おすすめのポケットWiFi

【TaoTronics TT-ND001レビュー】コスパにすぐれるトライバンド対応メッシュルーター!

自宅でも職場でもメッシュルーターのお世話になっているマクリン( @Maku_ring)です。

こちらで周波数帯(2.4GHz/5.0GHz)を選ぶ必要がなく、サテライト追加でWiFiエリアを手軽に広げられるメッシュルーターは、WiFiルーターの主流になりつつあります。

中でも3つの周波数帯をもつトライバンド対応のメッシュルーターは、メッシュの安定性とトライバンドの高速性を合わせ持ち、まさにいいとこ取りのルーターです。

Orbi WiFi6はトライバンド

マクリン
でも、トライバンドのメッシュルーターは高いのが難点……。

トライバンドのメッシュルーターでありながら、1ユニット1万円台におさえた破格のモデルが「TaoTronics TT-ND001」です。

安いからといって性能も手を抜いているわけではありません。

最大通信速度は1,733Mbps、2ユニットで640平米適用、接続可能台数は200台と、なかなか優秀なルーターに仕上がっています。

そんなわけで本記事は「【TaoTronics TT-ND001レビュー】コスパにすぐれるトライバンド対応メッシュルーター!」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。 プロフィール詳細

TaoTronics TT-ND001のスペック比較

TaoTronics TT-ND001」は2.4GHzと5.0GHz x 2、3種類の電波を持つトライバンドタイプのメッシュWi-Fiルーターです。

TaoTronics TT-ND001はトライバンドのメッシュWi-Fiルーター
 
他社の主要なメッシュルーターである、Deco X20Orbi WiFi6Velop AX MX5300とスペック比較してみました。

製品
サイズ 225 x 75 x 168mm φ110 x 114mm 254 x 71 x 191mm 99 x 99 x 239mm
ワイヤレス規格 2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n
5.0GHz:IEEE 802.11n/ac
2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n/ax
5.0GHz:IEEE 802.11n/ac/ax
周波数 2.4GHz+5.0GHz+5.0GHz 2.4GHz+5.0GHz 2.4GHz+5.0GHz+5.0GHz
最大通信速度(理論値) 2.4GHz:400Mbps
5.0GHz:866Mbps
5.0GHz:1,733Mbps
2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:1,201Mbps
2.4GHz:1,147Mbps
5.0GHz:2,402Mbps
5.0GHz:2,402Mbps
2.4GHz:1,147Mbps
5.0GHz:2,402Mbps
5.0GHz:1,733Mbps
適用範囲 640平米
(2ユニット)
370平米
(2ユニット)
350平米
(2ユニット)
190平米
(1ユニット)
接続端末数 最大200台 最大150台 最大96台 最大250台
ワイヤレスセキュリティ WPA3 WPA3 WPA2 WPA3
CPU 880MHzクアッドコアCPU 1GHzクアッドコアCPU 2.2GHzクアッドコアCPU 2.2GHzクアッドコアCPU
インターフェース ギガビットWAN x 1
ギガビットLANポート x 3
ギガビットWAN/LANポート x 2 2.5Gbps WANポート x 1
ギガビットLANポート x 4
ギガビットWANポート x 1
ギガビットLANポート x 4
価格 28,599円 20,800円 94,339円 58,692円

TaoTronics TT-ND001は、最大10Gbpsの高速回線も活かせるWi-Fi6対応ではないものの、従来のWi-Fi(Wi-Fi5)で出せる最大通信速度を有しています。

ストリーム数はフラグシップのOrbi WiFi6・Velop AX MX5300が8本、Deco X20の4本に対し、TaoTronics TT-ND001は6本とちょうどいい塩梅のミドルスペックです。

ストリーム数
「道の本数」がイメージしやすく、電波の通る道の数が多いほど、高速に通信することができます。つまり、ストリーム数と最大通信速度は比例します。

実用性を踏まえると、現時点で最大10Gbpsの光回線を敷いているケースはまれで、Wi-Fi6対応ルーターの実力を発揮できる場面は少ないです。

最大1Gbpsの光回線を使っている家庭がまだまだ多い中、Wi-Fi5かつトライバンドのメッシュルーターはかなり現実的な選択肢といえるでしょう。

もうひとつ、価格面でもTaoTronics TT-ND001は優秀。

TP-Link Deco X20とほとんど変わらない2万円台をキープしています。

それでありつつ、適用範囲は640平米/2ユニットとかなり広く、コストも性能も両取りしたい人におすすめのルーターです。

TaoTronics TT-ND001の外観と付属品

TaoTronics TT-ND001は本体とサテライトの2ユニットが入っています。


 
サイズは225 x 75 x 168mmとコンパクトではないものの、ホワイト基調のシンプルかつ清潔感あるフォルムです。

TaoTronics TT-ND001のサイズは225 x 75 x 168mm
 
底面はシルバーの脚と排気用のパンチングメッシュが付き、デザイン的にもアクセントとなっています。


 
インターフェースは、ギガビットWAN x 1にギガビットLANポートが3つ付き、ちょうど良いポート数です。

TaoTronics TT-ND001のインターフェース
 
同梱品はTT-ND001本体と電源アダプタ、LANケーブルです。

TaoTronics TT-ND001の同梱品

Sponsored Links

 

TaoTronics TT-ND001の接続設定

TaoTronics TT-ND001は、多くのメッシュルーターと同様、専用アプリだけで接続設定が完結します。

TTルーター

TTルーター

Shenzhen NearbyExpress Technology Development Company Limited無料posted withアプリーチ

接続設定方法を紹介します。

STEP.1
アカウント作成
アカウントを作成します。


STEP.2
LEDステータス確認
TT-ND001の電源を入れてモデムと接続し、LEDが緑点滅するまで待機します。


STEP.3
デバイス選択
Bluetooth接続した上で「AC3000」を選びます。



STEP.4
TT-ND001接続
インターネット接続できるするまで待機します。



STEP.5
Wi-Fiの名称付け
Wi-FiのSSIDとパスワードを設定します。


STEP.6
設定完了
接続設定が完了します。



STEP.7
2台目の設定
2台目以降は、設置してから電源を付けると自動検出するので、画面に沿って進めていくと設定完了します。



ネットワーク管理もスマホアプリから行います。

ダッシュボードでは接続機器数と機器名、接続周波数が分かります。


 
ゲストネットワークやペアレントコントロール(保護者による制限)といった基本設定から、AIによるシステム最適化やWi-Fi最適化など、他のルーターにはなかなか無い項目もあります。

AI QoSではオンラインゲームや動画配信など、通信速度にシビアなデバイスを自動優先することが可能で、他にはネットワークの詳細設定も行えます。

TaoTronics TT-ND001の通信速度を計測

我が家は、最大10Gbps対応の光ファイバー回線を敷いています。

注意
最大速度9.6GbpsのWi-Fi 6の実力は、ドコモ光 10ギガNURO光10Gauひかりなど、最大10Gbps対応の光回線でないと発揮しきれません。その点あらかじめご承知おきください。

TaoTronics TT-ND001はWi-Fi5対応のメッシュルーターかつギガビットWANポートをそなえるため、理論的な最大値は1Gbpsです。

参考までにWi-Fi6対応メッシュだと、Velop AX MX5300で700Mbps程度、Deco X20で500Mbps程度でした。

Wi-Fi5ルーターでどの程度肉薄できるか気になるところ。


 
ノートPC(HP Spectre x360 13)とスマホ(iPhone 12 Pro)で午後12時台に計測しました。

HP Spectre x360 13

iPhone 12 Pro

送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

インターネットの快適性につながる下りでは、いずれも450Mbps程度あり、Wi-Fi6ルーターとそれほど大きくかい離のない速度を示していました。

なにより、最大1Gbpsに律速される状況下で50%近くの値を観測できたので、かなり立派といえます。

しかもメッシュルーターなので、Wi-Fiエリアを広げたいときは追加用のTT-ND001を足すだけで拡張できます。

1Gbpsの固定回線でメッシュルーターを検討するなら有力候補になりえるでしょう。

Sponsored Links

 

TaoTronics TT-ND001レビューまとめ

本記事は「【TaoTronics TT-ND001レビュー】コスパにすぐれるトライバンド対応メッシュルーター!」について書きました。

TaoTronics TT-ND001」は、Wi-Fi5対応のトライバンドメッシュでは破格の1ユニット1万円台ながら、性能面にも妥協なきルーターに仕上がっています。

専用アプリも使いやすく、細かい設定までできるのがポイントです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【TP-Link Deco X20レビュー】Wi-Fi6対応の小型メッシュルーター! 【Velop AX MX5300レビュー】Wi-Fi6&トライバンド対応の高性能メッシュルーター! 【Orbi WiFi6レビュー】Wi-Fi6・メッシュ・トライバンドが合わさった最強のルーター! 【最強】メッシュWi-Fiルーターのおすすめはどれ? GoogleとBUFFALOとVELOP・Orbi・TP-Linkを徹底比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です