おすすめの無制限ポケットWiFi

【安いのはどれ?】ポケットWiFiの総額を各年ごとに徹底的に調べてみた!

マクリン
本記事では「安さは正義」ということで、世にあふれるポケットWiFiでどれが一番安いのか、各年ごとに途中解約したパターンで調べてみました。意外なランキング結果になりましたよ!
 
ノマドワーカーの僕は、無制限使い放題のポケットWiFiを常時持ち歩いています。

ここ最近、ほにゃららWiFiが次々と出まくっている状況なので、いろいろな人からよく聞かれる質問がこちら。
 

ヨメ

結局どのポケットWiFiが一番安いの?
 
何年使うかでどれが安いか変わってくるんだよね。

マクリン

 

ヨメ

え〜、ややこしい。
 
そんなわけで本記事では、各社を試した僕が、安い無制限ポケットWiFiを条件ごとに紹介していきます。
 
注意
ポケットWi-Fiは、厳密にはソフトバンクの登録商標であり、一般名称ではありません。

安いポケットWiFiを選ぶ上での注意点

快適で便利な無制限のポケットWiFiですが、選ぶ上で3つの注意点があります。

それぞれ説明していきます。

 

1. 実は容量無制限ではない

ひとつめは「真の意味で容量無制限ではない」ということです。

例えば、どんなときもWiFiも実は「大容量通信によるネットワークの占有を行った場合、通信速度を制限する場合があります」と書かれています。

それこそ1日100GB以上などという、とてつもないギガを使いマクリンまくりすれば、速度制限にかかる可能性は高いでしょう。

この点は、食べ放題で元がとれる原理と似ており「人が通常使うと想定される容量の範囲内で無制限」という解釈が正確といえます。
 

2. 解約料がかかる

ポケットWiFiには契約期間が存在します。

ほとんどのサービスは2年で、WiMAXは3年であることが多いです。

契約期間の翌月は更新月として解約料がかかりませんが、それ以外の月に契約をやめると解約料がかかります。

これは月額を安くおさえている代わりの制約みたいなものとお考えください。
 

マクリン
1年以内に解約すると2万円近くかかるものもあります……。

3. 容量制限のあるサービスがある

無制限のポケットWi-Fiでも「3日10GBまで」と期間ごとに容量が制限されているサービスがあります。

実はこちら、WiMAXをあつかう全てのプロバイダに存在するもので、WiMAXには必ず付いてくるものです。

高品質のWiMAX回線を使うがゆえに仕方ないですが、ゲーム機の長時間プレイや複数人使用時は注意ください。

1年(13ヶ月目)で解約したときの安いポケットWiFiランキング

それではまず、1年間使用した後に途中解約した際の総額を、解約金ありなし両方で比較しました。

サービス名1年総額1年総額(解約料込)月額(容量)初期費用回線データ容量制限解約料
GMOとくとくBB WiMAX2+
22,611円36,611円3,609円(無制限)
3ヶ月目〜4,263円
※34,500円のキャッシュバックあり
3,000円WiMAX・au3日10GB1~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円(税抜)
37ヶ月目・73ヶ月目(更新月):0円
Mugen WiFi
45,640円50,640円3,280円(無制限)3,000円Softbank・ドコモ・auなし0~12ヶ月目:9,000円(税抜)
13~24ヶ月目:5,000円(税抜)
25ヶ月目以降:0円(税抜)
よくばりWiFi
41,750円53,750円3,450円(無制限)
※端末補償(+月額380円)で2ヶ月無料
3,800円Softbankなし0~12ヶ月目:18,000円(税抜)
13~24ヶ月目:12,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円
hi-ho GoGo Wi-Fi
46,615円56,115円3,355円(無制限)3,000円Softbank・ドコモ・auなし0~12ヶ月目:18,000円
13~24ヶ月目:9,500円
26ヶ月目以降:9,500円
25ヶ月目・37ヶ月目(更新月):0円
NEXTmobile
43,800円57,800円3,100円(無制限)
※25ヶ月目以降3,600円/月
3,000円Softbankなし0~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円
どんなときもwifi
48,240円62,240円3,480円(無制限)
※25ヶ月目以降3,980円/月
3,000円Softbank・ドコモ・auなし0~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円
限界突破WiFi
45,500円63,500円3,500円(無制限)0円Softbank・ドコモ・auなし0~24ヶ月目:18,000円
26ヶ月目以降:9,500円
25ヶ月目・37ヶ月目(更新月):0円
マクリン
GMOとくとくBB」が解約金有無のいずれでも1位!

業界最多のキャッシュバック(34,500円)はやはり大きく、GMOとくとくBB WiMAX2+は他のサービスよりダントツに安い結果となりました。

ただし、キャッシュバック受け取りに一定条件(11ヶ月目にGMOのアドレス宛に振込口座の案内届く)があること、WiMAXで3日10GBの制限があることは留意すべき点です。

ですが、僕がいま実際に使っているポケットWiFiであり、通信のクオリティにおいて(少なくとも都内では)困ることはありません。

2年(25ヶ月目)で解約したときの安いポケットWiFiランキング

次に2年(25ヶ月目)で解約した際の総額を見てみましょう。

WiMAX以外のサービスは更新月に入るため、解約料がかからないことがどれだけ響くのか気になるところ。

サービス名2年総額2年総額(解約料込)月額(容量)初期費用回線データ容量制限解約料
NEXTmobile
81,000円81,0003,100円(無制限)
※25ヶ月目以降3,600円/月
3,000円Softbankなし0~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円
よくばりWiFi
83,150円83,150円3,450円(無制限)
※端末補償(+月額380円)で2ヶ月無料
3,800円Softbankなし0~12ヶ月目:18,000円(税抜)
13~24ヶ月目:12,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円
Mugen WiFi
85,000円85,000円3,280円(無制限)3,000円Softbank・ドコモ・auなし0~12ヶ月目:9,000円(税抜)
13~24ヶ月目:5,000円(税抜)
25ヶ月目以降:0円(税抜)
hi-ho GoGo Wi-Fi
86,875円86,875円3,355円(無制限)3,000円Softbank・ドコモ・auなし0~12ヶ月目:18,000円
13~24ヶ月目:9,500円
26ヶ月目以降:9,500円
25ヶ月目・37ヶ月目(更新月):0円
限界突破WiFi
87,500円87,500円3,500円(無制限)0円Softbank・ドコモ・auなし0~24ヶ月目:18,000円
26ヶ月目以降:9,500円
25ヶ月目・37ヶ月目(更新月):0円
GMOとくとくBB WiMAX2+
73,767円87,767円3,609円(無制限)
3ヶ月目〜4,263円
※34,500円のキャッシュバックあり
3,000円WiMAX・au3日10GB1~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円(税抜)
37ヶ月目・73ヶ月目(更新月):0円
どんなときもwifi
90,500円90,500円3,480円(無制限)
※25ヶ月目以降3,980円/月
3,000円Softbank・ドコモ・auなし0~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円
マクリン
ここではなんと、NEXTmobileが強さを発揮!

プラン刷新で月額最安値となったNEXTmobileが、2年後の解約ではもっとも安い結果となりました。

どんなときもWiFiと同じ運営会社ですが、こちらはSoftBank回線で提供されています。

マルチキャリアやクラウドSIMにこだわりがないのであれば、正直どんなときもWiFiよりかなりおすすめです。

僅差で2番目に来ているのが、JOY&わたなべ麻衣夫婦起用のWEB CMで認知度を高めつつあるよくばりWiFi

端末補償加入による2ヶ月無料キャンペーンがあるため、月額は平均レベルであるものの、トータルで見るとリーズナブルなサービスとなっています。

3年(37ヶ月目)で解約したときの安いポケットWiFiランキング

最後に3年(37ヶ月目)で解約した際の総額を見てみましょう。

ここではWiMAXが更新月に入りますが意外な結果に。

サービス名3年総額3年総額(解約料込)月額(容量)初期費用回線データ容量制限解約料
Mugen WiFi
124,360円124,360円3,280円(無制限)3,000円Softbank・ドコモ・auなし0~12ヶ月目:9,000円(税抜)
13~24ヶ月目:5,000円(税抜)
25ヶ月目以降:0円(税抜)
GMOとくとくBB WiMAX2+
124,923円124,923円3,609円(無制限)
3ヶ月目〜4,263円
※34,500円のキャッシュバックあり
3,000円WiMAX・au3日10GB1~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円(税抜)
37ヶ月目・73ヶ月目(更新月):0円
NEXTmobile
124,200円133,700円3,100円(無制限)
※25ヶ月目以降3,600円/月
3,000円Softbankなし0~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円
よくばりWiFi
124,550円134,050円3,450円(無制限)
※端末補償(+月額380円)で2ヶ月無料
3,800円Softbankなし0~12ヶ月目:18,000円(税抜)
13~24ヶ月目:12,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円
限界突破WiFi
129,500円134,500円3,500円(無制限)0円Softbank・ドコモ・auなし0~24ヶ月目:18,000円
26ヶ月目以降:9,500円
25ヶ月目・37ヶ月目(更新月):0円
hi-ho GoGo Wi-Fi
127,135円136,635円3,355円(無制限)3,000円Softbank・ドコモ・auなし0~12ヶ月目:18,000円
13~24ヶ月目:9,500円
26ヶ月目以降:9,500円
25ヶ月目・37ヶ月目(更新月):0円
どんなときもwifi
138,260円147,760円3,480円(無制限)
※25ヶ月目以降3,980円/月
3,000円Softbank・ドコモ・auなし0~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円
マクリン
Mugen WiFiが1位を奪取!

いまクラウドSIM系で勢いが最もあるといって過言ではないMugen WiFiが、総額最安の地位に上り詰めました。

マルチキャリアで月額最安値というだけでなく、25ヶ月目以降の解約料ゼロという、他サービスでは例を見ないハートフル設定になっています。

それからわずか数百円の差で2位となったGMOとくとくBB WiMAX2+も強いです。

WiMAXサービスはどうしても高いと思われがちですが、とくとくBBにかぎっては安さと品質を高次元で両立しているといえるでしょう。

本記事で紹介した安いポケットWiFiサービス

本記事で取り上げたポケットWiFiサービスをひとつずつ紹介していきます。
 

Mugen WiFi

3年総額で最安値となったMugen WiFiです。

 
どんなときもWiFiと同じくトリプルキャリア回線で提供しています。

利用規約にひっそり書かれているw

特定のキャリアがつながりにくくても、他のキャリアで自動的にカバーできる点は、他のポケットWiFiでは補えないストロングポイントです。

またMugen WiFiは、無制限のクラウドSIMで月額も解約料も最安値のサービスとなっています。

プラン名Mugen格安プランMugenアドバンスプラン
月額3,280円3,880円
月間容量制限なし
契約期間2年縛り
解約金0~12ヶ月目:9,000円(税抜)
13~24ヶ月目:5,000円(税抜)
25ヶ月目以降:0円(税抜)
MEMO
新規発行時に事務手数料:3,000円(税抜)が発生します。月額+500円することで、いつでも解約できる縛りなしオプションがあります。
マクリン
しかも2年目以降の解約料がゼロ円!
 
海外使用がメインなら、翻訳機能付きルーター端末「G4」のMugenアドバンスプランを選ぶといいでしょう。

Mugen WiFiのMugenアドバンスドプランのルーター端末はG4

マクリン
地図やTripAdvisor、バッテリー機能まで付いてますよ!
 
ですが、基本的にはMugen格安プランがおすすめです。

Mugen格安プランのルーター端末は、どんなときもWiFiと同じ「U2S(D1の旧名称)」なので、性能的にはまったく問題ありません。

Mugen WiFiのMugen格安プランのルーター端末はU2S

製品名U2S
重量約149g
連続使用時間12時間
最大通信速度下り最大:150Mbps/上り最大:50Mbps
付属品Micro USBケーブル
サイズ127 x 65.7 x 14.2mm
周波数帯LTE/4Gバンド:Band 1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/18/19/20/26/28/34/38/39/40/41
3Gバンド:Band 1/2/4/5/8
同時接続台数5台

 
安いだけでなく通信速度も優秀です。




送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

 
下りではいずれも30Mbps以上を確保し「値段が安いけど大丈夫?」という僕の不安は杞憂きゆうに終わりましたw
 

マクリン
どんなときもWiFiと同等の結果でしたよ!

Twitterの評判もそれなりに良く、安くて質の良いサービスを利用したいのであれば、Mugen WiFiはかなりおすすめです。

 

 
CHECK NOW

 

 

GMOとくとくBB WiMAX2+

1年総額で最安値、3年でも僅差で2位となった「GMOとくとくBB WiMAX2+」です。

 
WiMAXの弱点であるエリアカバー率も、GMOとくとくBBはWiMAX回線とau LTE回線のハイブリッドであるため、エリアの広いau LTE回線でカバーすることができます。

回線WiMAX2+au 4G LTE
ハイスピード
ハイスピードプラスエリア
注意
ハイスピードモードに月間の容量制限はありませんが、ハイスピードプラスエリアモードには月間7GBの容量制限があります。
 
料金プランはギガ放題プランと7GBプランの2種類です。

プラン名ギガ放題プラン7GBプラン
月額3,609円
※3ヶ月目〜4,263円
3,609円
月間容量無制限
※3日で10GB超えると翌日まで制限
7GB
※7GB超えると最大128kbpsに制限
契約期間3年縛り
解約金1~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円(税抜)
37ヶ月目・73ヶ月目(更新月):0円
MEMO
新規発行時に事務手数料:3,000円(税抜)が発生します。
 
月額料金は安いものの、月7GBの制約はなかなか厳しいので、基本的にギガ放題プランをおすすめします。

3日で10GBの容量制限は、GMOとくとくBBだけでなくWiMAXをあつかう全てのプロバイダに存在するものなので、致し方ありません。

なお、GMOとくとくBB WiMAX2+のみ特徴として「キャッシュバック金額が最も大きい」というものがあります。

WiMAXの提供プロバイダは数あれど、これだけキャッシュバックがあるのはGMOとくとくBB WiMAX2+のみです。

サービス名キャッシュバック金額ルーター端末
GMOとくとくBB WiMAX2+34,500円W06
JPWiMAX11,000円W06
BIGLOBE WiMAX 2+7,000円W06
UQ WiMAX3,000円WX05
Broad WiMAX0円W06
So-net0円W06
@nifty WiMAX0円W06

キャッシュバックのない会社は月額料金をその分下げているサービスが多いですが、それを加味してもGMOとくとくBB WiMAX2+は、2位のものより年間3,000円程度お得

マクリン
すなわち最安値のサービスなのです!
キャッシュバック特典
端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス(GMOのアドレス)宛に、キャッシュバックの振り込みに関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。受け取りを忘れるケースが多発していますので、本当に気をつけましょう。
 
ルーター端末は、ポケットWiFiでも最高スペックの「Speed Wi-Fi NEXT W06」です。

GMOとくとくBB WiMAX2+のルーター端末はSpeed Wi-Fi NEXT W06

製品名Speed Wi-Fi NEXT W06
製造元HUAWEIファーウェイ
重量約125g
連続使用時間約9時間(ハイスピードモード・スマート)
最大通信速度【ハイスピードモード】
下り最大:558Mbps/上り最大:30Mbps
【ハイスピードプラスエリアモード】
下り最大:1.2Gbps/上り最大:75Mbps
付属品USB-Cケーブル
サイズ136 x 72.2 x 12mm
周波数帯LTE/4Gバンド:Band 1/3/18/26/41/42
同時接続台数16台

 
WiMAXのアドバンテージはなんといっても通信速度

ハイスピードモードの5.0GHz帯では20Mbps程度あります。




ハイスピードプラスエリアモードの5.0GHz帯では、70Mbps程度まで伸び、au 4G LTEならびにWiMAX2+の高速ぶりが如実に発揮された結果となりました。




マクリン
ポケットWiFi最高クラスのサクサク感ですよ!
 
申し込んでから端末が届くまでの早さ・通信速度・キャッシュバックの多さに関しては、好意的なコメントが多かったです。

 
しかし、キャッシュバックの見落としや更新月以外の解約しづらさには不満の声もあり、この2点はやはり気をつけるべきでしょう。

 

 
CHECK NOW

 

NEXTmobile

2年総額で最安値となった「NEXTmobile」です。

 
SoftBank回線ですが「SoftBank 4G LTE」と「SoftBank 4G」、2つの通信が使えるHybrid 4G LTEを採用しています。

NEXTmobileはHybrid 4G LTEを採用
 
料金プランは、容量に応じて3つのプランに分かれています。

プラン名フラット20GBプランフラット30GBプラン使い放題プラン
月額(〜24ヶ月目)2,400円2,700円3,100円
月額(25ヶ月目〜)2,900円3,200円3,600円
月間容量20GB30GB制限なし
契約期間2年縛り
解約金0~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円
MEMO
新規発行時に事務手数料:3,000円(税抜)が発生します。

月20GBと月30GBのプランに対し、無制限のプランが圧倒的にオトクなので、月額使用量がよほど少なくないかぎり使い放題プランがおすすめです。

25ヶ月目以降は月3,600円に上がるものの、使用期間2年までで見ると、NEXTmobileは無制限ポケットWiFiで月額最安値のサービスとなっています。

ルーター端末は、富士ソフト「FS030W」です。

NEXTmobileのルーター端末は富士ソフトのFS030W

製品名富士ソフト FS030W
重量約128g
連続使用時間20時間
最大通信速度下り最大:150Mbps/上り最大:50Mbps
付属品Micro USBケーブル
サイズ74.0 x 74.0 x 17.3mm
周波数帯LTE/4Gバンド:Band 1/3/8/11(SoftBank)
3Gバンド:Band 1(SoftBank)
同時接続台数15台
マクリン
解約後に端末返却しなくていいのもありがたいですね!
 
なおFS030Wは、SoftBank回線向けルーターとして優秀な端末ですが、その理由はSoftBankのバンドに数多く対応しているからです。

下記SoftBankバンドのうち、Band 1/3/8/11に対応していると、広いバンドに対応するルーターといえますが、FS030Wは全てカバーしています。

LTE/4Gバンド
  • Band 1:2.1GHz
  • Band 3:1.7/1.8GHz
  • Band 8:900MHz
  • Band 11:1.5GHz
  • Band 28:700MHz
  • Band 41:2.5GHz
  • Band 42:3.5GHz
3Gバンド
  • Band 1:2.1GHz
  • Band 8:900MHz
マクリン
しかも、手のひらサイズで電池も長持ちですし、使いやすいですよ!
 
月額最安値というだけでなく、通信速度もしっかり出ます。




送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

 
ネットの快適性に直結する下りでは、いずれも20Mbps以上を確保し、昼と夜は30Mbps以上を記録していました。

NEXTmobileの使い放題プランは後発サービスですが、コスパの高さに上々の反応が多く、僕自身もかなり好印象の使用感でした。

 

CHECK NOW

 

 

よくばりWiFi

2年総額で第2位にランクインした「よくばりWiFi」です。

 
月額・解約料ともにリーズナブルな料金設定となっています。

プラン名12ヵ月レンタル1ヵ月レンタル
月額3,450円
※端末補償(+月額380円)で2ヶ月無料
4,880円
月間容量制限なし制限なし
契約期間2年縛り1ヶ月から利用可能
解約金0~12ヶ月目:18,000円(税抜)
13~24ヶ月目:12,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円
なし
MEMO
新規発行時の事務手数料は、初月のみ1回3,800円です。
マクリン
25ヶ月目以降も料金が変わらない親切設計!

ルーター端末もどんなときもWiFiと同様の「U2S(D1の旧名称)」なので、スペックはもちろん優秀。

よくばりWiFiのルーター端末U2S

製品名U2S
重量約149g
連続使用時間12時間
最大通信速度下り最大:150Mbps/上り最大:50Mbps
付属品Micro USBケーブル
サイズ127 x 65.7 x 14.2mm
周波数帯LTE/4Gバンド:Band 1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/18/19/20/26/28/34/38/39/40/41
3Gバンド:Band 1/2/4/5/8
同時接続台数5台

 
通信速度はいずれも20Mbps以上確保し、Webサイト・SNS閲覧はもちろん、動画鑑賞も快適にできました。



送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

 
JOY&わたなべ麻衣夫婦を起用したWEB CMで認知度も上がり、SNSでも上々の反応が多いです。

 

 
CHECK NOW

 

hi-ho GoGo Wi-Fi

第4位は老舗プロバイダが提供する「hi-ho GoGo Wi-Fi」です!

 
マクリン
ソフトバンク回線主体ではあるものの、3回線でカバーできるトリプルキャリアは魅力的ですね!

hi-ho GoGo Wi-Fiはソフトバンク・ドコモ・auのマルチキャリア回線に対応
 
料金プランは通常プランとセレクト(G)プランの2種類です。

プラン名通常プランセレクト(G)プラン
月額3,355円4,255円
容量制限なし
契約期間2年縛り
解約金0~12ヶ月目:18,000円
13~24ヶ月目:9,500円
26ヶ月目以降:9,500円
更新月(25ヶ月目、37ヶ月目):0円
セットオプションなし1. hi-ho GoGo Wi-Fi端末補償
2. 選べるオプション(下記から1つ選択)
・データバックアップ
・お財布サポート
・データ復旧
3. 訪問サポート(30%OFF)
MEMO
新規発行時の事務手数料は、初月のみ3,000円です。

通常プラントセレクト(G)プランのちがいは、セットオプションの有無のみです。

しかし、この中で必要性を感じるのは、月額500円で無償修理してくれるhi-ho GoGo Wi-Fi端末補償くらいなので、正直通常プラン一択かと思われます。

ルーター端末は「U2s」です。

hi-ho GoGo Wi-Fiのルーター端末はU2s

製品名U2s
重量約151g
連続使用時間12時間
最大通信速度下り最大:150Mbps/上り最大:50Mbps
付属品Micro USBケーブル
サイズ127 x 65.7 x 14.2mm
周波数帯LTE/4Gバンド:Band 1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/18/19/20/26/28/34/38/39/40/41
3Gバンド:Band 1/2/4/5/6/8/9/19
同時接続台数5台
マクリン
端末の性能は申し分なし!
 
通信速度は30Mbps以上をキープし、夜・深夜にいたってはなんと40Mbps以上を記録していました。




送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

 
YouTube視聴を何度か行いましたが、遅延や詰まりはまったくありませんでした。

上りもほとんどの時間帯で20Mbps以上であり、データアップロード時にも困らない速度となっています。
 

マクリン
さすがは老舗プロバイダといったところですね!
 
サービスがスタートして日が浅いこともあり、口コミ自体は多くありません。

 
後発サービスにもかかわらず、Mugen WiFiより高い点はネガティブな声もあがっています。


 
しかし、同じくしっかりした会社からリリースされている「どんなときもWiFi」よりはオトクなサービスであり、運営会社の安心感が購入要素なら有力候補になるでしょう。

 

 
CHECK NOW

 

 

どんなときもWiFi

CMも話題の「どんなときもWiFi」です!


 
多くの人に支持されている点は大きく、トータルで見て使いやすく仕上がっています。

 
ソフトバンク・ドコモ・auの3社で提供するトリプルキャリア回線です。


 
料金プランはデータ放題のみの1種類ですが、支払い方法によって月額が変わります。

プラン名データ放題プラン
(クレカのみ)
ベーシックデータ放題プラン
(口座振替のみ)
月額(〜24ヶ月目)3,480円3,980円
月額(25ヶ月目〜)3,980円4,410円
月間容量制限なし
契約期間2年縛り
解約金0~12ヶ月目:19,000円(税抜)
13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
26ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月(2年ごと):0円
MEMO
新規発行時の事務手数料は、初月のみ1回3,000円です。口座振替の場合は別途、手数料200円(税抜)/月が発生いたします。
マクリン
月額料金を考えるとクレジットカード払い一択ですね!
 
ルーター端末は「D1」で、上下の最大通信速度・対応周波数帯ともに充分なスペックを有しています。

どんなときもWiFiの端末はU2S

製品名D1
重量約151g
連続使用時間12時間
最大通信速度下り最大:150Mbps/上り最大:50Mbps
付属品Micro USBケーブル
サイズ127 x 65.7 x 14.2mm
周波数帯LTE/4Gバンド:Band 1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/18/19/20/26/28/34/38/39/40/41
3Gバンド:Band 1/2/4/5/6/8/9/19
同時接続台数5台

 
通信速度はいずれも20Mbps以上をキープし、昼にいたってはなんと40Mbps以上を記録していました。




送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度
マクリン
利用者が多くて大人気なので、他社Wi-Fiよりも遅いだろうという見立てでしたが、むしろ若干上回る値で驚きを禁じえませんでした……!

CM効果で認知度が高いですが、Twitterでも好意的な反応が多く、僕自身も満足して使えています。

 

 
CHECK NOW

 

安いポケットWiFiランキングまとめ

本記事は「【安いのはどれ?】ポケットWiFiの総額を各年ごとに徹底的に調べてみた!」について書きました。

使用年数によって最安値のポケットWiFiは異なりますが、Mugen WiFiGMOとくとくBB WiMAX2+NEXTmobileは全体的に安いサービスといえます。

ポケットWiFiは毎月のように新しいサービスが増え続け、価格面でもしのぎを削り合っています。

本記事を参考に、自分に合ったベストパートナーを見つけましょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【頂上決定戦】おすすめの無制限ポケットWiFiはどれだ!?ガチで比較した結果は…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です