おすすめの光回線

【TP-Link Archer AX90レビュー】8ストリーム搭載のトライバンドWi-Fi6ルーター

評価:4

ルーターの中でもWi-Fi6ルーターが大好物のマクリン( @Maku_ring)です。

ルーター価格が高かったり、10Gbps回線にしなきゃいけないなど、条件は厳しいものの、高速のネット環境にはWi-Fi6ルーターが欠かせません。

同タイプのルーターでも性能を高めつつ、価格をできるだけ抑えたモデルが「TP-Link Archer AX90」です。

TP-Link Archer AX90の外箱

合計6.6Gbps(4,804 + 1,201 + 574Mbps)の超高速通信をサポートする上、8ストリーム搭載で、複数の同時接続やストリーミングにも耐えうるスペックを持っています。

さらに、デュアルバンドにもう1種類のWi-Fi電波を追加し、3種類の周波数帯を持つトライバンドルーターでもあります。

TP-Link Archer AX90はトライバンドルーター

同社のOneMesh対応機器と組み合わせればメッシュ環境を構築でき、Wi-Fiエリアの拡張が手軽に可能です。

そんなわけで本記事は「【TP-Link Archer AX90レビュー】8ストリーム搭載のトライバンドWi-Fi6ルーター」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。 プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

TP-Link Archer AX90の外観と付属品

TP-Link Archer AX90」は2.4GHzと5.0GHz x 2、3種類の電波を持つトライバンドタイプのWi-Fi6ルーターです。

TP-Link Archer AX90はトライバンドタイプのWi-Fi6ルーター

製品
サイズ 311 x 207 x 174 mm
ワイヤレス規格 2.4GHz:IEEE 802.11ax/n/b/g
5.0GHz:IEEE 802.11ax/ac/n/a
周波数 2.4GHz+5.0GHz+5.0GHz
最大通信速度(理論値) 2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:1,201Mbps
5.0GHz:4,804Mbps
接続端末数 最大100台
ワイヤレスセキュリティ WPA/WPA2/WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)/WPA3
CPU 1.5GHz クアッドコアCPU
インターフェース 2.5Gbps WAN/LANポート x 1
1Gbps WAN/LANポート x 1
1Gbps LANポート x 3
プロトコル IPv4
IPv6(一部サービスのみ)
価格 24,800円前後

 
同社のWi-Fi6ルーターではAX90が数少ないトライバンド対応であり、v6プラス未対応であること以外、ストリーム数ふくめて高速性に長けています。

製品
サイズ 311 x 207 x 174 mm 273 × 147 × 49 mm 273 × 147 × 49 mm 260 × 135 × 39 mm 260 × 135 × 39 mm
ワイヤレス規格 2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n/ax
5.0GHz:IEEE 802.11n/ac/ax
周波数 2.4GHz+5.0GHz+5.0GHz 2.4GHz+5.0GHz
ストリーム 8本 6本 4本
最大通信速度(理論値) 2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:1,201Mbps
5.0GHz:4,804Mbps
2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:4,804Mbps
2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:2,402Mbps
2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:1,201Mbps
2.4GHz:300Mbps
5.0GHz:1,201Mbps
ワイヤレスセキュリティ WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)
WPA
WPA2
WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)
WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)
CPU 1.5GHzトリプルコアCPU 1.5GHzトリプルコアCPU デュアルコアCPU 1.5GHzトリプルコアCPU 1.5GHzクアッドコアCPU
インターフェース 2.5Gbps WAN/LANポート x 1
1Gbps WAN/LANポート x 1
1Gbps LANポート x 3
1Gbps WANポート x 1
1Gbps LANポート x 4
プロトコル IPv4 IPv4 / IPv6 IPv4 IPv4 IPv4
価格 24,800円前後 13,600円前後 11,800円前後 8,700円前後 6,900円前後
ストリーム数
「道の本数」がイメージしやすく、電波の通る道の数が多いほど、複数の端末がつながった状態でも高速に通信することができます。
 
見るからに速そうな出で立ちで、ソリッドなブラックボディに放射状の模様が、ハイエンド感を漂わせています。

本体から突き出す8本のアンテナは可変式で、自由度高く動かせます。

フロントには3つのボタンを搭載し、左からそれぞれWi-Fi・LEDのオンオフ、WPSの有効無効を切り替えることができます。


 
Wi-Fi6対応でも1Gbps対応ポートのみのモデルが少なくない中、TP-Link Archer AX902.5Gbps対応のWAN/LANポートが付いています。

TP-Link Archer AX90背面のインターフェース

インターフェース
  • USB 2.0
  • 電源ポート
  • 電源ボタン
  • 最大2.5Gbps対応WAN/LANポート x 1
  • 最大1Gbps対応WAN/LANポート x 1
  • 最大1Gbps対応LANポート x 3
 
さらに本体側面には、拡張性にすぐれたUSB 3.0も搭載しています。

TP-Link Archer AX90側面にはUSB 3.0
 
同梱品はルーター本体にACアダプタ、LANケーブルです。

TP-Link Archer AX90の付属品

TP-Link Archer AX90の接続設定方法

TP-Link Archer AX90の接続設定方法を紹介します。

STEP.1
スマホアプリ
スマホアプリ「TP-Link Tether」をダウンロードして立ち上げます。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

STEP.2
アカウントにログイン
Tetherアカウントにサインアップもしくはログインします。


STEP.3
ルーターのLEDを確認
ルーターの電源を入れてWANポートとモデムをLANケーブルでつなぎ、ルーターのLEDが全点灯するまで待機します(1分程度)。

TP-Link Archer AX90のLEDが全点灯するまで待機

STEP.4
設定用Wi-Fiに接続
付属のWi-Fi情報カードに記載されている設定用SSID・パスワードに接続します。



STEP.5
接続タイプ選択
インターネットアクセスに使っているWANポートを選択の上、接続タイプを選びます。PPPoEの場合は、プロバイダの契約書類に記されている接続用ID・接続用パスワードを入力します。


STEP.6
SSIDとパスワード設定
2.4GHz帯と5.0GHz帯のSSIDとパスワードを設定します。


スマートコネクト
2.4GHz帯と5.0GHz帯でSSIDとパスワードを共通化でき、ユーザー側が周波数帯を変えなくとも、デバイス側で最適な周波数を自動選択してくれます。
STEP.7
接続設定完了
設定を保存すればWi-Fi接続は完了です。


マクリン
アプリの説明どおりに進めるだけで接続まで楽チン!

Sponsored Links

 

TP-Link Archer AX90のアプリでできること

TP-Link Archer AX90のネットワーク管理は、スマホアプリ「TP-Link Tether」からすべて行えます。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

 
ダッシュボードでは接続機器数、タップすることで各機器が何GHzで接続しているかが分かります。



セキュリティ機能も豊富にそろい、TP-Link IDと連携することでHomeShield機能を使うことができます。





HomeShield

  • アンチウィルスとコンテンツフィルター
  • お子様のインターネット利用管理
  • 1タップでインターネット利用停止
  • 家族のインターネット利用を把握

 
他にはゲストネットワークや動作モードの設定、OneMeshネットワークの形成も可能となっています。




中でもOneMeshは、メッシュルーター的に振る舞うことができる面白い機能で、OneMesh対応機器と組み合わせればWi-Fiエリアを拡大することが可能です。

マクリン
Wi-Fi電波を奥の部屋や2階以上に行き渡らせたいときに便利!

TP-Link Archer AX90の通信速度を計測

我が家のプロバイダーは「enひかり」で、最大10Gbps(10,000Mbps)対応の光ファイバー回線を敷いています。


 
Wi-Fi6対応端末であるiPhone 12で12時台に計測した結果ですが、下りで500Mbps以上観測し、Wi-Fi6ルーターとしてまずまずの速度でした。



送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

 
またノートPCでもおおよそ同程度の速度でした。

ただしTP-Link Archer AX90は、インターネット通信が遅くなりにくい新接続方式の「v6プラス(IPv6 IPoE)」には未対応

v6プラス接続の通信で使う場合、v6プラスのルーターを間にかます必要があります。

その点さえ除けば、8ストリーム対応かつWi-Fi6・マルチギガビット対応と、10Gbps回線でも活かせるハイエンド仕様のルーターに仕上がっています。

Sponsored Links

 

TP-Link Archer AX90レビューまとめ

本記事は「【TP-Link Archer AX90レビュー】8ストリーム搭載のトライバンドWi-Fi6ルーター」について書きました。

TP-Link Archer AX90は2.4GHz帯:574Mbps + 5.0GHz帯:1,201Mbps + 5.0GHz帯:4,804Mbpsに対応する、8ストリームのトライバンドルーターです。

OneMeshやWi-Fi6に対応するなど、速度・エリアカバーに重きに置いた製品になっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【TP-Link Archer AX73レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載のデュアルバンドWi-Fi6ルーター 【TP-Link Archer AX4800レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載の手頃なWi-Fi6ルーター 【TP-Link Deco X60レビュー】6ストリームで最大通信速度2.4GbpsのWi-Fi6対応メッシュルーター! 【Linksys MR9000X AC3000レビュー】ゲーマーに特化したトライバンド対応メッシュルーター 【10Gbps】Wi-Fi6対応ルーターのおすすめはどれ? ASUS・NETGEAR・TP-Link・バッファローを徹底比較! メッシュWi-Fiルーターのおすすめを比較して最強を決定してみた 【決定版】おすすめのWiFiルーターはどれだ!?タイプ別に選び方も紹介!【決定版】おすすめのWiFiルーターはどれだ!?タイプ別に選び方も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です