【I-O DATA LCD-GCWQ341XDB レビュー】ゲーマーにもクリエイターにも最適なUWQHDゲーミングモニター

こんにちは!ゲーム大好きシルバー( @game_chu_s)です!

ゲーミングモニターは年々進化し、4Kといった高解像度の製品や280Hzの高リフレッシュモニターなども登場しています!

実際、PCゲームも高画質で楽しみたい!というユーザーも増えてきているのではないでしょうか。

でも、実は解像度が高いと、価格が高くなりすぎてしまったりというデメリットが生じます。

そこで、今回紹介する「LCD-GCWQ341XDB」は

  • 解像度:UWQHD(ウルトラワイドモニター・21:9)
  • 画面サイズ:34インチ
  • 価格:税込8万円台
  • ファイナルファンタジー14の公式推奨モニター

と、ゲーム性能・実用性・コスパを兼ね備えたモニターとなっています。

というわけで、本記事では「【I-O DATA LCD-GCWQ341XDB レビュー】ゲーマーにもクリエイターにも最適なUWQHDゲーミングモニター」のレビューをお届けします。

ご提供品
本記事は、メーカー様より製品を提供いただき作成しております。

LCD-GCWQ341XDBのスペック・外観

LCD-GCWQ341XDBのスペック・外観について紹介します!

スペック

LCD-GCWQ341XDBのスペックは以下のとおりです。

モデルLCD-GCWQ341XD
メーカーI-O DATA
解像度UWQHD
画面サイズ34インチ
リフレッシュレート75Hz
応答速度14ms
(オーバードライブレベル3設定時:2ms)
参考価格64,627円(Amazon)
スピーカー搭載(3.5W+3.5W:ステレオ)
接続端子DisplayPort 1.2、HDMI 2.0 x 2、USB Type-C
USB 3.1 Gen1、ヘッドフォンジャック、

また、以下の機能が搭載されています。

  • 暗いシーンも鮮明に映し出せる「Night Clear Vision」
  • メリハリのある鮮やかな映像「エンハンストカラー」
  • バックライトのちらつきをなくすアイケア機能「フリッカーレス」
  • 黄色味を抑えつつブルーライトを低減させる「ブルーリダクション2」
  • 映像を自動で判別・最適な明るさにする「CREX」
  • ダイナミック&高画質「DisplayHDR 400」

どの角度から見ても表示の偏りが少ないADSパネルを採用していますよ!

リフレッシュレートとは
モニターの画面が1秒間に何回更新されるかを示す指標。高いほど映像がなめらかに見える。(例)60fps(普通)<144fps(快適)<240fps(超快適)
応答速度とは
画面の色が切り替わる早さのこと。単位ms(ミリセカンド)は小さければ小さいほど切り替えが早いことを表す。FPS・バトロワ系ゲームなら5ms〜1ms推奨。

外観

LCD-GCWQ341XDBは、横幅が広い34インチウルトラワイドモニターです。

3辺ベゼルレスデザインで、2.9mmの極細フレームが採用されています。

背面上部の「Giga Crysta」ロゴはイルミネーションのように光ります。

デフォルトでも十分かっこいいですが、カスタマイズして自分好みの光り方に変えられますよ!

また、LCD-GCWQ341XDBはエルゴノミクス(角度や高さ調節)も充実しています。

たとえば、高さの可動域は110mmとかなりフレキシブルに動きます。

チルトの可動域は上向き20°から下向き-5°です。

台座もくるくる回り、可動域は左右130°です。

「VESA規格」に対応しているので、ディスプレイアームやスタンドに取り付けられます。

どんな設置環境でもマッチしますね!

モニターの電源を入れたり、OSDメニューを操作したりするときは画面の右下に手を差し込みます。

背面に以下のような突起があるので、目視しなくても操作できます。

インターフェースはさまざまな入出力に対応しており、使い勝手は良好です。

  • HDMI 2.0 x 2
  • DisplayPort 1.4
  • USB Type-C
  • USB 3.1 Gen 1
  • オーディオ端子

USB Type-CはPD充電にも対応しているのもポイントです!接続すれば20W電力を供給してくれるので、ケーブルがごちゃごちゃしなくて済みますね!

リモコンもボタン1つで様々な操作ができるように工夫されています。

たとえば、

  • 画面モードの切り替え
  • スルーモード設定
  • オーバードライブ機能のON/OFF
  • Night Clear Vision機能のON/OFF
  • エンハンストカラー機能のON/OFF
  • ブルーリダクション2機能のON/OFF など

に対応しています。

リモコンのほか以下のケーブルが付属しているので、購入してすぐに使用を始められる点も嬉しいですね!

  • DisplayPortケーブル
  • HDMIケーブル
  • USB Type-Cケーブル

LCD-GCWQ341XDBの使用感をレビュー

LCD-GCWQ341XDBの使用感をレビューしていきます!

使ってみて感じたことは、以下の3つです。

  1. RPGを楽しみたい方におすすめ
  2. クリエイターにもおすすめ
  3. FPS・バトロワ系はコンシューマーゲーム機向け

1つひとつ詳しく解説していきます。

1.RPGを楽しみたい方におすすめ

参考:LCD-GCWQ341XDB 商品紹介ページ

LCD-GCWQ341XDBは、スクウェア・エニックスのオンラインRPG「ファイナルファンタジーⅩⅣ」Windows版のプレイにおいて検収基準を満たし、動作確認を受けた公式推奨ゲーミングモニターです。

横幅の表示領域が広くなり今まで見えていなかった部分が見えるようになるので、バトルの臨場感が増します。

チャットウインドウ・メニューなどを広げていてもメイン画面が広く使えるので、快適なプレイにつながりますよ!

2.クリエイターにもおすすめ

作業スペースが広く確保できるので、動画編集やWeb制作などクリエイティブ用途としても活躍します。

LCD-GCWQ341XDBが優れているポイントをまとめると以下のとおりです。

  • 表示できる情報量はフルHDの2.4倍
  • 文字が小さく表示されないので見やすい(等倍表示)
  • 広視野角のADSパネルを採用し、偏りなく鮮明に映像を映し出せる
  • 高音質のステレオスピーカーを内蔵している

動画編集時にはタイムラインを長く表示できたり、ウインドウを何枚も開けたりするので実用性が高いですよ!

3.FPS・バトロワ系はコンシューマーゲーム機向け

LCD-GCWQ341XDBは、リフレッシュレート75Hz・応答速度14msとFPS・バトロワ系に特化した仕様にはなっていません。

とはいえ、遊べないということでは全くありません。

なぜなら、以下のような機能が搭載されているからです。

  • 「オーバードライブ」機能で残像感を低減&応答速度を最大2msまで引き上げられる
  • 「Night Clear Vision」機能で暗いところに隠れた敵も見つけやすい
  • 「エンハンストカラー」機能でくっきりとした鮮明な映像で遊べる
  • 「フリッカーレス」「ブルーリダクション2」とアイケアも充実
  • プレイステーションシリーズ・Nintendo Switch・Xboxシリーズの動作確認を受けている

FPS・バトロワ系ガチ勢にとっては物足りないかもしれませんが、PS4などのコンシューマーゲーム機で遊ぶ方にとっては十分すぎる性能を持っていますよ!

もちろんコンシューマーゲーム機は、ウルトラワイドの解像度には対応していませんので、あくまでメインはRPGやクリエイティブ用、サブでコンシューマーゲームのFPSなどのゲームで使うと言ったイメージですね….!

まとめ

本記事では「【I-O DATA LCD-GCWQ341XDB レビュー】ゲーマーにもクリエイターにも最適なUWQHDゲーミングモニター」について書きました。

LCD-GCWQ341XDBは、

  1. RPGを楽しみたい方におすすめ
  2. クリエイターにもおすすめ
  3. FPS・バトロワ系はコンシューマーゲーム機向け

と、ゲームだけでなくクリエイティブ用途にも向いたゲーミングモニターです!

ウルトラワイドモニターは臨場感も抜群ですよ!

ぜひ、購入を検討してみてください!

YouTube
動画でも紹介しています。

また、こちらの記事で他にもおすすめのゲーミングモニターを紹介していますので、合わせてぜひご覧ください!

どうもシルバー( @game_chu_s)でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です