おすすめのゲーミングPC

CoD:MW2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCを紹介

現代戦を舞台に繰り広げるマルチプレイのFPSゲーム「Call of Duty: Modern Warfare II(CoD:MW2)」。

配信やイベントが開催され、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

快適に遊べるPCの推奨スペックも気になる!

そこで本記事では、4つのポイントでCoD:MW2におすすめのゲーミングPCについて解説します。

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細

CoD:MW2の推奨スペック

CoD:MW2のPC推奨スペックは、公式から発表されています。

ただ「RECOMMENDED」「COMPETITIVE」など、抽象的な表現になっているので、より分かりやすいように具体的なフレームレート別で解説します。

144fpsに必要なスペック

  • CPU:Core i5
  • グラボ:RTX 3060Ti
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:200GB以上の空き

CoD:MW2を144fpsで動かすには、ミドルスペックのゲーミングPCが必要です。

FPSゲームのなかでは平均的な要求スペックなので、上記の性能があれば他のゲームも快適に動くでしょう。

240fpsに必要なスペック

  • CPU:Core i7
  • グラボ:RTX 3070
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:200GB以上の空き

144fpsと比べると一段上の性能が必要です。

144fpsと240fpsのどちらも、大容量のストレージ(200GB以上)と16GB以上のRAMが求められるので注意が必要。

あわせて240Hzのゲーミングモニターが必要です。

本気でプレイするなら240fpsがおすすめ!

CoD:MW2におすすめのゲーミングPC4選

本項目では、CoD:MW2におすすめのゲーミングPCを用途別に4つ紹介します。

機種名特徴CPUGPUメモリストレージ価格
GALLERIA RM5C-R36Tの筐体
GALLERIA RM5C-R36T
コスパが高く初めてのゲーミングPCに最適Core i5-12400 GeForce RTX 3060 Ti 16GB NVMe SSD 500GB 164,980円

G-Tune XM-A
大容量SSDとハイエンドグラボで安心Ryzen 7 5700X GeForce RTX 3070 32GB NVMe SSD 1TB 229,900円
G-Tune EP-Aの筐体
G-Tune HP-Z
4K世界観を存分に楽しむ最高級PCCore i7-13700KF GeForce RTX 4080 32GB NVMe SSD 1TB
HDD 4TB
479,800円

GALLERIA UL7C-R36
ゲーミングノートPCで遊びたい人にCore i7-11800HGeForce RTX 3060 6GB16GBNVMe SSD 500GB204,980円
CoD:MW2におすすめのゲーミングPC

【144fps】コスパが高く初めてのゲーミングPCに最適 | GALLERIA RM5C-R36T

GALLERIA RM5C-R36Tの筐体
CPUCore i5-12400
GPUGeForce RTX 3060 Ti
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 500GB
価格164,980円
GALLERIA RM5C-R36Tスペック

144fpsで遊びたい人には「GALLERIA RM5C-R36T」がおすすめ。

すべてのスペックが144fpsに対応していて安心です。

なかでもRTX 3060 Tiはかなり高性能で、高画質設定で遊べます。

ドスパラの当日出荷サービスに対応し、買ってすぐに届くのも嬉しいポイント。

140件以上のレビューで星4.5なので安心!

【240fps】大容量SSDとハイエンドグラボで安心 | G-Tune XM-A

CPURyzen 7 5700X
GPUGeForce RTX 3070
メモリ32GB
ストレージNVMe SSD 1TB
価格229,900円
G-Tune XM-Aスペック

CoD:MW2だけでなく、さまざまなゲームを遊びたい人にぴったりなのが「G-Tune XM-A」。

グラフィック性能が高いRTX 3070を搭載し、G-SYNC対応モニターと接続すれば、低遅延かつ乱れの少ない映像でプレイできます。

ストレージは1TBなので、他のゲームもたくさん遊びたいヘビーゲーマーにもおすすめ。

低遅延240fpsプレイができるのが魅力!

マウスコンピューター

4K世界観を存分に楽しむ最高級PC | G-Tune HP-Z

G-Tune EP-Aの筐体

CPUCore i7 13700KF
GPUGeForce RTX 4080
メモリ32GB
ストレージNVMe SSD 1TB
HDD 4TB
価格479,800円
G-Tune HP-Zスペック

CoD:MW2の世界観を4K最高設定で楽しめるのが「G-Tune HP-Z」です。

グラボにはトップクラスの性能を持つRTX 4080を搭載しています。

「高画質でストーリーも楽しみたい!」という人に最適。

グラボで配信する機能も快適に使えるので、Twitchなどでプレイ動画を配信したい人にもおすすめです。

マウスコンピューター

ゲーミングノートPCで遊びたい人に | GALLERIA UL7C-R36

CPUCore i7-11800H
GPUGeForce RTX 3060
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 500GB
価格204,980円
GALLERIA XL7R-R36スペック

「デスクトップPCは大きすぎる」という人におすすめなのがゲーミングノートPC

ドスパラならゲーミングノートの販売に力を入れ、コスパよく購入できます。

なかでもゲームや動画編集に対応できる高性能モデルが「GALLERIA UL7C-R36」。

240Hzモニターと高性能なパーツを組み合わせつつ、20万円程度の手にとりやすい価格を実現してます。

設定を下げれば144fps以上狙えるスペックでこれは安い!

CoD:MW2の特徴とPCで遊ぶメリット

CoD:MW2は、PCだけでなくPlayStationとXboxでも販売されています。

そのなかで、PC版の特徴と選ぶメリットを3つ紹介します。

高いフレームレートでプレイできる

PC版では、フレームレートに制限がないので、高フレームレートを維持してプレイできます。

各ハードの最大フレームレート
  • PS4:60fps
  • PS5、Xbox:120fps
  • PC:無制限

PS5とXboxは最大が120fpsで、爆発などの重い描写があった際にはフレームレートが落ち、カクついてしまいます。

重要なシーンで重くなってしまう可能性を考えると、PC版のほうが快適。

低遅延でPCとつながる「FreeSync」「G-SYNC」に対応しているゲーミングモニターなら、さらに快適かつ有利にプレイできます。

高フレームレートのほうが画面酔いしづらいメリットも!

パッド・マウスのどちらも選べる

PC版では、パッド・マウスの両方が選べます。

他のハードでもマウスは使えますが「Razer Synapse」や「Logicool G HUB」などの制御ソフトが使えないので、最大限の性能が発揮できません。

PCでパッドを使うプロゲーマーも多数います。

またゲーミングマウスは、コンシューマ機で動作をサポートしていないことがほとんどなので、マウス派の人はPC版がおすすめ。

パッドをPCで使う場合も、性能の低下や困ることはとくになし!

高グラフィックで楽しめる

PC版ではグラボの性能が足りていれば、より高グラフィックでプレイできる利点があります。

コンシューマ機では、フレームレートが安定するようにグラフィック設定に制限がかかっています。

映画のような世界観を堪能したいなら、高グラフィックで遊べるPCがおすすめです。

ストーリーは高グラフィックで遊びたいという人はPCを選ぼう!

CoD:MW2についてよくある質問

本項目では、CoD:MW2でよくある質問を解説します。

CoD:MW2のハード展開とおすすめは?

CoD:MW2は、5つのハードで展開されています。

  1. PC
  2. PlayStation 4
  3. PlayStation 5
  4. Xbox One
  5. Xbox Series X/S

PC版は「フレームレートの制限がない」「快適にVCを利用できる」などのメリットがあります。

迷ったときはPC版!

PC版を買って、PS4やPS5の人とクロスプレイできる?

CoD:MW2は、PC版をふくむ全てのハードでクロスプレイ可能です。

キーマウとパッドのプレイヤーが同じサーバーでプレイしますが、パッドはエイムアシストがついているので、公平なプレイができます。

PC版のなかでも、販売元がBattle.netとSteamの2つありますが、どちらも接続するサーバーは変わりません。

容量が大きいけど、どれくらいのストレージが必要?

CoD:MW2は、150GB程度の空き容量が必要です。

実際にPS5ではダウンロード容量が150GB要求されるほか、Steamでも125GB利用可能なことが動作条件として掲載されています。

SSDは容量が少なくなると遅くなるので、空き容量が200GBあると安心でしょう。

HDDはロードが遅いので注意…!

重いときにおすすめの設定は?

CoD:MW2の動作が重いときは、5つの設定を確認しましょう。

グラフィック→ディスプレイ
  • ダイナミック解像度:オフ
  • V-SYNC(ゲームプレイ):オフ

ダイナミック解像度は、負荷に応じて解像度が変化する機能なので、急に重くなったり軽くなったりする場合はここがオンになっているかもしれません。

ディスプレイ→品質
  • レンダリング解像度:100%(重い場合は75%ぐらいまで落としてもOK)
  • テクスチャー解像度:低
  • テクスチャ品質:低
  • モザイク:オフ

レンダリング解像度を下げると、画像は少し荒くなりますが軽量化が見込めます。

敵の輪郭がはっきりするので、あえてレンダリング解像度を下げている人もいます。

見た目よりも動作を重視するなら試してみて!

CoD:MW2の必要スペックとおすすめゲーミングPCまとめ

本記事では、以下4つのポイントでCoD:MW2のゲーミングPCについて解説しました。

最新ゲームでストーリーも楽しめるので、高画質で楽しめるゲーミングPCを検討してみてください。

当サイトでは他にもおすすめのゲーミングPCを紹介しているので、あわせて参考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です