おすすめのガジェット

【HUAWEI FreeBuds 4iレビュー】1万円未満でANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン

評価:3.5

リモートワークや音楽視聴時にワイヤレスイヤホンが手放せないマクリン( @Maku_ring)です。

中でも周りの音を遮断できるノイズキャンセリング(ANC)搭載のモデルは、集中したい場面などで重宝します。

元来高価なANCですが、Soundcore Life A2 NCSoundLiberty 94EarFun Air ProSOUNDPEATS T2など、1万円以下のANCモデルが徐々に増えてきました。

HUAWEI FreeBuds Proという2万円超えのANCモデルを出してるHUAWEIファーウェイからも、アンダー1万円の「FreeBuds 4i」が登場しました。

HUAWEI FreeBuds 4iの外箱

FreeBuds Proに匹敵するANC性能と外音取り込み、イヤホン単体で10時間のロングバッテリーにくわえ、USB-C充電に対応しています。

マクリン
ノイキャン性能だけ見れば、2万円以上のモデルと変わらないですよ!

ただし、一定の弱点もありますので、そこにも触れつつ「【HUAWEI FreeBuds 4iレビュー】1万円未満でANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン」について書きます。

メリット
  • 1万円以下でANC搭載
  • 上位機種同等のANC・外音取り込み
  • イヤホン単体で10時間再生
デメリット
  • 防水なし
  • apt-X非対応
  • 中音域がやや弱め
  • タッチ操作が少ない
  • アプリがAndroidのみ
ご貸与品
本記事はHUAWEI様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

HUAWEI FreeBuds 4iの外観と付属品

HUAWEI FreeBuds 4i防水防滴なしの完全ワイヤレスイヤホンです。

HUAWEI FreeBuds 4iは防水なしの完全ワイヤレスイヤホン

製品名 HUAWEI FreeBuds 4i
重量
(イヤホン / ケース合計)
約11g / 約47g
音楽再生時間
(イヤホン / ケース合計)
最大10時間(ANCオンで約7.5時間)/ 最大22時間(ANCオンで約16.5時間)
ドライバー 10mmダイナミックユニット
防水性能 なし
対応コーデック AAC / SBC
充電ポート USB-C
Bluetooth 5.2

スポーツ・雨天時にイヤホンを使う機会がなければ気にすることはありませんが、他モデルの多くは防水モデルなので、できれば搭載してほしかったところ。

カラーはエレガントで清潔感あるセラミックホワイト、ビビッドなレッド、シックなブラックの3色展開です。

セラミックホワイトのHUAWEI FreeBuds 4i
レッドのHUAWEI FreeBuds 4i
ブラックのHUAWEI FreeBuds 4i

イヤホンは光沢感のあるシンプルなデザインで、軸はかなり長め。


 
ケースは卵型デザインで、平滑性の高い光沢仕上げということもあり、指紋が付きやすいのは気になりました。

HUAWEI FreeBuds 4iのケース
 
ケースサイズは約62 x 48 x 25 mmFreeBuds Proより幾分コンパクトで、手のひらに充分収まるサイズ感です。


FreeBuds Pro

イヤホン単体で約11g、ケース込みで約47gと標準的な重量。

HUAWEI FreeBuds 4iのイヤホン重量は約11g
HUAWEI FreeBuds 4iのケース重量は約47g

同梱品は、イヤホン本体とUSB-C to Aケーブル、イヤーピース(S/M/L)です。

HUAWEI FreeBuds 4iの付属品

 

FreeBuds 4およびFreeBuds Proとのスペック比較

同社のANC搭載モデルである「FreeBuds 4」、「FreeBuds Pro」との比較は以下のとおりです。

左スライドで全表示

製品名 HUAWEI FreeBuds 4i
レッドのHUAWEI FreeBuds 4i
FreeBuds 4
FreeBuds Pro
防水規格 なし IPX4 なし
接続方式 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.2
対応コーデック SBC / AAC SBC / AAC SBC / AAC
イヤホンタイプ カナル型 インナーイヤー型 カナル型
ドライバー 10mmダイナミックユニット 14.3mmLCPダイナミックドライバー 11mmダイナミックユニット
重量 イヤホン約11g / ケース約47g イヤホン約8g / ケース約46g イヤホン約12g / ケース約72g
ANC
外音取り込み
バッテリー(イヤホン / ケース込み) 最大10時間 / 最大22時間 最大4時間 / 最大22時間 最大7時間 / 最大30時間
充電方式 USB-C USB-C USB-C / ワイヤレス充電
マルチポイント
価格 9,680円 18,480円 25,080円

 
これら2つのモデルと比べ、上回っているのは以下の3点です。

HUAWEI FreeBuds 4iの優位点
  • シリーズ最廉価
  • シリーズ最長バッテリー

 
防水が非搭載ワイヤレス充電非対応など、省略された機能もあり、この点はデメリットといえます。

とはいえ、1万円未満のお求めやすい価格ながら、ANCと外音取り込みを高いレベルで備える点はシリーズ唯一で、コスパ面でかなりすぐれた作りとなっています。

HUAWEI FreeBuds 4iのレビュー

HUAWEI FreeBuds 4iの特徴を紹介します。

1.コンパクトながら強力なバッテリー性能

コンパクトな筐体ながら、なかなか優秀なバッテリー性能をもっています。

イヤホンだけで最大10時間(ANCオンで約7.5時間)、ケースふくめ最大22時間(ANCオンで約16.5時間)使用できます。


 
ケースの充電ポートは、他のデジタル機器とも互換性が高いUSB Type-C対応です。

HUAWEI FreeBuds 4iはUSB-C充電対応

急速充電をそなえ、10分の充電で4時間使用でき、いざというときにも安心。

ただし、上位モデルに付いているワイヤレス充電は非搭載であり、近年はついているモデルも増えているので、その点はちょっと残念でした。
 

2.コスパの高いノイキャンと外音取り込み

HUAWEI FreeBuds 4iは、価格のわりに優秀なANCと外音取り込み機能を搭載しています。

走行音・空調音・タイピング音といった低音域はしっかり低減し、中音域(人の話し声など)もマイルドに抑制してくれます。

しかも、FreeBuds Proで感じた閉塞感がほぼ無いにもかかわらず、ノイキャンの効きは大差ないので、FreeBuds 4iのほうが性能は高いのではと個人的には思います。

外音取り込み機能もそこそこ優秀で、イヤホンしながらの会話も問題なく可能で、AirPods Proに準ずるくらいの出来です。

マクリン
ANCと外音取り込みは、価格を踏まえると総じて高いレベルにあるという印象ですよ!

3.タイトな低音とまろやかな高音

装着感は軽く、ほど良いフィット感なので長時間つけても痛くなりませんでした。

HUAWEI FreeBuds 4iの装着感
 
イヤホンにはタッチセンサーが搭載されるものの、その操作はかなり限定的。

HUAWEI FreeBuds 4iはタッチセンサー搭載
 
ダブルタップと長押ししかなく、操作も再生・停止・ANC切り替えのみにしか対応していません。

ボタン操作一覧
  • ダブルタップ  再生/停止/受話/終話
  • 長押し  ANC切り替え

専用アプリ「HUAWEI AI Life」を使えば、ダブルタップと長押しに音量調整や曲送り・曲戻しが割り当てられるものの、このアプリが現時点でiOS非対応です(Androidのみ対応)。

マクリン
iPhoneユーザーは、スマホ本体で音量調整やスキップしないといけないので、ちょっと不便ですね……。

HUAWEI FreeBuds 4iは、ドライバーに10mmダイナミックユニットを搭載しています。

低音域はタイトで締まりがあり、高音域は刺さる感じがなく、まろやかに処理されています。

ただし、中音域の存在感がやや弱く、ボーカル音などが低音域の強さで奥に追いやられる感があります。

とはいえ、個人的には低音が気持ちよく、好みの音設計ではあります。

音質コーデックはSBCとAACのみに対応しています。

HUAWEI FreeBuds 4i
高音域
(4.0)
中音域
(2.5)
低音域
(4.0)
ノイズキャンセリング
(4.0)
総合評価
(3.5)

Sponsored Links

 

HUAWEI FreeBuds 4iはこんな人におすすめ

HUAWEI FreeBuds 4iは「価格を抑えつつ、すぐれたANC・外音取り込みをもつイヤホンが欲しい人」におすすめです。

ANCの完成度が高い反面、防水非対応・タッチ操作が少ない・アプリがiOS非対応など、弱点も抱えています。

同等価格あるいはそれ以下で、ANC搭載かつそれ以外の機能も充実したイヤホンもいくつか出ており、SOUNDPEATS T2EarFun Free ProSoundcore Life A2 NCもおすすめです。

HUAWEI FreeBuds 4iレビューまとめ

本記事は、「【HUAWEI FreeBuds 4iレビュー】コスパ抜群のノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

HUAWEI FreeBuds 4iは、1万円以下にもかかわらず、ANCと外音取り込み機能は上位モデルと遜色ない性能をほこります。

バッテリー性能やマイク機能も優秀なので、リモートワークのお供にもぴったりです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 1万円以下でANC搭載
  • 上位機種同等のANC・外音取り込み
  • イヤホン単体で10時間再生
デメリット
  • 防水なし
  • apt-X非対応
  • 中音域がやや弱め
  • タッチ操作が少ない
  • アプリがAndroidのみ
開放的な装着感と軽さをもつHUAWEI FreeBuds 4をレビュー 【SOUNDPEATS T2レビュー】5千円台で高性能なANC・外音取り込みを搭載する完全ワイヤレスイヤホン 【EarFun Air Pro 2レビュー】7千円台でANCとワイヤレス充電に装着センサー搭載の完全ワイヤレスイヤホン 【HUAWEI FreeBuds Proレビュー】業界最高スペックのANCを搭載するラグジュアリーな完全ワイヤレスイヤホン 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です