おすすめの光回線

【TP-Link Archer AX73レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載のデュアルバンドWi-Fi6ルーター

評価:4.5

Wi-Fi6ルーターで高速環境構築に余念がないマクリン( @Maku_ring)です。

インターネットの接続方式には、メインの接続方式である「IPv4 PPPoE」と新方式の「IPv6 IPoE(v6プラス)」の2通りがあります。

従来のPPPoE方式は、利用者が多い関係で混線が生じて遅くなりやすいのですが、v6プラスだと回線混雑とはほぼ無縁。

しかし、固定回線はもちろん、ルーターv6プラス対応である必要があり、TP-Link製のWi-Fi6ルーターでも対応するモデルはなかなかありませんでした。

Archer AX90もv6プラス未対応で肩を落としていたところ、Archer AX73がようやくv6プラスに対応してくれました。

TP-Link Archer AX73の外箱

デュアルバンドではあるものの、Wi-Fi6対応合計5.4Gbps(4,804 + 574Mbps)の高速通信をサポートしています。

同社のOneMesh対応機器と組み合わせればメッシュ環境を構築でき、Wi-Fiエリアの拡張が手軽に可能です。

そんなわけで本記事は「【TP-Link Archer AX73レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載のデュアルバンドWi-Fi6ルーター」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。 プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

TP-Link Archer AX73の外観と付属品

TP-Link Archer AX73」は2.4GHzと5.0GHz、2種類の電波を持つデュアルバンドタイプのWi-Fi6ルーターです。

TP-Link Archer AX73はデュアルバンドのWi-Fi6ルーター

製品
サイズ 273 × 147 × 49 mm
ワイヤレス規格 2.4GHz:IEEE 802.11ax/n/b/g
5.0GHz:IEEE 802.11ax/ac/n/a
周波数 2.4GHz+5.0GHz
最大通信速度(理論値) 2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:4,804Mbps
接続端末数 最大80台
ワイヤレスセキュリティ WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)
CPU 1.5GHz トリプルコアCPU
インターフェース 1Gbps WANポート x 1
1Gbps LANポート x 4
プロトコル IPv4
IPv6
価格 13,600円前後

 
同社のデュアルバンドWi-Fi6ルーターでスペック比較してみました。

製品
サイズ 273 × 147 × 49 mm 262 × 144 × 51 mm 260 × 135 × 39 mm 273 × 147 × 49 mm
ワイヤレス規格 2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n/ax
5.0GHz:IEEE 802.11n/ac/ax
周波数 2.4GHz+5.0GHz
ストリーム 6本 4本
最大通信速度(理論値) 2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:4,804Mbps
2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:4,324Mbps
2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:1,201Mbps
2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:2,402Mbps
ワイヤレスセキュリティ WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)
WPA
WPA2
WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)
CPU 1.5GHzトリプルコアCPU 1.5GHzトリプルコアCPU 1.5GHzクアッドコアCPU デュアルコアCPU
インターフェース 1Gbps WANポート x 1
1Gbps LANポート x 4
プロトコル IPv4 / IPv6 IPv4
価格 13,600円前後 11,600円前後 8,700円前後 11,800円前後
ストリーム数
「道の本数」がイメージしやすく、電波の通る道の数が多いほど、複数の端末がつながった状態でも高速に通信することができます。

やや高価(それでも1万円台前半)なものの、6ストリームかつv6プラス対応はポイントが高く、最大通信速度も頭ひとつ抜けています。

ただ、価格にこだわる人は、最大通信速度が若干落ちるものの、同じくv6プラス対応のArcher AX4800もおすすめです。

和を若干感じる模様と、斜めにせり出したピアノブラックのコントラストがこじゃれています。


 
本体から突き出す6本のアンテナは可変式で、自由度高く動かせます。

TP-Link Archer AX73のアンテナは6本の可変式

フロントには各LEDを配し、左から電源 2.4GHz帯 5.0GHz帯 ネット通信 LANポート USB WPSを表しています。

TP-Link Archer AX73のLED
 
背面左側には3つのボタンを搭載し、左からそれぞれWi-Fi・LEDのオンオフ、WPSの有効無効を切り替えることができます。

TP-Link Archer AX73の背面左側のボタン
 
LANポートは4つとそれなりにあるものの、せっかく最大9.6Gbps対応のWi-Fi6モデルなので、WANポートは最大2.5Gbpsなどのマルチギガビットに対応してほしかったところ。

TP-Link Archer AX73のインターフェース

インターフェース
  • 最大1Gbps対応LANポート x 4
  • 最大1Gbps対応WANポート x 1
  • 電源ボタン
  • 電源ポート
 
さらに本体側面には、拡張性にすぐれるUSB 3.0も搭載しています。

TP-Link Archer AX73側面にはUSB 3.0
 
同梱品はルーター本体にACアダプタ、LANケーブルです。

TP-Link Archer AX73の付属品

TP-Link Archer AX73の接続設定方法

TP-Link Archer AX73の接続設定方法を紹介します。

STEP.1
スマホアプリ
スマホアプリ「TP-Link Tether」をダウンロードして立ち上げます。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

STEP.2
アカウントにログイン
Tetherアカウントにサインアップもしくはログインします。


STEP.3
ルーターのLEDを確認
ルーターの電源を入れてWANポートとモデムをLANケーブルでつなぎ、左3つのLEDが点灯するまで待機します(1分程度)。

TP-Link Archer AX73のLEDが点灯するまで待機

STEP.4
設定用Wi-Fiに接続
付属のWi-Fi情報カードに記載されている設定用SSID・パスワードに接続します。



STEP.5
デバイス接続
設定デバイスを選択し、ローカルパスワードを入力します。


STEP.6
接続タイプ選択
接続タイプを選びます。PPPoEの場合は、プロバイダの契約書類に記されている接続用ID・接続用パスワードを入力します。


STEP.7
SSIDとパスワード設定
2.4GHz帯と5.0GHz帯のSSIDとパスワードを設定します。


スマートコネクト
2.4GHz帯と5.0GHz帯でSSIDとパスワードを共通化でき、ユーザー側が周波数帯を変えなくとも、デバイス側で最適な周波数を自動選択してくれます。
STEP.8
接続設定完了
設定を保存すればWi-Fi接続は完了です。


マクリン
2.4GHzと5.0GHzをいちいち選ばなくていいのと、v6プラス対応はポイント高し!

Sponsored Links

 

TP-Link Archer AX73のアプリでできること

TP-Link Archer AX73のネットワーク管理は、スマホアプリ「TP-Link Tether」からすべて行えます。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

 
ダッシュボードでは接続機器数、タップすることで各機器が何GHzで接続しているかが分かります。

TP-Link Archer AX73のアプリのダッシュボード

セキュリティ機能も豊富にそろい、TP-Link IDと連携することでHomeShield機能を使うことができます。

TP-Link Archer AX73のHomeShield機能

HomeShield

  • アンチウィルスとコンテンツフィルター
  • お子様のインターネット利用管理
  • 1タップでインターネット利用停止
  • 家族のインターネット利用を把握

 
ゲストネットワークや動作モードの設定ができる他、OneMeshネットワークの形成も可能となっています。


TP-Link Archer AX73のOneMeshネットワーク
OneMesh
メッシュルーター的に振る舞うことができる機能で、OneMesh対応機器の追加でWi-Fiエリアを拡大することが可能です。

TP-Link Archer AX73の通信速度を計測

TP-Link Archer AX73の通信速度を確認しました。

前述のとおり、v6プラス(IPv6 IPoE)での接続に対応し、固定回線側も対応すれば、速度が上がりやすいのがポイント。

TP-Link Archer AX73はv6プラスの接続に対応
 
我が家のプロバイダーは「enひかり」で、最大10Gbps(10,000Mbps)対応の光ファイバー回線を敷いています。


 
Wi-Fi6対応端末であるiPhone 12で12時台に計測したところ、下りで600Mbps以上を記録し、WANポートが最大1Gbpsにもかかわらず、かなりの速度が出ていました。



送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

 
Wi-Fi6対応のノートPCでも同等の値が出ており、上位機種のAX90より高速だったので、v6プラス対応の恩恵はかなり大きいと感じました。


 
1万円台前半と安いのにくわえ、6ストリーム対応かつWi-Fi6・v6プラス対応と、現実的な路線では最強のルーターといえるのではないでしょうか。

Sponsored Links

 

TP-Link Archer AX73レビューまとめ

本記事は「【TP-Link Archer AX73レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載のデュアルバンドWi-Fi6ルーター」について書きました。

TP-Link Archer AX73は、同社のWi-Fi6ルーターでは数少ないv6プラスに対応し、高速性に重きを置いたデュアルバンドルーターです。

他にもOneMeshやWi-Fi6対応など、価格を踏まえるとかなり充実し、コスパ優秀な製品に仕上がっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【TP-Link Archer AX4800レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載の手頃なWi-Fi6ルーター 【TP-Link Archer AX90レビュー】8ストリーム搭載のトライバンドWi-Fi6ルーター 【10Gbps】Wi-Fi6対応ルーターのおすすめはどれ? ASUS・NETGEAR・TP-Link・バッファローを徹底比較! 【決定版】おすすめのWiFiルーターはどれだ!?タイプ別に選び方も紹介!【決定版】おすすめのWiFiルーターはどれだ!?タイプ別に選び方も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です