おすすめのガジェット

【GLIDiC TW-5100レビュー】抜群のフィット感かつTile対応で紛失時も安心の完全ワイヤレスイヤホン

評価:4

どうも、複数台のワイヤレスイヤホンを持ち歩くマクリン( @Maku_ring)です。

ワイヤレスイヤホンは、移動中や音楽鑑賞といったオフタイムだけでなく、テレワークやWeb会議など仕事の時間にも重宝します。

とはいえ、活躍の機会が多いがゆえに、バッテリー時間が短いと、使いたいときに使えないことも数知れず……。

また、僕は片方のイヤホンだけよく失くしがちなので、紛失時にも見つけやすい機能があればなおよし。

そんな声が届いたかのようなフルワイヤレスが、GLIDiCグライディックの「Sound Air TW-5100」です。

GLIDiC Sound Air TW-5100の外箱

抜群のフィット感にくわえ、イヤホン単体でも約8時間のロングバッテリーで、長時間つけっぱなしでも快適に使えます。

マクリン
それもそのはず、カスタムメイドイヤーモニター、カナルワークス監修のイヤホンなんですよ!

また、TW-7100と同様にTileアプリと連動し、紛失時もどの場所で途切れたか確認できるようになっているので安心です。

そんなわけで本記事は「【GLIDiC TW-5100レビュー】抜群のフィット感かつTile対応で紛失時も安心の完全ワイヤレスイヤホン」について書きます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

GLIDiC TW-5100の外観と付属品

GLIDiC Sound Air TW-5100」は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

GLIDiC Sound Air TW-5100は生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。
 
イヤホンは光沢感のあるグロス材質で、ミントブルーの爽やかなカラーリングふくめ、スタイリッシュなデザインに仕上がっています。

GLIDiC Sound Air TW-5100のカラーはミントブルー
 
誤操作を避けるため、物理式のボタンをあえて採用しています。

GLIDiC Sound Air TW-5100は物理ボタン式

ボタン操作一覧
  • 右を1回押す  再生/停止/受話/終話
  • 左を1回押す  外音取り込み機能のオンオフ
  • 右を2回押す  音量アップ
  • 左を2回押す  音量ダウン
  • 右を2秒間押す  曲送り
  • 左を2秒間押す  曲戻し
  • (右/左)を3回押す  音声アシスタント(Siri/Googleアシスタント)起動
  • (右/左)を5秒押す  2台目以降の登録・接続(最大7台まで登録可能)
  • 着信中に(右/左)を長押し  着信拒否
 
ケースは約48 x 48 x 33mmとかなり小さくまとまっており、持ち運びにも便利です。

GLIDiC Sound Air TW-5100のケースサイズは約48 x 48 x 33mm

外面はマットな質感であり、指紋が付きにくいだけでなく、手を滑らせて落としてしまうリスクも減らしています。

重量はイヤホン単体で約10g、ケースふくめても約53gと軽量クラスです。

GLIDiC Sound Air TW-5100のイヤホン重量は約10g
GLIDiC Sound Air TW-5100のケース重量は約53g

同梱品は、ベーシックタイプのイヤーピース(S/M/L/XL)と充電用のUSB-C to Aケーブルが付属しています。

GLIDiC Sound Air TW-5100の付属品

GLIDiC TW-5100のレビュー

GLIDiC Sound Air TW-5100の特徴を紹介します。

 

1. カナルワークス監修で抜群のフィット感

カナルワークスは、オーダーメイドイヤホン専業の日本メーカーです。

GLIDiC TW-5100はカナルワークス監修で、耳に触れる部分を改良しています。

GLIDiC TW-5100はカナルワークス監修で抜群のフィット感
 
1人ひとりの耳の形に合わせて製作してきた、同社ならではの視点が多く組み込まれ、長時間装着しても快適性を失いません。

マクリン
遮音しゃおん性もかなり良好ですよ!

2. 小さな筐体に強力な急速充電対応バッテリーを搭載

GLIDiC TW-5100は手のひらにすっぽり収まる小型仕様で、ポケットに入れてもかさばらず利便性が高いです。


 
それにも関わらず、イヤホン単体で8時間・ケース込みで28時間と強力なバッテリーを搭載しています。


 
背面にはUSB Type-Cポートを搭載し、Fast Charge(急速充電)にも対応しているので、わずか10分間で約2時間の使用が可能です。

GLIDiC TW-5100はUSB-C充電対応

マクリン
出先で急に電池切れになったとしても安心!

3. 新機能「Tile」で失くしても探せる

GLIDiC TW-5100は、小さなBluetoothデバイスを追跡できる「Tileアプリ」に対応しています。

Tileをオンにすることで、片方を紛失したとしても、最後にBluetooth接続した場所をアプリ上の地図で確認できるので便利です。

設定方法を紹介します。

STEP.1
Tileアプリを起動
Tileアプリをインストールして起動します。


STEP.2
GLIDiCをタップ

下にスクロールしてGLIDiCを選びます。


STEP.3
GLIDiC TW-5100を選択

GLIDiC TW-5100を選択します。


STEP.4
登録・認証

メールアドレスとパスワードを登録ならびに認証します。


STEP.5
イヤホン連携

イヤホンとアプリを連携します。


注意
位置情報を常にオンにする必要があるので、スマホの電池残量がやや減りやすい点に気をつけましょう。
 

4. 低価格ながら素直でクリアな音質を実現

GLIDiC TW-5100は、音の輪郭がはっきりし、苦手分野がなく非常にクリアな印象です。

中高音域の解像度が高く、元気良く鳴っているので、主にポップスを聴く方におすすめ。

また、不自然な低音ブーストもなく、原曲に素直で聴きやすく感じます。

音質コーデックはSBC、AACはもちろん、aptXにも対応しており、その点も抜かりなし。

マイクの性能も優秀で、前述のバッテリー性能ふくめ、Web会議にも重宝するでしょう。

GLIDiC TW-5100の評価
音質(バランスいい)
(4.0)
連続再生時間(8時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(5.0)
防水・防滴(IPX4)
(3.0)
総合評価
(4.0)

GLIDiC TW-5100レビューまとめ

本記事は「【GLIDiC TW-5100レビュー】抜群のフィット感かつTile対応で紛失時も安心の完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

GLIDiC Sound Air TW-5100は、盛りだくさんの機能を搭載するワイヤレスイヤホンです。

GLIDiC TW-5100の特徴

  • 「カナルワークス」監修で抜群の装着感
  • 軽量コンパクトで持ち運びに便利
  • イヤホン単体で8時間・ケース込みで28時間の長時間バッテリー
  • 10分の充電で2時間使用できるので急な電池切れにも安心
  • 音質コーデックはSBC・AAC・aptXに対応
  • 外音取り込み機能で外出中も安全に配慮
  • Tileアプリ対応で片方のイヤホンを失くしてもすぐに探せる
マクリン
機能性の高いワイヤレスイヤホンを手頃に使いたい人にぴったり!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【GLIDiC TW-7100レビュー】極上のフィット感とロングバッテリーが特徴の完全ワイヤレスイヤホン 【Mpow M30レビュー】USB-C充電かつMCSync対応の完全ワイヤレスイヤホン【IPX7】 【SoundPEATS TrueAir2レビュー】QCC3040搭載・USB-C充電・aptX対応のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン 【AVIOT TE-D01gvレビュー】最長クラスバッテリーとaptX Adaptive対応の完全ワイヤレスイヤホン 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です