おすすめの光回線

【Archer AX6000レビュー】最大2.5Gbps対応WANポート搭載のTP-Link初Wi-Fi6ルーター

どうも、高速Wi-Fi環境の構築に余念がないマクリン( @Maku_ring)です。

サクサクのネット環境を得る上で、最新のWi-Fi規格「Wi-Fi6ワイファイシックス」への対応は欠かせません。

Wi-Fi6は従来のWi-Fi(Wi-Fi4/5)にくらべ、かなりの高速化を実現しています。

通称 規格 最大通信速度 実効スループット
Wi-Fi4 IEEE802.11n 300Mbps 150Mbps
Wi-Fi5 IEEE802.11ac 6.93Gbps 800Mbps
Wi-Fi6 IEEE802.11ax 9.6Gbps 1Gbps以上

 
無線LAN環境下でも1Gbps以上の通信速度を実現し、もはや有線並みのスピードを体感することができます。

しかしWi-Fi6は、最大10Gbps対応の光回線・LANケーブル・Wi-Fi6対応ルーター・Wi-Fi6対応デバイス、全てがそろって初めてその真価を発揮します。

各社がWi-Fi6ルーターを出してきている中、ルーターで世界シェアNo.1をほこるTP-Linkも「Archer AX6000」を引っさげて登場しました。

Archer AX6000は、最大2.5GbpsのWANポートと最大1Gbps対応LANポート x 8を搭載し、高速性と汎用性を両立した構成となっています。

さらに1.8GHzクアッドコアCPUを内蔵しているため、混線した状況でも安定した通信を提供してくれます。

そんなわけで本記事は「【Archer AX6000レビュー】最大2.5Gbps対応WANポート搭載のTP-Link初Wi-Fi6ルーター」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のラジオゲスト、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。 プロフィール詳細

Archer AX6000の外観と付属品

Archer AX6000」は2.4GHz帯と5GHz帯、2種類の電波を提供するデュアルバンドのWi-Fi6対応ルーターです。

TP-Link Archer AX6000はデュアルバンドのWi-Fi6対応ルーター
 
8本のアンテナを立てるとまさに剣山のようで、ヘビーユーザー用といった出で立ち。


 
主なスペックは以下のとおりです。

項目 スペック
ワイヤレス規格 【2.4GHz】IEEE 802.11ax/b/g/n
【5.0GHz】IEEE 802.11ax/ac/n/a
周波数 2.4GHz + 5.0GHz
最大通信速度(理論値) 【2.4GHz】1148Mbps
【5.0GHz】4804Mbps
CPU 64bitクアッドコア1.8GHz CPU
ストリーム数
(受信 x 送信)
【2.4GHz】4 x 4
【5.0GHz】4 x 4
推奨接続台数 100台
有線LANポート LANポート:最大1Gbps x 8
WANポート:最大2.5Gbps x 1
USBポート Type A USB 3.0ポート/Type C USB 3.0ポート
サイズ 261.2 x 261.2 x 60.2mm
重量 1072g
ストリーム数
ストリーム数は「道の本数」がイメージしやすく、電波の通る道の数が多いほど、高速に通信することができます。つまり、ストリーム数と最大通信速度は比例します。
 
サイズは26cm角 x 高さ6cmで、床置き面積は13インチのノートPCとちょうど同じくらいです。

TP-Link Archer AX6000のサイズ
 
背面のインターフェースは、最大2.5Gbps対応WANポートと最大1Gbps対応LANポート x 8とそこそこあり、有線接続のデバイスが多くても困ることはありません。

TP-Link Archer AX6000の背面のインターフェース

インターフェース(左から)

  • 電源ボタン
  • 最大2.5Gbps対応WANポート x 1
  • 最大1Gbps対応WANポート x 8
  • 電源ポート
  • リセットボタン

ただひとつ残念なのは、最大9.6GbpsまでサポートするWi-Fi6対応でありながら、WANポートが最大2.5Gbpsであるため、Wi-Fi6の実力を出しきれない点です。

その点では、Wi-Fi6ルーターで唯一最大10Gbps対応のWANポートを備えるBUFFALO WXR-5950AX12に軍配があがります。

とはいえマルチギガビット対応なので、通常のギガビット対応ルーターよりも10G回線を活かせる仕様です。

右側面にはUSB-A(USB3.0)とUSB-C(USB3.0)が付いています。

TP-Link Archer AX6000の右側面のインターフェース
 
同梱品はルーター本体にACアダプタ、LANケーブルです。

Archer AX6000はスマホアプリで接続設定完了

Archer AX6000の接続設定方法を紹介します。

STEP.1
ルーター電源オン
ルーターの電源を入れ、WANポートとモデムをLANケーブルでつなぎます。


STEP.2
スマホアプリ
スマホアプリ「TP-Link Tether」をダウンロードして立ち上げます。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

STEP.3
ルーターにログイン
設定デバイスで「Archer AX6000」を選ぶとルーターへのログインが開始し、新たなログインパスワードを設定します。



STEP.4
接続タイプ選択
接続タイプを選択します。分からないときは「自動検出」をタップすると、接続タイプが検出されます。

MEMO
PPPoEの場合は、プロバイダの契約書類に記されている接続用ID・接続用パスワードを入力します。

STEP.5
接続設定完了
2.4GHz帯と5.0GHz帯のSSID・Wi-Fiパスワードを入れた後、設定を保存すればWi-Fi接続は完了です。



マクリン
スマホだけで接続設定が簡単にできちゃいますよ!

Sponsored Links

 

Archer AX6000のアプリでできること

Archer AX6000のネットワーク管理は、スマホアプリ「TP-Link Tether」からすべて行うことができます。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

 
ログイン後のダッシュボードで接続機器数通信速度が分かります。


 
機器数をタップすることで、どのデバイスと何GHz帯で接続しているか確認できるようになっています。


 
ゲストネットワークではゲスト用のSSIDを発行することが可能です。

Archer AX6000のゲストネットワーク
 
さらにArcher AX6000独自の機能として「保護者による制限」「アンチウィルス」「QoS(クオリティ・オブ・サービス)」を備えています。

ルーター独自の機能

  • 保護者による制限 オンラインに費やす時間を制限し、ネット履歴が確認できる
  • アンチウィルス 悪意あるコンテンツ・ウィルスからネットワークを守ってくれる
  • QoS 通信速度を優先するデバイスを選ぶことができる

Archer AX6000の通信速度を計測

我が家のプロバイダーは「ドコモ光×GMOとくとくBB」で、最大10Gbps(10,000Mbps)対応の光ファイバー回線を敷いています。

注意
最大速度9.6GbpsのWi-Fi6の実力は、最大10Gbps対応の光回線でないと発揮しきれません。その点あらかじめご承知おきください。
 
Wi-Fi6の環境下で確認するため、Wi-Fi6対応スマホ(iPhone 11 Pro)とWi-Fi6対応ノートPC(HP Spectre x360 13)で確認しました。

iPhone 11 Proで12時台と17時台に計測した結果です。



送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

下りではいずれも700Mbpsを超え、最大2.5GbpsのWANポートであることを踏まえると、かなりの速度が出ていることが分かります。

またWi-Fi6対応ノートPCで測っても、700Mbpsに迫る値を示していました。

さすがにBUFFALO WXR-5950AX12ほどの速度は出ないまでも、遜色ない数値は充分に出ています。

Archer AX6000は2.5Gbpsのマルチギガビットに対応し、8つのLANポートや使いやすい専用アプリなど、汎用性にすぐれたルーターに仕上がっています。

Sponsored Links

 

Archer AX6000レビューまとめ

本記事は「【Archer AX6000レビュー】最大2.5Gbps対応WANポート搭載のTP-Link初Wi-Fi6ルーター」について書きました。

Archer AX6000は、最大2.5GbpsのWANポートと最大1Gbps対応LANポート x 8を搭載し、高速性と汎用性を両立しているWi-Fi6ルーターです。

マクリン
Wi-Fi6ルーターの入門機にもおすすめですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【TP-Link Archer AX73レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載のデュアルバンドWi-Fi6ルーター 【TP-Link Archer AX90レビュー】8ストリーム搭載のトライバンドWi-Fi6ルーター 【決定版】おすすめのWiFiルーターはどれだ!?タイプ別にまるっと紹介! 【爆速】Wi-Fi6対応ルーターのおすすめはどれ? ASUS・バッファロー・NETGEAR・TP-Linkを徹底比較! 【最強】メッシュWi-Fiルーターのおすすめはどれ? GoogleとBUFFALOとVELOP・Orbi・TP-Linkを徹底比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です