Amazonチャージで1000円キャンペーン

【cheero Power Plus 5 15000mAhレビュー】ノートPCとスマホを2台同時に急速充電できるモバイルバッテリー【CHE-106】

どうも、モバイルバッテリーにあふれマクリン( @Maku_ring)です。

モバイルバッテリーを選ぶ上で悩むのがバッテリー容量

10,000mAhは容量面、20,000mAhは重量面でときに不満を感じることがあります。

そこでおすすめなのが、バッテリー容量・持ち運びやすさの双方を両立できる15,000mAhクラスのモバイルバッテリーです。

15,000mAhのモバイルバッテリーは多くありませんが、その中でも実用性と高級感を兼ね備えたモデルが、cheeroチーロの「cheero Power Plus 5 15000mAh」。

cheero Power Plus 5 15000mAhは、最大45W入出力のPD対応USB-Cと最大12W出力のUSB-Aを備え、2台接続時も最大57Wでそのまま出力できるパワフルモバブです。

マクリン
アルミ外装で手触りもいいモバイルバッテリーですよ!

そんなわけで本記事は「【cheero Power Plus 5 15000mAhレビュー】ノートPCとスマホを2台同時に急速充電できるモバイルバッテリー【CHE-106】」について書いていきます。

ご提供品
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。
 

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンです。ガジェット8割・家電2割の比率で、さまざまな商品をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

cheero Power Plus 5 15000mAhの外観と付属品

cheero Power Plus 5 15000mAh」は、15,000mAhのモバイルバッテリーです。

cheero Power Plus 5 15000mAhの外観

15,000mAhは、iPhone 11 Proなら約3.5回、iPad Proも約1.4回充電できるちょうどいい容量。

本体カラーはブラックのみですが、外装がアルミケースで高級感ある光沢とひんやりした触感をまとっています。

cheero Power Plus 5 15000mAhの外装はアルミ

マクリン
アルミボディのモバイルバッテリーは珍しいので、所有欲も上がりマクリンまくり
 
本体&デバイス充電用に最大45W入出力のPD対応USB-C、デバイス充電用に最大12W出力のUSB-Aを備え、なかなかの高出力。

cheero Power Plus 5 15000mAhはUSB-CとUSB-A搭載

中でも45Wは、MacBook AirやUSB-C充電対応のノートPCでも急速充電できるワット数です。

サイズは約110 x 68 x 25mmと、手のひらにちょうど収まる大きさとなっています。

cheero Power Plus 5 15000mAhのサイズは約110 x 68 x 25mm

重量は約310gで、重すぎず軽すぎずといったところ。

cheero Power Plus 5 15000mAhの重量は約310g
 
天面にはデジタルインジケーターを搭載しています。

cheero Power Plus 5 15000mAhはデジタルインジケーター搭載
 
側面の電源ボタンを押すことで、バッテリー残量が1%刻みで表示されるため、明快かつ正確に確認することができます。


 
同梱品はバッテリー本体にPD対応USB-Cケーブルです。

cheero Power Plus 5 15000mAhの付属品

cheero Power Plus 5 15000mAhはポート合計57Wで2台同時の急速充電可能

cheero Power Plus 5 15000mAhのPD対応USB-Cは、本体充電とデバイス充電の両方に対応しています。

cheero Power Plus 5 15000mAhのUSB-Cは最大45Wの入出力に対応
 
45W以上のPD対応USB充電器(例えばcheero 2 port PD Charger)と付属のUSB-Cケーブルを組み合わせることで、わずか1.5時間の急速満充電が可能です。

マクリン
充電時もバッテリー残量が明確に分かるのは便利ですね!
 
こちらのUSB-Cは最大45W出力でもあるため、MacBook AirやUSB-C充電対応のノートPCであっても急速充電することができます。

cheero Power Plus 5 15000mAhはMacBook AirやUSB-C充電対応のノートPCであっても急速充電可能
 
MacBook Pro充電時の出力値はちょうど最大出力の45.0Wで、しっかり充電されていることが確認できました。

cheero x MacBook Pro(45.0W)

 
さらに「Anker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブル」と組み合わせることで、iPhone 11 Proがわずか45分で最大75%まで充電できちゃいます。

cheero Power Plus 5 15000mAhはiPhone 11 Proがわずか45分で最大75%まで充電可能
 
iPhone 11 Pro充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、20W近い値を示していました。

cheero x iPhone(19.3W)

マクリン
毎分1%ちょっと増えるスピードで、バッテリーがガンガン回復していきますよ!

cheero Power Plus 5 15000mAhのUSB-Aは最大12W出力で、タブレットまでの充電に対応しています。

cheero Power Plus 5 15000mAhのUSB-Aは最大12W出力に対応

AUTO-IC機能搭載で接続された機器を自動検知し、最大2.4Aまでの範囲で適切な電流を流すことができます。

出力アンペア数をUSB電流電圧テスターで計測した結果、iPadで電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

cheero x iPad(1.57A)

急速充電の電流値

  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 

cheero Power Plus 5 15000mAhは、2ポート合計最大57Wの出力に対応しています。

cheero Power Plus 5 15000mAhは2ポート合計最大57W出力に対応

57Wは、PD対応USB-C(最大45W)とUSB-A(最大12W)を合わせたワット数と同値。
 

マクリン
つまり2台同時につなげてもフルスピードで充電できます!

MacBook Air + iPhoneの組み合わせでも急速充電できます。

cheero Power Plus 5 15000mAhはノートPCとスマホの同時急速充電可能

USB-C(45W)/ USB-A(5W)

コンパクトかつ最大57Wでパワフル。

cheero Power Plus 5 15000mAhは、2ポートタイプでファーストチョイスになりえる大容量モバイルバッテリーです。

Sponsored Links

 

cheero Power Plus 5 15000mAhレビューまとめ

本記事は「【cheero Power Plus 5 15000mAhレビュー】ノートPCとスマホを2台同時に急速充電できるモバイルバッテリー【CHE-106】」について書きました。

cheero Power Plus 5 15000mAhは、最大45W入出力のPD対応USB-Cと最大12W出力のUSB-Aを備え、2台接続時も最大57Wで出力できるモバイルバッテリーです。

アルミボディで美しく、バッテリー残量も1%刻みで正確に分かります。

マクリン
15,000mAhクラスなので、バッテリー容量も持ち運びやすさも抜かりなし!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【Anker PowerCore 15000 Reduxレビュー】ありそうでなかった15000mAhクラスのモバイルバッテリー 【cheero Power Plus 5 Stick 5000mAhレビュー】最大18W出力の2ポート搭載スティック型モバイルバッテリー【CHE-108】 【cheero Power Plus 5 20000mAh Premiumレビュー】最大出力90Wで3台同時に急速充電できる最強モバイルバッテリー【CHE-109】 【大容量】おすすめの10000mAhモバイルバッテリー9製品! 【超大容量】おすすめの20000mAhモバイルバッテリー人気8選【ノートPC充電可能】 【2020年】おすすめのモバイルバッテリーとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ