楽天お買い物マラソンにエントリー

CIOの充電器で買うべきおすすめモデルを8つ紹介

CIOファンのマクリン( @Maku_ring)です。

充電器を100台以上もっている僕ですが、ANKERとならんでおすすめのメーカーがCIOです。

小型化・高出力化に特化したメーカーで、他社にはない独創的かつ魅力的なモデルを数多くリリースしています。

マクリン
スマホ用からノートPC用、充電器兼用のハイブリッドモデルまで、じつにバラエティに富んでます!

そこで本記事では、CIOに関して知っておくべき情報とおすすめのモデルを紹介していきます。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

CIOについて知っておくべき情報

まずはCIOに関する情報を紹介していきます。

どこの国の会社? 中国?

近年Amazon上で中国メーカーの充電器が多く販売されていることもあり、CIOも中国の会社だと思われがち。

マクリン
実は日本ブランドです!

会社概要を見ても分かるとおり、本社は大阪にあります。

会社概要
会社名 株式会社CIO
代表取締役 中橋 翔大
資本金 1000万円
設立 2017年1月11日
所在地 〒570-0083 大阪府守口市高瀬町1丁目5‐21 2F
TEL 06-7710-6732
事業内容 1. スマートフォンアクセサリ関連を中心としたデジタル製品の企画・開発・販売
2. ECサイト運営(楽天市場/Yahoo!/Amazon/米Amazon)及び卸販売(実店舗)

日本の会社ではありますが、CIOはいわゆるファブレス、すなわち「工場をもたない会社」であるため、自社で製造していません。

製品の企画や設計、それから販売をCIOで行い、部品調達や製造は提携先の工場で行っています。

そういう意味で国内生産ではないですが、品質管理はCIOで行っているので、その点では安心です。
 

ワクワクする独創的な製品群

CIOの充電器で他と大きく異なる点が、そのユニーク性です。

他メーカーのマネっ子製品を後追いで出すのではなく、先んじて「こういうのが欲しかったんだよ!」というものを出してくれます。

その代表格ともいえるのが、現在一般販売待ちの「NOVA Port DUO 65W」。

CIO NovaPort DUOの外観
 
クレカサイズ未満の極小サイズにおさえつつ、MacBook Air x 2の同時充電も可能なパワフルぶりを発揮しています。

CIO NovaPort DUOはMacBook Airの2台同時急速充電に対応
 
それからもうひとつ、充電器でもモバイルバッテリーでも使える「SMARTCOBY Pro PLUG」です。

SMARTCOBY Pro PLUGの外観
 
充電器 兼用 モバイルバッテリーとして初のPPS対応であったり、ノートPC + スマホの同時充電を実現するなど、オールマイティな製品に仕上がっています。

CIO SMARTCOBY Pro PLUGは2台同時使用でも最大42W出力に対応

このようにユーザーの声を丁寧に拾い上げ、ニーズの高い仕様を製品にしっかり詰め込むあたり、マーケティング感覚のすぐれているメーカーといえます。

CIOのおすすめ充電器8選

ここからは、CIOの充電器のなかでもおすすめのモデルを8個紹介していきます。

製品名 サイズ 重量 出力ポート数 出力
CIO PD20W1C1A
約28 x 28 x 30mm 約35g 2(USB-A x 1 / USB-C x 1) USB-A:最大18W
USB-C:最大20W
※ポート合計20W出力
CIO NovaPort DUO 30W
約45 x 36 x 28 mm 約71g 2(USB-C x 2) USB-C:各ポート最大30W
※ポート合計40W(20W+20W)出力
CIO NovaPort SOLO 45W
約45 x 36 x 28 mm 約71g 1(USB-C x 1) USB-C:最大45W
CIO NovaPort DUO 45W
約45 x 36 x 28 mm 約63g 2(USB-C x 2) USB-C:各ポート最大45W
※ポート合計40W(20W+20W)出力
CIO G65W1C
約40 x 50 x 28 mm 約87g 1(USB-C x 1) USB-C:最大65W
CIO Lilnob
約66 x 30 x 42 mm 約105g 3(USB-A x 1 / USB-C x 2) USB-A:最大30W
USB-C:各ポート最大65W
※ポート合計60W(45W+10W+5W)出力
CIO LilNob Share
約50 x 51 x 30 mm 約111g 4(USB-A x 1 / USB-C x 3) USB-A:各ポート最大30W(合計最大15W)
USB-C:最大65W(合計最大40W)
※ポート合計65W(20W+20W+15W)出力
‎CIO G100W2C
約67 x 32 x 68 mm 約195g 2(USB-C x 2) USB-C:各ポート最大100W
※ポート合計90W(45W+45W)出力
‎CIO Lilnob 3C1A
約60 x 29 x 75 mm 約214g 4(USB-A x 1 / USB-C x 3) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-C(3):最大30W
USB-A:最大30W
※ポート合計90W(45W+30W+15W)出力

 

CIO PD20W1C1A

まず最初に紹介するのが「CIO PD20W1C1A」です。

CIO PD20W2CとCIO PD20W1C1Aの外観

(右)CIO PD20W1C1A

 
サイズは約28 x 28 x 30mmで、アンカーの20W1ポート充電器や昔のiPhoneのApple 5W充電器と変わりません。

CIO PD20W2CとCIO PD20W1C1AとAnker PowerPort III Nano 20Wのサイズ比較

 
重量も33gで、1ポートの最軽量(約30g)とほぼ同じ重量に仕上がってます。

CIO

Anker PowerPort III Nano 20Wの重量は約30g

ANKER

マクリン
にもかかわらず、2ポート仕様なのヤバいですよね?

プラグが折りたためないというデメリットはあるものの、2ポート充電器では余裕の最小・最軽量設計


 
単ポート使用だとUSB-Cが最大20W(USB-Aが18W)に対応し、iPhone 12/13の高速充電(30分で50%充電)もサポートしています。

CIO PD20WはiPhone高速充電可能
 
2ポート使用時は合計最大20Wに制限されるものの、スマホ2台同時充電は問題なく可能です。

CIO PD20W1C1Aは「とにかく小さい2ポートのスマホ用充電器が欲しい人」におすすめです。

プラグが格納できない弱点はあるものの、他に類似製品がないため、まさに独自のユニーク性を発揮しています。

 

CIO NovaPort DUO 30W

1ポート使用ならノートPC用になる、2ポートタイプの30WクラスUSB-C充電器「NovaPort DUO 30W」です。

CIO NovaPort DUO 30Wは2ポートタイプの30WクラスUSB-C充電器
 
カラーはホワイトとブラックの2色があります。



 
表面にはキズつきにくいシボ加工が施され、長期間愛用できるデザインに仕上がっています。

NovaPort DUO 30Wの表面にシボ加工
 
サイズは約45 x 36 x 28 mmNovaPort DUO 45Wと共通の筐体きょうたいを採用し、卵サイズ未満の最小設計を実現しています。

CIO NovaPort DUO 30Wのサイズは約45 x 36 x 28 mm
NovaPort DUO 30Wと45Wのサイズは同一
 
同クラス1ポートのMacBook Airの純正充電器と比べても、半分未満におさまっています。

CIO NovaPort DUO 30Wと30W USB-C電源アダプタのサイズ比較

 
これまで同出力・同ポートの最小サイズであったInnergie C3 Duoと並べても、スリム設計であり、世界最小となっています。

CIO NovaPort DUO 30WとInnergie C3 Duoのサイズ比較

 
重量は約71gで、MacBook Air用充電器より軽いものの、NovaPort DUO 45Wのほうがなぜか軽いです。

CIO NovaPort DUO 30Wの重量は約71g

NovaPort DUO 30W(71g)

CIO NovaPort DUO 45Wの重量は約64g

NovaPort DUO 45W(64g)

MacBook Air(106g)

 
1ポート接続では上下ともに各ポート最大30W出力に対応し、MacBook Airなど一部のモバイルノートPCも急速充電可能です。

CIO NovaPort DUO 30Wは1ポート接続でMacBook Air急速充電対応

MacBook Air(28.8W)

 
PPSにも対応し(3.0V-11.0V 3A)、Galaxy S21では「超急速充電」が確認できました。

CIO NovaPort DUO 30WはPPS対応

Galaxy S21(20.9W)

 
2ポート接続だと20Wずつに分配され、iPhone 2台やiPhone + Androidスマホはもちろん、iPhone + iPadの組み合わせでも同時に急速充電できます。

CIO NovaPort DUO 30Wの2ポート接続時は20Wずつ出力可能

NovaPort DUO 30Wは「ふだんはノートPCの充電器として使い、スマホやイヤホンもときどき充電したい人」におすすめです。

2ポート仕様の30W充電器は他になかなか無く、携帯性も抜群なので、ふだん使いで重宝します。

CIO NovaPort SOLO 45W

1ポートタイプの45W充電器「NovaPort SOLO 45W」です。

CIO NovaPort SOLO 45Wは1ポートタイプの45W充電器
 
カラーはホワイトブラックの2色が用意されています。



 
サイズは約45 x 36 x 28 mmNovaPort DUO 30W45Wと共通の筐体を用い、卵サイズ未満のコンパクト設計を実現しています。

CIO NovaPort SOLO 45Wのサイズは約45 x 36 x 28 mm
 
重量は約71gで、Apple 30W充電アダプターよりゆうに軽いものの、軽量性ではAnker Nano II 45Wのほうがやや上回っています。

NovaPort SOLO 45Wの重量は約71g

NovaPort SOLO 45W

Apple 30W充電器

Anker Nano II 45Wの重量

Anker Nano II 45W

 
USB-Cは単ポート最大45W出力に対応し、MacBook Airや一部のモバイルノートPCなら急速充電可能です。

CIO NovaPort SOLO 45Wは単ポート最大45W出力可能

MacBook Pro(45.0W)

注意
13インチ・14インチ8コアCPUのMacBook Proでも充電可能ですが、通常充電になることがあります。
マクリン
PPSにも対応してますよ!

NovaPort SOLO 45Wは「スマホ・タブレット・ノートPCいずれか1台を急速充電したい人」におすすめです。

 

CIO NovaPort DUO 45W

1ポート使用ならノートPC用でも使える、2ポートタイプの40WクラスUSB-C充電器「NovaPort DUO 45W」です。

CIO NovaPort DUO 45Wは2ポートタイプの45WクラスUSB-C充電器
 
カラーはホワイトとブラックの2色があります。



 
サイズは約45 x 36 x 28 mmであり、卵サイズ未満の最小設計を実現しています。

CIO NovaPort DUO 45Wのサイズは約45 x 36 x 28 mm
 
MacBook Airの純正充電器(30W USB-C電源アダプタ)よりポート数が多いにもかかわらず、半分未満におさまっています。

CIO NovaPort DUO 45Wと30W USB-C電源アダプタのサイズ比較

 
ほぼ同仕様の出力ポートをもつ、これまでの最小サイズがAnker 521 Charger (Nano Pro)でしたが、本機はプラグが格納できるにもかかわらず、さらなるスリム化を実現しています。

CIO NovaPort DUO 45WとAnker 521 Charger (Nano Pro)のサイズ比較

 
重量は約63gで、Ankerで85g、MacBook Air用充電器でも100gちょっとなので、かなりの軽量設計であることが分かります。

CIO NovaPort DUO 45Wの重量は約63g

NovaPort DUO 45W(63g)

Anker 521 Charger (Nano Pro)の重量

Anker(85g)

MacBook Air(106g)

 
1ポート接続だと上下いずれも各ポート最大45W出力に対応し、MacBook Airなど一部のモバイルノートPCなら、このサイズ感ながら急速充電も可能です。

CIO NovaPort DUO 45Wは1ポート接続で45W出力に対応

MacBook Pro(44.3W)

注意
13インチ・14インチ8コアCPUのMacBook Proでも充電可能ですが、通常充電になることがあります。
 
PPSにも対応し、PPS対応スマホのGalaxy S21を充電したところ「超急速充電」と表示され、PPSであることが確認できました。

CIO NovaPort DUO 45WはPPS対応

Galaxy S21(20.7W)

 
2ポート接続は20Wずつに分配され、iPhone 2台はもちろん、iPhone + その他スマホやiPhone + iPadといった組み合わせでも同時に急速充電でき、かなり使いやすいです。

CIO NovaPort DUO 45Wの2ポート接続時は20Wずつ出力可能

 
NovaPort DUO 45Wは「スマホ・タブレットを2台同時急速充電したい人かつ、ノートPCもときどき充電したい人」におすすめです。

CIO G65W1C

世界最小最軽量の65Wクラス1ポート充電器「CIO-G65W1C」です。

CIO G65W1Cは1ポートの65WクラスUSB-C充電器
 
最大出力は65Wで、13インチ・14インチMacBook Proをはじめ、あらゆるモバイルノートPCが急速充電できます。

CIO G65W1CはMacBook Pro 13インチも急速充電可能

MacBook Pro 13″(56.3W)

 
それだけの高出力にもかかわらず、サイズはクレカ未満で、同クラス最小級を実現しています。

CIO G65W1Cのサイズは40 x 50 x 28mm
 
同クラスの13インチMacBook Pro純正充電器と並べても、半分未満の小型化を実現しています。

CIO G65W1CとMacBook Pro 61W USB-C電源アダプタのサイズ比較

 
重量も約81gと同クラスで最軽量であり、こちらも半分未満の軽量化に成功してます。

CIO G65W1Cの重量

CIO G65W1C

 
CIO-G65W1CはスマホからノートPCまであらゆる機器の充電をカバーし、1ポート充電器では最適といえる出来のモデルです。

 

CIO Lilnob

CIO LilNob」は3ポートタイプの60WクラスUSB急速充電器です。

CIO GaN 65W 3ポートの外観
 
USB-C x 2 + USB-Aのポート構成で使いやすく、3ポートながらクレカサイズ未満におさまっています。

CIO GaN 65W 3ポートは世界最小サイズ

サイズは6.6 x 3 x 4.2 cm

マクリン
同クラスの充電器でも最小設計

14インチMacBook Proの67W純正充電器とならべても、なんと半分未満



 
重量は純正充電器の約203gに対し、本機は約105gと約半分であり、同クラス最軽量におさまっています。

13インチMacBook Proの61W純正アダプターの重量

 
1ポート接続時は最大65W出力でき、13インチ・14インチMacBook Proはじめ、大抵のモバイルノートが急速充電できます。


 
2ポート使用時は45W + 18Wの計63W出力であり、ノートPCとタブレットの同時充電に対応しています。


 
3ポート接続時は最大60W(45W+10W+5W)に制限されるものの、ノートPC + モバイル機器2台の3台同時充電もサポートしています。

注意
2個目と3個目のポートは10W・5Wとかなり控えめの出力なので、スマホやタブレットだと通常充電にとどまる可能性が高いです。
 
CIO LilNobは、3ポートで最小最軽量という携帯性抜群の設計ながら、出力配分やPPS対応など汎用性の高い充電器に仕上がっています。

CIO LilNob Share

4ポートの65Wクラス充電器「CIO LilNob Share」です。

LilNob Shareの外観
 
本機がすごいのはそのサイズで、わずか50 x 51 x 30mmと4ポートながらクレカ未満におさまっています。

LilNob Shareのサイズは約50 x 51 x 30mm
 
14インチMacBook Proの67W純正充電器と比べても、約50%の小型化を実現しています。

LilNob ShareとMacBook Pro純正アダプタのサイズ比較

マクリン
65Wの4ポートの充電器で文句なしの世界最軽量!

重量も67W純正充電器の約200gちょっとに対し、本機は約111gで半分近くの軽量化に成功しています。

13インチMacBook Proの61W純正アダプターの重量
LilNob Shareの重量
 
1ポート使用時は最大65Wに対応するので、13インチ・14インチMacBook Proふくめ、ほぼ全てのモバイルノートPCを急速充電できます。

LilNob ShareはMacBook Proを急速充電可能
 
USB-C 2ポート使用時は45W + 20Wの計65W出力であり、ノートPCとタブレットの同時充電が可能です。

LilNob ShareはノートPCとタブレットの同時充電
 
USB-Cを3つ同時につないだときは20Wずつに分配され、iPhone 12/13シリーズの3台同時の高速充電ができ、タブレットとの同時急速充電にも対応しています。

LilNob Shareはスマホ3台同時充電もサポート

MEMO
4ポート接続時は、USB-C 1と2が各20Wずつ出力されるものの、USB-C 3とUSB-Aは合計15W出力に制限されます。
 
CIO LilNob Shareは、3ポート・4ポート使用だとノートPC充電はできないものの、持ち運びできる4ポート充電器をお探しなら、かなりおすすめのモデルです。

 

CIO G100W2C

「‎CIO G100W2C」は、2ポートタイプの100WクラスUSB-C充電器です。

CIO 100W 2ポートの外観
 
約67 x 68 x 32 mmの手のひらサイズであり、100Wクラスの2ポートではかなり小さくまとまっています。

CIO 100W 2ポートのサイズ

名刺サイズ以下

 
14インチMacBook Proの96W純正充電器と比べても、約75%の小型化を実現しています。

CIO G100W2Cと96W純正アダプタの比較

 
重量は96W純正充電器の約296gに対し、本機は約200gと約2/3の重さにまでおさえています。

MacBook Pro

CIO 100W 2ポートの重量

CIO G100W2C

 
1ポート使用時は、PD規格最大の最大100W出力に対応し、14インチ10コアCPUのMacBook Proふくめ、ほぼ全てのデバイスが急速充電できます。

CIO 100W 2ポート 充電器は16インチMacBook Proでも急速充電可能
 
2ポート使用時は最大45Wずつに分配され、2台同時のノートPC急速充電という力技も可能。


 
CIO G100W2Cは、100Wの2ポートでありつつどこでも持ち運べるサイズ感なので「ノートPCでも2台同時に急速充電したい人」におすすめです。

CIO Lilnob 3C1A

CIO Lilnob 3C1A」は、4ポートタイプの100WクラスUSB-C充電器です。

Lilnob 3C1Aは4ポートタイプの100WクラスUSB急速充電器
 
100Wクラスの4ポートで世界最小の60 x 75 x 29mmにおさめ、ほぼクレカサイズを実現しています。

Lilnob 3C1Aは世界最小サイズ
 
ポート数4倍にもかかわらず、67Wの14インチMacBook Pro純正充電器とほぼ同じサイズなのがすごいです。

Lilnob 3C1AとMacBook Pro 13インチの61W純正アダプタのサイズ比較
 
重量は約214gなので、こちらも14インチMacBook Pro純正充電器とほとんど変わりません。

13インチMacBook Proの61W純正アダプターの重量
Lilnob 3C1Aの重量
 
単ポート接続だと、上2つのUSB-Cがそれぞれ最大100W出力、3つめのUSB-Cと4つのUSB-Aが最大30W出力に対応してます。


 
上2つのUSB-C 1ポート接続では、14インチ10コアCPUのMacBook Proでも急速充電可能です。

LilNob 3C1AはMacBook Pro16インチも急速充電可能

MacBook Pro16″(93.9W)

 
USB-C 2ポート接続時でも65W + 30W出力に対応し、MacBook ProとAirの同時急速充電なんてこともできます。

LilNob 3C1AはMacBook Pro13インチとMacBook Airの同時急速充電可能
 
4ポート全部使ったときはUSB-C 1/2が45W + 30Wで、残り2ポートで15Wで合計90Wに制限されますが、それでもノートPC 2台ふくむ計4デバイスが同時充電できて実用性は充分。

マクリン
日常使いできる折りたたみプラグ式の4ポート充電器では随一の完成度!

Sponsored Links

 

CIOの充電器まとめ

本記事は「CIOの充電器で買うべきおすすめのモデルを9つ紹介」について書きました。

充電器とひとえにいっても、なにを充電するかや何台同時に充電したいのかで選ぶモデルは変わるので、僕のように複数台使い分けるのもおすすめです。

CIOほどバリエーション豊かであれば、自身にぴったりの充電器が見つかると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

製品名 サイズ 重量 出力ポート数 出力
CIO PD20W1C1A
約28 x 28 x 30mm 約35g 2(USB-A x 1 / USB-C x 1) USB-A:最大18W
USB-C:最大20W
※ポート合計20W出力
CIO NovaPort DUO 30W
約45 x 36 x 28 mm 約71g 2(USB-C x 2) USB-C:各ポート最大30W
※ポート合計40W(20W+20W)出力
CIO NovaPort SOLO 45W
約45 x 36 x 28 mm 約71g 1(USB-C x 1) USB-C:最大45W
CIO NovaPort DUO 45W
約45 x 36 x 28 mm 約63g 2(USB-C x 2) USB-C:各ポート最大45W
※ポート合計40W(20W+20W)出力
CIO G65W1C
約40 x 50 x 28 mm 約87g 1(USB-C x 1) USB-C:最大65W
CIO Lilnob
約66 x 30 x 42 mm 約105g 3(USB-A x 1 / USB-C x 2) USB-A:最大30W
USB-C:各ポート最大65W
※ポート合計60W(45W+10W+5W)出力
CIO LilNob Share
約50 x 51 x 30 mm 約111g 4(USB-A x 1 / USB-C x 3) USB-A:各ポート最大30W(合計最大15W)
USB-C:最大65W(合計最大40W)
※ポート合計65W(20W+20W+15W)出力
‎CIO G100W2C
約67 x 32 x 68 mm 約195g 2(USB-C x 2) USB-C:各ポート最大100W
※ポート合計90W(45W+45W)出力
‎CIO Lilnob 3C1A
約60 x 29 x 75 mm 約214g 4(USB-A x 1 / USB-C x 3) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-C(3):最大30W
USB-A:最大30W
※ポート合計90W(45W+30W+15W)出力
YouTube
動画でも紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。