おすすめのガジェット

【EarFun Free Proレビュー】6千円以下でANCを搭載する価格破壊の完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンの中でもノイキャン付きを愛用しているマクリン( @Maku_ring)です。

近頃のワイヤレスイヤホンは、ノイキャン以外にもワイヤレス充電・専用アプリ・同時接続など、独自機能が増えてますが、そうなると気になるのが価格

マクリン
2〜3万円はザラにしちゃうんですよね……。

高価なイヤホンほど高機能・高音質の傾向であるため、こればかりは致し方ないところ。

ただ、中には値段をそこそこにおさえ、かつ機能も犠牲になっていないイヤホンメーカーも存在します。

そんなメーカーの1つであるEarFunの価格破壊モデルが「EarFun Free Pro」です。

EarFun Free Proの外箱

6,000円以下で買えるにも関わらず「Earfun Free」にアクティブノイズキャンセリング低遅延モードが加わった上位モデルとなっています。

また、ワイヤレス充電にまで対応し、この価格帯としては信じられないほど機能性に富んでいます。

そんなわけで本記事は「【EarFun Free Proレビュー】6千円以下でANCを搭載する価格破壊の完全ワイヤレスイヤホン」について書きます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。プロフィール詳細

EarFun Free Proの概要

EarFun Free Pro完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

EarFun Free ProはIPX5の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。
 
ケースに安っぽさはなく、マットでメタリックな雰囲気ですが、天面がピアノブラック塗装で指紋はやや付きやすいです。

EarFun Free Proのケース
 
表面にロゴが付いている部分はタッチセンサーになっており、指で触れるだけで操作できます。


 
イヤーウイングも付き、激しい運動でも耳から落ちづらくなっています。


 
イヤホン単体で約9g、ケースふくめて約41gと、重量は軽めです。

EarFun Free Proのイヤホン重量は約9g
EarFun Free Proのケース重量は約41g

ケースのサイズは約66 x 25 x 31mmと細長い形状で、幅が驚くほど細いのでポケットに入れての持ち運びも余裕。

EarFun Free Proのケースサイズは約66 x 25 x 31mm
 
付属品はシリコン製イヤーチップ(S/M/L)とイヤーフック(S/M/L)、USB-C to Aケーブルです。

EarFun Free Proの付属品

EarFun Free Proのレビュー

EarFun Free Proの特徴を紹介します。

バッテリーはそこそこ優秀かつワイヤレス充電対応

EarFun Free Proのバッテリーは、イヤホン単体で最大7時間、ケースふくめて最大32時間使用できます。

EarFun Free Proはイヤホン単体で最大7時間、ケースふくめて最大32時間使用可能
 
背面には充電用のUSBタイプC(USB-C)をそなえ、たった10分の充電で2時間再生できるクイック充電にも対応しています。

EarFun Free ProはUSB-C充電に対応
 
おまけにワイヤレス充電もカバーし、ワイヤレス充電器との組み合わせで置くだけ充電が可能です。

EarFun Free Proはワイヤレス充電対応

マクリン
充電面も抜かりなし!

アクティブノイズキャンセリングは普通

EarFun Free Proの大きな特徴の1つが、格安ながらアクティブノイズキャンセリング(ANC)を搭載していることです。

EarFun Free Proはアクティブノイズキャンセリング搭載

最大28dbのノイズ低減が可能であり、同社「EarFun Air Pro」に比べると控えめ(38db)。

業界最高レベルのノイキャン性能をうたうイヤホンで約40dBなので、周囲音を遮断しゃだんできるわけではありませんが、通勤や通学中の耳障りな音は軽減できます。

あまりに周りの音が聞こえないと危険な場合もありますが、電車のアナウンスなどは多少聞こえるので安心です。

外部音取り込み機能も付いているので、会話・アナウンスシーンなど、声を拾いたい場面では切り替えられるようになっています。

MEMO
左イヤホンの3回タップでモード切替(ANC/ノーマル/外音取り込み)に対応しています。

低音域が強めなクリアサウンド志向

EarFun Free Proは耳へのフィット感にすぐれ、前述のイヤーウィングでグリップ性も高いです。

EarFun Free Proの装着感

低遅延モードを搭載しているので、ゲームのプレイ中や動画を見ているときに音ズレが少なくなり、ストレスを軽減できます。

表面のタッチセンサーは感度が高く、ほぼ確実に意図した操作ができます。

ボタン操作一覧
  • 右1回押す 音量アップ
  • 右3回押す 曲送り(次の曲)
  • 左1回押す 音量ダウン
  • 左3回押す モード切替(ANC/ノーマル/外音取り込み)
  • 右2秒押す 音声アシスタント(Siri・Google)
  • 左2秒押す 低遅延モード
  • (右/左)2回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • (右/左)3回押す 通話切替
  • (右/左)2秒押す 着信拒否

音量調整ふくめて操作できるのはありがたいですが、曲戻しがないのと操作がやや複雑な点は注意が必要です。

EarFun Free Proは、他社にはなかなか無い「低遅延モード」を備えています。

ゲーム・動画再生時の音ズレを極力回避でき、アプリゲーム全盛でこの機能はかなり利便性が高いといえます。

音質は、低音が強く表現されたほど良いドンシャリ系です。

ドライバーは6.1mmのダイナミックドライバーを採用し、力強い低音と伸びやかな高音が特徴。

ビートの強いROCK & POPSをよく聴く人は、迫力を感じられるのでおすすめです。

中音域のメロディーはやや弱いものの、高音域はくぐもることなく伸びやかでクリアなので、6千円という価格からすると、かなりよく出来たイヤホンに仕上がっています。

音質コーデックはSBCとAACのみでaptXには対応していませんが、Androidスマホで動画を観ても遅延はほぼ感じませんでした。

ただ、EarFun Air Proに付いている自動停止機能は付いていません。

マクリン
音楽を手軽に楽しみつつ、高機能なイヤホンを使いたい人にぴったりですよ!
EarFun Free Proの評価
高音域
(4.0)
中音域
(3.0)
低音域
(4.0)
ノイズキャンセリング
(3.0)
総合評価
(3.5)

Sponsored Links

 

EarFun Free Proレビューまとめ

本記事は「【EarFun Free Proレビュー】6千円以下でANCを搭載する価格破壊の完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

EarFun Free Proは、6,000円以下で買えるイヤホンながら、ワイヤレス充電・ANC・低遅延モード搭載と、機能満載のワイヤレスイヤホンです。

EarFun Free Proの特徴

  • 6,000円以下で買える
  • ANCと外音取り込み機能搭載
  • 低遅延モード搭載
  • イヤホン単体で最大7時間
  • ワイヤレス充電可能

aptX非対応・自動停止機能無しなど、価格なりの機能差はあるものの、それさえ除けばかなり良くまとまっています。

機能性の高いワイヤレスイヤホンを手頃に使いたい方には、一度試して欲しいイヤホンです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【EarFun Air Proレビュー】上位機種に劣らぬノイキャン性能をもつ完全ワイヤレスイヤホン 【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】1万円以下でノイキャンと左右同時伝送をそなえる破格の完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH094】 【MPOW X3 ANCレビュー】ノイキャン&10mmドライバー搭載で1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン 【AVIOT TE-D01mレビュー】ロングバッテリーとノイキャン・aptX Adaptive搭載で1万円台前半の完全ワイヤレスイヤホン 【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめBEST8 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です