おすすめのゲーミングPC

ELDEN RING(エルデンリング)におすすめのゲーミングPCを4つ紹介!推奨スペックや選び方も解説

ELDEN RING(エルデンリング)は、「ダークソウル」や「SEKIRO」シリーズを手掛ける、フロム・ソフトウェアの最新作です。

TwitchやYouTube Liveで多くのストリーマーが配信しているのを見て「自分でもプレイしたい!」と思った人も多いはず。

そこで本記事では、エルデンリングにおすすめのゲーミングPCを4つ紹介します。

グラフィックを楽しむなら高スペックのPCが必要!

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細

ELDEN RING(エルデンリング)PC版の推奨スペックと選び方

エルデンリング公式から発表されている必要・推奨スペックは以下のとおりです。

必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 10Windows 11/10
CPUIntel Core i5-8400
AMD RYZEN 3 3300X
Intel Core i7-8700K
AMD RYZEN 5 3600X
メモリ12GB RAM16GB RAM
グラボGeForce GTX 1060 3GB
Radeon RX 580 4GB
GeForce GTX 1070 8GB
Radeon RX Vega 56 8GB
https://www.eldenring.jp/operatingenvironment.html より引用

公式に記載されてるパーツはもう売っていないので分かりにくい…!

そこで、以下の3つの視点から推奨スペックを紹介します。

必要環境(60fps)

エルデンリングをフルHDかつ60fpsで動かすには以下のスペックが必要です。

必要環境(60fps)
OSWindows 10/11
CPUIntel Core i5-12400
AMD Ryzen 5 5600X
メモリ16GB RAM
グラボGeForce RTX 3060
Radeon RX 6600

CPUは、ミドルクラスのCore i5-11400Ryzen 5 5600Xが価格・性能面でおすすめです。

メモリは16GBあれば充分で、もしTwitchやYouTube Liveで配信したいなら、余裕を持って32GBを推奨します。

通常ならメモリ16GBでOK!

グラボには、エルデンリング以外にも幅広く使えるミドルスペックのRTX 3060RX 6600がおすすめ。

快適動作(144fps)

敵の動きを回避したり、より迫力のある映像を体感するなら144fpsがおすすめ。

快適環境(144fps)
OSWindows 10/11
CPUIntel Core i7-12700
AMD Ryzen 7 5800X
メモリ16GB RAM
グラボGeForce RTX 3070
Radeon RX 6700

CPUはCore i5やRyzen 7でも充分な性能がありますが、余裕があればCore i7やRyzen 7も視野に入れましょう。

フレームレートを上げるにはグラボを強化する必要があるので、グレードの高いRTX 3070RX 6700の2つが選択肢となります。

RTX 3070はとくに、ドライバーの更新でエルデンリングに最適化されているので、性能を充分に発揮できます。

快適動作(4K・60fps)

エルデンリングの世界観を余すことなく堪能するなら、4Kでのプレイをおすすめします。

快適環境(4K・60fps)
OSWindows 10/11
CPUIntel Core i7-12700
AMD Ryzen 7 5800X
メモリ16GB RAM
グラボGeForce RTX 3080

4Kでプレイする際はグラボの性能がとても要求されます。

RTX 3080は、4Kで快適プレイすることに耐えうる高い性能を持っているので、エルデンリングの4Kプレイに最適です。

グラフィックデータを保存しておく「VRAM」は、10GBもしくは12GBと大容量で、処理性能はトップクラス。

エルデンリングの高い要求スペックに対して申し分ないスペック

エルデンリングにおすすめのゲーミングPC

ここからは、エルデンリングのおすすめゲーミングPCを4つ紹介します。

製品名特徴CPUGPUメモリストレージ価格
GALLERIA
XA7C-R36
初めてのゲーミングPCに最適な安いモデルCore i7-12700 RTX 306016GB1TB NVMe219,980円
G-Tune
EP-A-6700XT
フルHDでサクサク動かせる、エルデンリング推奨PCRyzen 7 5800X RX 6700 XT32GB1TB NVMe + 4TB HDD279,800円
G-Tune
HP-Z
4K最高画質でエルデンリングを堪能できるCore i9-12900K RTX 3080 Ti32GB1TB NVMe + 4TB HDD509,800円
GALLERIA
UL7C-R37
ノートPCでプレイしたい人向けの高スペックモデルCore i7-11800HRTX 307016GB1TB NVMe269,980円
エルデンリングにおすすめのゲーミングPC

初めてのゲーミングPCに最適な安いモデル | GALLERIA XA7C-R36

GALLERIA XA7C-R36
OSWindows 11
CPUCore i7-12700
グラフィックボードRTX 3060
メモリ16GB DDR4
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
価格219,980円(税込)
GALLERIA XA7C-R36の特徴
  • フルHDでエルデンリングをプレイしたい人に最適
  • サポートまで安心のガレリアブランド
  • 筐体でスマートに設置可能

GALLERIA XA7C-R36」は、ゲーミングPCが初めての人におすすめ。

エルデンリングをフルHDで60fps出せる性能で、その他の人気タイトルも快適に遊べるスペックといえます。

SSDはデータを格納しておくストレージのことで、1TBの大容量なのでゲームをたくさんインストールできます。

また、24時間365日サポートが受けられるのでPC初心者も安心!

筐体は220(幅)× 440(奥行き)× 480(高さ)mmと、ゲーミングPCのなかでは平均的なサイズ。

僕も実際同じぐらいのサイズのケースを使用していますが、机の下にすっぽりと収まるので邪魔になりません。

したがって、自室が狭い人や置き場が少ない人でも安心して購入できます。

フルHDでサクサク動かせる推奨PC | G-Tune EP-A-6700XT

G-Tune EP-A-6700XT
OSWindows 10
CPURyzen 7 5800X
グラフィックボードRX 6700 XT
メモリ32GB DDR4
SSDNVMe 1TB
HDD4TB
価格279,800円(税込)
G-Tune EP-A-6700XTの特徴
  • G-Tuneのエルデンリング推奨PC
  • ゲームからクリエイティブ作業までこなすハイパワーモデル
  • 洗練されたケースデザインでカスタマイズも楽しめる

G-Tune EP-A-6700XT」は、G-Tuneから販売されているエルデンリング推奨PCです。

CPUにはRyzen 7、グラボにはRX 6700 XTと申し分ないスペックです。

このPCはメモリが32GBと多めで、配信や実況動画を撮影したい人におすすめ。

大容量のストレージを搭載しているので録画先にも困りません。

自分でも配信したい!」と思ったらこの機種がおすすめ

4K最高画質でエルデンリングを堪能できる | G-Tune HP-Z

G-Tune HP-Z
OSWindows 11
CPUCore i9-12900K
グラフィックボードRTX 3080 Ti
メモリ32GB DDR4
SSDNVMe 1TB
HDD4TB
価格509,800円(税込)
G-Tune HP-Zの特徴
  • 最高峰のスペックがエルデンリングを4Kでプレイを実現
  • すべてのパーツに妥協なし
  • 価格が高いことだけがネック

G-Tune HP-Z」は4Kでエルデンリングをプレイできる最高峰のゲーミングPCです。

とくにグラボのRTX 3080 Tiはトップクラスの性能を持ち、4K最高画質でサクサクプレイができます。

価格が高いことがネックですが、スペックが高い分、長く使えるのがうれしいポイント。

作業用もかねるなら投資効果は抜群!

分割払いにすれば、月々の負担を減らしつつ、ゲームやパソコン作業を快適に進められます。

PC自体の性能が高いので、ゲーム以外にも日常的にPCをたくさん使う人にもおすすめ。

マウスコンピューター

ノートPCでプレイしたい人向けの高スペックモデル | GALLERIA UL7C-R37

GALLERIA UL7C-R37
OSWindows 11
CPUCore i7-11800H
グラフィックボードRTX 3070
メモリ16GB DDR4
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
重量1.96kg
価格269,980円(税込)
GALLERIA UL7C-R37の特徴
  • RTX 3070搭載のハイパワー
  • ノートPCながらフルHD、240Hzディスプレイ搭載でなめらかな映像
  • 重さは2kgを切っていて持ち運びOK

GALLERIA UL7C-R37」はエルデンリングも動かせるハイエンドノートPCです。

ノートPC向けのRTX 3070が搭載され、エルデンリングが60fpsで動くハイパワーモデルです。

ディスプレイは240Hz駆動で、通常の4倍なめらかな映像が楽しめる!

重さは1.96kgゲーミングPCのなかでは軽く、持ち運びも可能。

356(幅)× 234(奥行き)× 21.6(高さ最薄部)mmとそこまで大きくないので、自室以外や出張先でもゲームを楽しみたい人に最適です。

エルデンリングのゲーミングPCを選ぶ際によくある質問

エルデンリングをオンラインプレイしたり、ゲーミングPCを選ぶ際によくある質問を4つまとめました。

PS4 / PS5とPC版どちらがおすすめ? 違いはある?

PS5版は、PC版と比べてグラフィックが劣るので、せっかくの世界観を最大限楽しむならPC版がおすすめ。

PC版はMODを利用できる可能性があります!

MODとはファンが制作した追加データのことで、キャラの見た目を変えたり、全く新しいワールドで遊べる大規模なものまであります。

ダークソウルシリーズやSEKIROではこれまで、PC版でのみMODを入れて遊ぶことができていました。

それをふまえると、今後エルデンリングもPC版ならMODが入れられる可能性があります。

クロスプレイに対応している?

エルデンリングは、クロスプレイ非対応です。

オンラインのマルチプレイはPS4 / 5同士、Xbox Series X / S同士、PC同士だけ対応しています。

もし友達と一緒にやりたいと考えているなら、ハードウェアを統一することをおすすめします。

PC(Steam)版もコントローラーでプレイできる?

エルデンリングは、PC版もコントローラーでプレイできます。

コントローラーはXbox ワイヤレスコントローラーが推奨され、設定は「メインメニュー → システム → コントローラー設定」からできます。

マウス・キーボードに慣れていない人はワイヤレスコントローラーがおすすめ!

ゲーミングPCが高くて買えない場合は?

ゲーミングPCがどうしても高くて買えない場合、PS5でも充分に楽しむことができます。

ただし、上記で解説したとおり、MODを入れたり、PC版の人とマルチプレイはできないので注意しましょう。

PC版は高いスペックを要求されるので、PCを無理に買うのではなく、自分の財布事情にあったハードでプレイすることをおすすめします。

エルデンリングにおすすめのゲーミングPCまとめ

本記事では「ELDEN RING PC版の推奨スペックと選び方」ということで、以下の3つについて解説しました。

自分に合ったPCを選ぶことで、エルデンリングやほかのPCゲームも快適に遊ぶことができます。

当サイトではおすすめのゲーミングPCを総合的に解説しているので「もっと知りたい!」という人は以下のページも参考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。