おすすめのガジェット

【BenQ GK100レビュー】インテリアにもマッチするキューブ型デザインの4K対応プロジェクター

評価:3.5

ホームプロジェクターで夜な夜な一人パブリックビューイングしてるマクリン( @Maku_ring)です。

きれいな映像を据え置きで楽しむなら、解像度4K対応のプロジェクター一択ですが、4Kともなると大きく重く、家に置くにはちょっと無骨。

部屋をおしゃれに彩るなら、プロジェクターにもそれ相応のデザイン性を求めたいところ。

デザインも性能もあきらめたくない人におすすめのホームプロジェクターが、BenQベンキューの「BenQ GK100」です。

BenQ GK100の外観

2020年のグッドデザイン賞も受賞した温かみのあるキューブ型デザインに、心くすぐるナイトライトを搭載し、「プロジェクター = 家電」の概念をくつがえす見た目に仕上がっています。

見た目だけでなく、1,000ANSIルーメン・4Kの超高解像度・Android 6.0搭載と、ホームプロジェクターに要求される最低限以上のスペックもそなえています。

マクリン
しかも、2mで120インチ可能という短焦点タイプなので、使い勝手バツグン!

そんなわけで本記事は「【BenQ GK100レビュー】インテリアにもマッチするキューブ型デザインの4K対応プロジェクター」について書いていきます。

メリット
  • グッドデザイン賞受賞の高いデザイン性
  • 投影距離2mで120インチ
  • スピーカー出力が20W
  • ナイトライト搭載
デメリット
  • アプリがYouTubeのみに限られる
  • Android OSが若干古い
  • 明るさが4Kクラスではやや暗い
ご貸与品
本記事はベンキュージャパン様から商品を貸与いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

BenQ GK100の外観と付属品

BenQベンキュー社の「GK100」は、Android 6.0搭載のホームプロジェクターです。

BenQ GK100はAndroid TV 9.0搭載のホームプロジェクター

製品名 BenQ GK100
サイズ 約195 x 224 x 195mm
重さ 約4.1kg
明るさ 1,000ANSIルーメン
解像度 4K(3840 x 2160画素)
スピーカー 10W x 2 treVoloスピーカー
ワイヤレス規格 2.4 / 5.0GHz(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 5.0
OS Android 6.0
価格 191,718円(税込み)

 
同価格帯の4Kプロジェクターには同社のTK700STiNebula Cosmos MaxXGIMI HORIZON Proがあり、明るさやAndroid OSのバージョンだけ見ると後塵をやや拝するものの、その分高いデザイン性をほこります。

製品名 サイズ 重さ 明るさ 解像度 スピーカー OS 価格
「BenQ GK100」
約195 x 224 x 195mm 約4.1kg 1000ANSIルーメン 4K(3840 x 2160画素) 20W(10W x 2) Android 6.0 191,718円
BenQ TK700STi
約312 x 246 x 110mm 約3.1kg 3000ANSIルーメン 4K(3840 x 2160画素) 5W(5W x 1) Android TV 9.0 200,000円
XGIMI HORIZON Pro
XGIMI HORIZON ProはAndroid TV 10.0搭載のホームプロジェクター
約208 x 218 x 136mm 約2.9kg 2200ANSIルーメン 4K(3840 x 2160画素) 16W(8W x 2) Android TV 10.0 176,880円
Nebula Cosmos Max
約351 x 249 x 99mm 約3.6kg 1500ANSIルーメン 4K(3840 x 2160画素) 40W(10W x 4) Android TV 9.0 179,980円

 
インテリアにも調和する温かみと柔らかさが同居したホワイトの外観でアートピースのような佇まいです。

表面の触感はなめらかで、指紋もつきづらくできています。
 
サイズは約195 x 224 x 195mmとやや縦長のキュービック形状で、4Kプロジェクターではかなりのコンパクト設計。

BenQ GK100のサイズは約195 x 224 x 195mm
 
天面は操作ボタン3つのみ(電源ボタン・ライトボタン・Bluetoothボタン)というシンプル構成です。

BenQ GK100の操作ボタン部
 
両サイドにはtreVoloスピーカーを搭載し、10W x 2機となかなかパワフルな出力。Blootoothスピーカーとしても活躍してくれます

BenQ GK100のスピーカー
 
背面側には排気口とマグネット式の端子カバーが付き、カバーを外すとポート類が顔を出します。


BenQ GK100のポート類
 
インターフェースは、LANポート / HDMI2.0 x 2 / USB-A x 2 / 光デジタル音声端子 / オーディオ出力端子 / USB-Cと豊富なラインナップ。


 
操作は基本的に付属のリモコン(単4電池 x 2)で行い、ボタンはやや硬いものの、操作感は悪くないです。

BenQ GK100のリモコン

BenQ GK100のレビュー

BenQ GK100の特徴を紹介します。

 

ナイトライト搭載

BenQ GK100は台座に、まるでクリアガラスのような小洒落こじゃれたデザインのものを採用しています。

BenQ GK100の台座

チルト機能もそなえ、約8°まで傾けられるようになっています。

また、本体のライトボタンを押すことで、ムーディーなライトが灯るナイトライトを搭載しています。



マクリン
間接照明としても大活躍!

プロジェクターとしても実用レベル

BenQ GK100の明るさは最大1,000ANSIルーメン、解像度は4K(3840 x 2160)であり、解像度は文句無しであるものの、明るさはホームプロジェクターではふつうといったところ。

とはいえ、夕方以降の時間帯で鑑賞すると、明るさに劣るからといってそこまでの差は感じませんでした。

ただ、レーザー光源のTK700STiに対し、GK100はLED光源のプロジェクター。

本体が熱くなりにくいのにくわえ、最大29dBAと静音性にもすぐれ、有害なブルーライトも発しないので、安全性が高いです。

マクリン
おまけに静か!

焦点距離の短さBenQ GK100の特徴であり、通常は100インチを投影するのに2.5〜3m必要なところ、なんと1.77mで投影可能。

BenQ GK100は1.77mで100インチ投影可能

マクリン
日本の狭い居住環境には短焦点モデルがぴったり!

HDMIで有線接続するといった、通常のプロジェクターの使い方ももちろんでき、超高解像度もあいまって視認性は抜群です。


 
また、AirPlay・Miracastといったスクリーンキャストにも対応し、iPhone・Android・PCのコンテンツをミラーリングすることができます。

BenQ GK100はミラーリングに対応
 
画面調整も抜かりなく、オートフォーカス台形補正(垂直自動・水平手動)を搭載しています。



 
歪みの検知はやや遅めですが、誤認識もなく、確実に修正してくれます。

Android 6.0搭載

BenQ GK100Android 6.0を搭載し、直感なUIで使いやすくできています。

BenQ GK100はAndroid 6.0搭載

Android搭載プロジェクターの中でOSのバージョンはやや古めですが、実用上の問題は特にありません。

ちなみにAndroid TVを利用するためには、付属のワイヤレスドングルを背面に挿し込む必要があります。



 
アプリストアは純正のGoogle Playではなく、サードパーティ製の「AptoideTV」であるため、ラインナップは豊富ではありません。

BenQ GK100のアプリストアはAptoideTV

その代わりHDMIやUSB-Cなど、インターフェイスは充実しているので、Netflixやhulu等の動画配信を楽しみたい方は、お手持ちのGooglle Cromecast等と接続してお楽しみください。

「AptoideTV」ではYouTubeには対応しています。ですが「YouTubeアプリ」ではなく「Smart YouTube TV」であるという点に注意しましょう。


 
真夜中に大谷サンを投影してみましたが、現地さながらの臨場感と迫力で、レビューであることを忘れ、しばらく引き込まれてしまいました……。


 
4K動画をYouTube再生したところ、明るさの点では同社のTK700STiにやはり劣るものの、映像のなめらかさや精細さではまったく差異を感じませんでした。

スピーカーの出力も計20Wなので、力強さ・臨場感の点では充分な仕上がり。

Sponsored Links

 

BenQ GK100はこんな人におすすめ

BenQ GK100は「インテリアに調和するデザイン性の高い4Kプロジェクターが欲しい人」におすすめです。

Blootoothスピーカーを搭載し、短焦点かつカラー精度も優秀で、デザインだけでなくプロジェクター性能も高し。

ただし、アプリストアがサードパーティ製で収録アプリが限定されるため、そこを目当てにする人はBenQ TK700STiXGIMI HORIZON Proがおすすめです。

BenQ GK100レビューまとめ

本記事は「【BenQ GK100レビュー】インテリアにもマッチするキューブ型デザインの4K対応プロジェクター」について書きました。

BenQ GK100は、温かみのあるキューブ型デザインにナイトライトを搭載する、独創性の高いプロジェクターです。

解像度4K・1,000ANSIルーメン・Blootoothスピーカーモード搭載と、ホームプロジェクターとしての性能もしっかりそなえています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • グッドデザイン賞受賞の高いデザイン性
  • 投影距離2mで120インチ
  • スピーカー出力が20W
  • ナイトライト搭載
デメリット
  • アプリがYouTubeのみに限られる
  • Android OSが若干古い
  • 明るさが4Kクラスではやや暗い
【BenQ TK700STiレビュー】RPGやFPSもこなす4K対応のゲーミングプロジェクター 【XGIMI HORIZON Proレビュー】史上最高にパワフルで使いやすいホームプロジェクター 【Anker Nebula Cosmos Maxレビュー】4K対応かつAndroid TV 9.0搭載で最強レベルのホームプロジェクター! 【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です