【ASUS VP228HE レビュー】1万円弱で応答性能1ms!コスパ抜群のゲーミングモニター

こんにちは!ゲーム大好きシルバーです!

SwitchやPS4などのコンシューマーゲームをやるのに、テレビを利用している方は多いのではないでしょうか。

実はテレビは、応答速度・リフレッシュレートなどの性能の面で、ゲームには向いていません。

今回紹介する「VP228HE」は

  • 1万円弱で購入できる
  • 応答速度:1ms
  • リフレッシュレート:60Hz

など、コンシューマーゲームには十分な性能をもつ、コスパ抜群のゲーミングモニターです!

というわけで、本記事では「【VP228HE レビュー】1万円弱で応答性能1ms!コスパ抜群のゲーミングモニター」のレビューをお届けします。

貸与品
本製品は、メーカー様より貸与いただきレビュー記事を作成しております。

ASUS VP228HEのスペック・外観

VP228HEのスペック・外観について紹介します!

VP228HEのスペック

VP228HEの基本スペックは、以下となっています。

メーカー ASUS
サイズ 21.5インチ
パネル TNパネル
解像度 フルHD(1920×1080)
リフレッシュレート 60Hz
応答速度 1.0ms
スピーカー 搭載(1.5W×2、ステレオ)
接続端子 HDMI、D-SUB、3.5mmステレオミニジャック
参考価格 10,560円
注意
掲載している価格は、2020年12月24日現在におけるものです。

VP228HEの外観

VP228HEは21.6インチのゲーミングモニターです。コンパクトなので、場所をとりません。

画面のベゼル(縁の部分)は約17mm。やや厚めなので、マルチモニターにすると少し違和感を覚えるかもしれません。

パネルはTN方式ではあるものの、そこそこきれいな発色です。

やはり価格が高いものには劣りますが、価格を考えれば十分です!

視野角は水平90°垂直65°と狭めです。斜めから見ると映り方がかなり変わってしまいます。

正面から使う分には問題ありませんが、複数人でのプレイなどには向かないでしょう。

右下に電源・各種設定ボタンがあります。

画面に表示されるナビで「どのボタンで何をするのか」がわかりやすく、直感的に操作できます。

MEMO
ナビの出荷時の設定は英語です。
Menu→System Setup→Languageで日本語に変更できます。

VESA規格(100mm×100mm)に対応しているので、モニターアームも使用可能(写真では、右上一箇所のみネジ穴の蓋を外しています)。

接続端子はHDMI、VGA、イヤホン端子1つずつです。

注意
イヤホン端子は「入力」用です。外部スピーカーへの出力はできません。

モニターを支えるポールは円形で、安定感があります。

ネジで止められるので、ディスプレイにしっかり固定できて安心です。

付属品はACコード、オーディオケーブル、D-SUBケーブル。

注意
HDMIケーブルは付属せず、別途購入する必要があります。

ASUS VP228HEの使用感をレビュー

VP228HEの使用感をレビューしていきます!

使ってみて感じたことは、以下の4つです。

  1. 応答速度1msでコンシューマーゲームには十分な性能
  2. 白っぽい映りは設定変更で調整
  3. ブルーライトカット機能で目の疲れを軽減
  4. FPS用の照準、タイマー表示が便利

1.応答速度1msでコンシューマーゲームには十分な性能

VP228HEの表示性能は、以下となっています。

  • 応答速度:1ms
  • リフレッシュレート:60Hz

試しにSwitchのゼルダBoWを映してみたところ、画面のカクつきや残像感が気にならずにプレイできました!

より性能のよいディスプレイはありますが、SwitchやPS4などでコンシューマーゲームをする分には、VP228HEで問題ないでしょう。

そもそもPS4やSwitchには60Hz以上の製品が必要ありませんので正直このモニターで十分すぎるほどです!

MEMO
応答速度とは…
モニターの色が変化するまでの時間のこと。低いと残像が残りやすくなる。
MEMO
リフレッシュレートとは…
1秒間に何回画面を切り替えられるかの値。低いとカクカクした映像になる。

2.白っぽい映りは設定変更で調整

出荷時の設定では全体的に白っぽく映ります。

とくに暗い画面が見にくく、プレイに支障を感じる方も多いかもしれません。

この白っぽい映りは設定変更で調整可能です!

「ゲームモード」にするだけでもかなり改善されます。

出荷時の設定。

置いてある木材、樽が黒い影のようになっており、かなり見にくいです…

ゲームモードに変更後。

木材や樽がはっきり表示され、劇的に見やすくなっているのがわかります!

モード以外にも設定項目が多く、見やすいようにカスタマイズできます。

【VP228HEで設定できる項目一覧】

Splendid映像設定モード 8モード
(シーン/標準/シアター/ゲーム/夜景/sRGB/読み取り/暗室)
明るさ 0~100
コンストラクト 0~100
彩度 0~100
カラー 3段階(冷たい/通常/暖かい)
+個別設定
肌の色合い 3段階
(赤みがかった色/自然/黄色っぽい色)
鮮明度 0~100

3.ブルーライトカット機能で目の疲れを軽減

VP228HEには目の負担を減らす、ブルーライト低減機能がついています。

長時間ゲームする人にオススメの機能です!

設定はレベル0~4の5段階です。

ブルーライトカットOFF(レベル0)の画面

ブルーライトカットON(レベル4)の画面

レベル4では色味が淡白になっていますが、ゲーム中に支障はありませんでした。

慣れれば違和感なくプレイできます!

4.FPS用の照準、タイマー表示が便利

VP228HEは「FPS用の照準」と「タイマー」を、画面に表示できます。

照準はFPS初心者に、タイマーはRTAを行う時に便利な機能です!

照準は4種類から選択。

中央に照準が表示されます。

エイムしやくなり、FPS初心者におすすめの機能です!

タイマー設定は5つ(30分~60分の10分刻み+90分)。表示位置を左上、左中央、左下から選択できます。

タイマーが表示されます。

RTAを行う時や「30分だけゲームしたい」時などに便利です!

まとめ

本記事では「1万円弱で応答性能1ms!コスパ抜群のゲーミングモニター」について書きました。

VP228HEは、

  • 1万円強で購入可能
  • コンシューマーゲームをするには問題のない性能
  • コンパクトで置き場所に困らない
  • 映りの白っぽさはあるが設定で軽減できる

など、コスパに優れたゲーミングモニターとなっています。

予算をかけずにゲーミングモニターを購入したい人におすすめの1台です!

PS4やSwitch用の安いモニターを探している方にはぜひおすすめしたい製品ですね!

また、こちらの記事で、他にも様々なおすすめのゲーミングモニターを紹介していますので、是非ご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です