おすすめの光回線

マンションにおすすめのインターネットはどれ? 光回線・ポケット型WiFi・ホームルーターごとに紹介

マンションでインターネットを使う方法は、大きく分けると3種類あります。

インターネットの種類
マクリン
これまでは固定回線一択でしたが、いまは選択肢が増え、自分好みのインターネットが選べるようになってるんですね!

ただ、選択肢が増えたことで「自分はどれにすればいいんだろう?」と悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、マンションで使えるインターネットの選び方を解説し、3種類のインターネットそれぞれでおすすめのサービスを紹介していきます。

マンションのインターネットをこれから準備しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。 プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

マンションで使えるインターネットの選び方

自分の住んでいるマンションで使えるインターネットの種類を知りたい人は、以下の手順に沿って選んでみてください。

マクリン
インターネットの種類をすでに決めてる人は、次の項目まで読み飛ばしてください。

手順1. 住んでいるマンションで使えるインターネット回線の種類を把握する

まずは、いま住んでいるところで使えるインターネット回線の種類を把握するところから始めましょう。

ポケット型WiFiやホームルーターはどこに住んでいても使えますが、光回線はマンションの共有スペースに回線設備が導入されていなければ申し込みできません

光回線のエリア検索ページで住所を入力すると、自宅のマンションで光回線が使えるかどうか調べられるので確認してみてください。

種類 光回線 都道府県 エリア確認ページ
フレッツ系光コラボ フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光など 日本全国 NTT東日本エリア検索
NTT西日本エリア検索
auひかり系 auひかり、auひかり ちゅら(沖縄県限定) 日本全国
※一部地域を除く
auひかりエリア検索
NURO光系 NURO光、FON光、光マッハなど 北海道
関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県
東海:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西:大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
中国:広島県、岡山県
九州:福岡県、佐賀県
NURO光エリア検索
NURO光 for マンション エリア検索
電力系光回線 コミュファ光 東海地方 コミュファ光エリア検索
eo光 関西地方 eo光エリア検索
ピカラ光 四国地方 ピカラ光エリア検索
メガエッグ 中国地方 メガエッグエリア検索
BBIQ 九州地方 BBIQエリア検索

その結果、光回線が使える場合は「光回線・ポケット型WiFi・ホームルーター」の3種類から、光回線が使えない場合は「ポケット型WiFi・ホームルーター」の2択になります。

ただ、光回線には開通工事が付きものなので、家の中に人を入れたくない・面倒な手続きをしたくない人はポケット型WiFiやホームルーターを選ぶといいでしょう。
 

ポケット型WiFiとホームルーターのどちらにすべき?

ポケット型WiFiとホームルーターのどちらを選ぶかは、外出先でもインターネットを使いたいかどうかで決めるのがおすすめです。

外出先でもインターネットを使いたい場合、ポケット型WiFiを契約すれば気軽に持ち運べるので、場所を選ばず自由にインターネットが使えます。

一方、ホームルーターは自宅のコンセントに挿して使うタイプのWiFiルーターで、持ち運びには適していません。

注意
登録住所以外でホームルーターを使うと、速度制限契約停止などの重い措置がとられてしまうので、本来の用途と異なる使い方は絶対にやめましょう。
 

手順2. 選んだ種類のインターネット回線の月額料金を比較する

次に、選んだ種類のインターネット回線の月額料金を比較しましょう。

インターネット回線の月額料金は、事業者ごとに金額が異なるのが一般的です。

たとえば、主要な光回線の月額料金を比較すると、どれほどの差があるのか分かります。

光回線 通信速度 月額料金 契約期間 違約金
ドコモ光 最大1Gbps 4,400円
※タイプAの場合
2年間 8,800円
auひかり 最大1Gbps 3,740〜5,500円 2年間 7,700〜10,450円
※物件によって異なる
ソフトバンク光 最大1Gbps 4,180円 2年間 10,450円
NURO光 最大2Gbps NURO光:5,200円
NURO光 for マンション:2,090〜2,750円
3年間・2年間 10,450円
※3年契約・2年契約どちらも共通
楽天ひかり 最大1Gbps 4,180円 3年間 10,450円
ビッグローブ光 最大1Gbps 4,378円
※月額料金割引特典の場合は1年間2,750円
3年間・2年間 11,900円(不課税)
So-net光プラス 最大1Gbps 4,928円 3年間 20,000円(不課税)
enひかり 最大1Gbps 3,520円 なし なし

このようにひとえに光回線といえど、月額料金は1,000円前後もの差があります。

ポケット型WiFiやホームルーターでも同様のことがいえるので、月額料金を必ず比較したうえで選ぶようにしてください。

月額料金が高いサービス = 高品質というわけでもないので、月額料金の安いサービスを選ぶのがおすすめです。

手順3. キャッシュバックやお得なキャンペーンのある窓口で申し込む

最後に、キャッシュバックお得なキャンペーンのある窓口を見つけ出しましょう。

光回線にとくに多い傾向にありますが、同じ回線を申し込む場合でも、窓口が違うだけで適用されるキャンペーンが大きく異なります。

たとえば、キャンペーンが豊富なことが特徴の「ソフトバンク光」は、公式サイト以外に数多くの販売代理店からも申し込みが可能です。

窓口 キャンペーン 適用条件 適用時期
JTA株式会社
(旧:株式会社ポケットモバイル)
新規+指定オプション:50,000円
新規:40,000円
転用・事業者変更:14,000円
・指定オプション(BBフォン、BBフォンオプションパック)加入で6ヶ月間の継続利用
・キャッシュバック申請書を回線開通月から起算して8ヶ月目の末日までに郵送する
最短8ヶ月後
ライフサポート株式会社 新規・転用・事業者変更:15,000円 ・キャッシュバック申請書を受け取ってから30日以内に指定のFAX番号へ返送する
・申請書送付から150日後に送付される案内メールからキャッシュバックの申請手続きを行う
最短6ヶ月後
BIGUP株式会社 新規+指定オプション:38,000円
新規:35,000円
転用・事業者変更+指定オプション:15,000円
転用・事業者変更:12,000円
・BBユニットとWi-Fiマルチパックを契約すること 最短2ヶ月後
株式会社エヌズカンパニー 新規:37,000円
転用・事業者変更:15,000円
なし 最短2ヶ月後
株式会社アウンカンパニー 新規:37,000円
転用・事業者変更:15,000円
なし 最短2ヶ月後
株式会社NEXT 新規:37,000円
転用・事業者変更:15,000円
なし 最短2ヶ月後
株式会社STORY 新規:25,200円
指定オプション加入:+9,800円
指定サービス契約:+45,000円
・指定オプション(光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック+BBフォン、BBフォンオプションパック、スマートレスキュー)に加入すること
・指定サービス(ホワイト光電話、ソフトバンク光TV、ソフトバンクでんき)を契約すること
最短12ヶ月後
株式会社LifeBank 新規:25,200円
指定オプション加入:+4,800円
指定サービス契約:+45,000円
・指定オプション(光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック+BBフォン、BBフォンオプションパック、スマートレスキュー)に加入すること
・指定サービス(ホワイト光電話、ソフトバンク光TV、ソフトバンクでんき)を契約すること
最短12ヶ月後

上記のとおり、ソフトバンク光の申し込み窓口はかなり多く、それぞれキャッシュバックの金額が異なります。

とはいえ、どの窓口から申し込んでも全く同じ通信品質のソフトバンク光が使えるので、特典が充実している窓口で選ばないと損です。

他の光回線やホームルーターでも同様のことがいえるので、その窓口で申し込んだ場合のキャッシュバックやキャンペーンをよく比較してから申し込むようにしましょう。

なお、ポケット型WiFiは、公式サイト以外では申し込めないケースが一般的なので、検討時は公式サイトの特典を比較してみてください。

マクリン
高額キャッシュバックの窓口は条件が厳しいので、適用条件をしっかり確認した上で申し込むようにしてください……!

マンションのインターネットでおすすめの光回線

マンションのインターネットでおすすめの光回線を紹介していきます。

光回線 月額料金 開通工事費 初期費用 契約期間 違約金
3,520円 16,500円 3,300円 なし なし
4,180円
※キャンペーンで1年間無料
16,500円
※キャンペーンで実質0円
新規:880円
転用・事業者変更:1,980円
3年間 10,450円
4,180円 26,400円
※キャンペーンで実質0円
3,300円 2年間 10,450円

なお、こちらの記事では、マンションにおすすめの光回線を紹介するとともに、最適な光回線の選び方と注意点を紹介しています。

 

enひかり

1つめの光回線サービスは「enひかり」です。

 

料金プラン 月額料金 開通工事費 初期費用 契約期間 違約金 セット割
マンションタイプ 3,520円 16,500円 3,300円 なし なし 勝手に割り(ahamo・UQモバイル・povo)

enひかりは、フレッツ回線を利用する「光コラボレーション」のうちのひとつです。

最大1Gbpsの速度でインターネットが利用でき、他社のマンションタイプに比べて500〜1,000円ほど料金が安いのが特徴です。

さらに、契約期間の縛りもないので、いつ解約しても高額な契約解除料が発生しません。

それらにくわえ、格安SIMの中でも人気のある「UQモバイル」、大手キャリアが打ち出した格安プランの「ahamo」「povo」とのセット割が使えます。

唯一の欠点は他社に比べてキャンペーンが乏しいという点で、19,800円(開通工事費込み)の初期費用が必ず発生する点には注意が必要です。

とはいえ、もともとの利用料金が非常に安いので、数ある光回線の中で料金面で一番おすすめのサービスといえます。

マクリン
マンションの光回線を検討中の人は、enひかりを第一候補として検討ください!
CHECK NOW

 

 

楽天ひかり

2つめのサービスは「楽天ひかり」です。

 

料金プラン 月額料金 開通工事費 初期費用 契約期間 違約金 セット割
楽天ひかり マンション 4,180円 16,500円
※キャンペーンで実質0円
新規:880円
転用・事業者変更:1,980円
3年間 10,450円 なし

楽天ひかりは、楽天モバイル株式会社が運営する「光コラボレーション」です。

最大1Mbpsの通信ができ、月額料金もマンションタイプの中ではかなり安めの部類に入ります。

楽天ひかりの最大の特徴は、楽天モバイルとセットで使うことで適用される「楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン」です。

なんと、月額4,180円 x 12ヶ月分の50,160円相当が無料になる驚きのキャンペーンを実施しています。

現金キャッシュバックなどはありませんが、もともとの初期費用が他社より2,000円ほど安く、さらに開通工事費もキャンペーンで実質無料です。

マクリン
2年目以降は支払い金額に応じて楽天スーパーポイントまで貯まっていくので、楽天モバイルや楽天市場を使っている人にうってつけ!
CHECK NOW

 

ソフトバンク光

3つめのサービスは「ソフトバンク光」です。

【300×250】株式会社NEXT/SoftBank 光開通完了
 

料金プラン 月額料金 開通工事費 初期費用 契約期間 違約金 セット割
ソフトバンク光 マンション 4,180円 26,400円
※キャンペーンで実質0円
3,300円 2年間 10,450円 おうち割 光セット(ソフトバンク)
おうち割 光セットA(ワイモバイル)

ソフトバンク光は、ソフトバンク株式会社が運営する「光コラボレーション」です。

大手キャリアが運営する光回線で、さらに月額料金も安めなので、マンションで利用するのに適しています。

ソフトバンクスマホやワイモバイルとの組み合わせで毎月1,100円相当が割引される「おうち割」や、自宅の電気とのセットで割引が適用される「おうち割 でんきセット」など、割引キャンペーンも豊富です。

さらに特徴的なのは、他社からソフトバンク光に乗り換える際、違約金や撤去工事費を支払った場合に最大10万円を上限に全額を還元してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」がある点です。

それ以外にもさまざまなキャンペーンを行っているので、料金の安さはそこそこに、特典重視で選びたい人に向いています。

マクリン
違約金のせいで他社に乗り換えられない人でも、ソフトバンク光なら安心して乗り換えられるのでおすすめ!
CHECK NOW

 

マンションのインターネットでおすすめのポケット型WiFi

マンションのインターネットでおすすめのポケット型WiFiを紹介していきます。

ポケット型WiFi 月額料金 データ容量 契約期間 違約金
30GB:2,585円
100GB:3,267円
30GB・100GB 2年間(自動更新なし) 9,900円
4,950円 無制限
※直近3日間15GB制限あり
3ヶ月間 月額料金×残月数(最大14,850円)
らくらくプラン:3,377円
まるっとプラン:3,608円
100GB 1年間
※オプション加入で縛りなしに変更可能
1年目:7,700円
2年目以降:5,500円

なお、こちらの記事では、10回線以上のサービスを実際に使って試した僕が、おすすめポケット型WiFiを紹介していきます。

 

それがだいじWi-Fi

1つめのサービスは「それがだいじWi-Fi」です。

 

プラン名 月額料金 データ容量 端末代金 初期費用 契約期間 違約金
30GBプラン 2,585円 30GB 0円 3,300円 2年間(自動更新なし) 9,900円
100GBプラン 3,267円 100GB

ソリューションネットワーク株式会社が提供するポケット型WiFiで、30GBと100GBの2つの料金プランを提供しています。

どちらを選んでもクラウドSIM対応のWiFiルーターをレンタルでき、ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア回線が利用可能です。

昨今数多くのポケットWiFiサービスが登場していますが、それがだいじWi-Fiはその中でもとりわけ月額料金が安いことが特徴です。

提供されるWiFiルーターは「T6」という端末で、最大15時間の連続使用にも対応しています。

それがだいじWi-Fiのルーター端末はT6

外出先で持ち歩くことを想定すると、バッテリー持ちは大事なポイントですが、それがだいじWi-Fiなら充電切れの心配もないでしょう。

マクリン
データ容量を使いすぎても、オトクな価格で容量追加できるので、万が一のときでも安心ですよ!
CHECK NOW

 

 

5G CONNECT

2つめのサービスは「5G CONNECT」です。

 

プラン名 月額料金 データ容量 端末代金 初期費用 契約期間 違約金
5G CONNECT 4,950円 無制限
※直近3日間15GB制限あり
0円 3,300円 3ヶ月間 月額料金 x 残月数(最大14,850円)

株式会社FREEDIVEが提供するWiMAXレンタルサービスで、月額4,950円で5Gの高速インターネットを無制限で使えるのが特徴です。

通常のWiMAXは3年契約や2年契約が一般的ですが、5G CONNECTは契約して3ヶ月間の継続利用をすれば、その後はいつ解約しても契約解除料が発生しません

さらに、30日間のお試し期間が設けられているので、その期間中であれば3ヶ月以内の解約であっても違約金がかからないのもうれしいポイントです。

また、5G対応のモバイルルーター・ホームルーターの好きなタイプの端末を選べるので、自分に合った使い方ができます。

マクリン
ただし、通常のWiMAXとは異なり、解約時にレンタル品一式を返却しなければならないので注意しましょう!
CHECK NOW

AiR-WiFi

3つめのサービスは「AiR-WiFi」です。

 

プラン名 月額料金 データ容量 端末代金 初期費用 契約期間 違約金
らくらくプラン 3,377円 100GB 0円 3,300円 1年間
※オプション加入で縛りなしに変更可能
1年目:7,700円
2年目以降:5,500円
まるっとプラン 3,608円
注意
サクっとプランは新規受付停止中です。

株式会社FREEDIVE(旧:株式会社Ocean Map)が手掛けるクラウドSIM対応サービスで、月間100GBのみに対応しています。

月額料金が安いのにくわえ、オプション(330円)を付けるだけでなんと、契約期間の縛りをなくせます

初回限定で30日間無料のお試しモニターも実施中なので、いざ使ってみて電波状況や通信問題などの不満がある場合も全額返金の保証付きです。

マクリン
縛りなしを付けても、同サービス最安値で使えるので、料金重視で利用したい人におすすめ!
CHECK NOW

 

マンションのインターネットでおすすめのホームルーター

マンションのインターネットでおすすめのホームルーターを紹介していきます。

ホームルーター 月額料金 データ容量 端末代金 契約期間 違約金
4,950円 無制限 39,600円
※キャンペーンで実質0円
なし なし
1〜24ヶ月目:4,158円
25ヶ月目以降:4,708円
無制限 21,780円
※キャンペーンで実質0円
3年間 1年目:20,900円
2年目:15,400円
3年目以降:10,450円
注意
ホームルーターで有名なソフトバンクエアーは、端末代金が7万円超えと高額で、月額料金も高いのであまりおすすめできません。
 

ドコモ home 5G

1つめのサービスは「ドコモ home 5G」です。

 

月額料金 データ容量 端末代金 初期費用 契約期間 違約金
4,950円 無制限 39,600円
※キャンペーンで実質0円
3,300円 なし なし

NTTドコモが手掛けるホームルーターで、コンセントに挿すだけでドコモの高品質な5Gネットワークが利用できます。

月間のデータ容量が無制限で、無線通信でありつつ最大1.2Gbpsの超高速通信に対応しています。

端末本体への同時接続が最大65台まで可能など、これまでのホームルーターと比較して高スペックなことが特徴です。

機種が高スペックなため、端末代金が4万円ほどと高額ですが、月々サポートが適用されて実質0円となるので、そこまで負担にはなりません。

それどころか、ドコモスマホを使っていれば毎月1,100円割引の「home 5Gセット割」が適用されるので、月々の通信費も節約できます。

マクリン
ホームルーターの中でまさに最強スペックなので、迷ったときは検討してみてください!
CHECK NOW

 

WiMAX +5G

2つめのサービスは「WiMAX +5G」です。

 

月額料金 データ容量 端末代金 初期費用 契約期間 違約金
1〜24ヶ月目:4,158円
25ヶ月目以降:4,708円
無制限 21,780円
※キャンペーンで実質0円
3年間 3年間 1年目:20,900円
2年目:15,400円
3年目以降:10,450円

WiMAX +5Gでは、全部で2機種のホームルーターがリリースされています。

ホームルーターの種類
  • Speed Wi-Fi HOME 5G L12
  • ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11

どちらの機種も5G対応モデルで、コンセントに挿すだけでWiMAX2+・au 4G LTE・au 5Gの3つの回線が利用できます。

WiMAXを取り扱っている事業者(プロバイダ)は非常に多いですが、その中でも特におすすめなのが「GMOとくとくBB」です。

通常は2万円超えの5G端末ですが、GMOとくとくBBで申し込みをすれば一括0円で最新機種が手に入ります

それにくわえ、本家のUQ WiMAXで利用するよりも月額料金がオトクなので、WiMAX +5Gを普通に利用するより通信費を節約可能です。

マクリン
auスマホやUQモバイルとのセット割も使えるので積極的に活用しましょう!
CHECK NOW

マンションのインターネットを選ぶときの注意点

マンションのインターネットを選ぶときの注意点は以下のとおりです。

マクリン
これらを知らないと思わぬ損につながるので、しっかり確認しておきましょう……!

申し込み時の初期費用(開通工事費・端末代金など)を要確認

インターネット回線を利用する際には「初期費」がつきものです。

初期費用とはおもに次の4点を指します。

インターネットの初期費用
  • 事務手数料:税込で3,300円が一般的
  • 開通工事費:光回線を導入するための工事費。キャンペーンで実質0円の場合もある
  • 端末代金:ポケット型WiFiやホームルーターの機種代金。キャンペーンで実質0円になる場合もある
  • レンタル費用:光回線を使うための無線LANルーターなど。相場は税込で550円程度

光回線の場合、キャンペーン適用で開通工事費が実質0円となる場合がありますが、一部のサービスではキャンペーンが行われていないので注意が必要です。

また、WiMAXの端末代金は、プロバイダによって機種代金が発生する場合としない場合があるので、よく確認してから申し込むようにしましょう。

マクリン
初期費用も考慮した金額で比較するのが、インターネット費用を安くおさえるコツですよ!

契約期間と開通工事費の割引期間に注意

マンションでインターネットを契約する際は、契約期間と開通工事費の割引期間に気をつけましょう。

光回線の開通工事費は一般的に、工事費の分割代金と同額の割引が適用されている実質0円の状態です。

割引期間中に光回線を解約すると、その月から割引だけが終了となり、残りの工事費を実費で支払わなければなりません。

たとえば、2年契約の光回線で工事費の分割期間が36回の場合、最初の更新月(24・25ヶ月目)で解約すると上記のケースが発生します。

マクリン
単身赴任や学生の一人暮らしなどで、短期間だけ賃貸マンションに住む場合には、とくに注意が必要です……!

引っ越し時は転居先で同じインターネットが使えない可能性がある

マンションでインターネットを契約する場合、引っ越しのときのことも考えておくと安心です。

今では日本全国の幅広い地域で使えるインターネットですが、一部の地域では光ファイバーが敷設できてなかったり、基地局との距離の関係で電波が届かないケースがあります。

そのため、いま住んでいる物件で使えたとしても、引っ越し先で同じインターネット回線が使えないかもしれません。

いま使っているインターネットが引っ越し先で使えなかった場合は解約することになりますが、やむを得ない事情であっても、通常どおりの高額な違約金が発生してしまいます。

マクリン
短期間で引っ越しをする可能性がある人は気をつけましょう……!

キャッシュバックやキャンペーンの適用条件は細部までチェックしよう

最後に、インターネットを契約する際は、キャッシュバックやキャンペーンの適用条件を細部までチェックしてから申し込むようにしてください。

一般的に、キャッシュバックを受け取るためには何かしらのオプションに加入しなければなりません。

オプションに加入すれば、その分だけ月額料金が発生することになるので、月々の通信が高額になってしまいます。

場合によっては、受け取ったキャッシュバック以上の出費になってしまうケースもあるのでとくに注意が必要です。

また、キャンペーンを適用するためには「○○日以内に申し込みを完了させる」「○○日以内に支払い方法を登録する」などの条件もあります。

これらをクリアしないとキャンペーンが適用されなくなってしまい、思わぬ損をすることになってしまうので気をつけましょう。

マクリン
せっかくオトクな窓口を選んでも、キャッシュバックやキャンペーンが適用されなければ意味がありません……!

マンションのインターネット選びでよくある質問

マンションのインターネット選びで聞かれる「よくある質問」に回答します。

マンションでインターネットの個別契約ができない場合はどうすればいい?

光回線の開通工事ができないケースが一般的だと思うので、工事不要で契約可能な「ポケット型WiFi」や「ホームルーター」を検討ください。

分譲マンションのインターネットが遅い理由はなぜ?

賃貸・分譲問わず、マンションの共有スペースに設置された回線を居住者全員で共有して使うためです。

マンションの無料インターネットは安心して使える?

マンションの居住者全員で共有するため、速度が遅い場合があります。セキュリティ面でも不安が残るので、常にOSを最新バージョンにアップデートし、セキュリティソフトを入れておくのが安心です。

マンションでインターネットを個別契約すると値段が高くなる?

光回線を個別契約する場合、マンションでも「戸建てプラン」になります。戸建てタイプは、マンションタイプより月額料金が1,000円ほど高めに設定されています。

まとめ

本記事では、マンションで使えるインターネットの選び方と、3種類のインターネットそれぞれでおすすめのサービスを紹介しました。

マンションのインターネットには大きく分けて次の3種類があり、それぞれでおすすめのサービスは以下のとおりです。

マンションで使えるベストなインターネット
  • 光回線 enひかり
  • ポケット型WiFi それがだいじWi-Fi
  • ホームルーター ドコモ home 5G

マンションで使うインターネットをこれから契約しようと考えている人は、本記事をぜひ参考にし、自分にピッタリのサービスを選んでみてください。

マンションでおすすめの光回線はどれ?徹底比較して分かったベストなサービスとは…? マンションで光回線が使えるか確認する方法を紹介!契約不可の場合の対処法も解説 戸建て・マンションで最強のインターネットはどれ? 光回線のおすすめをランキングにしてみた 賃貸アパートにおすすめのインターネットはコレだ! 光回線を徹底比較した結果やいかに…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です