おすすめのポケットWiFi

【TP-Link Archer C80レビュー】3×3 MIMO対応で最大1Gbps超えの高速デュアルバンドWi-Fiルーター

どうも、高速インターネットが大好物のマクリン( @Maku_ring)です。

速さを求めるなら最新規格のWi-Fi6ルーターWi-Fi6対応メッシュルーターですが、ルーター本体が高価かつ10Gbps回線にしないといけないなど、条件がなかなかハード。

できるだけコストを押さえ、それなりに快適なネット環境を得るなら、Wi-Fi5(従来のWi-Fi)対応のデュアルバンドルーターがおすすめです。

TP-Linkから5千円台の高コスパルーター「TP-Link Archer C80」がリリースされました。

TP-Link Archer C80の外箱

2.4GHz帯:600Mbps + 5.0GHz帯:1,300Mbpsで合計1,900Mbps(1.9Gbps)をカバーし、5.0GHz帯ではオンラインゲームや動画ストリーミングも円滑えんかつにこなせる高速性をサポートしています。

また、複数台同時通信に対応する3×3 MIMO対応で、混線した状況でも安定した通信を提供可能です。

そんなわけで本記事は「【TP-Link Archer C80レビュー】3×3 MIMO対応で最大1Gbps超えの高速デュアルバンドWi-Fiルーター」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

Archer C80の外観と付属品

TP-Link Archer C80」は2.4GHz帯と5GHz帯、2種類の電波を提供するデュアルバンドのWi-Fi5対応ルーターです。

Archer C80はデュアルバンドのWi-Fi5対応ルーター

製品
サイズ215 x 117 x 32mm
ワイヤレス規格2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n
5.0GHz:IEEE 802.11ac/n/a
周波数2.4GHz+5.0GHz
最大通信速度(理論値)2.4GHz:600Mbps
5.0GHz:1,300Mbps
接続端末数最大36台
ワイヤレスセキュリティWEP/WPA/WPA2/WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)
CPU1.2GHz CPU
インターフェースギガビットWANポート x 1/ギガビットLANポート x 4
価格5,400円前後

 
置き場所を邪魔しないミニマルなデザインで、表面にはダイヤモンドコーティングが施されています。

Archer C80の表面にはダイヤモンドコーティング
 
4本のアンテナは可変式で自由度高く動かせます。



背面のインターフェースは、ギガビット対応WANポートにギガビット対応LANポート x 4とそれなりにあります。

Archer C80のインターフェース

インターフェース
  • 電源ボタン
  • 電源ポート
  • 最大1Gbps対応WANポート x 1
  • 最大1Gbps対応WANポート x 4
  • リセットボタン
 
同梱品はルーター本体にACアダプタ、LANケーブルです。

Archer C80の付属品

Archer C80の接続設定方法

TP-Link Archer C80の接続設定方法を紹介します。

STEP.1
ルーター電源オン
ルーターの電源を入れ、WANポートとモデムをLANケーブルでつなぎます。


STEP.2
スマホアプリ
スマホアプリ「TP-Link Tether」をダウンロードして立ち上げます。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

STEP.3
アカウントにログイン
Tetherアカウントにサインアップもしくはログインします。


STEP.4
ルーターのLEDを確認
ルーターのLEDが全点灯するまで待機します(1分程度)。


STEP.5
設定用Wi-Fiに接続
ルーター裏面にラベルで記載されている設定用SSID・パスワードに接続します。


STEP.6
接続タイプ選択
接続タイプを選択します。PPPoEの場合は、プロバイダの契約書類に記されている接続用ID・接続用パスワードを入力します。


STEP.7
SSIDとパスワード設定
2.4GHz帯と5.0GHz帯のSSIDとパスワードを設定します。


STEP.8
接続設定完了
設定を保存すればWi-Fi接続は完了です。


マクリン
スマホで直感的にすすめるだけで接続設定が簡単にできますよ!

Sponsored Links

 

Archer C80のアプリでできること

TP-Link Archer C80のネットワーク管理は、スマホアプリ「TP-Link Tether」からすべて行うことができます。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

 
ダッシュボードでは接続機器数、タップすることで各機器が何GHzで接続しているかが分かります。



他には「保護者による制限」「ゲストネットワーク」「動作モード」の設定などが行えるようになっています。

ルーターの機能
  • 保護者による制限 オンラインに費やす時間を制限し、ネット履歴が確認できる
  • ゲストネットワーク ゲスト用のSSID・パスワードを発行することができる
  • 動作モード ワイヤレスルーターモードとアクセスポイントモード(有線LANを無線化)が選べる

Archer C80の通信速度を計測

我が家のプロバイダーは「ドコモ光×GMOとくとくBB」で、最大10Gbps(10,000Mbps)対応の光ファイバー回線を敷いています。


 
2.4GHz帯と5.0GHz帯で12時台に計測した結果です。

Wi-Fi電波の特徴
  • 2.4GHz帯 速度は遅いが、障害物に強い
  • 5.0GHz帯 速度は早いが、障害物に弱い

2.4GHz帯

5.0GHz帯

送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

驚くべきことに5.0GHzの下りでは600Mbps以上観測でき、最大1GbpsのWANポートであることを考慮すると、最大速度の半分以上出ていることが分かります。

我が家の環境もありますが、Wi-Fi5にもかかわらず、Wi-Fi6のエントリーモデル並みの数値でびっくりしました。

またノートPCで測っても、500Mbps以上の値を示していました。

2.4GHz

5.0GHz

この背景として、3ストリーム(3×3)のMU-MIMOに対応し、最大通信速度がそれぞれ2.4GHz帯:600Mbps / 5.0GHz帯:1,300Mbpsであることが大きいです。

ストリーム数
ストリーム数は「道の本数」がイメージしやすく、電波の通る道の数が多いほど、高速に通信することができます。つまり、ストリーム数と最大通信速度は比例します。

MU-MIMOは複数本のアンテナで異なるネットワーク通信を行う仕組みですが、平たく書くとMU-MIMOでは同時通信が可能です。

Archer C80はMU-MIMOをサポート

TP-Link Archer C80最大3ユーザーの同時通信に対応し、Wi-Fiデバイスが増えがちな家庭でも効力を発揮します。

Sponsored Links

 

Archer C80レビューまとめ

本記事は「【TP-Link Archer C80レビュー】3×3 MIMO対応で最大1Gbps超えの高速デュアルバンドWi-Fiルーター」について書きました。

TP-Link Archer C80は2.4GHz帯:600Mbps + 5.0GHz帯:1,300Mbpsまで対応する、3ストリームのMU-MIMO搭載のデュアルバンドルーターです。

マクリン
ルーターのデビュー機にもおすすめですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

TP-Link Archer A10設置 【TP-Link Archer A10レビュー】MU-MIMO対応の高速デュアルバンドWi-Fiルーター 【Wi-Fi6対応ルーター比較】ASUSかバッファロー・NETGEAR・TP-Linkどれがおすすめ? 【メッシュWi-Fiルーター徹底比較】GoogleとBUFFALOとVELOP・Orbi・TP-Linkどれがおすすめ? 【決定版】おすすめのWiFiルーターはどれだ!?タイプ別に選び方も紹介!【決定版】おすすめのWiFiルーターはどれだ!?タイプ別に選び方も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です