おすすめの光回線

【ASUS RT-AX89Xレビュー】2つの10Gbps対応ポートを搭載する現状最速のWi-Fi6対応AiMeshルーター

評価:4

高速ネット環境の構築を目指しているマクリン( @Maku_ring)です。

家の固定回線は最大10Gbpsの光回線、ルーターはWiFi6ルーターにし、Wi-Fi環境でも有線LAN並みの速度を得ることに執念を燃やしています。

ただ、WiFiルーターは数あれど、真の意味での10Gbps対応モデルはなかなか多くありません。

Wi-Fi6対応なのに最大1Gbps対応のWAN/LANポートしか付いてなかったり、良くてもマルチギガビット(最大2.5Gbps対応)だったり……。

最大10Gbpsの固定回線を活かすなら、最大10Gbps対応のWAN/LANポートが付いていないと、高速環境のスタートラインには立てません。

注意
普通の人はここまでこだわる必要はありません。

そんな中、2つの10Gbps対応ポートを備える、現時点で最速であろうWi-Fi6ルーターが「ASUS RT-AX89X」です。

ASUS RT-AX89Xの外箱

最大10Gbps対応のWAN/LANポートで、モデムと最速環境で接続できるだけではありません。

LANポートで使える最大10Gbps対応SFP+ポートもそなえ、有線デバイスを最高速度で活用できるようになっています。

おまけにASUS独自のメッシュ機能「AiMesh」にも対応し、対応機種を組み合わせればメッシュ環境を構築でき、Wi-Fiエリアの拡張が手軽に可能です。

マクリン
最大1GbpsのLANポートも8つそなえるなど、汎用性も抜群!

そんなわけで本記事は「【ASUS RT-AX89Xレビュー】2つの10Gbps対応ポートを搭載する現状最速のWi-Fi6対応AiMeshルーター」について書いていきます。

ご貸与品
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。 プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

ASUS RT-AX89Xの外観と付属品

ASUS RT-AX89X」は2.4GHzと5.0GHz、2種類の電波を持つデュアルバンドのWi-Fi6ルーターです。

ASUS RT-AX89XはデュアルバンドのWi-Fi6対応ルーター
 
本体から突き出す可変式の8本のアンテナは巨大グモのようで、ハイエンド感ただよう外観をまとっています。

ASUS RT-AX89Xの可変式の8本のアンテナ

主要なスペックは以下のとおりです。

製品
サイズ 343.6 x 343.6 x 80 mm
ワイヤレス規格 2.4GHz:IEEE 802.11ax/n/b/g
5.0GHz:IEEE 802.11ax/ac/n/a
周波数 2.4GHz+5.0GHz
最大通信速度(理論値) 2.4GHz:1,148Mbps
5.0GHz:4,804Mbps
接続端末数 最大72台
ワイヤレスセキュリティ WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)
CPU 2.2GHz クアッドコアCPU
ストリーム数
(受信 x 送信)
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】8 x 8
インターフェース 1Gbps WANポート x 1
1Gbps LANポート x 8
10Gbps WAN/LAN互換ポート x 1
10Gbps SFP+ポート x 1
プロトコル IPv4
IPv6
価格 49,280円前後
ストリーム数
ストリーム数は「道の本数」がイメージしやすく、電波の通る道の数が多いほど、高速に通信することができます。つまり、ストリーム数と最大通信速度は比例します。
 
サイズはそこそこ大きめ(約35cm径)ですが、スペックを考えると致し方ないところ。

ASUS RT-AX89Xのサイズは343.6 x 343.6 x 80 mm
 
アンテナは完全に閉じた状態をふくめ、4段階に開くことができます。


 
フロントには各LEDを配し、左から「SPF+ポート 10Gbps LAN WAN 5.0GHz帯 2.4GHz帯 電源」を表し、アクティブ状態では緑点灯します。

ASUS RT-AX89XのLED群
 
その隣はボタン部で、WPSの有効無効、LED・Wi-Fiのオンオフを切り替えられます。


 
インターフェースはふんだんに盛り込まれ、最大1Gbps対応LANポートを8つと、家庭用では群を抜くポート数を搭載しています。

ASUS RT-AX89Xのインターフェース

しかも、LAN1と2はLinkリンク Aggregationアグリゲーション(LAG)に対応し、LAG対応の機器同士を2本のLANケーブルで接続すると、最大1Gbps x 2 = 2Gbpsでのインターネット通信が可能です。

隣のエリアには最大1Gbps対応WANポート(左)と最大10Gbps対応WAN/LANポート(中)、最大10Gbps対応SPF+ポート(右)が付いています。

SPF+ポートはRJ-45変換コネクタをかませば、LANポートとしても使えます。

したがって、10Gbps対応WANポートとあわせ、有線デバイスを10Gbps回線でダイレクトにつなぐことができます。

WAN/LANポート群の隣には、USB-A(USB 3.1 Gen 1) x 2と電源ボタン、電源ポートが付いています。

マクリン
SSDやHDDとも接続できるので、拡張性はバッチリ!

同梱品はルーター本体にACアダプタ、LANケーブルです。

ASUS RT-AX89Xはスマホで接続設定完了

ASUS RT-AX89Xの接続設定を紹介します。

専用アプリはないものの、設定方法は意外とシンプルです。

STEP.1
設定用Wi-Fiに接続
ルーターの電源を入れて、裏面に記載されている設定用Wi-Fiに接続します。

ASUS RT-AX89Xの設定用Wi-Fiに接続

STEP.2
ルーターと接続
「http://router.asus.com/」に接続し、ルーター本体とつなげます。


STEP.3
SSID・パスワード設定
接続方式がPPPoEなら、プロバイダから提供されている接続用IDとパスワードを入力する必要があるため「はい」、そうでない(IPoE方式)なら「いいえ」を選びます。


 
Wi-Fiのネットワーク名(SSID)とパスワードを設定します。


STEP.4
Wi-Fi6モード有効
Wi-Fiの高速化を狙うなら、Wi-Fi6モードにチェックを入れましょう。


STEP.5
ルーターのログイン情報設定
ルーターのログイン名とパスワードを設定します。


STEP.6
接続設定完了
接続設定は完了し、設定したSSIDとパスワードにつなげます。


ASUS RT-AX89Xはハイエンドルーターだけあり、詳細設定が豊富なので少し紹介します。

ASUS RT-AX89Xの詳細設定
 
動作モードは「ルーターモード・アクセスポイントモード・リピーターモード・メディアブリッジモード・AirMeshノード」を搭載し、通常はルーターモードで使います。

二重ルーター状態になっている場合は「アクセスポイントモード」、本機をAirMeshのサテライトで使うときは「AirMeshノード」を選びます。

トレンドマイクロ社の強力なセキュリティ「AiProtection」を搭載し、悪質サイトブロックや脆弱性保護、感染デバイス検出/ブロックと、多彩なセキュリティ機能をそなえています。

ASUS RT-AX89XのAiProtection
 
ペアレンタルコントロールも当然つき、大人向けWebサイトやSNSの閲覧を制限したり、ネットの利用時間帯を細かく指定することができます。


 
ゲーミングルーターとしての側面も持ち合わせ、「OpenNAT」機能でゲームタイトルごとにポート開放の番号分けも容易に行えるので、オンラインゲーマーでも重宝します。

ASUS RT-AX89XのOpenNAT機能

Sponsored Links

 

ASUS RT-AX89Xの通信速度を計測

我が家のプロバイダーは、enひかり最大10Gbps対応の光回線を敷いています。

10Gbpsの光回線に10GbpsのWAN/LANポートをもつASUS RT-AX89Xの組み合わせ。

どれだけ通信速度が出るのか気になるところです。

まずはWi-Fi6端末であるiPhone 12 Proにて計測したところ、なんと900Gbps近くを記録し、従来の光回線(最大1Gbps)の有線接続でもまず出ないレベルの速度が出ていました。

ASUS RT-AX89Xで通信速度を計測した結果
 
さらにWi-Fi6対応ノートPCでも見たところ、なんと1.0Gbpsに到達。

本機の最大通信速度が2.4GHz帯:1,148Mbps(約1.1Gbps)、5.0GHz帯:4,804Mbps(約4.8Gbps)であることを踏まえると、2.4GHz帯に関してはほぼ最大値に達している計算です。

実際にWebサイトを移動しても「シュッ、シュッ」という感じで遷移し、文字どおりサクサクインターネットを楽しむことができました。

これだけの高速ぶりを発揮しつつ、AirMesh対応機種を組み合わせれば、Wi-Fiエリアを拡大できるのも魅力。

通常の光回線環境でも恩恵は受けられますが、ASUS RT-AX89X10Gbps回線環境でこそ試してみて欲しい最速マシンといえるでしょう。

ASUS RT-AX89Xレビューまとめ

本記事は「【ASUS RT-AX89Xレビュー】2つの10Gbps対応ポートを搭載する現状最速のWi-Fi6対応AiMeshルーター」について書きました。

ASUS RT-AX89Xは安いルーターではないものの、12ストリームに複数の10Gbpsポート搭載と、高速環境に耐えうるWi-Fi6ルーターです。

これだけ速い仕様でありつつ、独自のメッシュ機能までそなえ、もはや隙のない一台に仕上がっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メッシュWi-Fiルーターのおすすめを比較して最強を決定してみた 【10Gbps】Wi-Fi6対応ルーターのおすすめはどれ? ASUS・NETGEAR・TP-Link・バッファローを徹底比較! 【決定版】おすすめのWiFiルーターはどれだ!?タイプ別に選び方も紹介!【決定版】おすすめのWiFiルーターはどれだ!?タイプ別に選び方も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です