おすすめのガジェット

【2021年】メインで使えるコードレス掃除機のおすすめ人気7モデルを比較!

家電の中でもコードレス掃除機大好きマクリン( @Maku_ring)です。

マクリン
そろそろメインで使えるスティック掃除機が欲しくなりまして……。

家電量販店で各モデルを物色して回り、メインで使えるコードレススティック掃除機を選びました。

そんなわけで本記事は「【2021年】メインで使えるコードレス掃除機のおすすめ人気7モデルを比較!」について書いていきます。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

メインで使えるおすすめのコードレス掃除機7選

我が家では、手軽に使えるコードレス掃除機、ダイソン「Dyson V12 Detect Slim」が大事な相棒です。

Dyson V12 Detect Slimの外観

ひと昔前のコードレス掃除機は、コード付きに比べて吸引力が弱い&バッテリーが貧弱で、どうしてもサブ扱いでした。

ところが最新モデルはスペックが大きく改善し、コード付きと遜色ない掃除性能を実現しています。

それでは数あるコードレス掃除機から、メインでも使えるおすすめの7台を紹介いたします。

製品名 連続運転時間 充電時間 本体サイズ 重量 電源スイッチ
Dyson V12 Detect Slim
約60分 約3.5時間 W250 x H234 x D1095 2.2kg ボタン式
日立 PV-BL2H
約30分 約3.5時間 W205 x H230 x D994 1.1kg ボタン式
三菱 HC-JD2X
約40分 約1.5時間 W225 x H190 x D1005 1.9kg ボタン式
パナソニック MC-SBU530J
約60分 約3時間 W252 x H190 x D1131 2.4kg ボタン式
東芝 TORNEO V VC-CLH200
約35分 約5時間 W266 x H210 x D1060 1.8kg ボタン式
シャープ RACTIVE Air EC-AR5X
約64分 約2.6時間 W223 x H220 x D980 1.2kg ボタン式
Anker Eufy HomeVac S11 Go
約40分 約3時間半 W230 x H100 x D1100 2.6kg トリガー式

 

1. Dyson V12 Detect Slim

これまでのダイソンのイメージをくつがえすミニマル設計で人気を博した「Dyson Digital Slim」から1年たち、コンパクトさを継承しつつ機能性を高めたのが「Dyson V12 Detect Slim」です。

Dyson V12 Detect Slimを専用充電ドックに取り付けた様子
 
Digital Slim以降は小型スリム化が進み、身長160cm未満の人でも扱いやすいサイズ感におさまっています。

Dyson Digital Slimは女性でも扱いやすい

軽量性の面では、Digital Slimが2kgを切る約1.9kgとひとつ抜けています。

ただし、Dyson V12 Detect Slimは300g重い分、前モデルでネックだったバッテリー性能が強化され、エコモードでの運転時間が60分(Digital Slimは40分)に伸びています。

Dyson V12 Detect Slimの運転時間は60分に延伸
 
それから大きな変更点が、トリガー式スイッチからボタン式スイッチになったこと。

Dyson V12 Detect Slimはボタン式スイッチを採用

トリガー式だと清掃中、人差し指でトリガーを常に握らないといけなかったのが、ボタン式で開放されたのはかなり大きいです。

背面のディスプレイ部では、吸引モードや残り時間を表示できるだけでなく、ゴミの量をサイズ別に計測できるようになりました。

V12 Detect Slimのディスプレイで吸引したゴミを計測可能
 
吸引力ももちろんパワーアップしています。

Dyson V12 Detect Slimには「ダイソンハイパープレミアムモーター」を搭載し、吸引力は前モデルよりさらに1.5倍アップしています。

V12 Detect Slimにはダイソンハイパープレミアムモーターを搭載

吸引力
  • V8 x 約20%アップ = V10
  • V10 x 約25%アップ = V11
  • V11 = Dyson Digital Slim
  • Dyson Digital Slim x 約50%アップ = V12
マクリン
V8から考えると、実に2.25倍

吸引モードが3つなのはこれまでと同様ですが、「中」の代わりに「オート」を搭載しています。

V12 Detect Slimのオートモード

このオートモードが実に賢く、ピエゾセンサーを駆使し、ホコリの量が多い箇所では必要に応じて吸引力を自動で高めてくれるのです。

また、クリアビンが持ち手に対して水平なので、ゴミ捨てが簡便に行えます。

V12 Detect Slimのクリアビンは持ち手に対して水平
 
赤いレバーを押し下げるだけで、フタがパカッと開てゴミがバサッと落ちるのは、何度やっても爽快感があります。

レバーを下げたときにクリアビンの底部がせり出すので、奥部分のゴミまで除去しやすいのはありがたいです。

ヘッドには「レーザースリムフラフィクリーナーヘッド」を採用し、レーザー照射機構もそなえています。


 
レーザー照射のオンにすることで、角度を調整したレーザーが照射され、フローリング上の見えづらいホコリを可視化してくれます。

V12 Detect Slimのレーザーでフローリング上のホコリを可視化

マクリン
ホコリが浮かび上がって見えるので、抜群に掃除しやすくなりました!

前モデルの取り回しはそのままに正統進化。

Dyson V12 Detect Slimはボタン式スイッチをはじめ、レーザー照射やゴミ量の常時表示など、利便性をこれでもかと高めたコードレス掃除機に仕上がっています。

ダイソン「Dyson V12 Detect Slim
連続運転時間 約60分
充電時間 約3.5時間
本体サイズ W250 x H234 x D1095
重量 2.2kg

V12 Detect Slimレビューはこちら

【ダイソンDyson V12 Detect Slimレビュー】ボタン式でトリガースイッチから開放!ゴミの量を可視化できるすごいやつ  

2. 日立 PV-BL2H

地味ながら堅実なモノ作りで知られるメーカー、日立の「PV-BL2H」です。


 
最大の特徴は、なんといってもその軽さで、業界最軽量の1.1kgを実現しています。

日立 PV-BL2Hの重量は約1.1kg

マクリン
片手でもかるがる持ち上げられますよ!

ダイソンと同じく、ゴミの捨てやすさが抜群。

ダストボックス前部にある「ごみ捨てボタン」を押すだけでフタが開き、圧縮ゴミがコロッと出る仕組みになっています。

日立 PV-BL2Hのゴミ捨て機構
 
高品質なモーターづくりに定評のある日立。

その実力は「日立 PV-BL2H」でも遺憾いかんなく発揮されています。

小型ながら効率良く回るファンモーターに、独自の集塵(しゅうじん)技術「パワーブーストサイクロン」を組み合わせ、高い吸引力を実現しているのです。

先端には独自開発の「パワフルスマートヘッドlight」を採用。

ヘッドを押すと、前方のフラップが開いて大きいごみをしっかり吸い込み、引くと後方のローラーで細かいごみを巻き取れるようになっています。

日立 PV-BL2Hのパワフルスマートヘッドlight
 
またヘッドにはLEDライトが付いており、ゴミを照らしながら吸い込むことができます。

日立 PV-BL2HのLEDライト
 
付属ツールも充実しており、「ほうきブラシ」を筆頭に「すき間用吸口」や「ハンディブラシ」など、汎用性の高いノズルを数多く揃えています。

日立PV-BL2Hのほうきブラシ

ほうきブラシ

日立PV-BL2Hのすき間用吸口

すき間用吸口

日立PV-BL2Hのハンディブラシ

ハンディブラシ

マクリン
後発品だけあり、弱点を徹底的につぶし、使い勝手・性能をかなり高いレベルまで引き上げた1台ですよ。
日立「PV-BL2H
連続運転時間 約30分
充電時間 約3.5時間
本体サイズ W205 x H230 x D944
重量 1.1kg

3. 三菱 HC-JD2X

1台4役のコードレス掃除機、三菱電機の「HC-JD2X」です。


 
これ1台で、スティッククリーナー・ハンディクリーナー・ふとんクリーナー・エアブローと、4つの顔をもっています。

三菱 HC-JD2Xは1台4役のコードレス掃除機

MITSUBISHI公式サイト」より引用

 
まずはスティッククリーナー。重量は1.9kgではあるものの、自走式ブラシなので、軽い操作感で快適に掃除することができます。


 
ゴミ捨てはボタンをスライドして外して捨てるだけの簡単機構です。

MITSUBISHI公式サイト」より引用

MITSUBISHI公式サイト」より引用

 
ハンディクリーナーも備え、ちょっとしたホコリや食べカスの吸い込みに重宝します。

三菱 HC-JD2Xはハンディクリーナー搭載

MITSUBISHI公式サイト」より引用

 
ふとんクリーナーは、ダニの死骸しがいを吸引し、マットレスを清潔に保つのに欠かせません。

MITSUBISHI公式サイト」より引用

 
エアブロー機能も搭載し、葉やホコリの掃き出しに重宝します。

MITSUBISHI公式サイト」より引用

マクリン
本体がスリムで使いやすい上、ノズルそのままで狭い場所が掃除でき、すぐに立てかけられるなど、ユーザー視点での使い勝手が考え抜かれた1台ですよ。
三菱「HC-JD2X
連続運転時間 約50分
充電時間 約1.5時間
本体サイズ W225 x H190 x D1005
重量 1.9kg

 

4. パナソニック MC-SBU530J

同じくパナソニックから、パワーコードレス「MC-SBU530J」です。

ノズル先端は同社のアイデンティティでもあるガバとりノズル

ブラシが壁ギリギリまで届くことで、どうしても残りやすい壁際のゴミも、確実に除去することが可能です。


 
さらなる便利機能として、立ったままでも親ノズルから子ノズルに分離できる機能があります。

親ノズルを足を踏み込んでパイプを持ち上げることで、狭いすき間にぴったりの「子ノズル」が登場します。

マクリン
付け替える必要がないから圧倒的便利!
 
ゴミ捨て機構もかなり優秀です。

ダストボックスのボタンを押せばワンタッチでごみ捨てができる上、パーツを外して丸ごと水洗いができるようになっているのです。

マクリン
これは使いやすいですね!
 
同じく多彩なアタッチメントを取り揃えている上、パナソニックならではの細かな配慮と便利機能が盛り込まれています。


 
そのひとつがノズルに採用されたV字ブラシ

V字に曲がっていることで、吸引力の強いノズル中央にゴミ・ホコリを集め、吸い込み口で確実にかき取ることができるのです。

これにより、フローリング・じゅうたん・畳など、硬さやゴミの種類が異なる状況にも柔軟に対応できます。
 

マクリン
まさに日本の居住環境に適した仕様ですね。
 

パナソニック MC-SBU530Jの大きな特長が、その高い吸引力。

その指標になるのが最大吸込仕事率

吸込仕事率とは平たく書くと「掃除機がゴミ・ホコリを吸い込む能力をワット数で表したもの」です。

特別な装置で測定した数値を使い、以下の式で算出されます。

掃除機が吸い込む空気量(風量)x 吸い込み時に発生する圧力(真空度)x 0.01666
 

同じ方式の掃除機同士を比較する場合は大変参考になる数値で、MC-SBU530Jはいずれもサイクロン式です。

V10 Fluffyは最大130Wなのに対し、MC-SBU530Jはなんと200W

実は吸引力という観点で、あのダイソンよりも高い数値を示しているのです。

この200Wという数値は同社の中で最高値なのはもちろんのこと、スティック型のサイクロン式としてもトップクラス

MC-SBU530Jは独自開発された大口径のモーターを使用しており、省エネと高パワーを高次元で両立しているのです。

パナソニック「MC-SBU530J
連続運転時間 約60分
充電時間 約3時間
本体サイズ W252 x H190 x D1131
重量 2.40kg

5. 東芝 TORNEO V VC-CLH200

日立と同じくモーター技術に定評あるメーカー、東芝から「トルネオV VC-CLH200」です。

本製品最大の特長はパワフル吸引力

東芝公式サイト」より引用

1分間11万回転のハイスピードDCモーターと、独自の吸引機構「パーティカルトルネードシステム(3つの気流を作って、吸引力を持続するシステム)」を組み合わせ、圧倒的な吸い込みを実現しています。

さらに自走式の「ラクトルパワーヘッド」に、本体重量約1.9kgという2kg切りの軽さも相まって、スイスイ掃除できる設計となっています。

東芝公式サイト」より引用

 

マクリン
手持ちの操作部分には電源ボタン以外におまかせボタンも付いていて、最適な強さで動作してくれるのが便利ですよ!

掃除箇所がきれいになったか確認しながら掃除できる「ゴミ残しまセンサー」を搭載しているのも大きなポイント。

東芝公式サイト」より引用

 
それから他社にはないユニークな機能が、空気を吹き出す「エアブロー機能」。

サッシの溝・玄関やベランダもササッと掃除することができます。

東芝公式サイト」より引用

 

エアブロー用のエアブローノズルをはじめ、ツールが充実しているのもVC-CLH200の強み。

ふとん用ブラシや丸ブラシ、すき間ノズルなど、多くのツールを備えています。

東芝公式サイト」より引用

マクリン
高い場所を掃除できる、ホースも付いていますよ。

ただしいくつか欠点があり、それがゴミ捨て・充電方法です。

ゴミ捨てはワンタッチでできず、サイクロン部を一旦取り外さないといけないツーアクション

また充電は、壁掛け用ホルダーにかけるだけでは充電できず、本体に充電ケーブルを別途差さないといけない点がやや面倒です。

マクリン
とはいえ、高い吸引力と軽い操作性、他にはないエアブロー機能が非常に魅力的な1台ですよ。
東芝「トルネオV VC-CLH200
連続運転時間 約35分
充電時間 約5時間
本体サイズ W221 x H224 x D1055
重量 1.8kg

 

6. シャープ RACTIVE Air EC-AR5X

目の付けどころが違うメーカー、シャープの「RACTIVE Air EC-AR5X」です。

まず本製品最大の売りが、コードレス掃除機ナンバーワンの軽量性

パイプ素材にドライカーボンを採用することで、なんと約1.2kgの軽さを実現しています。

シャープ RACTIVE Air EC-AR5Xはドライカーボンを採用し約1.2kgの軽さを実現

マクリン
軽いおかげで高所の掃除もラクにできちゃいますよ!
 
また取り外し式のバッテリーが2つ付くことで、約64分のロングバッテリーを実現しています。

シャープ RACTIVE Air EC-AR5Xは約64分のロングバッテリーを実現
 
使い勝手もよく考えられており、そのひとつがラバー製の「ちょいかけフック」。

いろいろな場所にサッと立てかけることができ、置き場所にも困りません。


 
もうひとつが自走アシスト機能搭載のヘッド。

ブラシの回転を活かして前にグイグイ進むので、掃除しやすいのがポイントです。


 
付属ツールも多彩。

ハンディノズルすき間ノズルなど、さまざまな場所に合わせて使い分けることができます。

シャープ RACTIVE Air EC-AR5Xのアタッチメント
 
唯一の欠点が、ゴミ捨てが二段階のアクションで、やや面倒くさいことです。


 

マクリン
ですが、その欠点なんてかすんじゃう抜群の軽量性
シャープ「RACTIVE Air EC-AR5X
連続運転時間 約64分(2個分)
充電時間 約2時間40分(2個分)
本体サイズ W223 x H220 x D980
重量 1.2kg

7. Anker Eufy HomeVac S11 Go

モバイルガジェットで知られるAnkerからも「Eufy HomeVac S11 Go」が出ました。

マクリン
まずなんといっても17,800円とダントツに安い!

群を抜く低価格ながら2層サイクロンであり、ゴミを効率的に分離することで、吸引力の低下を防いでいます。

Anker Eufy HomeVac S11 Goは2層サイクロン式
 
156cmの妻でも持ちやすく、軽い力でトリガーを握れば掃除できるのがありがたいです。


 
フロアブラシクリーナーヘッドは、床を傷つけにくいソフトな触感となっています。

Anker Eufy HomeVac S11 Goのフロアブラシクリーナーヘッド

ヘッドにはLEDライトが付いているので、暗所でも掃除しやすく配慮されています。

Anker Eufy HomeVac S11 GoはLEDライト搭載
 
通常モード・省電⼒モード・最⼤モードの3つをそなえ、最⼤120AWのパワフルな吸引力(ダイソンとほぼ同じ)を実現しています。

マクリン
音は比較的おさえめなので、夜でも掃除しやすいですね!

また、バッテリーメーカーというだけあって、省電力モード時は最大40分間の掃除が可能となっています。

Anker Eufy HomeVac S11 Goは最大40分間の掃除可能
 
フロアブラシクリーナーヘッド以外に豊富なアタッチメントをそなえ、ハンディクリーナーへの切り替えもできる2way仕様です。

Anker Eufy HomeVac S11 Goのアタッチメント
 
ミニモーターブラシは、マットレスやソファ・カーペットの清掃に適しています。

Anker Eufy HomeVac S11 Goのミニモーターブラシ

コンビネーションノズル・すき間ノズルは、ホコリや髪の毛を軽く取り除きたいとき・狭い場所をキレイにしたいときに活躍してくれます。

Anker Eufy HomeVac S11 Goのコンビネーションノズル

Anker Eufy HomeVac S11 Goのすき間ノズル

コードレス掃除機のデビュー機としておすすめですし、コスパもすぐれているので、メイン機にも充分耐えうる性能をもっています。

ANKER「Eufy HomeVac S11 Go
連続運転時間 約40分
充電時間 約3時間半
本体サイズ W230 x H100 x D1100
重量 2.6kg

Eufy HomeVac S11 Goレビューはこちら
【Eufy HomeVac S11 Goレビュー】1万円台で買えるコスパ最強のAnkerのコードレス掃除機

おすすめのコードレス掃除機まとめ

本記事は「【2021年】メインで使えるコードレス掃除機のおすすめ人気7モデルを比較!」について書きました。

今やメインで使えるコードレスのスティック掃除機。

各社がしのぎを削って独自の機能を磨き、さまざまな機能を搭載して差別化を図ってきています。

マクリン
ご自身のライフスタイルに合わせて、最適の1台を見つけていきましょう!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

製品名 連続運転時間 充電時間 本体サイズ 重量 電源スイッチ
Dyson V12 Detect Slim
約60分 約3.5時間 W250 x H234 x D1095 2.2kg ボタン式
日立 PV-BL2H
約30分 約3.5時間 W205 x H230 x D994 1.1kg ボタン式
三菱 HC-JD2X
約40分 約1.5時間 W225 x H190 x D1005 1.9kg ボタン式
パナソニック MC-SBU530J
約60分 約3時間 W252 x H190 x D1131 2.4kg ボタン式
東芝 TORNEO V VC-CLH200
約35分 約5時間 W266 x H210 x D1060 1.8kg ボタン式
シャープ RACTIVE Air EC-AR5X
約64分 約2.6時間 W223 x H220 x D980 1.2kg ボタン式
Anker Eufy HomeVac S11 Go
約40分 約3時間半 W230 x H100 x D1100 2.6kg トリガー式
【ダイソンDyson V12 Detect Slimレビュー】ボタン式でトリガースイッチから開放!ゴミの量を可視化できるすごいやつ 【ダイソンDyson Digital Slimレビュー】V10・V11 Fluffyに比べて軽量スリムで女性も使いやすい型に進化! 【2021年】ハンディでも使えるコードレスのスティック掃除機おすすめ4選! 【おすすめ】コスパ最強の安いロボット掃除機8選【高性能】

2 COMMENTS

dp

PV-BFH900
MC-SBU820J
どちらかで迷っています。
吸引力と手入れが楽な物が理想です。
アドバイスください。

返信する
マクリン

dpさん

メールでもご質問いただく形になり、申し訳ございませんでした。
現時点では後者のMC-SBU820Jがおすすめですので、よろしくお願いいたします。

マクリン

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です