MENU

シルバー

ゲームチュの中の人

ゲームとゲーミングデバイスが大好きな大学生です!

ガジェットと家電のレビューは、メインサイトの「マクリン」へどうぞ

愛をこめたレビュー記事の作成を心掛けています

レビューの依頼やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ!

おすすめのゲーミングPC

GALLERIAの「UL7C-R37」「UL7C-R36」が発売!スペックやデザインをレビュー

株式会社サードウェーブは、GALLERIAとインテルが共同開発した新型ゲーミングノートPCU Series」を2021年11月4日に発売しました。

発売したのはRTX3070を搭載した上位モデル「UL7C-R37」とRTX3060を搭載した下位モデル「UL7C-R36」。

Game&More」を開発のコンセプトとし、ゲームはもちろんそれ以外の用途でも使い倒せる、そんなモデルとなっています。

そこで本記事では「GALLERIAの『UL7C-R37』『UL7C-R36』が発売!スペックやデザインをレビュー」について書いていきます。

本モデルの特徴など詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください!

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細

GALLERIAのゲーミングノートPC「UL7C-R37」と「UL7C-R36」のスペックは?

UL7C-R37」と「UL7C-R36」のスペックを紹介していきます。

GALLERIA UL7C-R37

GALLERIA UL7C-R37のスペックは以下の通りです。

シリーズU SERIES
OSWindows 10
CPUCore i7-11800H
CPUグリス液体金属サーマルインターフェースマテリアル
GPURTX 3070
メモリ16GB
SSD1TB NVMe
サイズ15.6インチ(幅 356×奥行き 234×高さ 21.6mm)
本体重量約1.96㎏
ボディ素材マグネシウム合金
サウンドマザーボード 標準 オンボード HD サウンド
バッテリーリチウムイオンバッテリー(約 8.8 時間)
価格229,980円(税込)
GALLERIA UL7C-R37のスペック

CPUにはCore i7の11世代、GPUにはRTX 3070と、バランスのとれたスペックです。

サイズは15.6インチとちょうど良いサイズであり、本体重量も約2キロ程度なので、持ち運ぶ分にも問題はなさそうです。

これだけのスペックを積んでると、バッテリー駆動時間が気になるとこですが、約9時間ほどもってくれます!

GALLERIA UL7C-R36

GALLERIA UL7C-R36のスペックは以下の通りです。

シリーズU SERIES
OSWindows 10
CPUCore i7-11800H
CPUグリス液体金属サーマルインターフェースマテリアル
GPURTX 3060
メモリ16GB
SSD500GB NVMe
サイズ15.6インチ(幅 356×奥行き 234×高さ 21.6mm)
本体重量約1.96㎏
ボディ素材マグネシウム合金
サウンドマザーボード 標準 オンボード HD サウンド
バッテリーリチウムイオンバッテリー(約 9.6 時間)
価格189,979円(税込)
GALLERIA UL7C-R36のスペック

UL7C-R37とスペック的に大きく異なる点はグラフィックボード

UL7C-R37はGPUがRTX 3070だったのに対し、UL7C-R36ではRTX 3060になっています。

ゲームをがっつりやる方などはこの変更点は結構大きそうですね!

グラボの性能は少し落ちているものの、CPUに関してはUL7C-R37と同様Core i7の11世代を搭載しているので、ゲーマーの方でも満足のいくスペックではないでしょうか。

GALLERIA UL7C-R37とUL7C-R36の特徴を紹介

本モデルの特徴について詳しく紹介していきます。

スペックは全体的にバランスがとても取れている

GALLERIA UL7C-R37とUL7C-R36のスペックを見る限り、全体的にかなりバランスが取れているように感じました。

これは「多くの人にゲーミングノートPCを使っていただきたい」という思いがあるため、価格をできるだけ抑えながら最大限のパーツを搭載しています。

RTX 3080などを搭載すると、どうしても価格が高くなってしまいますが、コスパが良いRTX 3060・3070を搭載することで、性能バランスが良く手が出しやすい価格設定を実現しています。

ただスペックの高いゲーミングPCを販売するわけではなく「ユーザーの思いにもしっかりと答えている」という点が本モデルの特徴でもあるのではないでしょうか!

ゲーミングPCらしさを残しながらも落ち着いたデザイン

GALLERIAは近年、ゲーミングPC感が強いメカメカしいデザインというより、どのシーンでも使える比較的落ち着いたデザインになっているようで、本モデルも同様です。

落ち着いたデザインではありながら、本体正面とキーボード部分にはRGB LEDを搭載しているので、ゲーミングPCらしさもしっかりと残しています。

本体正面部分
キーボード

GALLERIAのゲーミングノートPCといえば、真っ黒で輝いているイメージがあったため、本モデルのデザインは良い意味で意外でした。

筆者的にはGALLERIAのノートパソコンの中でもトップクラスに好みなデザインです…!

240Hzの液晶パネル

本モデル「GALLERIA UL7C-R37/UL7C-R36」の一番の特徴といえば、やはり240Hzの液晶パネルではないでしょうか。

GALLERIAゲーミングノートPCの15.6インチモデルでは初の240Hz液晶パネルが搭載されています!

ノートPCのパネルは後から替えが効かないため、開発早期段階から妥協できないポイントとして進めていたそうです。

また、没入感を高める薄型狭額ベゼルを採用し、ゲーム画面により集中することができます。

ゲーマーの要望がぎっしり凝縮されていますね!

光学式キーボード

キーボードに関しても液晶パネルと同様後から替えが効かないため、メカニカルの光学式キーボードを採用しています。

メカニカルだと打鍵感がしっかりとあるので、ゲーム中の操作やタイピングもしやすいですね!

ちなみに、こちらのRGB LEDバックライトはカスタマイズが可能です。

そのため、出先では少し落ち着いた色合いにしたり、家では鮮やかに光らせたりなど場面によって使い分けることもできます。

マグネシウム合金ボディ

本モデルのボディ部分にはマグネシウム合金という、スマホや医療機器などさまざまな製品に使用される素材を採用しています。

アルミよりも堅く、かなり頑丈な素材であるため、簡単に本体が歪んだりすることなどもありません。

また、堅牢なだけでなく軽量さも兼ね備えているので、持ち運びにもとても適しています。

このマグネシウム合金を採用することで、高性能と2kg未満の軽量さを両立しているんです!

液体金属グリス

本モデルのCPUグリスには液体金属グリスが採用されています。

液体金属グリス

液体金属グリスを採用したことで、薄型形状を維持したまま、従来の製品よりも冷却性能が何倍も向上しているんです。

そのため、長時間のゲームプレイや動画編集などの場面であってもしっかりと熱を排出し、クールを保つことができます。

排熱が引き起こすパフォーマンスの低下を最大限にまで減少してくれるので、よりコンテンツに集中できますよ!

GALLERIA UL7C-R37とUL7C-R36はどんな方におすすめ?

本モデルはCPUにCore i7の11世代、GPUには3000シリーズを搭載し、性能のバランスはかなりとれています。

そのため、ハイパフォーマンスを求めるゲーマーの方やクリエイターの方など、幅広いユーザーの方々におすすめです。

UL7C-R36に関しては20万円を切る価格で購入でき、PCについての知識があまりない方や初めてゲーミングノートPCを購入する方などにもおすすめできます。

性能・デザイン性・軽量さを兼ね備えているため、どのシーンであっても本モデルは活躍してくれますよ!

まとめ

本記事は「GALLERIAの『UL7C-R37』『UL7C-R36』が発売!スペックやデザインをレビュー」について書きました。

GALLERIA UL7C-R37UL7C-R36

  • 動作性
  • 冷却性
  • 拡張性
  • 機動性
  • デザイン性

上記5つの点ですぐれたゲーミングノートPCです。

ゲーマーの方やクリエイターの方など幅広いユーザーに適し、どんな場面でも活躍してくれるモデルとなっています。

また、性能と価格のバランスがとても取れているので、初めてゲーミングノートPCを購入する方にも非常におすすめです。

動画でも紹介してますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です