おすすめのゲーミングPC

【ガレリア ZA7R-R38T 5800X レビュー】RTX 3080 Tiを搭載したドスパラZシリーズのハイエンドモデル

こんにちは!ゲーム大好きシルバー( @game_chu_s)です!

「ガレリア ZA7R-R38T 5800Xの実際の使用感が知りたい」
「おすすめなのはどんな人?」
「気をつけたほうがいいところってある?」

そんなお悩みにお答えしていきます。

本記事では「ドスパラ」から発売されているゲーミングPC「ガレリア ZA7R-R38T 5800X」について紹介します。

ガレリア Zシリーズの中でも上位に位置するハイエンドモデルですよ!

主な特徴は以下のとおりです。

  • CPU:AMD Ryzen 7 5800X
  • グラフィックボード:GeForce RTX 3080 Ti 12GB GDDR6X

抜群のグラフィック性能でFPS&バトロワ系ゲームの4K出力も難なくこなせます。

購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください!

ご貸与品
本記事はメーカー様より製品をお借りして作成しております。
この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xのスペック

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xのスペックを以下の表にまとめました。

製品名ガレリア ZA7R-R38T 5800X
参考価格329,980円(税込)
CPUAMD Ryzen 7 5800X
グラフィックボードGeForce RTX 3080 Ti 12GB GDDR6X
※リジッドカードサポート付き
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W 静音電源 (80PLUS GOLD)
マザーボードAMD X570チップセットATXマザーボード
入出力ポート(前面)USB 3.2 Type-A Gen1 x 4
(背面)USB3.1 Gen2(Type-A) x 2、USB3.1 Gen1(Type-A) x 6
(映像出力)HDMI x 1,DisplayPort x 3
サイズ220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
重量約14kg
リジッドカードサポートとは
グラフィックカードを支えるはしご型のパーツ。RTX 3080 Tiのような高性能・重量級カードにより、他の部分にたわみなどの障害が起きないよう十分配慮されている。

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xの外観

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xの外観を画像つきで紹介します。

見た目とインターフェースの実用性を確認してみましょう。

正面

ブラックの筐体にハイテク感漂うLEDライティングが、ゲーマー心をくすぐります。

側面

正面から見て左側面の半分はアクリルパネルで覆われており、CPUクーラーやグラボがさりげなく光っています。

落ち着いた色味が好みの方は、専用アプリでLEDライティングを付けない設定にすると、ガンメタリックが映えるスタイリッシュな印象になりますよ。

インターフェース

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xのインターフェースを紹介します。

  1. 電源ボタン
  2. リセットボタン
  3. USB 3.2 Type-A Gen1 x 4
  4. オーディオ入出力

斜め上45度を向いたポートと平らな天面のおかげで、VRデバイスなどのガジェットを常時接続しても邪魔になりません。

背面のインターフェースは以下のとおりです。

背面の接続ポートはファンの横に配置されています。

  1. PS/2
  2. USB3.1 Gen2(Type-A) x 2
  3. USB3.1 Gen1(Type-A) x 6
  4. ギガビットLANポート
  5. オーディオ入出力

映像端子は背面中央部です。

  1. HDMI 2.0 × 1
  2. DisplayPort 1.4 × 3

USB Type-Aポートが12個もあり、充実したインターフェースと言えるでしょう。

ただ、欲をいえば、USB Type-C接続にも対応してほしかったところ。

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xの使用レビュー【ゲーム別】

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xのゲーミング性能を、以下5つの人気FPS・バトロワ系ゲームで検証しました。

  1. フォートナイト
  2. Apex Legends
  3. レインボーシックスシージ
  4. PUBG
  5. VALORANT

計測基準は「オンラインマッチで基本的な動作を行った場合のフレームレート」です。

飛空艇から飛び降りるときなど、急激にフレームレートが下がる場面は除いて計測しています。

フレームレートとは
1秒間あたりの静止画の枚数を示す、頻度の数値。数値が高いほど快適にプレイできる。(例)60fps(普通)<144fps(快適)<240fps(超快適)

ぜひ、スペックの参考にしてみてください!

1. フォートナイト

フォートナイトのグラフィックスは、下記画像のとおり「低」設定で検証します。

結果は、平均フレームレート 377fpsでした!

フォートナイトなら240fpsのなめらかな映像で楽しむことも容易です!

フォートナイトにおすすめなゲーミングPCは「【144fps・240fps】フォートナイトが快適にできるおすすめゲーミングPC3選と必要なスペックを解説」にて紹介しているので、参考にしてみてください。

2. Apex Legends

エーペックスレジェンズのグラフィックスは下記画像のとおり「低」設定です。

結果は、平均フレームレート 196fpsでした!

計測のタイミングで少し伸び悩んだ印象ですが、重いと評判のApexでこれだけの速度が出れば十分なスペックと言えるでしょう。

Apex LegendsにおすすめなゲーミングPCは「【144fps・240fps】Apex Legendsが快適にできるおすすめのゲーミングPC3選と必要なスペックを解説」にて詳しく紹介しているので、あわせて確認してみてください。

3. レインボーシックスシージ

レインボーシックスシージのグラフィックスは「低」設定で検証しました。

結果は、平均フレームレート 473fpsでした!

激しい銃撃戦のさなかにも240fpsは出ていたので、高フレームレートでも余裕を持ってプレイできますよ!

レインボーシックスシージにおすすめなゲーミングPCは「【144fps・240fps】レインボーシックスシージ快適にできるおすすめのゲーミングPCと必要なスペックを解説」で詳しく紹介していますよ。

4. PUBG

PUBGのグラフィックスは下記画像のとおり「低」設定です。

結果は、平均フレームレート 208fpsでした!

カクつくことなくノンストレスで楽しめるので、ドン勝ちにも近づきますね!

PUBGにおすすめなゲーミングPCは「【60fps・144fps・240fps】PUBGに快適にできるおすすめのゲーミングPCと必要なスペックを解説」にて詳しく紹介しています。

5. VALORANT

VALORANTのグラフィックスは、上記画像のとおり「低」設定です。

結果は、平均フレームレート 476fpsでした!

ヴァロラントを遊ぶなら、ガレリア ZA7R-R38T 5800Xは十分すぎる性能でした!

VALORANTにおすすめのゲーミングPCは「VALORANT(ヴァロラント)におすすめのゲーミングPC3選!必要なスペックや選び方も解説」にて紹介しています。

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xの配信性能

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xとゲーム配信の相性を確認していきます。

性能検証のため、OBS Studio で Twitch配信を行いました。

ゲームはフォートナイトで、以下の「低」グラフィックス設定です。

結果は、平均フレームレート 337fpsと若干下がりました。

とはいえ、240fps超えの高フレームレートは維持できていて、どんな場面でもスムーズにプレイできました。

配信を録画して確認しましたが、視聴者もストレス無く見れる環境でしたよ!

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xの良くない点

ここでは、ガレリア ZA7R-R38T 5800Xの気をつけておくべき点を紹介します。

  1. 電源容量が不安なことも
  2. 使い方によってはメモリの増設も検討
  3. CPUとグラフィックボードのバランスが気になることも

ぜひ、購入時するかどうか迷っている方は参考にしてみてください!

1.電源容量が不安なことも

ハイエンドモデルのガレリア ZA7R-R38T 5800Xに対し、ゲーム以外にもハードな使い方を想定している方も多いでしょう。

そういったなかで、デフォルト構成の850W 静音電源(80PLUS GOLD)だと心もとなく感じることも。

オプション料金を1万7千円程度用意すれば、CORSAIR 1000W 静音電源(80PLUS GOLD / RM1000x)へのアップグレードが叶うことを覚えておきましょう。

とはいえ、一般的には800W以上の電源容量があれば問題ないので、ゲームを遊ぶなど通常使用であれば、そこまで気にする必要はないかもしれません!

2.使い方によってはメモリの増設も検討

ガレリア ZA7R-R38T 5800XのようなハイスペックPCで、メモリ16GBは不十分という評価もあります。

メモリが多ければ、処理開始までの時間短縮や処理速度の高速化が見込めます。

32GBにカスタマイズしておくと、動画編集者やクリエイターの方は安心して作業できるようになるでしょう。

3.CPUとグラフィックボードのバランスが気になることも

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xのグラフィックボードには、最高クラスのスペックをほこるGeForce RTX 3080 Tiが採用されています。

その一方で、CPUにはAMD Ryzen 7 5800Xが使われ、Ryzen 9もリリースされている現環境においては、性能を少し不安視する方もいるのではないでしょうか。

実際CPUが低すぎると、グラフィックボードの実力を充分に発揮できない要因にもなるので、あらかじめ頭に入れておきましょう。

といっても、Intel第10世代のCore i9-10900Kにも引けを取らない高評価を得ているCPUなので、気にしすぎる必要はありませんね!

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xがおすすめな人

最後に、ガレリア ZA7R-R38T 5800Xがおすすめな人を紹介していきます。

  1. 4K環境でも快適にプレイできるゲーミングPCが欲しい人
  2. かっこ良くて使い勝手の良いゲーミングPCが欲しい人
  3. ハイエンドモデルが欲しいストリーマーやクリエイター

1つひとつ確認していきましょう!

1.4K環境でも快適にプレイできるゲーミングPCが欲しい人

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xなら、WQHDや4K対応の高解像度ゲーミングモニターを最大限に生かせます。

最高クラスのグラフィック性能をほこるGeforce RTX 3080 Tiが搭載された充実の構成だからです。

これが20万円くらいのゲーミングPCになると、なかなか高解像度で出力するのは難しくなってきます。

実際に4Kモニターでプレイしてみましたが、快適性は抜群でしたよ!

2.かっこ良くて使い勝手の良いゲーミングPCが欲しい人

ガレリアの筐体は2020年にリニューアルされ、ユーザーの使い勝手に非常に寄り添った仕様となっています。

たとえば、前面のインターフェースは、本体上部に斜め上向きに配置されているので、接続した端末を天面に置いておけます。

そのほか、フィルター掃除もラクラクでメンテナンスも簡単。

ガレリアは、長く付き合っていくには最適なゲーミングPCの1つといえるでしょう。

見た目もかっこ良く、保証・サポートもしっかりしているので、ゲーマーなら買って損しませんよ!

3.ハイエンドモデルが欲しいストリーマーやクリエイター

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xは高スペックすぎるので、単にゲームで遊ぶだけではもったいないかも知れません。

動画編集者やクリエイター、ストリーマー(ゲーム実況者)にとって最適な選択肢になるでしょう。

実際にOBS Studioでフォートナイトを配信した際に、その性能は実感できましたよ!

【レビューまとめ】ガレリア ZA7R-R38T 5800Xの評価

ガレリア ZA7R-R38T 5800XはGeforce RTX 3080 Tiが搭載された高解像出力も余裕のハイエンドモデルです。

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xの評価
スペック
(5.0)
コスパ
(4.5)
録画・配信
(4.5)
外観の洗練度
(4.5)
ストレージ
(4.5)
総合評価
(4.5)
残念な点
  • 電源容量が不安なことも
  • 使い方によってはメモリの増設も検討
  • CPUとグラフィックボードのバランスが気になることも
良い点
  • 4K環境でも快適にプレイできる
  • かっこよくて使い勝手も良好
  • ストリーマーやクリエイターにも最適なハイエンドモデル

ガレリア ZA7R-R38T 5800Xがあれば、たいていのクリエイティブ作業には事欠かないでしょう。

コスパの面でも他社を圧倒しつつあります。

この記事をぜひ参考に、充実した構成のガレリア ZA7R-R38T 5800Xの購入を検討してみてくださいね!

また、こちらの記事で他にもさまざまなおすすめのゲーミングPCを紹介していますので、合わせてぜひご覧ください!

どうもシルバー( @game_chu_s)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です