おすすめのゲーミングPC

ARKのマルチサーバーの立て方・手順をわかりやすく解説

恐竜がいる大自然な環境でサバイバル生活が送れるゲーム「ARK: Survival Evolved(アーク)」。

マルチプレイでは、協力して拠点を開拓したりテイムした恐竜を共有できるので、効率よく楽しめます。

とはいえ、マルチプレイがしたいけどサーバーとか難しそうでよくわからないという人も多いはず。

そこで本記事では、ARKでマルチプレイをする方法・サーバーの立て方について徹底解説します。

この記事の監修者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。ガジェット・家電のレビューサイト「マクリン」を運営しています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細

ARKでマルチプレイをする方法

ARKでマルチプレイをする方法を紹介します。

公式サーバーを利用する

公式サーバーの特徴
  • もっとも手軽にマルチプレイができる
  • 24時間稼働している
  • バグが少なめ
  • 他のプレイヤーもいるので、自分の拠点が荒らされる可能性がある

もっとも手軽なのが、ARKから提供されている公式サーバーを利用する方法です。

公式サーバーは24時間動いているので、いつでも好きな時間にプレイできます。

ただし、他のプレイヤーもいるため、対人戦が起きたり拠点が荒らされたりする可能性も否定できません。

一番ラクに遊べる方法ではあるものの、初心者にはかなり厳しい環境です。

公式サーバーは、まったりプレイしたい場合に不向き……

個人サーバーを立てる

個人サーバーの特徴
  • サーバー自体の費用がかからない
  • 設定をより自由にいじれる
  • 構築が少し難しい
  • 長時間遊ぶなら電気代が気になる

PCやゲーム機などをサーバーとして利用できるのが個人サーバーです。

費用がかからないものの、構築するのが少し難しく、ソフトウェアの導入などが必要となります。

また、ARKのサーバーは負荷が大きいため、かなりの高スペックPCじゃないと、そもそも起動し続けるのが困難といえます。

さまざまな面でのハードルは高いですが、以下の条件に合う人にはコスパ良く自由に設定できるため、おすすめの方法です。

  • 最低限のPC知識がある
  • 高スペックなPCを持っている
  • 無料でまったり遊びたい

レンタルサーバーを利用する

レンタルサーバーの特徴
  • 誰かがサーバーを開き続ける必要がない
  • 初心者でも簡単に構築できる
  • ラグもなくストレスフリー
  • 月に数千円の費用がかかる

もっとも安全で快適に遊べるのが、レンタルサーバーを借りる方法です。

PCへの負荷もかかりませんし、誰かがサーバーを開かなくても24時間自由に遊べます

構築する際も手順に沿って行うだけなので、初心者でもかなり簡単に利用可能

大人数で快適にマルチプレイがしたいなら、レンタルサーバーを強くおすすめします。

その中でもConoHa VPSであれば、ARKやRustマイクラといった人気ゲームの「テンプレート」を用意しています。

必要項目をポチポチ選んでいくだけで、サーバーの立ち上げが可能です。

月に数千円程度のコストがかかるものの、費用以上にメリットが多い!

レンタルサーバーを利用してARKのマルチサーバーを立てる方法

レンタルサーバー「ConoHa VPS」を利用して、マルチサーバーを立てる方法を解説します。

ConoHa VPSのアカウントを作成する

ConoHa VPS」にアクセスし、「今すぐお申し込み」をクリックします。

ConoHa VPSを初めて利用する人は、まずアカウントを作成しましょう。

アカウントをすでに持っている人はログインし、プラン選択画面まで進んでください。

アカウントを作成すると本人確認が求められるので、先に電話番号を入力して認証を行います。

SMS認証か電話認証のどちらかを選択し、送信されたコードを入力しましょう。

お支払い方法を登録する

お支払方法を以下の中から選択しましょう。

残金不足などでサーバーの稼働が停止する恐れがないクレジットカードが基本おすすめです。

学生でクレカを持っていない場合などは、コンビニ決済や銀行決済ができるConoHaチャージを利用しましょう。

プランを選択する

お申込み画面から、VPS割引きっぷの有無とプランを選択します。

VPS割引きっぷとは「有効期間分の料金を前払いすれば、通常の割引価格で利用できるサービス」です。

期間が長いほど割引率が高いため、3ヶ月以上のサーバー契約を考えているなら、利用するとかなりお得になります。

また、ARKは512MB〜2GBのプランには対応していないので、4GB以上のプランを選択しましょう。

少人数なら4GB、大人数なら8GBプランがおすすめです。

サーバーの設定をする

アプリケーションタブから「ARK: Survival Evolved」のテンプレートを選択してください。

注意
「ARK: Survival Evolved」を選択しないとARK用のサーバーになりません。

つづいて、rootパスワードとネームタグを設定します。

rootパスワードはサーバーにログインする際に必要となるため、必ずメモしておきましょう

ネームタグはサーバーの名前になるので、分かりやすい名前で大丈夫です。

入力ができたら、画面右側にある「追加」をクリックし、お申し込みを完了しましょう。

そうすると、自動的にサーバーの構築が開始されるので少し待機します。

サーバーのステータスが「起動中」になっていれば構築は完了です。

IPアドレスを確認する

サーバーリストのネームタグをクリックすると、ネットワーク情報が表示されます。

その画面にある「IPアドレス」を確認し、メモしておきましょう(サーバーに接続する際必要になります)。

サーバー接続用のパスワードを確認する

サーバー詳細画面から「コンソール」をクリックします。

コマンドを入力する画面が出てくるので「login:」の後に「root」を入力し、Enterを押します。

「Password:」の後に、申し込み時に設定したrootパスワードを入力しましょう。

たくさん文章が表示されますが、下のほうにサーバーIPアドレスARKのログインパワードがあるので探しましょう。

IPアドレスが先ほどConoHa VPSの管理画面で確認したものと同じかどうかチェックしてください。

ARKのログインパスワードは、サーバー接続時に必要となるので必ずメモしておきましょう

CHECK NOW

ARKを起動してサーバーに接続する方法

契約したレンタルサーバーに接続する手順を解説します。

Steamにサーバーを追加する

Steamを起動し、画面左上部にある「表示」から「サーバー」をクリックします。

サーバーリストが表示されるので「お気に入り」タブを選択し、右下の「サーバーを追加」をクリックします。

IPアドレスの入力を求められるので、先ほど確認したIPアドレスを入力し「このアドレスをお気に入りに追加」をクリックします。

サーバーリストにARKのサーバーが表示されていれば追加完了です。

サーバーに接続する

サーバーリストから先ほど追加したサーバーを選択し、右下の「接続」をクリックします。

ここでエラーメッセージが表示される場合がありますが、その際はSteamまたはPCごと再起動を行い、もう一度接続してみましょう。

パスワードを入力してゲームを起動する

パスワードの入力が求められるので、先ほどコンソールで確認したログインパスワード(サーバー接続用のパスワード)を入力します。

しばらく待ち、ARKが自動的に起動したらサーバーへの接続は完了なので、キャラクターを作成してゲームを始めましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3c3d4404ca5a21ec51511f810bda96bb-1024x542.jpg

フレンドを呼ぶ場合は「IPアドレス」と「ログインパスワード(サーバー接続用のパスワード)」を教えて、Steamからサーバーを登録し、参加してもらってください。

CHECK NOW

ARKのサーバーに関するよくある質問

ARKのサーバーに関するよくある質問に回答します。

専用サーバーと非専用サーバーの違いは?

専用サーバーと非専用サーバーの大きな違いは「自由度・快適さ」「知らないプレイヤーがいるかどうか」です。

公式サーバーは自分でサーバーを立てる必要がなく、かなり手軽に遊べるのが最大のメリット。

しかし、設定の変更やMODの導入が不可能で、テイムできる動物の数や建築場所などかなり制限されてしまいます。

知らないプレイヤーもいるから対人戦が起きたり拠点が荒らされる可能性も……

一方、非公式サーバーは設定の変更・MODの導入が可能ですし、制限も無かったりとあらゆる面での自由度が高いです。

知らないプレイヤーもいないため、フレンドとまったり快適なマルチプレイができます。

PS4やスマホなどでサーバーは立てられる?

PS4とスマホ、両機種で立てることができます。

PS4の場合はPS1台をサーバー専用機としてサーバーを作成し、そこにプレイヤーが参加するという形です。

ちなみに、PS4とPS5同士でも遊べますよ!

スマホ(モバイル版)の場合は「Nitrado」というアプリでサーバーを契約すればプレイ可能。

マルチなら料金がかかりますが、ソロなら無料で遊べます。

無料のレンタルサーバーはどう?

無料でも利用できるレンタルサーバーというと「ScalaCube」があげられます。

費用コストはかからないものの、無料版だとソロ専用でマルチプレイができません

また、サーバーは起動してから2時間で閉じてしまうので、長時間がっつり遊びたい場合は不向きでしょう。

ソロでサクッと遊ぶ程度であれば利用しても良いかもしれません。

Hamachi(ハマチ)でサーバーを立てるのはおすすめ?

Hamachiとは、物理的に離れた距離にあるPC同士を、あたかも同じLANでつながっているかのようにしてくれるサービスです。

面倒なポート開放作業をしなくてもマルチサーバーが立てられる!

しかし、サーバーに接続するPC同士の信頼性がないと、ウイルスを入れられてしまう可能性があります。

そのため、セキュリティ面などの関係上、おすすめはできません。

CHECK NOW

ARKのサーバーの立て方まとめ

本記事ではARKのサーバーに注目し

について徹底解説しました。

安全で快適にフレンドとマルチプレイがしたいなら、レンタルサーバーの利用がおすすめです。

本記事をぜひ参考にし、自分に合った方法でARKのマルチプレイを楽しんでみてください。

CHECK NOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。