おすすめのゲーミングPC

【自作PC】予算15万円でおすすめのゲーミングPCの構成は?性能と合わせてわかりやすく紹介!

予算15万円自作ゲーミングPC

こんにちは!シルバー( @game_chu_s)です!

本記事では予算15万円くらいでゲーミングPCを自作したいと思っている方に向けて

こちらの3つを紹介しています。

意外に15万円の構成でもかなり良い性能が出ていますので、ぜひ参考にしてみてください!

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細

予算15万円の自作ゲーミングPCの構成

本記事では予算15万円の自作ゲーミングPC中でも、

  • パフォーマンスにこだわった構成
  • 外観にもこだわった構成

の2種類を紹介しています。

パフォーマンスにこだわる方におすすめの構成


注意
OSの価格が入ってしまうため少し15万円をオーバーしています。すみません、、、

実はこちらの構成は僕が今使っているPCとほぼほぼ同じで、非常におすすめの構成となっています。

 

価格と性能のバランスが良く、ほとんどのゲームがとても快適にできるためおすすめです!

 

  • CPU: Ryzen7 3700X
  • グラフィックボード: RTX2070 SUPER

こちらの鉄板の組み合わせで構成されるPCになっており、非常に高いスペックを誇るゲーミングPCに仕上がっています。

外観にもこだわりたい方におすすめの構成



さきほどのパフォーマンス優先の構成から、

  • CPU
  • グラフィックボード

を1ランク落としました。

その代わりに

  • ケース
  • CPUクーラー

この2つを非常におしゃれでおすすめな「NZXT」の製品に統一しました。

 

この構成にすると、外観がかっこよすぎてインテリアとしてPCを置くことができるレベルになります。

 

予算15万円のパフォーマンス優先の構成よりは少しスペックは下がってしまうのですが、正直こちらの外観にこだわった方もかなりの高性能でほとんどのゲームが快適にできます。

どちらを優先するかは好みによると思いますので、こちらの2例を参考に、自分にピッタリの構成を見つけていただきたいと思います…!

予算15万円の自作ゲーミングPCのゲーミング性能・ベンチマーク

パフォーマンス優先の構成

注意
データは随時更新中です。検証して欲しいゲームがありましたらコメント欄までお願いいたします。

フォートナイト

 

 

解像度 フルHD WQHD
平均フレームレート 226fps 220fps

ApexLegends

 

 

解像度 フルHD WQHD
平均フレームレート 220fps 164fps

League of Legends

 

 

すべての設定を中にしています

解像度 フルHD WQHD
平均フレームレート 240以上 240以上

予算15万円の自作ゲーミングPCの配信性能

  通常 配信時
平均フレームレート 220fps 189fps

予算15万円の自作ゲーミングPC | まとめ

本記事では

  • 予算15万円の15万円の自作ゲーミングPCの構成
  • 予算15万円の自作ゲーミングPCのゲーミング性能
  • 予算15万円の自作ゲーミングPCの配信性能

について紹介しました!

実際に僕が使っているPCも15万円の自作PCで、非常に満足しているので、ほとんどの方はこちらの構成で十分だと思います!

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

以上シルバー( @game_chu_s)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です