自宅・事務所・運営中のコワーキングスペースともにメッシュルーターのマクリン( @Maku_ring)です。

Wi-Fiルーターの中でも通信速度にこだわるなら、Wi-Fi6対応かつトライバンドのメッシュルーターがおすすめですが、万人に推しづらい理由がその価格

マクリン
とにかく高い……!

Orbi WiFi6Velop MX5300なんかは、2個セットで7万円前後というハイプライス。

なかなかおいそれと手が伸びる価格ではありません。

Wi-Fi6・トライバンド・メッシュ対応となると、なかなか安いモデルはありませんが、その中でも比較的抑えているのが、Linksysの「Velop MX4200」です。

Linksys Velop AX4200の外箱

メッシュルーターで人気を博すVelopシリーズのひとつで、デュアルバンドトライバンド・本機(MX 4200)・最上位(MX 5300)の中で、二番目に位置するプレミアムモデルにあたります。

2個セットで5万円台と決して安くはないものの、最上位と遜色そんしょくない最大通信速度と適用範囲を有しています。

そんなわけで本記事は「【Velop AX MX4200レビュー】Wi-Fi6・トライバンド対応で上位モデルよりコスパの良いメッシュルーター」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。 プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Velop MX4200の外観と付属品

Velop MX4200は2.4GHzと5.0GHz x 2、3種類の電波を持つトライバンドタイプのメッシュWi-Fiルーターです。

Velop MX4200はトライバンドタイプのメッシュWi-Fiルーター
 
Velopシリーズで各スペックを比較してみました。

製品
ワイヤレス規格 2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n
5.0GHz:IEEE 802.11n/ac
2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n/ax
5.0GHz:IEEE 802.11n/ac/ax
周波数 2.4GHz+5.0GHz 2.4GHz+5.0GHz+5.0GHz
ストリーム数 4本 6本 8本
最大通信速度(理論値) 2.4GHz:400Mbps
5.0GHz:867Mbps
2.4GHz:400Mbps
5.0GHz:867Mbps
5.0GHz:867Mbps
2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:2,402Mbps
5.0GHz:1,201Mbps
2.4GHz:1,147Mbps
5.0GHz:2,402Mbps
5.0GHz:1,733Mbps
適用範囲 140平米 185平米 185平米 190平米
接続端末数 最大30台 最大50台 最大250台 最大250台
ワイヤレスセキュリティ WPA2 WPA3
CPU 716MHz クアッドコアCPU 1.4GHz クアッドコアCPU 2.2GHz クアッドコアCPU
インターフェース ギガビット対応LAN/WAN互換ポート x 2 ギガビット対応WANポート x 1
ギガビット対応LANポート x 3
ギガビット対応WANポート x 1
ギガビット対応LANポート x 4
2個パックの価格 17,373円前後 25,350円前後 57,895円前後 66,622円前後
ストリーム数
「道の本数」がイメージしやすく、電波の通る道の数が多いほど、複数の端末がつながった状態でも高速に通信することができます。

MX4200は、CPUのクロック数とLANポート数こそフラグシップのMX5300にゆずるものの、最大通信速度の2.4Gbps(合計値はMX5300が上)や適用範囲はほとんど変わりありません。

それでいて1万円近く下がっているので、それなりにオトクなモデルといえます(高いっちゃ高いですが……)

ストリーム数でも、デュアルバンドの3本、トライバンドの6本に対し、MX4200とMX5300は最多の8本であり、接続端末数の多さにつながっています。

MX4200とMX5300のサイズは99 x 99 x 239mmとそれなりにゴツく、片手で支えるにはギリギリの大きさ。

LINKSYS VELOPデュアルバンドのサイズ

デュアルバンド(78 x 78 x 143mm)

LINKSYS VELOPデュアルバンドのサイズ

トライバンド(78 x 78 x 185mm)

Velop MX4200のサイズは99 x 99 x 239mm

MX4200(99 x 99 x 239mm)

MX5300(99 x 99 x 239mm)

500mlペットボトルよりもひと回り大きく、Velopの特徴であったスリムさは、本モデルに関してはありません。

Velop MX4200のサイズは500mlペットボトルよりひと回り大きい
 
重量は1kgを切り、MX5300が約1.6kgだったことを踏まえると、かなりの軽量化が図られています。

Velop MX4200の重量は約941g
 
天面はおなじみのメッシュ加工で、冷却性を高めるデザインとなっています。


 
底面にはセットアップ用Wi-Fiの情報が記載され、電源ボタンとWPSボタン、RESETボタンも付いています。

Velop MX4200の底面
 
インターフェースは、USB-Aポート(USB3.0)にギガビットLANポート x 3、ギガビットWANポートをそなえています。

Velop MX4200のインターフェース

せっかく最大9.6Gbps対応のWi-Fi6モデルなので、WANポートは最大2.5Gbpsのマルチギガビットに対応してほしかったところ。

同梱品はMX4200本体に電源アダプタ、イーサネットケーブルです。

Velop MX4200の付属品

Velop MX4200の接続設定

Velop MX4200ふくめ、Velopシリーズは専用アプリのUIが分かりやすく、接続設定も画面に沿って進めるだけなので簡潔です。

Linksys

Linksys

Belkin International, Inc.無料posted withアプリーチ

接続設定方法を紹介します。

STEP.1
モデムにつなぐ
ノード(ルーターのこと)をモデムに接続し、天面のLEDが紫点灯するまで待機します。


STEP.2
セットアップ用Wi-Fiにつなぐ
本体底面に書かれているセットアップ用Wi-Fiにつなぎます。

Velop MX4200のセットアップ用Wi-Fi

STEP.3
アカウント作成
Linksysアカウントを作成もしくはログインします。


STEP.4
アカウントをリンク
作成したアカウントとVelopをリンクします。


STEP.5
Wi-Fiの名付け
Wi-FiのSSIDとパスワードを設定します。


STEP.6
ノードの設定完了
ノードの設定が完了します。


STEP.7
サテライト追加
別の部屋に2台目・3台目のノード(サテライト)を追加するときは、追加設定を行います。1台のときはSTEP.6で完了です。

Velop MX4200のノード追加

STEP.8
ノードの紫点滅
ノードのLEDが紫点滅していることを確認します。


STEP.9
ノードの追加設定
ノードの追加設定を待機します。5分程度かかることもあるので、しばらく待ちましょう。



STEP.10
ノードの設定完了
ノードの設定も完了です。


Sponsored Links

 

Velop MX4200の通信速度を計測

我が家のプロバイダーは「enひかり」で、最大10Gbps(10,000Mbps)対応の光ファイバー回線を敷いています。


 
参考までに、過去に計測したVelopトライバンドならびにVelop MX5300の通信速度です(いずれも正午に測定)。

トライバンド

MX5300

送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

 
ということで、Linksys MX4200の速度をWi-Fi6対応のノートPCとスマホで測定しました。

HP Spectre x360 13

iPhone 12 Pro

下りではいずれも600Mbps以上とかなり速く、最上位のMX5300とほぼ変わらぬ値が出ていました。

スペック面でも両者の最大通信速度にほとんど差はなかったので、それが如実に実測でも出た結果といえます。

マクリン
まさに高速メッシュの有力モデルですね!
注意
Velopシリーズは本機ふくめ、v6プラス(IPv6 IPoE)には未対応です。v6プラス接続の通信で使う場合、v6プラスのルーターを間にはさむ必要があります。

Velop MX4200レビューまとめ

本記事は「【Velop AX MX4200レビュー】Wi-Fi6・トライバンド対応で上位モデルよりコスパの良いメッシュルーター」について書きました。

Velop MX4200」は、Wi-Fi6・トライバンド・メッシュと全部入りのルーターではこなれた価格におさまり、使いやすいモデルに仕上がっています。

Velopらしいコンパクトスリム仕様ではないものの、フラグシップとほぼ変わらぬ高速性を実現しています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Velop AX MX5300レビュー】Wi-Fi6&トライバンド対応の高性能メッシュルーター! 【Linksys Velopトライバンド比較レビュー】おすすめのメッシュWi-Fiルーター【デュアルバンドとの違い】 【Linksys Velopレビュー】Apple推奨のメッシュWi-Fiルーター【AirMacの後継機種】 メッシュWi-Fiルーターのおすすめを比較して最強を決定してみた 【10Gbps】Wi-Fi6対応ルーターのおすすめはどれ? ASUS・NETGEAR・TP-Link・バッファローを徹底比較!

1 COMMENT

わび

こんにちは
購入を迷っている初心者です
非常に参考になる記事、大変感謝いたします
ひとつ教えていただきたくコメントいたします
2ないし3つのノードがうまくつながらない場合、それぞれを有線接続することは可能でしょうか?
家庭内LANを敷いているのですが、これを有効利用して設置場所を決めたいのです
知りたいことがうまく伝わっているかすらわかりませんが、、、
ご迷惑でなければよろしくお願いいたします

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です