おすすめのゲーミングPC

原神におすすめのゲーミングPCを紹介!必要なスペックや選び方も解説

キャラの可愛さ・グラフィックのきれいさが魅力なオープンワールドRPGゲーム「原神」。

スマホやPS4などでも遊べますが、やはり美しいグラフィックや快適な操作性を実現したいなら、ゲーミングPCがおすすめです。

とはいえ、実際どれくらいの性能が必要なのか悩む人も多いはず。

そこで本記事では、原神に必要なスペックから、おすすめのゲーミングPCまで徹底解説します。

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細

原神の必要・推奨スペック

原神の必要スペック推奨スペックを紹介します。

必要スペック

CPUIntel Core i5(第4世代以上)
GPUNVIDIA GeForce GTX 1030
メモリ8GB
ストレージ30GB以上の空き容量
原神の必要スペック

必要スペックとは「ゲームを最低限動かせる性能」のことを指しますが、上記の性能だとスペック不足です。

スマホと同等、もしくはそれ以下の性能ですね……

プレイできなくもありませんが、フレームレートがあまり出せずカクつきますし、原神の一番の魅力ともいえるキャラのグラフィックを最大限堪能できません

推奨スペック

CPUIntel Core i7(第4世代以上)
GPUNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
メモリ16GB
ストレージ30GB以上の空き容量
原神の推奨スペック

推奨スペックとは「公式が推奨している性能」のことです。

GPUは現代パーツでいうとGTX 1650くらいなので、設定を低めにすれば60fpsを出せるでしょう。

ただ、最高設定・60fpsを出すにはスペック不足なため、そういった場合はもう1ランク上のPCが必要となります。

上記をふまえ、次の項目では原神におすすめのゲーミングPCを紹介します。

原神におすすめのゲーミングデスクトップ・ノートPC5選

原神におすすめのゲーミングデスクトップ・ノートPCを5つ紹介します。

製品名特徴CPUGPUメモリストレージ価格

GALLERIA
RL5C-G50
60fpsで遊べる破格級に安いノートPCCore i5-11400HGTX 165016GBSSD 512GB NVMe122,980円

GALLERIA
UL7C-R36
外で快適に遊びたい人におすすめのノートPCCore i7-11800HRTX 306016GBSSD 500GB NVMe199,980円

G-Tune
TD-S
高画質で遊べるコスパ抜群のモデル
Core i5-12400F

RTX 3060Ti

16GB

SSD 512GB NVMe

173,800円

GALLERIA
XA7C-R37
4K&60fpsを狙いたい人におすすめCore i7-12700RTX 307016GBSSD 1TB NVMe259,980円

G-Tune
EP-Z
ひと味違うゲームプレイを体験できる最強の1台Core i9-12900KFRTX 308032GBSSD 512GB NVMe/HDD 4TB434,800円

GALLERIA RL5C-G50|60fpsで遊べる破格級に安いノートPC

製品名GALLERIA RL5C-G50
CPUCore i5-11400H
GPUGTX 1650
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB NVMe
バッテリー約5.3時間
質量約2.0㎏
ディスプレイ15.6インチ/120Hz フルHD
価格122,980円
GALLERIA RL5C-G50の特徴
  • 60fpsを安定して出せる
  • 将来的に120Hzに対応しても安心
  • 重量が軽いため外にも持ち運べる
  • マイクラ同梱により数千円値上げしている

GALLERIA UL7C-R36」は、最安値ながら原神を快適に遊べるゲーミングノートPCです。

スペックとしてはエントリークラスですが、原神では60fpsを安定して出せ、スペック不足の心配はありません。

また、液晶パネルが120Hzなので、今後フレームレートが60Hz以上に対応してもまだまだ戦えるのが魅力です。

コスパがいいので、スマホからPCに移行する人におすすめ!

GALLERIA UL7C-R36|外で快適に遊びたい人におすすめのノートPC

製品名GALLERIA UL7C-R36
CPUCore i7-11800H
GPURTX 3060
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB NVMe
バッテリー約9.6時間
質量約1.96㎏
ディスプレイ15.6インチ/240Hz フルHD
価格199,980円
GALLERIA UL7C-R36の特徴
  • バッテリー駆動時間がゲーミングノートの中でも長め
  • 2.0㎏を切っている
  • 240Hzディスプレイ搭載
  • 購入時のストレージ増設ができない

GALLERIA UL7C-R36」は、スペックバランスがとれたゲーミングノートPCです。

性能はミドルクラスにあたり、原神はもちろんFPSゲームも144fpsを出しながら快適に遊べます。

重量が2.0㎏以下と軽めで、かつバッテリー駆動時間が9.6時間と長いため、外出先でもがっつりプレイ可能

「原神以外のゲームもやりたい」「普段使いも考えている」という人に最適なモデルです。

G-Tune TD-S |高画質で遊べるコスパ抜群のモデル

製品名G-Tune TD-S
CPUCore i5-12400F
GPURTX 3060Ti
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB NVMe
価格173,800円
G-Tune TD-Sの特徴
  • 圧倒的にコスパが良い
  • 4Kで快適に遊べる
  • どんなゲームも万能にこなせる性能をほこる

G-Tune TD-S」は、同じグレード帯のなかでも圧倒的にコスパにすぐれたゲーミングPCです。

現在最も人気のあるグラボ「RTX 3060Ti」を搭載し、原神では4Kでサクサクプレイできます

これだけの性能があれば最新ゲームにも対応できますし、プレイ中にカクついたりする心配もありません。

いろいろなゲームをカジュアルに遊びたい人におすすめです!

マウスコンピューター

GALLERIA XA7C-R37|4K&60fpsを狙いたい人におすすめ

製品名GALLERIA XA7C-R37
CPUCore i7-12700
GPURTX 3070
メモリ16GB
ストレージSSD 1TB NVMe
価格259,980円
GALLERIA XA7C-R37の特徴
  • 人気が高いRTX 3070を搭載
  • 最新CPUを搭載
  • FPSゲームも240fpsで遊べる

GALLERIA XA7C-R37」は、ドスパラPCのなかでもトップクラスに人気のゲーミングPCです。

その理由は、ゲーム適性が高い「RTX 3070」を搭載し、原神では一番理想といえる4K&60fpsを出せるから。

グラフィックのきれいさが劇的に変わりますよ!

さまざまなゲームを高リフレッシュレート環境で余裕もって遊べるので、本格的なゲーマーにもおすすめです。

G-Tune EP-Z|ひと味違うゲームプレイを体験できる最強の1台

製品名G-Tune EP-Z
CPUCore i9-12900KF
GPURTX 3080
メモリ32GB
ストレージSSD 512GB NVMe/HDD 4TB
価格434,800円
G-Tune EP-Zの特徴
  • 怖いものしらずの最強スペック
  • 負荷が高いゲームを高リフレッシュレート・高画質で快適に遊べる
  • ゲーム配信や動画編集なんかも余裕
  • 原神しか遊ばないならかなりオーバースペック

G-Tune EP-Z」は、モンスター級の性能をほこるハイスペックゲーミングPCです。

原神はもちろん、ELDEN RINGなど重めのRPGも4K・高設定環境でサクサク遊べ、今後新しいゲームが出てきても余裕で対応できます。

また、メモリ32GBにくわえ、HDD4TBと構成が充実しているので、ゲーム配信や動画編集などにも最適です。

原神しか遊ばないならかなりのオーバースペックですが、さまざまな用途を考えている人にはぴったりの1台です。

マウスコンピューター

原神のゲーミングPCに関するよくある質問

原神のゲーミングPCに関するよくある質問について回答します。

自作でPCを組むのはあり?

結論からいうと、パソコン上級者ならありです。

最近は徐々にグラボ高騰が落ち着いてきているので、自作したほうがBTOメーカーで買うよりも少しだけ安くなる可能性があります。

ただ、自作で組む場合はそれなりの知識が要りますし、パーツ選定・組み立ての時間も必要です。

そのため

  • すぐに原神を始めたい
  • ゲーミングPCの知識があまりない
  • 保証やサポート面が心配

という人は、自作ではなくBTOメーカーで買うのをおすすめします。

安いゲーミングPCのおすすめはどれ?

できるだけ安く済ませたい人におすすめのゲーミングPCが、ドスパラから販売されている「Magnate MH」です。

CPUCore i5-12400
GPUGTX 1650
メモリ16GB
SSD500GB
価格114,980円
Magnate MHの特徴
  • 11万円を切った最安値モデル
  • CPUは最新の12世代を搭載
  • 原神で60fpsを安定できる

11万円台と、ゲーミングデスクトップのなかでもかなり低価格

また、CPUが最新の12世代でOSもWindows 11を標準で搭載し、安価ながら抜かりない構成です。

原神では60fpsを安定できるので「スマホやゲーム機から乗り換えで、まずは安いPCから始めたい」という人におすすめです。

グラボなしのノートPCで原神はプレイできる?重い?

グラボ無しの一般的なノートパソコンではプレイできません。

どれだけ解像度・設定を下げてもカクカクして重いですし、途中で処理落ちする可能性があります。

したがって、ノートパソコンで原神を遊びたいならゲーミングノートを買うべきです。

推奨スペックであるCore i7(第4世代)・GTX 1060(現代だとGTX 1650くらい)を基準に選びましょう。

本記事で紹介しているゲーミングノートPCはどれも推奨スペックを満たしていますよ!

ノートパソコンだと熱暴走が起きる?

一般的なノートパソコンだと、スペック不足により熱暴走が起きる可能性が高いです。

とはいえ、原神の推奨スペックをしっかり満たしたゲーミングノートであれば、長時間プレイしても熱暴走の心配はありません。

ただし、部屋が暑かったり排気口にほこりが溜まっていたりすると、ゲーミングノートでも熱暴走が起きる可能性はあるので注意しましょう。

部屋を涼しくしたり、エアダスターで掃除したりなどの対策は必要ですね!

PC版「原神」のダウンロード・インストール方法は?

原神のダウンロード・インストール方法は、Epicgamesと公式サイトの2つがあります。

Steam、Orignなどのプラットフォームでは配信していません

くわしい方法は、こちらの記事で解説しているので参考ください。

原神のゲーミングPCまとめ

本記事では原神のゲーミングPCに注目し

について徹底解説しました。

解像度は4Kが良いのか、フレームレートは60fpsを安定させたいのかなど、プレイしたい環境に最適なモデルを選びましょう。

最安値モデルからハイエンドモデルまで幅広く紹介したので、予算と相談し、自分に合ったゲーミングPCを見つけてください。

なお当サイトでは、ほかにもおすすめのゲーミングPCを紹介しているので、あわせてチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。