おすすめのゲーミングPC

GALLERIA ZA9R-R38をレビュー!Ryzen9とRTX3080搭載のモンスターマシンの性能を検証

こんにちは!ゲーミングPC博士ことシルバー( @game_chu_s)です。

ゲーミングPCファンなら1度はあこがれるハイエンドモデルPC!

本記事では、Ryzen9とRTX3080を搭載したドスパラのゲーミングPC「GALLERIA ZA9R-R38」を紹介します。

こんな人におすすめ
  • ハイエンドPCの使用感について知りたい
  • 人気ゲームタイトルのフレームレートについて知りたい
  • そんなユーザーに向いているのか知りたい

上記にあてはまる方は必見ですよ!

ご貸与品
本記事はメーカー様より製品をお借りして作成しております
この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細

GALLERIA ZA9R-R38のスペック

GALLERIA ZA9R-R38は、ヘビーゲーマー向けのZ-Seriesに位置するハイスペックモデルです。

主なスペックは下記のとおりです。

CPUAMD Ryzen9 5900X
GPUGeForce RTX3080
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ1TB Gen4 NVMe SSD
金額369,980円
特徴
  • 3Dゲームで画質設定を高くしても高いフレームレートを出せる
  • ゲームで高スコアを狙える
  • ゲーム以外でも動画編集や配信なども余裕で出来る
  • Gen4対応のNVMeSSDで超高速処理が可能
  • ゲームも仕事も十分にこなせる

CPUもGPUもハイスペックモデルを使用し、全てにおいて性能が高いゲーミングPCです。

重たいゲームでも高い画質設定でプレイすることが可能で、FPSゲームでは画質設定を低設定にすると、高フレームレートで勝利を掴みやすくなります。

動画編集など重たい作業にも対応が十分可能なので、ゲームの配信や実況といったコンテンツの作成などもこなせます。

プロ仕様といっても過言ではないスペックです!

GALLERIA ZA9R-R38の外観

GALLERIA ZA9R-R38の外観を画像付きで紹介します。

正面

正面はRGB-LEDライトで縁取られています。

GALLERIAの特徴的なケースが近未来感を感じさせ、ガンメタリックがカッコいいです。

光のが苦手な方はライトをオフにできますので安心ください!

正面に位置するフロントインターフェースを見てみましょう。

  • 電源
  • リセットボタン
  • USB3.2Gen1 Type-A×4
  • オーディオ入出力

前面に設置されているUSBポートはUSB 3.2 Gen1規格なので、最大5Gbpsの転送速度で処理可能です。

高速処理のUSBが4つあるのはうれしいですね!

ちょっと残念ポイント

インターフェースにUSB Type-Cがついていない

ハイエンドタイプなので、USB Type-Cはついていてほしかったところ……

サイド

サイドはアクリルパネルとなっており、中が見える仕様です。

前面が見えるわけではないため、GPUやCPUクーラーなどのパーツが目立ちます。

電源を入れると光ります。

光るとゲーミングっぽくて僕の好みです!

内部

内部を見ていきましょう。

かなりマニアックな内容となりますので、とくに興味がない方はスキップしてください

CPUファンDEEPCOOL GAMMAXX L240 V2(水冷ファン/RGB )
CPUグリスノーマルグリス
マザーボードAsrock X570 Phantom Gaming4
リアケースファン140mm静音ファン
LAN1Gb対応LANポート×1(オンボード)
光学ドライブなし
電源850W静音電源(80PLUS GOLD)

CPUクーラーが簡易水冷なのと、ストレージがNVMe M.2 SSDということで内部はすっきりした印象ですね。

マザーボードはAsrock製のX570チップセットを使用しています。

情報元:https://www.asrock.com/mb/AMD/X570%20Phantom%20Gaming%204/index.jp.asp

X570はAMDマザーボードの中でも最上位のチップセットなので、オーバークロックやNvidia SLIに対応しています。

左上にあるのはアルミニウム合金製ヒートシンクで、チップセットから効率的に放熱します。

さらにX570は発熱問題から、マザーボード自体にファンがついているんです!

内部で目を引くのは水冷クーラーです。

CPUクーラーはDEEPCOOL製GAMMAXX L240 V2を使用し、音は静音でまったく気になりませんでした。

ファンは120mm×120mmが2基搭載、大型のCPUブロックにより、発熱による性能ダウンはほぼないでしょう。

この青く光る感じはずっと見ていられます!

GPUはRTX3080です。

電源を入れるとロゴ、しかもメーカー名ではなくGEFORCE RTXの文字が光るのが、個人的にはとてもカッコ良い!

バックパネルもしっかり搭載しており、3連ファンタイプです。

性能はもちろん、見た目もとても良い感じですよ!

ストレージは2つ増設できるスロットがありました。

予算や好みによりますが、購入時にカスタムしてSSDやHDDを増やすことも可能です。

リアケースファンとトップケースファンが設置され、ともに140mm静音タイプです。

水冷クーラーだけでもとても冷えますが、リアとトップにもファンがありますので発熱の心配はなさそうです。

動画編集のような重い作業をしていても、快適に作業ができますね!

背面

背面ポート
  • USB3.1 Gen 2 × 2(Type-A)
  • USB3.1 Gen 1 × 6(Type-A)
  • LANポート
  • HDMI×1
  • DP× 1
  • オーディオ

USB3.1 Gen 2 × 2は最大10Gbpsに対応しているため、超高速処理が可能です。

しかし、ここでも残念なポイントがあります。

ちょっと残念ポイント
  • WiFiがない
  • USB Type-Cがない
  • LANポートが10Gbpsに対応していない

マザーボード自体にはWiFi接続用のM.2スロットが搭載されていますが、モジュール(アンテナ)は付属されていません。

価格帯からすると、アンテナくらい付属してよ……というのが本音です

USB Type-Cポートがないのも、最新のゲーミングPCからすると残念に感じました。

最近ではより高速処理ができるThunderboltの規格もありますので、ひとつは欲しかった……

また、価格からLANポートも今後の普及を考えると10Gbps、または5Gbps対等のLANポートが欲しかったという個人的な感想です。

ただし、これは欲をいえばという程度の話ですので、これらの装備で十分なスペックを持っているマシンです。

特に気になるような問題ではありません

GALLERIA ZA9R-R38の性能・フレームレートをゲーム別に測定

実際に下記のゲームをプレイしてみてフレームレートを測りました。

設定ふくめ詳しく紹介します!

Fortnite(フォートナイト)

まずは子どもから大人まで幅広い年代に人気のタイトル、Fortnite(以下フォートナイト)で測定しました。

フォートナイトの推奨スペックは下記のとおりです。

推奨スペック
  • CPU:Intel Core i5 7300U
  • GPU:Nvidia GeForce GTX960/AMD Radeon R9 280
  • メモリ:8GB

比較的軽めなゲームなので、プレイ自体には全く問題ありません

ここで意識したいのは、フレームレートをどこまで伸ばすことができるのかですね!

設定は以下のとおりです。

低設定で測定しました。

結果は平均フレームレートが434fpsでした!

最高フレームレートは、脅威の1000fps越えの1261fpsを叩き出しました!!

注意
測定方法によりフレームレートは前後します。

RTX3080搭載なので、フレームレートだけじゃなくて画質にこだわってプレイするのもおすすめですよ!

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)

近年、大会でも最高額を出している熱いタイトル、Apex Legends(以下Apex)で測定します。

Apexで推奨されているスペックは下記のとおりです

推奨スペック
  • CPU:Intel Core i5 3570Tと同等
  • GPU:Nvidia GeForce GTX970/AMD Radeon R9 290
  • メモリ:8GB

高スペックGPUでどのくらいのフレームレートが出るのか楽しみです!

設定は以下のとおりです。

画質は全て低設定で測定していきます。

結果、平均フレームレートは190fpsで貼りついていました!

ゲーミングモニターのリフレッシュが240Hz対応のものであれば、もっと上を目指せそうです!

注意
Apexでフレームレートを上げるには設定が必要です。

爆発シーンなどの処理が重い場面でもフレームレートは高いままです!

Splitgate(スプリットゲート)

世界中で人気のゲームSplitgateで測定します。

Splitgateの推奨スペックは以下のとおりです。

推奨スペック
  • CPU:Any dual core CPU
  • GPU:Nvidia GTX660
  • メモリ:6GB

フォートナイト同様に軽めのゲームなので、高フレームを期待できそうです!

設定は下記のとおりです。

画質は全て低で測定します。

結果、平均フレームレートは171fpsでした。

最高フレームレートは350fpsだったので、こちらのゲームでも高スコアを期待できますね!

Battlefield2042(バトルフィールド2042)

最後は重いゲームの代表格、Battlefield2042(以下バトルフィールド2042)で測定します。

こちら測定ソフトで測定できなかったため、別のソフトを使用しております。

フレームレートの参考程度にみてください。

バトルフィールド2042の推奨スペックは下記のとりです

推奨スペック
  • CPU:Intel Core i7 4790 / AMD Ryzen7 2700X
  • GPU:Nvidia RTX3060 / AMD Radeon RX6600XT
  • メモリ:16GB

推奨スペックで最新のGPUが記載されるほど重たいゲームです…!

設定は以下のとおりです。

結果、フレームレートは平均70-80fpsで維持できました。

測定した際のモニターが75Hz対応だったため、ゲーミングモニター次第ではもっと数字を上げることが可能です。

バトルフィールドでも100fps越えは十分狙ると思いますよ!

GALLERIA ZA9R-R38の使用レビュー【ベンチマーク】

ベンチマークを測定してみました。

測定に使用したベンチマークは下記3つです。

画像付きで説明していきますよ!

Cinebenchi R23

マルチコアは圧巻の20,000越えです!

Cinebenchi R23 マルチコア

この数値は、クリエイター向けであるAMD最上位CPUのRyzen Threadripper 2990WXに近い数値を出していることがびっくりです!

2990WXはひと世代前のCPUですが、一般向けCPUであるRyzen9 5900Xが近い性能を出せることは、コスパ的にとてもすぐれていることが分かります。

Cinebenchi R23 シングルコア

シングルコアも1500オーバーととても優れた数値です。

ひと昔前はAMDはシングル性能が低いといわれていましたが、Ryzen9 5900Xはシングル性能も問題ないといえるでしょう。

12コア24スレッドは伊達じゃありません!

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

高いスペックを要するFF15のベンチマークを測定してみます。

今回測定したのは3パターンです。

測定した画質
  • フルHD:高品質
  • WQHD:高品質
  • 4K:高品質


 結果は以下のとおりです

測定した結果
  • フルHD:とても快適
  • WQHD:とても快適
  • 4K:快適

なんと4K画質でも快適にプレイできちゃいます!

4K対応のモニターであれば、超高画質で冒険を楽しめますね!

VRMARK

最後はVRのベンチマークVRMARKを測定してみます。

今回は軽めのOrangeRoomで測定してみました。

数値は15210でした!

5000以上でVR-Redyとなるため、数値上は全く問題なくVRを楽しめるということを指します。

VRを楽しみたい人にもおすすめのPCです!

GALLERIA ZA9R-R38のカスタマイズについて

GALLERIA ZA9R-R38を購入する際にカスタマイズ要素について紹介します。

CPUもGPUもハイスペックを搭載するマシンのため、基本的にはそのまま購入しても全く問題はありませんが、欲をいえばという視点で紹介していきます。

よければ参考にしてみてください

メモリを32GBに増設

GALLERIA ZA9R-R38は初期搭載で16GBのメモリを搭載しています。

ゲームをプレイするだけなら16GBで問題はありませんが、ハイエンドタイプなら32GBは欲しいところ。

ゲーム以外にも動画編集や配信も不自由なく行うことができますので、ゲーム以外の作業をお考えなら、32GBにアップデートするのもありです。

もちろん予算次第では64GBまでアップデートするのも全然ありですね!

ただ128GBまでいくと、クリエイター業務を行っている方以外はオーバースペックになると思いますので、プロ以外は64GBまでで十分かと思います。

32GBあればオフィスのようなビジネスソフトも高速で処理できますよ!

ストレージを増設

GALLERIA ZA9R-R38には、高速処理できるNVMe M.2 SSD 1TBが搭載されています。

問題ない容量ですが、ひとつのゲームの平均容量は50〜80GB程度必要です。

最近の重たいゲームになると、100GBを超えるタイトルも増えてきたため、ストレージの増設はできるならしておいた方がいいと思います。

SSDの金額も下がってきているため、高速で処理したいならM.2 SSDが高速でおすすめです。

現在のカスタマイズ構成でいくと、WD 2TB NVMe SSDが安価で容量も十分ですね。

より高速を目指したいならGen4対応のNVMe SSDを購入しましょう。

とにかく容量メインならHDDを検討しましょう。

4TBか8TB辺りが価格的にもお得感があります!

システムをNVMe M.2 SSDにいれてゲームの保存場所用にHDDでも良いですね!

GALLERIA ZA9R-R38はこんな人におすすめ

PCマニアの僕がCPU・GPUともに最高クラスのGALLERIA ZA9R-R38をおすすめする人について紹介します。

下記にあてはまる方はこの最高マシンを検討することをおすすめします!

ゲームで勝利することを第一に考える人

GALLERIA ZA9R-R38はCPU・GPUともにトップクラスの性能を持っています。

この性能を活かしてゲームの高スコアを狙うことは十分可能です。

特にFPSゲームのような場合は高フレームレートで戦闘に勝利できる確率も上がります!

eSports自体も知名度が上がってきているので、高性能マシンで勝利にこだわってみるのもアリです!

動画編集など普段から重い作業をこなす人

GALLERIA ZA9R-R38は動画編集といった重い作業にも対応できるPCです。

動画編集ソフトは重たいソフトが多く、起動するのにもある程度のスペックが必要なものが多いですが、GALLERIA ZA9R-R38の性能があれば問題はありません。

ハードウェアエンコードという機能が使えるソフトであれば、書き出しにGPUの性能が使えるため、高速で書き出しができるメリットもあります。

動画編集の他にもAIプログラミングを使用する方やゲームプログラミングを行う場合などの負荷がかかる作業にもCPU・GPUの恩恵を得られます。

ビジネス面でも活躍できます!

高性能なGPUを欲しかった人

GPUの取り換えやPCの買い替えを考えている方にも、GALLERIA ZA9R-R38はおすすめです。

理由はGPUの金額が高騰中のため、パーツ単体で買うよりもPCとして購入する方がお得だからです。

GPUと一緒に他のパーツも最新で購入したほうが、トータルでお得になります!

GPUを最新のものに交換したいとお考えの方は、GALLERIA ZA9R-R38でPC全体をアップデートするのもおすすめですよ!

ハイエンドゲーミングPCならGALLERIA ZA9R-R38がおすすめ

本記事ではGALLERIA ZA9R-R38について紹介しました。

実際に使用してみた評価を紹介します。

GALLERIA ZA9R-R38の評価
スペック
 (5)
コスパ
 (3)
ゲーム
 (5)
動画編集
 (4)
ストレージ
 (3)
総合
 (4)
残念に感じた点
良かった点
  • 金額が高い
  • Wifiがない
  • ストレージが少ない
  • ほぼ全てのゲームを高フレームレートでプレイできる
  • 最高画質設定でも滑らかにプレイできる
  • 動画処理など重たい作業もサクサクできる
  • 水冷で静か
  • 見た目がカッコ良い

GALLERIA ZA9R-R38は、ほぼ全てのゲームを高いフレームレート・または最高画質でプレイできるため、ゲームにこだわってプレイしたい人にはぴったりのPCです。

他のユーザーと差をつけたい方や4Kの超高画質で感動したい方も、GALLERIA ZA9R-R38なら期待に応える性能はありますので、モニター選びにも気を付けましょう。

また、動画編集や重い負荷のある作業でも難なくこなせます。

メモリとストレージが少ないと感じる方は、カスタマイズでアップデートしましょう。

PCの買い替えを考えている方にもおすすめです!

また、こちらの記事では他にもおすすめのゲーミングPCを紹介しています。合わせてぜひご覧ください。

どうもシルバー( @game_chu_s)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。