マクリンのおすすめガジェット

【2019年】メインで使えるおすすめのコードレス掃除機【人気7モデル比較】

 

どうも、掃除大好きマクリン( @Maku_ring)です。
 

マクリン
そろそろメインで使えるスティック掃除機が欲しくなりまして……。
 
家電量販店で各モデルを物色して回り、メインで使えるコードレススティック掃除機を選びました。

そんなわけで本記事は「【2019年】メインで使えるおすすめのコードレス掃除機【人気7モデル比較】」について書いていきます。
 

メインで使えるおすすめのコードレス掃除機7選

我が家では、手軽に使えるコードレス掃除機、ダイソン「V8 Fluffy」が大事な相棒です。

ひと昔前のコードレス掃除機は、コード付きに比べて吸引力が弱い&バッテリーが貧弱で、どうしてもサブ扱いでした。

ところが最新モデルはスペックが大きく改善し、コード付きと遜色ない掃除性能を実現しています。

それでは数あるコードレス掃除機から、メインでも使えるおすすめの7台を紹介いたします。
 

1. ダイソン V11 Fluffy

最初はダイソンの「V11 Fluffy」から。


この市場を形作ったと言っても過言ではない、代名詞的ブランドです。
 

マクリン
ところが不満だったのは、ゴミ捨ての大変さ吸引力の物足りなさ……。

これら2点ふくめ、大きく改善してきたのが「V11 Fluffy」なのです。

まずは吸引力

ダイソンのモーターはV8 Fluffy搭載の「ダイソンデジタルモーターV8」、次モデルV10 Fluffy搭載の「ダイソンデジタルモーターV10」、それから最新モデルV11 Fluffyでは「ダイソンデジタルモーターV11」と進化をとげています。

 

マクリン
それにともない、V10の吸引力はV8の約20%アップ、V11はV10からさらに25%もアップしてるんですよ!

V11 Fluffyは、ゴミも格段に捨てやすくなっています。

V8 Fluffyは、上部の赤レバーを上に引くと底フタがパカッと開き、中のゴミがバサッと落ちる仕様でした。

ダイソンV8 Fluffyは、上部の赤レバーを上に引くと底フタがパカッと開き、中のゴミがバサッと落ちる仕様
 

V11 Fluffyは、クリアビンが直角から水平に変わり、ゴミ捨てがより簡便になったのです。

ゴミ箱の中に先端を入れ、レバーをそのまま押し下げると底フタがパカッと開き、ゴミがバサッと落ちるようになっています。

また、ゴミ箱の奥深くまでクリアビンを入れられるようになったおかげで、ゴミの舞い上がり・飛び散りを防止することができます。
 

マクリン
ワンアクションでゴミ捨て完了!
 
また駆動時間も大きく伸ばし、約60分まで使えるようになりました。

おかげで隅から隅まで掃除しても、バッテリーが無くなるようなことはありません。

V11 Fluffyのバッテリー残量は、手元のティスプレイ部で秒単位で確認できるようになっています。

V11 Fluffyのバッテリー残量はディスプレイで秒単位で確認できる

マクリン
残量だけじゃなく、メンテナンス情報も確認できるから便利ですよ!

先端ノズルの中でも秀逸なのが、他社では取り入れていないソフトローラーヘッド

ダイソンV11 Fluffyのソフトローラーヘッド

床にピタッと貼り付きながら、微細なゴミから大きなゴミまで逃がすことがありません。

しかも当たりはソフトなので、フローリングが傷つくリスクも低いです。

他にはコンビネーションノズル・すき間ノズル・ミニモーターヘッド・ミニソフトブラシが付いています。

(上)コンビネーションノズル(右下)すき間ノズル

マクリン
ミニモーターヘッドはソファやカーペット、マットレスのカビ吸い込みに最適ですよ!


 

充電用ブラケットは壁掛け固定が基本で、壁にネジ留めして固定する仕組みになっています。

 

賃貸マンションなど壁に穴を開けられないご家庭では、山崎実業の「クリーナースタンド」をおすすめします。

 
ただし欠点が2つあります。

ひとつは握り続けないと動かないトリガー式スイッチであること。

もうひとつは、重量2.72kgとやや重いことです。
 

マクリン
とはいえ、それを補って余りある優等生ですよ!
ダイソン「V11 Fluffy
連続運転時間約60分
充電時間約3.5時間
本体サイズW250 x H246 x D1257
重量2.72kg

V8・V10 Fluffyとの比較レビューはこちら

【ダイソンV11 Fluffy】どう進化した? V8・V10との違いを徹底比較【口コミ・評価】

 

2. 日立 PV-BFH900

地味ながら堅実なモノ作りで知られるメーカー、日立の「パワーブーストサイクロンPV-BFH900」です。


 

ヨメ
日立もコードレス掃除機作ってるの?
 
そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、これがなかなか魅力的で、全てにおいて完成度の高いモデルなのです。

ダイソンと同じく、ゴミの捨てやすさが抜群。

ダストボックス前部にある「ごみ捨てボタン」を押すだけでフタが開き、圧縮ゴミがコロッと出る仕組みになっています。

日立公式サイト」より引用

 

高品質なモーターづくりに定評のある日立。

その実力が「パワーブーストサイクロンPV-BFH900」でも遺憾いかんなく発揮されています。

日立公式サイト」より引用

小型ながら効率良く回るファンモーターに、独自の集塵(しゅうじん)技術「パワーブーストサイクロン」を組み合わせ、高い吸引力を実現しているのです。

先端には独自開発の「パワフルスマートヘッド」を採用。

ヘッドを押すと、前方のフラップが開いて大きいごみをしっかり吸い込み、引くと後方のローラーで細かいごみを巻き取れるようになっています。

日立公式サイト」より引用

 

またヘッドにはLEDライトが付いており、ゴミを照らしながら吸い込むことができます。

日立公式サイト」より引用

 

パワーブーストサイクロンPV-BFH900最大の魅力が付属ツールの充実度です。

日立公式サイト」より引用

他にはない「ほうきブラシ」を筆頭に、立体掃除が可能なスマートホースやマルチすき間ブラシ、布団・マットレス掃除もできるミニパワーヘッドなど、汎用性の高いツールを数多く揃えています。
 

マクリン
ちなみにスイッチは『強』『標準』『切』の3つを備えたボタン式で使いやすいですよ。
 
使い方に合わせて充電スタイルを選べるのも、高実用のポイントです。




 

マクリン
後発品だけあり、弱点を徹底的につぶし、使い勝手・性能をかなり高いレベルまで引き上げた1台ですよ。
日立「パワーブーストサイクロンPV-BFH900
連続運転時間約40分
充電時間約3.5時間
本体サイズW308 x H255 x D1012
重量2.1kg

 

3. パナソニック iT

三洋の技術もうまく取り込んでいるハイブリッドメーカー、パナソニックのiTシリーズ「MC-PBU520J」です。

スリムボディが特徴的なモデルで、シリーズ名の「iT」はその形状が由来となっています。

通常時は「T字型」、すき間を掃除したいときは、ヘッドをひねるだけで横幅5cmの「I字型」に変形できるのです。

「くるっとパワーノズル」

マクリン
こりゃ便利!

すなわちヘッドの交換なしに狭い場所を掃除することができるのです。

MC-PBU520Jは、この「くるっとパワーノズル」とはじめ、手間なく掃除する機能が盛り込まれたモデルとなっています。

その機能のひとつが「ハウスダスト発見センサー」。

手持ちグリップの操作ボタン上部にあるこちらのセンサーは、20μmレベル以上のハウスダスト検知で赤く点滅します。

ハウスダストが除去されるとランプは消灯するので、その箇所がきれいになったか、しっかり確認しながら掃除できます。

「ハウスダスト発見センサー」

 
もうひとつの機能が「ガバとりノズル」。

壁面にノズルが当たると前部が大きく開き、ブラシが壁ギリギリまで届きます。

どうしても掃除後にも残りやすい壁際のゴミも、きれいに除去することが可能です。

MC-PBU520Jのガバとりノズル

「ガバとりノズル」

 

またMC-PBU520Jは、スティック掃除機ではめずらしい紙パック式

ゴミがたまったら紙パックごと捨てるだけの簡単仕様です。

MC-PBU520Jは紙パック式

マクリン
紙パックだと、ゴミ捨て時にゴミが舞い上がらないのもいいですね。
 
重量は2.3kg。手持ち部分の底面に壁ピタゴムが付いているため、壁掛け時もしっかりグリップして倒れにくくなっています。そのまま充電も可能。

MC-PBU520Jは壁ピタゴム搭載
 
壁掛け用の充電台も付属しているので、こちらを壁に取り付けての充電も可能です。

2種類のすき間ノズルを取り付けられるスペースも付いています。

MC-PBU520Jは2種類のすき間ノズルを取り付けられるスペース付き

 

マクリン
本体がスリムで使いやすい上、ノズルそのままで狭い場所が掃除でき、すぐに立てかけられるなど、ユーザー視点での使い勝手が考え抜かれた1台ですよ。
パナソニック「MC-PBU520J
連続運転時間約30分
充電時間約3時間
本体サイズW252 x H153 x D1160
重量2.3kg

 

4. パナソニック MC-SBU820J

同じくパナソニックから、パワーコードレス「MC-SBU820J」です。

ノズル先端は同社のアイデンティティでもあるガバとりノズル

ブラシが壁ギリギリまで届くことで、どうしても残りやすい壁際のゴミも、確実に除去することが可能です。


 
さらなる便利機能として、立ったままでも親ノズルから子ノズルに分離できる機能があります。

親ノズルを足を踏み込んでパイプを持ち上げることで、狭いすき間にぴったりの「子ノズル」が登場します。

マクリン
付け替える必要がないから圧倒的便利!
 

ゴミ捨て機構もかなり優秀です。

ダストボックスのボタンを押せばワンタッチでごみ捨てができる上、パーツを外して丸ごと水洗いができるようになっているのです。

マクリン
これは使いやすいですね!
 
同じく多彩なアタッチメントを取り揃えている上、パナソニックならではの細かな配慮と便利機能が盛り込まれています。


 
そのひとつがノズルに採用されたV字ブラシ

V字に曲がっていることで、吸引力の強いノズル中央にゴミ・ホコリを集め、吸い込み口で確実にかき取ることができるのです。

これにより、フローリング・じゅうたん・畳など、硬さやゴミの種類が異なる状況にも柔軟に対応できます。
 

マクリン
まさに日本の居住環境に適した仕様ですね。
 

MC-SBU820Jの大きな特長が、その高い吸引力。

その指標になるのが最大吸込仕事率

吸込仕事率とは平たく書くと「掃除機がゴミ・ホコリを吸い込む能力をワット数で表したもの」です。

特別な装置で測定した数値を使い、以下の式で算出されます。

掃除機が吸い込む空気量(風量)x 吸い込み時に発生する圧力(真空度)x 0.01666
 

同じ方式の掃除機同士を比較する場合は大変参考になる数値で、ダイソンV10 FluffyMC-SBU820Jはいずれもサイクロン式です。

V10 Fluffyは最大130Wなのに対し、MC-SBU820Jはなんと200W

実は吸引力という観点で、あのダイソンよりも高い数値を示しているのです。

この200Wという数値は同社の中で最高値なのはもちろんのこと、スティック型のサイクロン式としてもトップクラス

MC-SBU820Jは独自開発された大口径のモーターを使用しており、省エネと高パワーを高次元で両立しているのです。

パナソニック「MC-SBU820J
連続運転時間約65分
充電時間約3時間
本体サイズW240 x H218 x D1175
重量2.50kg

MC-SBU820Jのレビューはこちら

【パナソニックMC-SBU820Jレビュー】最強コードレス掃除機はどっち!? ダイソンと徹底比較【口コミ・評価】 【パナソニックMC-SBU820Jレビュー】最強コードレス掃除機はどっち!? ダイソンと徹底比較【口コミ・評価】  

5. 東芝 TORNEO V

日立と同じくモーター技術に定評あるメーカー、東芝から「VC-CL1500」です。

本製品最大の特長はパワフル吸引力

東芝公式サイト」より引用

1分間11万回転のハイスピードDCモーターと、独自の吸引機構「パーティカルトルネードシステム(3つの気流を作って、吸引力を持続するシステム)」を組み合わせ、圧倒的な吸い込みを実現しています。

さらに自走式の「ラクトルパワーヘッド」に、本体重量約1.9kgという2kg切りの軽さも相まって、スイスイ掃除できる設計となっています。

東芝公式サイト」より引用

 

マクリン
手持ちの操作部分には電源ボタン以外におまかせボタンも付いていて、最適な強さで動作してくれるのが便利ですよ!

掃除箇所がきれいになったか確認しながら掃除できる「ゴミ残しまセンサー」を搭載しているのも大きなポイント。

東芝公式サイト」より引用

 
それから他社にはないユニークな機能が、空気を吹き出す「エアブロー機能」。

サッシの溝・玄関やベランダもササッと掃除することができます。

東芝公式サイト」より引用

 

エアブロー用のエアブローノズルをはじめ、ツールが充実しているのもVC-CL1500の強み。

ふとん用ブラシや丸ブラシ、すき間ノズルなど、多くのツールを備えています。

東芝公式サイト」より引用

マクリン
高い場所を掃除できる、ホースも付いていますよ。
 

ただしいくつか欠点があり、それがゴミ捨て・充電方法です。

ゴミ捨てはワンタッチでできず、サイクロン部を一旦取り外さないといけないツーアクション

また充電は、壁掛け用ホルダーにかけるだけでは充電できず、本体に充電ケーブルを別途差さないといけない点がやや面倒です。

 

マクリン
とはいえ、高い吸引力と軽い操作性、他にはないエアブロー機能が非常に魅力的な1台ですよ。
東芝「VC-CL1500
連続運転時間約30分
充電時間約5時間
本体サイズW266 x H224 x D1030
重量1.9kg

 

6. シャープ RACTIVE Air

目の付けどころが違うメーカー、シャープの「RACTIVE Air EC-AR2SX」です。

まず本製品最大の売りが、コードレス掃除機ナンバーワンの軽量性

パイプ素材にドライカーボンを採用することで、なんと約1.5kgの軽さを実現しています。

シャープ RACTIVE Airはドライカーボンを採用し約1.5kgの軽さを実現

マクリン
軽いおかげで高所の掃除もラクにできちゃいますよ!

 
また取り外し式のバッテリーが2つ付くことで、約60分のロングバッテリーを実現しています。

シャープ RACTIVE Airは約60分のロングバッテリーを実現
 
使い勝手もよく考えられており、そのひとつがラバー製の「ちょいかけフック」。

いろいろな場所にサッと立てかけることができ、置き場所にも困りません。


 

もうひとつが自走アシスト機能搭載のヘッド。

ブラシの回転を活かして前にグイグイ進むので、掃除しやすいのがポイントです。


 

付属ツールも多彩。

曲がるすき間ノズルふとん掃除パワーヘッドなど、さまざまな場所に合わせて使い分けることができます。


 

唯一の欠点が、ゴミ捨てが二段階のアクションで、やや面倒くさいことです。


 

マクリン
ですが、その欠点なんてかすんじゃう抜群の軽量性
シャープ「RACTIVE Air EC-AR2SX
連続運転時間約60分(2個分)
充電時間約2時間40分(2個分)
本体サイズW220 x H220 x D980
重量1.5kg

 

7. Electrolux エルゴラピード

スウェーデン発・世界最大クラスの家電メーカー、エレクトロラックスの「エルゴラピード・リチウム ZB3113AKB」です。

手元に重量のある、ダイソンタイプが主流の中、本製品は数少ない自立型スティック

Electrolux エルゴラピードは自立型スティック

マクリン
掃除の途中でもサッと自立できるのが便利ですね!

モーターやダストカップなど、重さのあるパーツが本体下部にあるため、軽い力でヘッドを操作できるのはメリット。

しかもヘッドが左右180°&垂直90°分可動するため、狭い場所でも掃除しやすいのは助かります。



 

また、エルゴラピード・リチウムの大きな特徴が「2 in 1タイプ」であること。

本体からハンドユニットだけを取り外し、ハンディクリーナーとしても利用できるのです。

Electrolux エルゴラピードはハンディクリーナーとして利用できる
 

本製品独自の便利な機能も備えており、そのひとつが暗所で大活躍、ヘッド前方のLEDライト


 
もうひとつは、ブラシに絡まった毛をカットしてくれる「ブラシロールクリーン機能」。これが地味に便利です。


 

マクリン
連続駆動時間も45分と充分。ですが、ダストカップの構造がやや複雑でゴミを捨てにくいので、その点だけご注意くださいね。
エレクトロラックス「エルゴラピード・リチウム ZB3113AKB
連続運転時間約45分
充電時間約4時間
本体サイズW263 x H150 x D1070
重量2.6kg

その他のおすすめ2in1モデルはこちら

【2019年】ハンディでも使えるコードレスのスティック掃除機おすすめ4選!  

おすすめのコードレス掃除機まとめ

本記事は「【2019年】メインで使えるおすすめのコードレス掃除機【人気7モデル比較】」について書きました。

今やメインで使えるコードレスのスティック掃除機。

各社がしのぎを削って独自の機能を磨き、さまざまな機能を搭載して差別化を図ってきています。

マクリン
ご自身のライフスタイルに合わせて、最適の1台を見つけていきましょう!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

【ダイソンV11 Fluffy】どう進化した? V8・V10との違いを徹底比較【口コミ・評価】 【2019年】ハンディでも使えるコードレスのスティック掃除機おすすめ4選! 【パナソニックMC-SBU820Jレビュー】最強コードレス掃除機はどっち!? ダイソンと徹底比較【口コミ・評価】 【パナソニックMC-SBU820Jレビュー】最強コードレス掃除機はどっち!? ダイソンと徹底比較【口コミ・評価】 【おすすめ】コスパ最強の安いロボット掃除機3選【高性能】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です