マクリン限定ANKERスペシャルクーポン

【ドスパラGALLERIA GCR1650GFレビュー】中程度の3Dゲームもできる10万円以下の15.6型ゲーミングノートPC

マクリン
本記事では、Dosparaドスパラで一番人気のゲーミングノートPC「GALLERIA GCR1650GF」をレビューしました。FF14など中程度の3Dゲームも快適にできるスペックながら、10万円以下から購入できるコスパ最高の製品ですよ!

ゲーミングノートPCは、マルチに使えて高性能ですが、価格はその分高くなりがち。

中程度以上の3Dゲームを快適にこなせるモデルだと、20万円以上するものも少なくありません。
 

ヨメ

私みたいなライトユーザー向けの安いゲーミングノートないのかな?
 
10万円以下から買えて、3Dゲームもほど良くプレイできるゲーミングノートがあるよ!

マクリン

 
格安価格におさえつつ、ミドルレンジまでカバーするゲーミングノートPCが、ドスパラの「GALLERIA GCR1650GF」です。

GALLERIA GCR1650GFは、Core i5-9300HにGeForce RTX 1650のGPUを搭載するにもかかわらず、価格は10万円以下からとコスパ最高のノートPCに仕上がっています。

マクリン
FF14はもちろん、オーバーウォッチ・リーグオブレジェンド(LoL)・フォートナイトも快適に遊べますよ!

そんなわけで「【ドスパラGALLERIA GCR1650GFレビュー】中程度の3Dゲームもできる10万円以下の15.6型ゲーミングノートPC」について書いていきます。

MEMO
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFのスペック

ドスパラの「GALLERIA GCR1650GF」は、15.6型のゲーミングノートPCです。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFは15.6型のゲーミングノートPC
 
本体スペックは以下のとおり。

モバイルは左スライドで全表示

製品名ドスパラ「GALLERIA GCR1650GF
CPUCore i5-9300H(2.40-4.10GHz)
GPUNVIDIA GeForce GTX1650
液晶15.6インチ(非光沢)
解像度フルHD(1920 x 1080)
メモリ16GB
ストレージ512GB(PCIe SSD)
生体認証なし
端子USB-A x 3(USB3.1 x 2/USB2.0 x 1)/USB-C x 1(USB3.1) /HDMI/Mini DisplayPort x 2
バッテリー6.5時間
質量約2.03kg

 

外観

本体カラーはマットなブラックで、すっきりした外観をしています。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFの外観
 
ギラギラしたデザインの多いゲーミングノートPCの中でもひときわシンプル。


 
ヒンジ部は150°まで開く仕様です。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFのヒンジは150°まで開く仕様
 

サイズ・重量

GALLERIA GCR1650GFのサイズは幅360 x 奥行245mmとなっています。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFのサイズは幅360 x 奥行245mm
 
MacBook Pro(13インチ)と比べるとひと回り大きいものの、屋内の持ち運びは余裕です。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFとMacBook Proのサイズ比較
 
このサイズで2つのファンを搭載するとなると、それなりの分厚さ(26.4mm)になってきます。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFの厚み
 
重量は約2kgですが、しっかりしたGPUを搭載するゲーミングノートPCとしては軽いほうです。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFの重量は約2kg
 
付属のACアダプターも約573gと、ゲーミングにしてはスリムかつ軽量設計(バッテリー駆動は6.5時間)。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFのアダプター重量は約573g
 

液晶ディスプレイ

GALLERIA GCR1650GFのディスプレイは1920 x 1080ドットのフルHD液晶で、必要にして充分な解像度を備えています。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFの液晶ディスプレイは1920 x 1080ドットのフルHD

マクリン
ノングレア(非光沢)液晶なので、映り込みがないのがいいですね!
 
視野角も広く、角度をつけても鮮明に見ることができます。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFのディスプレイの視野角は広い

マクリン
高リフレッシュレートではありませんが、ゲームをする分には不満のない液晶ですよ!
 
ディスプレイの上枠には、HD Webカメラが付いています。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFのHD Webカメラ
 
背面にデュアルスピーカーを搭載しています。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFはデュアルスピーカー搭載

音質は平均レベルといったところです。
 

キーボード

GALLERIA GCR1650GFのキーボードは、「む」が一段高く「ろ」が一段低いものの、それ以外で配列にクセはなく打ちやすいです。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFのキーボード

キーストロークはやや浅いものの、操作性に問題はありませんでした。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFのキーピッチ
キーピッチは19mm
ドスパラGALLERIA GCR1650GFのキーストローク
キーストロークは1.3mm

キーボードにはゲーミングらしくカラフルなLEDライトを搭載し、暗所でも作業しやすく見た目にも楽しいです。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFはカラフルなLEDライト搭載

MEMO
明るさは4段階で変更することができます。発光パターンや色は「Gaming Center」アプリから調整可能です。
 
タッチパッドの横幅は約10.5cmと小型ですが、クリック感・操作性ともに問題ありません。


ドスパラGALLERIA GCR1650GFのタッチパッド
 

インターフェース

GALLERIA GCR1650GFのインターフェースは、ひととおり揃っています。

右側面にはSDカードリーダーとUSB-A x 2(USB 3.1)、左側面にはLANポートとUSB-A(USB 2.0)、マイクロフォン&ヘッドフォンジャックが付いています。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFの右側面インターフェース
ドスパラGALLERIA GCR1650GFの左側面インターフェース

背面中央部にもあり、Mini DisplayPort x 2とHDMI、USB-C(USB 3.1)と電源ジャックを備えています。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFの背面中央部インターフェース

マクリン
これだけあれば、ポート不足で困ることはありませんね!

ドスパラGALLERIA GCR1650GFのSSD・CPU性能・ゲームベンチマーク

GALLERIA GCR1650GFのストレージは、読み書きの速いSSD(PCIe)を採用しています。

HDDとSSDのちがい

  • HDD(Hard Disc Drive) ディスク型の記録デバイス
  • SSD(Solid State Drive) フラッシュメモリ(USBメモリの中身)の大型版

ベンチマークソフト「Crystal Disc Mark」で、ストレージの読み込み/書き込み速度を測定したところ、その特性が活かされ、かなり速い値を示していました。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFのSSD読み込み・書き込み速度
 
CPUには第9世代のCore i5-9300H プロセッサー、GPUはGeForce GTX 1650を内蔵し、中程度の重さのゲームまでなら快適にプレイできる性能を有しています。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFCPUにCore i5-9300H プロセッサー、GPUにGeForce GTX 1650搭載
 
総合的なベンチマークソフト「PCMark 10」の結果は4,500超えと、なかなか良いスコアでした。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFCPUのPCMark 10スコア
 
CINEBENCH R20のスコアも2,000に迫る値を示していました。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFCPUのCINEBENCH R20スコア
 
最後にゲームのベンチマークスコアを確認しました。

重い3Dゲーム「ファイナルファンタジー15」の通常品質で「やや快適」、高品質で「普通」という評価。エントリークラスとしてはがんばっているほうかと。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFCPUのFF15のスコア

中程度の「ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズ」では、最高品質でも「非常に快適」でした。

ドスパラGALLERIA GCR1650GFCPUのFF14漆黒のヴィランズのスコア

マクリン
オーバーウォッチ・LoL・フォートナイトも余裕で遊べますよ!

Sponsored Links

 

ドスパラGALLERIA GCR1650GFレビューまとめ

本記事は「【ドスパラGALLERIA GCR1650GFレビュー】中程度の3Dゲームもできる10万円以下の15.6型ゲーミングノートPC」について書きました。

GALLERIA GCR1650GFは、Core i5-9300H プロセッサーにGeForce GTX 1650、さらに512GBのSSD(PCIe)搭載にもかかわらず、10万円以下から購入できるコスパ最高のノートPCです。

エントリークラスながら中程度の3Dゲームまでカバーする、なかなか優秀なゲーミングノートに仕上がっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【ドスパラGALLERIA GCR2070RGF-QC-Gレビュー】デザイン性とゲーム性能を備えるインテル共同開発の最軽量ゲーミングノートPC 【レノボLegion Y740(15)レビュー】重い3Dゲームもこなす高コスパの15.6型ゲーミングノートPC 【マウスm-Book W890レビュー】動画編集から軽い3Dゲームまでこなす17.3インチのノートPC 【2019年】コスパの高いおすすめのゲーミングノートパソコン【3Dゲームもできる】 【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン12選! 【タイプ別】おすすめの人気ノートパソコン19選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ