おすすめの光回線

【TP-Link Archer AX4800レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載の手頃なWi-Fi6ルーター

評価:4.5

家・職場・運営スペースともにWi-Fi6ルーターで、サクサクインターネットを体感してるマクリン( @Maku_ring)です。

「なんか最近、自宅のWi-Fiが遅くなってきたな……」と思ったときに見直してほしいのがインターネットの接続方式(通信のバージョン)

通信のバージョンには、旧来の「IPv4 PPPoE」と新方式の「IPv6 IPoE(v6プラス)」の2つがあり、遅いと感じる場合、前者のIPv4でつなげているケースが多いのです。

大元の光回線がIPv4にしか対応していないときは、契約をv6プラス対応に変える必要があります(簡単です)。

一方、回線がv6プラスに対応してるのにv6プラス非対応のルーターを使っているなら、もったいなさすぎ。

v6プラス対応のルーターに変えるだけで、回線の快適性が劇的に変わります(ソースは我が家)。

ルーターで世界シェアNo.1をほこるTP-Linkより、Wi-Fi6対応かつv6プラスのルーター「Archer AX4800」が登場しました。

TP-Link Archer AX4800の外箱

同社のWi-Fi6ルーターではArcher AX73にならぶv6プラス対応ルーターであり、スペックを若干おさえることで、1万1千円台〜という安価なルーターを実現しています。

また、同社のOneMesh対応中継機「RE605X」と組み合わせればメッシュ環境も構築でき、Wi-Fiエリアの拡張が手軽に可能です。

TP-Link RE605Xの外箱

そんなわけで本記事は「【TP-Link Archer AX4800レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載の手頃なWi-Fi6ルーター」について書いていきます。

メリット
  • 1.1万円台
  • v6プラス対応
  • Wi-Fi6対応
  • OneMesh対応中継機でWi-Fiエリア拡大可能
デメリット
  • WANポートが最大1Gbps対応
ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。 プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

TP-Link Archer AX4800の外観と付属品

TP-Link Archer AX4800」は2.4GHzと5.0GHz、2種類の電波を持つデュアルバンドタイプのWi-Fi6ルーターです。

TP-Link Archer AX4800はデュアルバンドタイプのWi-Fi6ルーター

製品
サイズ 262 × 144 × 51 mm
ワイヤレス規格 2.4GHz:IEEE 802.11ax/n/b/g
5.0GHz:IEEE 802.11ax/ac/n/a
周波数 2.4GHz+5.0GHz
最大通信速度(理論値) 2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:4,324Mbps
接続端末数 最大80台
ワイヤレスセキュリティ WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)
CPU 1.5GHz トリプルコアCPU
インターフェース 1Gbps WANポート x 1
1Gbps LANポート x 4
プロトコル IPv4
IPv6
価格 11,600円前後

 
同社のデュアルバンドWi-Fi6ルーターでスペック比較したところ、最上位のArcher AX73と比べても、その違いは5GHz時の最大通信速度のみと、正直わずかな差です。

製品
サイズ 273 × 147 × 49 mm 262 × 144 × 51 mm 260 × 135 × 39 mm 273 × 147 × 49 mm
ワイヤレス規格 2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n/ax
5.0GHz:IEEE 802.11n/ac/ax
周波数 2.4GHz+5.0GHz
ストリーム 6本 4本
最大通信速度(理論値) 2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:4,804Mbps
2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:4,324Mbps
2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:1,201Mbps
2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:2,402Mbps
ワイヤレスセキュリティ WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)
WPA
WPA2
WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)
CPU 1.5GHzトリプルコアCPU 1.5GHzトリプルコアCPU 1.5GHzクアッドコアCPU デュアルコアCPU
インターフェース 1Gbps WANポート x 1
1Gbps LANポート x 4
プロトコル IPv4 / IPv6 IPv4
価格 13,600円前後 11,600円前後 8,700円前後 11,800円前後

実測値でも差がほとんど出るものではないため、よほどこだわりがないかぎり、2千円安いArcher AX4800のほうがおすすめです。

Archer AX73が和を若干感じるデザインだったのに対し、本機はシャープな外観となっています。

Archer AX73

Archer AX4800

 
本体のアンテナは可変式で、ある程度動かせるようになっています。

Archer AX4800のアンテナ
 
フロントには各LEDインジケーターを配し、左から以下のとおりです。

Archer AX4800のLED表示部

LEDインジケーター
  • 電源
  • 2.4GHz帯
  • 5.0GHz帯
  • インターネット通信
  • LANポート
  • USBポート
  • WPS
 
LANポートは4つとそれなりにあるものの、上位機種と同様、WANポートは最大1.0Gbpsのベーシックな仕様にとどまっています。



インターフェース
  • 最大1Gbps対応LANポート x 4
  • 最大1Gbps対応WANポート x 1
  • 電源ボタン
  • 電源ポート
  • USB 3.0
 
同梱品はルーター本体にACアダプタ、LANケーブルです。

Archer AX4800の付属品

TP-Link Archer AX4800のレビュー

Archer AX4800の接続設定ならびにアプリ機能、通信速度を紹介します。

 

接続設定方法

接続設定方法を紹介します。

STEP.1
スマホアプリ
スマホアプリ「TP-Link Tether」をダウンロードして立ち上げます。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

STEP.2
アカウントにログイン
Tetherアカウントにサインアップもしくはログインし、「マイデバイス」から設定するルーターを選びます。


STEP.3
ルーターのLEDを確認
ルーターの電源を入れてWANポートとモデムをLANケーブルでつなぎ、左3つのLEDが点灯するまで待機します(1分程度)。

Archer AX4800のLEDが点灯するのを定期

STEP.4
設定用Wi-Fiに接続
付属のWi-Fi情報カードに記載されている設定用SSID・パスワードに接続します。



STEP.5
デバイス接続
設定デバイスを選択し、ローカルパスワードを入力します。


STEP.6
接続タイプ選択
接続タイプを選択します。自宅の回線がv6プラスである場合は「V6プラス(MAP-E)」を選びましょう。


STEP.7
SSIDとパスワード設定
2.4GHz帯と5.0GHz帯のSSIDとパスワードを設定します。


スマートコネクト
2.4GHz帯と5.0GHz帯でSSIDとパスワードを共通化でき、ユーザー側が周波数帯を変えなくとも、デバイス側で最適な周波数を自動選択してくれます。
STEP.8
接続設定完了
設定を保存すればWi-Fi接続は完了です。


 
また、部屋が広かったり、2階までWi-Fiを行き渡らせたい場合、Wi-Fi情報はそのままでエリアだけ拡大できる、OneMesh対応中継機とあわせて使うのがおすすめ。

通常の中継機と異なり、SSIDを切り替えることなく、既存のWi-Fi情報を用いたまま拡張することができます。

我が家では「RE605X」を使っています。

TP-Link RE605Xの外観

こちらの設定方法も紹介します。

STEP.1
マイデバイス

「マイデバイス」から中継機を選びます。


STEP.2
設定用SSIDに接続

中継機をコンセントにつないでしばらく待つと、設定用SSID「TP-Link_Extender」が出現するので、そちらに接続します。



STEP.3
拡張するWi-Fiを選択

2.4GHz帯・5GHz帯それぞれで拡張するSSIDを選び、各々のパスワードを入れます。



STEP.4
設定完了
そのまま設定を適用すると、中継機の接続設定は完了です。



 

アプリの機能

TP-Link Archer AX4800のネットワーク管理は、スマホアプリ「TP-Link Tether」からすべて行えます。

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-LINK無料posted withアプリーチ

 
ダッシュボードでは接続機器数、タップすることで各機器が何GHzで接続しているかが分かります。

TP-Link Archer AX4800のアプリのダッシュボード

 
セキュリティ機能も豊富にそろい、TP-Link IDと連携することでHomeShield機能を使うことができます。

TP-Link Archer AX4800のHomeShield機能

HomeShield

  • アンチウィルスとコンテンツフィルター
  • お子様のインターネット利用管理
  • 1タップでインターネット利用停止
  • 家族のインターネット利用を把握

 
ゲストネットワークや動作モードの設定ができる他、OneMesh対応中継機を用いたOneMeshネットワークの形成も可能となっています。


TP-Link Archer AX73のOneMeshネットワーク
 
ちなみにOneMesh対応中継機を設定したときは、このようにメインネットワークとは別に、中継機がどの機器と接続しているのか分かります。

通信速度を計測

Archer AX4800の通信速度を確認しました。


 
我が家の光回線がv6プラス対応であるのに、長年それに気付かずv6プラス非対応のルーターを使うというマヌケなことをしてたので、この機会にルーターを入れ替えることにしました。


 
まずは旧ルーターで計測したところ、下りが120Mbps台であり、悪い数値ではないものの、もうひと伸び欲しいといったところ。

送受信の速度

  • 下り(ダウンロード) ネット閲覧・アプリダウンロード・動画鑑賞時の速度
  • 上り(アップロード) メール送信・データアップロードの速度

 
次に本機に入れ替えて測定したところ、下り400Mbps台まであがり、体感的にも明らかに速くなりました。

Archer AX4800の通信速度

我が家の接続デバイスは最大20台近くまで行くため、なかなか過酷な環境なのですが、まさにIPアドレスが枯渇しないv6プラスの恩恵を感じる結果でした。

1.1万円台で手軽にWi-Fi6・v6プラスの環境が得られるので、まさにコスパ最強のルーターを実現したといえるでしょう。

TP-Link Archer AX4800はこんな人におすすめ

TP-Link Archer AX4800は「できるだけ安くv6プラス対応ルーターが欲しい人」におすすめです。

1万円台前半ながらWi-Fi6対応やOneMesh中継機との連携など、速度・エリア面での機能性も充実しています。

性能にこだわる人はArcher AX73を選んでもいいですが、ぶっちゃけそんなに変わりません……!

TP-Link Archer AX4800レビューまとめ

本記事は「【TP-Link Archer AX4800レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載の手頃なWi-Fi6ルーター」について書きました。

TP-Link Archer AX4800は、同社のWi-Fi6ルーターで数少ないv6プラスに対応し、v6プラス回線を使用している人におすすめのデュアルバンドルーターです。

OneMeshやWi-Fi6に対応しているにもかかわらず、良心的な価格におさまっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 1.1万円台
  • v6プラス対応
  • Wi-Fi6対応
  • OneMesh対応中継機でWi-Fiエリア拡大可能
デメリット
  • WANポートが最大1Gbps対応
【TP-Link Archer AX73レビュー】v6プラス対応かつ6ストリーム搭載のデュアルバンドWi-Fi6ルーター 【TP-Link Archer AX90レビュー】8ストリーム搭載のトライバンドWi-Fi6ルーター 【10ギガ対応】Wi-Fi6ルーターのおすすめはどれ? ASUS・NETGEAR・TP-Link・バッファロー・IO DATAを徹底比較! 【決定版】おすすめのWiFiルーターはどれだ!?タイプ別に選び方も紹介!【決定版】おすすめのWiFiルーターはどれだ!?タイプ別に選び方も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。