記事を探す方は全カテゴリーへ

【2018年最新】扇風機の選び方とおすすめ商品|DCモーター・首振り・羽根・バッテリー内蔵

 
どうも、エアコンより扇風機の自然風が大好きな、マクリン( @Maku_ring)です。

夏場に欠かせない生活家電といえば扇風機

我が家では東芝の名機「SIENT+」を愛用していました。

 
クソ重いのが難点でしたが、DCモーターならではの超微風が心地よく、大満足していました。
 

マクリン

ところがその台座の重さがアダとなり、持ち運ぶときに首がバキッと折れちゃいまして……。
 
そんなわけで現在、新しい扇風機を買わねばならない状況に置かれています。

ひとえに扇風機といっても、各社さまざまな特徴をこらした製品を出しています。

本記事では、扇風機を選ぶ上でどのようなポイントをおさえるべきか、僕なりに気を付けていること&おすすめ商品を紹介します。
 

【2018年最新】サーキュレーターの選び方とおすすめ商品│DCモーター・首振り・タイマー

【2018年】生活を便利にする最新IoT家電&ガジェットおすすめ7選!

【2018年比較】コスパにすぐれた最新の空気清浄機おすすめ5選【5万円以下】

扇風機を選ぶ4つのポイントとは?

扇風機を選ぶときに妻から訊かれたのがこんな質問。
 

ヨメ

ねえねえ、扇風機ってどれも同じに見えるんだけど、どうやって選べばいいの?
 
モーターの力で羽根を回して風を送る。仕組みが同じだけに、外観はどれも似ています。

扇風機選びは、中身がよく分からない人からしたら難しいのです。
 

マクリン

でも大丈夫。おさえるべきポイントは4つだけ
扇風機を選ぶポイント
  1. モーターの種類 DCモーターのモデルがおすすめ
  2. 首振り機能 上下左右に大きく動くモデルがおすすめ
  3. 羽根枚数 羽根の枚数が多いほうが、心地よい風でおすすめ
  4. バッテリー内蔵 バッテリー内蔵なら室内移動も容易
それではこの4つのポイントをもう少し詳しく見ていきます。
 

1. DCモーターの扇風機を選ぶべし

ヨメ

そもそもDCモーターってなに?

DCモーターとはモーターの種類(駆動方式)のことで、DCは「Direct Current」の略称です。

Direct(直接) Current(電流)は、日本語だと「直流」。電気の流れ方をあらわしています。

もうひとつ、モーターの種類としてACモーターがあります。

こちらは「Alternating Current」の略で「交流」のことです。

つまり、まとめるとこういうこと。

モーターの種類

  • DCモーター Direct Current Motor(直流モーター)
  • ACモーター Alternating Current Motor(交流モーター)

 
僕はDCモーターの扇風機をおすすめしますが、その理由は両者の特性の違いからです。

以下はDCモーターとACモーターの、時間に対する電圧・電流の変化です。

DCモーターとACモーターの違い

DCモーターが時間経過にともなう電流・電圧値が一定なのに対し、ACモーターはプラスマイナスを繰り返す波状に変化していきます。

電流・電圧値が直線的に変動するDCモーターのほうが、波状のACモーターよりも細かな速度調整が可能となっています。

平たく書くと「ACモーターが弱・中・強という、ざっくりした調節しかできない。一方DCモーターは、任意の位置でとめられる無段階調節もできちゃう」ということです。

また、電流・電圧が波状変化でないDCモーターは、振動が少なく静か。値の変動が少ないため、消費電力も小さく省エネ。
 

ヨメ

へぇ〜、DCモーターいいトコだらけじゃん! デメリットないの?
 
ACモーターにくらべてコストがかかるから、DCモーターの扇風機は高いんだよね。

マクリン

 
言い換えるとデメリットは「値段が高い」それだけです。

それ以外はメリットだらけのDCモーター扇風機。迷わずこちらを選びましょう。
 

DCモーター扇風機のメリット

  • 「超微風」から「強風」まで細かな速度調節が可能
  • 消費電力が小さく電気代が安い
  • 振動が少なくて静か

 

Sponsored Links

 

2. 首振り機能が充実した扇風機を選ぶべし

できるだけ広い空間に涼しい風を送り出すにあたって、首振り機能は重要。

左右にくわえ、上下にも自動首振り機能をそなえている扇風機が望ましいです。

上下の自動首振りまで対応しているモデルとなると、まだそれほど多くありませんが、置く場所を選ばない点でおすすめ。

また、首振り角度も重要。少なくとも左右の首振り90度以上だと、かなり使いやすいです。
 

Sponsored Links

 

3. 羽根の枚数が多い扇風機を選ぶべし

一般的な扇風機の羽根枚数は5枚。

この枚数が増えるほど、ムラが少なく、心地よい風を送り出せるようになっていきます。

それはなぜか?

例えば羽根が少ない場合、一回転あたりに受ける風の回数も少なくなり、それらの間隔は空いていくことになります。

つまり、断続的な風が送り出される傾向が強く、ヒトはそれをムラのある風として受け取ります。

羽根の枚数が増えていくと、一回転あたりに受ける風の回数も増え、連続的な風に変わっていきます。
 

マクリン

自然な風に近づくため、心地よいと感じるんですね。
 
グラフで簡単に表すとこういうイメージ。

扇風機の羽根枚数が多い時・少ない時
 

ヨメ

それじゃあ、羽根の枚数は多いければ多いほどいいってこと?
 
そのとおりなんだけど、あまり増やすと消費電力も大きくなるから、各社工夫してるんだよ。

マクリン

 
羽根枚数を7枚や9枚におさえながら、羽根の形状を波立たせたり、突起を付けたり、あるいは二重構造にしたりと、独自の特徴を持たせています。

中には羽根の枚数を3枚にまで落としつつ、1枚の羽根に複数の羽根形状を入れることで、カバーしているモデルもあります。

風の柔らかさ・到達距離は、羽根の構造で大きく変わります。

実は各社が最も力を入れて開発している部分でもあるのです。
 

Sponsored Links

 

4. バッテリー内蔵の扇風機を選ぶべし

洗面所・寝室・台所など、扇風機を一時的に移動させる機会は案外多いです。

そんなとき、コンセントの抜き差しをいちいち行うのは面倒くさいもの。

そこでおすすめするのが、バッテリー内蔵タイプの扇風機です。

コンセントを差さずとも、本体のバッテリーで駆動できる内蔵タイプは、電源のない場所でも使用できるため大変便利。
 

マクリン

扇風機の室内移動が多い家庭でも重宝しますよね!
 
ただし、バッテリーがあまり長時間持たないモデルだと、かえって利便性を損なってしまいます。

実用性を考慮すると、連続使用時間が少なくとも10時間以上のモデルをおすすめします。
 

2018年最新のおすすめ扇風機

前章までの内容をまとめると、扇風機を選ぶ上で大事なポイントは以下のとおりです。

扇風機を選ぶポイント
  1. DCモーターのモデル
  2. 上下左右の首振り機能
  3. 羽根枚数は7枚以上かつ独自形状
  4. バッテリー内蔵型で持続時間10時間以上

進化の早い扇風機ですので、検討時点での最新モデルを購入されることをおすすめします。

そんなわけで最新モデルの中から、これらの条件をなるべく満たす扇風機を集めました。

 

マクリン

それがこちらの4製品!
 

ヨメ

え〜、4つ出されても、どれを選んだらいいのか分かんない。
ですよね……。

マクリン

ということで、これら4製品の主なスペックを並べました。
 
モバイルは左スライドで全表示

製品名The Green Fan
EGF-1600
コードレスファン
PJ-H2DBG
リビング扇
F-CR339
カモメファン
FKLT-201D
メーカーバルミューダシャープパナソニックドウシシャ
モーターDCDCDCDC
自動首振り上下は手動
左右150度
上下100度
左右90度
上下20度
左右90度
上下100度
左右90度
羽根枚数14枚3枚7枚7枚
羽根形状二重構造ハイブリッド
ネイチャーウィング
流線型カモメの羽
消費電力20W12W22W10W
風量切替4段階8段階8段階無段階(ALL)
バッテリー20時間
※ 別売り
14時間なしなし
質量4.1kg3.2kg6.0kg2.0kg

 
上にあげた4条件をほぼ全て満足している製品は、シャープの「PJ-H2DBG」のみ。

羽根が3枚という点は「ハイブリッド・ネイチャーウィング」という独自形状を採用し、1枚の羽根に3つの形状を盛り込むことでカバーしています。実質9枚相当の心地よい風を実現。

また、パナソニック「F-CR339」とドウシシャ「カモメファン FKLT-201D」はバッテリー内蔵ではないため、その点ご注意ください。

MEMO
バルミューダ「The Green Fan EGF-1600」は、別売りのバッテリー&ドック「EGF-P100」を購入することで、コードレスでも使用できます。
 

ヨメ

結局どういう人にどの扇風機がおすすめなの?
 
ズバリこんな感じやね!

マクリン

こんな人におすすめ

 
優先したい機能から選ぶとこうなります。
 

優先したい機能

 
扇風機は、一度買えば意外と長い付き合いになるものです。

自身のライフスタイルに合わせ、最適の1台を見つけましょう。
 

 

「2018年最新のおすすめ扇風機」まとめ

本記事は「【2018年最新】扇風機の選び方とおすすめ商品|DCモーター・首振り・羽根・バッテリー内蔵」について書きました。

風量が細かく調整できてDCモーターなのは、もはや当たり前になりつつあります。

その上で各社がしのぎを削って、さらなる工夫を盛り込み、独自の進化を続けているのが扇風機の世界です。

本記事で紹介した扇風機はいずれもおすすめ。

省エネ・軽量性・デザイン・首振り角度など、どれを優先するのか好みと照らし合わせ、ベストパートナーを見つけてください。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【2018年最新】サーキュレーターの選び方とおすすめ商品│DCモーター・首振り・タイマー

【2018年】生活を便利にする最新IoT家電&ガジェットおすすめ7選!

【2018年比較】コスパにすぐれた最新の空気清浄機おすすめ5選【5万円以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です