【BenQ Zowie XL2546K レビュー】ゲーマー御用達!圧倒的な性能のフルHDゲーミングモニター

こんにちは!ゲーム大好きシルバー( @game_chu_s)です!

近年、e-sportsが世界的に盛り上がっていますね!

熱狂度合いは凄まじく「オリンピックの新種目に選定されるのでは?」と噂されるほどです。

そんなe-sportsですが、プレイングが上達するほど、ゲーミングモニターの性能の差を実感するということが多々あります。

実際、ちょっとした反応の遅れや暗い場面での視界不良が命取りになってしまいます。

今回紹介する「XL2546K」は

  • 応答速度:0.5ms
  • リフレッシュレート:240Hz
  • DyAc+搭載
  • そのほか機能満載!

と、ゲーマーの欲求がギュッと凝縮された超ハイスペックモニターです!

そこで本記事では「【BenQ Zowie XL2546K レビュー】ゲーマー御用達!圧倒的な性能のフルHDゲーミングモニター」のレビューをお届けします。

提供品
本記事は、メーカー様より製品をご提供いただき作成しております。

BenQ Zowie XL2546Kのスペック・外観

BenQ Zowie XL2546Kのスペック・外観について紹介します!

XL2546Kのスペック

BenQ Zowie XL2546Kのスペックは以下のとおりです。

モデルXL2546K
メーカーBenQ
解像度フルHD
画面サイズ24.5インチ
リフレッシュレート240Hz
応答速度0.5ms
参考価格58,909円(Amazon)
スピーカー無し
接続端子DisplayPort 1.2、HDMI 2.0 x 3
ヘッドフォンジャック、S.Switch用

また、以下の機能が搭載されています。

  • 暗い部分を明るく表示するBlack eQualizer機能
  • 発色を良くするColor Vibrance機能
  • 残像感を最小限に抑えるDynamic Accuracy+(DyAc+)機能
  • ブルーライトカット・フリッカーフリーのアイケア機能
  • プロの画面設定を共有できるXL Setting to Share

ゲームをする方に最適なTNパネルを採用していますよ!

リフレッシュレートとは
モニターの画面が1秒間に何回更新されるかを示す指標。高いほど映像がなめらかに見える。
応答速度とは
画面の色が切り替わる早さのこと。単位ms(ミリセカンド)は小さければ小さいほど切り替えが早いことを表す。

XL2546Kの外観

XL2546Kは、視界に無理なく収まる24.5インチのゲーミングモニターです。

ゲームに集中しやすいようにアイシールドが付属しています。

本製品のXL2546「K」シリーズから、アイシールドの取り付け・取り外しが簡単になっています!

また、XL2546Kはエルゴノミクス(角度や高さ調節)が充実しています。

下図のように底面スレスレ3.3cmまで、画面を下げられます。

画面は約23度まで上を向きます。

約−5度まで下向きになります。

スタンドに空いた穴は従来製品より大きくなり、コードを通しやすくなっています。

新しくなった台座は回転して自分の好きな向きに微調整できます。

XL2546シリーズよりも台座が小さくなっているので、作業スペース確保もラクラクです。

机の上に色々置きたいゲーマーにとって、スペースを取らないのはとてもありがたいですね!

背面にはヘッドフォンハンガーが用意されています。

押し下げるとフック型になっており、ヘッドフォンが落下しにくい仕様になっていました。

背面の接続端子は以下のとおり充実しています。

画像右から順に

  • DisplayPort 1.2
  • HDMI 2.0 x 3
  • S.Switch用
  • ヘッドフォンジャック

が配置されています。

接続端子横には電源ボタンとアナログスティック、1・2ボタンがあります。

正面から操作するときは、このように手をモニターの下に差し入れます。

本製品の「K」シリーズから、アナログスティックにアップグレードされましたよ!

また、付属のS.Switchを使えば、画面設定変更もスピーディに行なえます。

マウスのように直感的に操作できるのでストレスがたまりません!

たとえば、暗闇の見やすさを向上できるBlack eQualizerも…

簡単操作でサクッと起動できます!

Black eQualizerを使うことで、少し画面が白みがかり、洞窟や夜といった暗いステージでも視野を広く確保できますよ。

OSDメニュー(モニターに表示される操作パネル)も見やすくなりましたね!

BenQ Zowie XL2546Kの使用感をレビュー

XL2546Kの使用感をレビューしていきます!

使ってみて感じたことは、以下の3つです。

  1. e-sportsガチ勢におすすめ
  2. 新機能「XL Setting to Share」が革新的
  3. XL2546シリーズからの着実な進化
  4. クリエイターには向かないことも

ひとつずつ詳しく解説していきます。

1.e-sportsガチ勢におすすめ

XL2546Kは、FPSやバトロワ系ゲームに妥協を許さないプロゲーマーにおすすめのゲーミングモニターです。

様々な観点から、現状最もゲームに適しているモニターだと個人的には思います….!

理由は以下のとおりです。

  • 24.5インチで、無理なく画面全体を視界に入れられる
  • リフレッシュレートが240Hz対応でヌルヌル動く
  • 応答速度が0.5msと最高クラス
  • Black eQualizer機能により、暗闇にいる敵を認識しやすい
  • DyAc+機能により、残像感を最小限に抑えられる
  • Color Vibrance機能で、色の鮮明度を向上させられる

特に、FPSゲームなどで、画面を激しく動かしたときのエイムのしやすさは素晴らしいです。

DyAc+のおかげか目視ではわからないのですが、感覚的にエイムのしやすさを実感することができ、プレーの安定感や質の向上に繋がります….!

他のメーカーの他のモニターと比べても正直圧倒的にFPS・バトロワ系ゲームに向いていると言えるでしょう!

2.新機能「XL Setting to Share」が革新的

XL2546Kの目玉ともいえる「XL Setting to Share」は画面設定を共有できる新機能です。

LANパーティや大会などでモニターをレンタルするときや、チーム内で最適な画面設定を共有し合うときに使えるプロゲーマー垂涎のこだわり仕様です。

ソフトウェアは公式サイトから無料でダウンロードできます。

使い方は以下のとおりです。

  1. プロファイルをインポートする
    この画面にドラッグ&ドロップ
    もしくは、画面中央下側の+ボタンから選択
  2. 使用する
    ① 画面設定の登録先を ゲーマー1 〜 ゲーマー3 の中から選択
    ② 画面左下のリストからプロファイルを選択
    ③ 切り替えはS.Switchで行う
  3. 現在の画面設定をエクスポートする
    画面右下の空欄に識別しやすいファイル名を入力する

3つの画面設定をボタン1つでサクサク切り替えられるので、明るいエリアから暗いエリアに移動したときにも素早く視界を確保できます。

3.XL2546シリーズからの着実な進化

アイシールドのおかげで画面に集中することが可能

XL2546Kは、前作の「XL」シリーズから改良が加えられ、よりFPSやバトロワ系ゲームを快適にプレイできるようになりました。

特に実用性や見た目の向上にこだわった新デザイン筐体は秀逸です。

注目すべきは以下の点です。

  • 作業スペース確保に一役買っている新しくなった台座
  • 操作性が向上したアナログスティックタイプのOSDボタン
  • 直感的に操作できる見やすいOSDメニュー
  • ネジ止め→かみ合わせへと取り付けが簡略化されたアイシールド
  • 側面→背面へと位置が変更されたヘッドフォンハンガー
  • 横チルトが追加されたS.Switchのボタン

一見細かいようですが、実際に使っていても、ストレスが溜まらないように設計されていると実感できます!

4.クリエイターには向かないことも

より快適なゲームプレイ環境を目指した結果、XL2546Kでは応答速度が速くて残像感の少ないTNパネルが採用されています。

そのため、視野角が狭くなり色の正確性に難がある点を覚えておきましょう。

TNパネルなので斜めから見ると色が変化

クリエイティブ用途ならIPSパネルを採用したモデルがおすすめです!

まとめ

本記事では「【BenQ Zowie XL2546K レビュー】プロゲーマー御用達!圧倒的な性能のフルHDゲーミングモニター」について書きました。

XL2546Kは、

  1. e-sportsガチ勢におすすめ
  2. 新機能「XL Setting to Share」が革新的
  3. XL2546シリーズからの着実な進化
  4. クリエイターには向かないことも

とゲームを極めたい方なら最適な逸品となっています。

このゲーミングモニターは、あなたの最強の相棒となること間違いありません!

購入をぜひ検討してみてください!

また、こちらの記事で、他にもおすすめのゲーミングモニターを総合的に紹介していますので、合わせてぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です