おすすめの光回線

ahamo(アハモ)におすすめの光回線はどれ?他社との比較で最安値のインターネットを紹介

ドコモの「ahamo」に乗り換えて、スマホ代の節約に成功した人は多いのではないでしょうか。

スマホ代の節約ができたら、自宅の光回線もあわせて見直したいところ。

とはいえ、光回線は数が多い上に手続きが面倒くさそうで、なにから始めれば良いか分かりませんよね。

そこで本記事では、料金や速度、セット割の有無など、さまざまな角度から比較し、ahamoユーザーに本当におすすめの光回線を紹介していきます。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri・合同会社レイテラス代表取締役。 プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

結論:ahamoユーザーには「enひかり」がおすすめ

結論からいうと、ahamoユーザーには「enひかり」がダントツでおすすめです。

enひかりのメリット
  • 光回線の中でも月額料金が圧倒的に安い
  • ahamoとの組み合わせでセット割が使える唯一の光回線
  • IPv6対応で通信速度も十分
  • フレッツ光や光コラボからだと格安で乗り換えられる

enひかりは、フレッツ光を流用している「光コラボレーション」のひとつです。

いま使っている光回線がドコモ光ソフトバンク光などであれば、事業者変更という手続きで、格安で乗り換えることができます。

また、元々の月額料金も非常に安いことが特徴で、普通の光回線と比較して、1ヶ月で1,000円以上も通信費を節約可能です。

さらに、ahamoとの組み合わせでセット割が使える唯一の光回線でもあります。

マクリン
料金や速度を比較していきますが、結論「enひかりがおすすめ」だということはおぼえておいてください!

ahamoユーザーにおすすめの光回線はどれなのか項目ごとに徹底比較

ahamoユーザーが選ぶべき光回線を、様々な角度から比較して紹介していきます。

光回線はサービス数がかなり多いので、代表的なサービスにしぼって比較します。

 

月額料金

主要な光回線の月額料金を比較した一覧表は次のとおりです。

サービス名 月額料金 2年間トータル費用 初期費用 契約期間 違約金
enひかり
戸建て:4,620円
マンション:3,520円
戸建て:110,880円
マンション:84,480円
事務手数料:3,300円
工事費用:16,500円
なし なし
ドコモ光
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
戸建て:137,280円
マンション:105,600円
事務手数料:3,300円
工事費用:16,500〜19,800円
2年間 戸建て:14,300円
マンション:8,800円
So-net光プラス
【120×60】【公式】フレッツ光をご利用の方にオススメの光回線【So-net 光】新規
戸建て:6,138円
マンション:4,928円
戸建て:147,312円
マンション:118,272円
事務手数料:3,300円
工事費用:26,400円
3年間 20,000円(不課税)
ビッグローブ光
ビッグローブ光
戸建て:5,478円
マンション:4,378円
戸建て:131,472円
マンション:105,072円
事務手数料:3,300円
工事費用:16,500〜19,800円
3年間 11,900円(不課税)
ソフトバンク光
戸建て:5,720円
マンション:4,180円
戸建て:137,280円
マンション:100,320円
事務手数料:3,300円
工事費用:26,400円
2年間 10,450円
auひかり
戸建て:5,610円
マンション:3,740〜5,500円
戸建て:133,320円
マンション:89,760〜132,000円
事務手数料:3,300円
工事費用:33,000〜41,250円
戸建て:3年間
マンション:2年間
戸建て:10,450〜16,500円+撤去工事費
マンション:7,700〜10,450円
NURO光
NURO光
戸建て:5,200円
マンション:2,090〜2,750円
戸建て:124,800円
マンション:50,160〜66,000円
事務手数料:3,300円
工事費用:44,000円
3年間 10,450円
楽天ひかり
戸建て:3,080円〜
マンション:1,980円〜
戸建て:100,320円
マンション:73,920円
事務手数料:880円
工事費用:16,500〜19,800円
3年間 10,450円

月額料金の最安値は、楽天モバイルの運営する「楽天ひかり」です。

ただし、契約期間が3年間と非常に長い点が欠点といえます。

月額料金の安さで目を引くのは「NURO光」のマンションタイプですが、こちらは建物自体にNURO光の回線設備が導入されていないと申し込みできません。

回線設備が導入済みであればラッキーですが、その数は非常に少ないので、利用可能な人が限られているのがネックです。

冒頭でおすすめした「enひかり」は、月額料金が安い上に契約期間の縛りがありません

しかも賃貸物件ではフレッツ回線が導入済みのケースも多いので、光コラボの「enひかり」なら、特別な条件をクリアしなくても利用できる点がメリットです。

マクリン
2年間のトータル費用を比較すると、enひかりは他の光回線より、2〜3万円ほど安く利用できることがわかりますね!

通信速度

つづいて、インターネットを使う上で重要な「通信速度」も比較していきましょう。

ここでは「みんなのネット回線速度」に投稿された実測値を元に、各サービスの通信速度をご紹介します。

サービス名 平均Ping値 平均下り速度 平均上り速度
enひかり 18.89ms 352.01Mbps 278.09Mbps
ドコモ光 21.15ms 266.96Mbps 207.44Mbps
So-net光プラス 17.72ms 296.87Mbps 228.65Mbps
ビッグローブ光 20.7ms 256.62Mbps 205.45Mbps
ソフトバンク光 17.08ms 313.72Mbps 212.98Mbps
auひかり 16.39ms 408.9Mbps 358.42Mbps
NURO光 13.78ms 502.7Mbps 448.96Mbps
楽天ひかり 27.47ms 208.47Mbps 179.01Mbps

通信速度の比較を見ると、圧倒的な通信速度をほこるのが「NURO光」です。

一般的な光回線が最大1Gbpsであるのに対し、独自回線のNURO光は通常プランでも最大2Gbpsに対応しています。

次いで速度が速いのは「auひかり」で、こちらはKDDIの独自回線を利用していることが特徴です。

上記2回線以外のサービスは、すべてフレッツ回線を利用する光コラボレーションにふくまれるので、NURO光やauひかりに比べると通信速度はやや抑えめです。

ただし、enひかりはIPv6に対応し、回線内の混雑を避けてインターネット接続が可能です。

他の光回線も同様のIPv6に対応していますが、上記の実測値を見ると、光コラボの中ではenひかりの通信速度がひとつ抜けていることが伺えます。

マクリン
光コラボのenひかりは、独自回線の2社には劣るものの、それでも必要十分な通信速度が出てますね!

セット割

各光回線で適用可能なセット割も比較していきます。

サービス名 セット割 携帯キャリア 割引金額
enひかり 勝手に割り ahamo 110円
勝手に割り povo 110円
勝手に割り UQモバイル 110円
ドコモ光 ドコモ光セット割 ドコモ 最大1,100円
So-net光プラス auスマートバリュー au 最大1,100円
ビッグローブ光 auスマートバリュー au 最大1,100円
ギガMAX月割 UQモバイル(旧プランのみ) 最大550円
光☆SIMセット割 BIGLOBEモバイル 最大330円
ソフトバンク光 おうち割 光セット ソフトバンク 最大1,100円
おうち割 光セット(A) ワイモバイル 最大1,188円
auひかり auスマートバリュー au 最大1,100円
NURO光 おうち割 光セット ソフトバンク 最大1,100円
楽天ひかり なし

上記表を見ると、ほとんどの光回線で最大1,100円程度のセット割を提供しています。

その中で、ahamoとのセット割があるのは「enひかり」だけです。

ここまでに紹介したように、enひかりは月額料金が安いので、セット割を適用することで通信費をさらに節約できます。

マクリン
もともとの利用料金が安いのに、さらにセット割まで使えるなんて太っ腹!

キャンペーン・特典

最後に、各光回線で実施中のキャンペーンも簡単に比較していきます。

サービス名 工事費無料特典 他社の違約金負担 その他
enひかり なし なし 無線LANルーター大特価キャンペーン
ドコモ光 ドコモ光新規工事料無料特典(一括0円) なし dポイントプレゼント特典
ドコモ光お引越し(移転)特典
光★複数割
So-net光プラス 工事費相当割引(実質0円) なし 最大60,000円キャッシュバック
So-net v6プラス対応ルーター永年無料
パソコン設定サポート1回無料
ビッグローブ光 新規工事費相当値引き(実質0円) なし IPv6対応無線LANルーター1年間無料
最大40,000円キャッシュバック
月額料金大幅値引き
※キャッシュバックまたは値引きどちらか一方のみ
ソフトバンク光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン(実質0円) あんしん乗り換えキャンペーン(最大10万円還元) 新生活応援!割引キャンペーン
スマホデビュープラン限定!ネットもデビューキャンペーン
SoftBank光(光回線)加入特典
auひかり 初期費用相当額割引(実質0円) 乗りかえスタートサポート ホーム/マンション(最大3万円還元) auひかり10,000Pontaポイント特典
auルーター→auひかり ピカ得プログラム
ジャンルパックまたはオールジャンルパック新規加入で最大2ヶ月無料
NURO光 お申し込み特典(実質0円) なし 最大45,000円キャッシュバック
設定サポート1回無料
楽天ひかり 楽天ひかりWキャンペーン(実質0円) なし 1年間無料キャンペーン
スーパーポイントアッププログラム

各光回線は、新規契約者向けにさまざまなキャンペーンを実施中です。

工事費無料特典やキャッシュバックを打ち出している光回線が多く「ソフトバンク光」と「auひかり」は他社の違約金を負担するキャンペーンも実施中です。

enひかり」は残念ながら、キャンペーン面では乏しいといわざるを得ません。

特典面では、他社からの乗り換えでかかる費用を最大10万円まで還元してくれる「ソフトバンク光」が頭ひとつ抜けています。

ahamoユーザーがenひかりに申し込むための手順

ここまで、主要な光回線をさまざまな角度で比較して紹介してきました。

以下の点をふまえると「enひかり」が気になる人も多いのではないでしょうか。

enひかりの特徴
  • 月額料金が安い
  • 通信速度の実測値が高い
  • ahamoとのセット割が唯一使える
  • キャンペーンは乏しい

enひかりは光コラボレーションのひとつなので、申し込んでから利用開始までにかかる時間が短いこともメリットです。

それでは、ahamoユーザーがenひかりに申し込むための手順について紹介していきます。

 

1. 転用承諾番号・事業者変更承諾番号を取得

いま使っている固定回線が「フレッツ光」や「その他の光コラボ」の場合、承諾番号を事前に取得しておきましょう。

マクリン
いまの固定回線がフレッツ光や光コラボじゃない場合は、この手順は読み飛ばして次へお進みください!
  • フレッツ光を使っている場合 転用承諾番号
  • その他の光コラボを使っている場合 事業者変更承諾番号

「転用」または「事業者変更」とは平たく書くと「設置済みの回線設備を使って他の事業者と契約すること」を指します。

通常は開通工事費として15,000〜20,000円程度の支払いが発生しますが、これらの承諾番号を使えば通常よりも安い金額で手続きが可能です。

転用承諾番号や事業者変更承諾版法は、いま使っている光回線のサポートセンターに問い合わせをすれば無料で取得できるので、enひかりに申し込む前に必ず取得しておきましょう。

注意
なお、auひかりとNUROひかりは、それぞれが独自の回線設備を利用しています。そのため、これらの光回線から「転用」や「事業者変更」はできないので注意ください。
 

2. enひかり公式サイトから申し込む

enひかり公式サイトにアクセスし、画面右上のボタンから申し込みを行ってください。

enひかり公式サイト

申し込みフォームから手続きを行うと、enひかりカスタマーセンターから申し込み確認の電話がかかってきます。

そこで開通工事のスケジュールや今後の流れについての説明を受けます。

enひかりカスタマーセンターから電話連絡がない場合は、以下の問い合わせ先まで連絡ください。

enひかりカスタマーセンター:03-5534-9997(10時〜18時30分)
マクリン
ちなみにenひかりは、公式サイトの窓口からでないと申し込みできませんよ!

3. 開通工事に立ち会う

工事日当日になったら、専門業者が自宅の配線工事を行ってくれます。

およそ1〜2時間ほどで終了し、その後は初期設定やレンタル品があるときの注意事項の説明を受けて終了です。
 

4. 設置された無線LANルーターに接続する(enひかり開通)

開通工事が無事に完了したら、設置された無線LANルーターにパソコンやスマホを接続してみましょう。

ここで問題なく接続ができれば、enひかりの開通が完了です。

5. 勝手に割りの申請を行う(セット割適用)

enひかりの開通工事が完了したら、忘れてはいけないのが「勝手に割り」の申請です。

申請方法は、enひかりカスタマーセンターへの電話連絡のみとなります。

enひかりカスタマーセンター:03-5534-9997(10時〜18時30分)

なお電話連絡する際に、ahamoと契約中であることを確認できる資料の提示が求められる場合があります。

オペレーターの案内にしたがい、申込書類の控えなどを用意ください。

マクリン
これでahamoとenひかりのセット割が使えるようになりますよ!

ahamoユーザーがenひかりに申し込む際の注意点

ahamoユーザーがenひかりに申し込む際は、以下の注意点に気をつけましょう。

 

enひかりの開通工事費(最大16,500円)は「一括払い」しか選べない

enひかりでは最大16,500円の開通工事費が発生します。

開通工事費は一括払いしか選べず、他の光回線のような「工事費無料特典」は行われていません。

初回には事務手数料3,300円も発生するので、合計19,800円の初期費用がかかってしまいます。

月額料金は安いものの、申し込む際の初期費用負担が大きいので、その点をあらかじめ理解した上でお申し込みください。
 

窓口は公式サイトのみで、キャンペーンやキャッシュバックが乏しい

enひかりの申し込みができるのは、運営元の株式会社縁人の公式サイトのみです。

他の光回線のように申し込み窓口が複数あるわけではなく、窓口によって高額キャッシュバックを期待することはできません。

また、公式サイトではキャッシュバックが行われておらず、キャンペーンも他に比べて乏しいのが欠点です。

ahamoとのセット割が使える唯一の光回線ではありますが、それ以外の特典面は期待しすぎないように気をつけましょう。

「勝手に割り」は自動適用されないので自分で申請する必要がある

ahamoとのセット割「勝手に割り」は、enひかりに申し込んだからといって自動適用されるわけではありません

enひかりカスタマーセンター(03-5534-9997)に自分で申し込みを行う必要があるので、忘れずに手続きを行うようにしてください。

なお、勝手に割りが適用となるのは、申請した月の翌月からなので覚えておきましょう。
 

当月末解約は「毎月20日」が締め切り

enひかりの当月末解約は、毎月20日が締め切りとなっています。

解約月の料金は日割り計算されないので、21日以降に解約すると翌月末解約となり、余計な利用料金が発生してしまいます。

解約方法は、enひかりカスタマーセンター(03-5534-9997)への問い合わせのみです。

解約する場合は、当月末解約の期日に注意した上で、enひかりカスタマーセンターまでお問い合わせください。

まとめ

本記事では、ahamoにおすすめできる光回線について紹介しました。

月額料金・通信速度・セット割・特典面の4項目で比較しましたが、キャンペーンは乏しいものの、それ以外では「enひかり」の優秀さが際立っていました。

ahamoとのセット割が使える唯一の光回線なので、自宅の固定回線も料金を節約したいと考えている人は、この機会にenひかりへのお申し込みを検討ください。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

CHECK NOW

 
ahamo(アハモ)でセット割は使える?おすすめの光回線を徹底解説! povo(ポヴォ)におすすめの光回線はどれ?料金・速度・セット割を比較してわかった最適解はコレだ! enひかりの「v6プラス」で速度が遅いって本当? 原理とユーザーの実際の声を徹底紹介! enひかりの工事は遅いって本当?工事内容・料金・お得なキャンペーンを徹底解説 【破格】enひかりの評判・口コミを徹底検証!業界最安値だけど速度は大丈夫…!? 戸建て・マンションで最強のインターネットはどれ? 光回線のおすすめをランキングにしてみた マンションでおすすめの光回線はどれ?徹底比較して分かったベストなサービスとは…? 賃貸アパートにおすすめのインターネットはコレだ! 光回線を徹底比較した結果やいかに…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です