アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

2019年買ってよかった、おすすめの小型USB充電器9選!

 

どうも、10台以上の充電器を所有するマクリン( @Maku_ring)です。

 

マクリン
今年もたくさんの充電器を買っちゃいました!
 
ヨメ
充電する物より充電器のほうがあきらかに多くない !?
 
マクリン
(……ギクッ!)
 

新しいモノが出たら思わず買ってしまうワタクシなので「これは買うべきじゃなかったな……」という失敗をたくさん経験してきました。

数々の失敗を経て、いまも使い続けているUSB充電器は、本当の意味でおすすめできるものです。

そんなわけで本記事は「2019年買ってよかった、おすすめの小型USB充電器9選!」について書きました。
 

おすすめの小型USB充電器9選

ひとえにUSB充電器といっても、携帯性を重視したものから大型までさまざまなタイプがあります。

いろいろな種類を使ってみて、僕が行き着いた「使いやすいUSB充電器」は以下のとおりです。

使いやすいUSB充電器

  • 小型である
  • ポート数は最大4口まで
  • 高出力である

 
持ち運ぶことも視野に入れた場合、小型であることは必須。

また、USBポート数は5つ以上あったところで、同時に使う機会は案外少なく、4口までが実用的です。

それから出力(ワット数)は、デバイスの充電速度にかかわる大事な要素になってきます。

それでは数あるUSB急速充電器から、僕も愛用している「おすすめの小型USB充電器」に絞ってご紹介します。
 

1. RAVPower RP-PB125

RAVPower RP-PB125」は6,700mAhのモバイルバッテリー搭載USB急速充電器です。

RAVPower RP-PB125の外観
 

本体に折り畳みプラグを備え、USB充電器として使うこともできます。

RAVPower RP-PB125は折り畳みプラグを備えUSB充電器としても使える
 

マクリン
これまでバッテリーと充電器の2つを持ち歩いてましたが、こちらを買ってからひとつで済んでます!
 

バッテリー容量はちょうどいい6,700mAhであり、iPhone XSなら約1.5回分の充電が可能です。

RAVPower RP-PB125は6,700mAhのバッテリー容量
 

Ankerの同タイプバッテリー「PowerCore Fusion 5000」に比べ、容量が約1.3倍あるにもかかわらず、重さはほとんど変わりません。

RAVPower RP-PB125の重さ
PowerCore Fusion 5000の重さ
マクリン
容量は増やしたいけど、重さはできるだけ増やしたくないですもんね!
 
本体充電用にMicro USB x 1、デバイス充電用にUSBタイプA x 2を備えています。

RAVPower RP-PB125はUSBタイプA x 2を搭載

マクリン
USB端子が2つあると使いやすいですね!
 

USB端子にはiSmart 2.0という技術を搭載しており、デバイスに合わせて最適な電流で充電することが可能です。

スマホとタブレットで、いずれも電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

RAVPower x スマホ(0.93A)

RAVPower x タブレット(1.51A)

急速充電のアンペア数

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 

低電力モードも備えており、Bluetoothブルートゥースイヤホンなど、電流値を控えめにすべきデバイスの充電にも配慮しているのは大変ありがたいです。

RAVPower RP-PB125は定電流モード搭載で

 
またバッテリー表示ボタンを押すことで、4段階のLEDインジケーターからバッテリー残量を細かく確認できるようになっています。

RAVPower RP-PB125は4段階のLEDインジケーター付き

LED1個点滅 5%未満
LED1個点灯 5〜25%
LED2個点灯 26〜50%
LED3個点灯 51〜75%
LED4個点灯 76〜100%
 
マクリン
かゆいところに手が届いた設計ですね!

RP-PB125の比較レビューはこちら

【RAVPower RP-PB125比較レビュー】Ankerより大容量のACプラグ搭載6700mAhモバイルバッテリー  

2. DART

出張時にかさばるノートパソコンのACアダプターを、どうにかして小型軽量にしようと見つけたのがこちら。

手のひらサイズのノートPC用互換ACアダプター【DART】

世界最小・最軽量の互換ACアダプター「Dart」です。

重さも300g以上あった純正アダプターに対し、Dartはわずか85g

ガラケーよりもひと回り小さく、圧倒的なコンパクトサイズです。

DARTはガラケーよりもひと回り小さい
 
PCと接続するプラグは9種類付属しており、交換することで幅広いPCに対応することができます。

DARTの交換プラグは9種類付属
 
また、ケーブルにはスマホ・タブレット充電用のUSB端子まで搭載しています。

DARTはスマホ充電用のUSB端子を備えている
 
PCとタブレットを同時に接続しても、コンセントが1つで済み、しかもPCのUSBポートを消費しないのは大きなメリット。

DARTはPCとスマホを同時接続してもコンセントが1つで済む
 

Macに現状対応していないのは唯一残念なポイントですが、DartはWindowsパソコンをお使いであれば、迷わず買うべき逸品です。

DARTの詳細レビューはこちら

【DARTレビュー】ノートPC用の最軽量ACアダプターはビジネスマンの必需品

 

3. Anker PowerPort Ⅱ PD

MacBook純正のACアダプターはやや大きめ。

そんなACアダプターの代わりに使えて、かつ高機能なUSB充電器があります。

それが「Anker PowerPort Ⅱ PD」です。

Anker PowerPort Ⅱ PD
 

こちらのUSBタイプC端子は、大容量の給電規格「Power Delivery(PD)」に対応しており、最大30Wの出力が可能です。

Anker PowerPort Ⅱ PDはUSBタイプAとタイプC端子を搭載

マクリン
MacBook Airなら急速充電、MacBook Proでも通常充電できるワット数なんですよ!
 
特筆すべきは、純正のアダプターよりもひと回り小さいコンパクトデザイン

Anker PowerPort Ⅱ PDはMacBook Pro純正アダプターよりひと回り小さいコンパクトデザイン
 
折りたたみプラグ式なのも使いやすい点です。

Anker PowerPort Ⅱ PDは折りたたみプラグ式

 
Anker PowerPort Ⅱ PDが素晴らしいのは、コンパクトでありながら、PD対応のUSBタイプCにくわえタイプAまで備えていることです。

Anker PowerPort Ⅱ PDはPD対応のUSB-CとタイプA搭載

こちらのタイプA端子には、Ankerの独自技術「PowerIQ 2.0」を搭載しています。

PowerIQ 2.0とは平たく書くと「QC(Quick Charge)対応品もふくめた全てのデバイスに合わせ、急速充電に最適な電流値を自動調整してくれる賢い機能」。
 

マクリン
これ一台でMacBook ProとiPhoneが充電できちゃう!
 
僕のようにMacBook Proを外へ持ち出す機会の多い人は、迷わず買うべき一品です。

Anker PowerPort Ⅱ PDレビューはこちら

【Anker PowerPort ll PDレビュー】MacBookとスマホ同時充電可の小型ACアダプター  

4. AUKEY PA-Y10

前述のAnker PowerPort Ⅱ PDよりさらに軽量小型のUSB-C充電器が「AUKEY PA-Y10」です。

AUKEY PA-Y10は小型のUSB-C充電器
 
サイズは62 x 62 x 27mmで、高出力タイプのUSB-A搭載USB-C充電器としては最小となっています。

AUKEY PA-Y10はAnker PowerPort ll PDよりも小さい設計
 

重さも純正アダプターの195g、Ankerの151gに対し、AUKEY PA-Y10は136gと最軽量におさえています。

MacBook Proの純正アダプターの重さ
Anker PowerPort ll PDの重さ
AUKEY PA-Y10の重さ

USBタイプC端子は、大容量の給電規格「PD」に対応しており、最大46Wの出力が可能です。

AUKEY PA-Y10はUSB-AとUSB-Cを搭載
 

MacBook Pro純正アダプターの最大ワット数、61Wにはおよびませんが、サイズから考慮すると、AUKEYの46Wはかなり健闘しています。

MacBook Pro純正アダプターとAUKEY PA-Y10
 

ためしにUSB-C電圧電流チェッカーでワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、両者はほぼ変わらない値を示していました。

AUKEY(36.7W)

Mac純正(35.2W)

マクリン
これでMacBookの充電も安心!

USBタイプA端子には、AUKEYの電流検知システム「AiPowerテクノロジー」を採用しています。

AUKEY PA-Y10はUSBタイプA端子も搭載

スマートチップを内蔵しているため、接続された端末に必要な電流を自動検知できます。
 

マクリン
つまり、どのデバイスにも最適な電流を流せるということ!
注意
iPad・iPhone・Android端末を急速充電可能ですが、Anker PowerPort Ⅱ PDが対応しているQuick Chargeには非対応ですので、ご留意ください。
 
軽量コンパクトにして高機能。

AUKEY PA-Y10は、USBタイプCとタイプA対応のデバイスをお持ちであれば、迷わず買うべきUSB充電器です。

AUKEY PA-Y10レビューはこちら

【AUKEY PA-Y10レビュー】USB-CとUSB-Aを兼ね備えた軽量小型のPD対応充電器【46W】  

5. RAVPower RP-PC104

世界最薄のPD対応急速充電器「RAVPower RP-PC104」です。

最大出力45Wであり、12インチMacBookならば急速充電、MacBook Proでも通常充電できる高出力。

RAVPower RP-PC104

MEMO
iPad Pro、Galaxy、Nintendo Switchにも急速充電可能です。
 
折りたたみプラグ式なのでプラグ部分がきれいに格納でき、持ち運びしやすいです。

RAVPower RP-PC104は折りたたみプラグ式
RAVPower RP-PC104は折りたたみプラグ式
 
特筆すべきはそのコンパクトさ

RAVPower RP-PC104はコンパクトサイズ
 

13インチMacBook Proの純正アダプター(61W)と比較しても、その差は歴然です。

RAVPower RP-PC104とMacBook Proの純正アダプターをサイズ比較
 

厚みにいたっては約半分

RAVPower RP-PC104はMacBook Pro純正アダプターの半分の厚み

マクリン
重さも純正アダプターの220gに対し、RAVPower RP-PC104はなんと80g
 
我が家のMacBook Proに差したところ、充分な速度で充電できることが確認できました。

RAVPower RP-PC104はMacBook Proも通常充電可能
 

USB-C電圧電流チェッカーでRP-PC104のワット数を比較したところ35Wであり、高い出力値を示していました。

RAVPower(35.1W)

いま小型の高出力PDチャージャーを買うなら、最新技術の詰まったRAVPower RP-PC104を全力でおすすめします。

RAVPower RP-PC104レビューはこちら

【窒化ガリウムUSB-C充電器レビュー】RAVPower RP-PC104はMacBookも充電できる小型PDチャージャー【45W】  

6. Anker PowerPort Atom PD 1

世界最小・最軽量のPD対応急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」です。

最大出力は30Wであり、MacBook・MacBook Airならば急速充電できる高出力です。

Anker PowerPort Atom PD1はコンパクトサイズのUSB-C急速充電器

MEMO
iPad Pro、iPhone、Galaxy、Nintendo Switchなどにも急速充電可能です。
 

前出のRP-PC104と同じく、最大の特長はそのコンパクトさ

Anker PowerPort Atom PD1はコンパクトサイズ
 
幅35mm x 奥行41 x 高さ55mmであり、ノートPCまで充電できるアダプターとして世界最小サイズ

Anker PowerPort Atom PD1のサイズは幅35mm x 奥行41 x 高さ55mm
 
MacBook・MacBook Airの純正アダプター(30W)と比べても、ひと回り小さいです。

Anker PowerPort Atom PD1とMacBook Proの純正アダプターをサイズ比較
Anker PowerPort Atom PD1とMacBook Proの純正アダプターをサイズ比較

重さも純正アダプターの106gに対し、同じ出力にもかかわらず、約半分の54gという超軽量設計です。


Anker PowerPort Atom PD1の重さ

MacBook Proも充分な速度で充電できていました。

Anker PowerPort Atom PD1はMacBook Proも通常充電可能
 

MEMO
MacBook Pro(13インチ)は約2.5時間でフル充電が可能です。


 

USB-C電圧電流チェッカーでAnker PowerPort Atom PD1のワット数を比較したところ25.7Wであり、30W純正アダプター(25.8W)とほぼ変わらない高出力を示していました。

Anker PowerPort Atom PD1(25.7W)

30W USB-C電源アダプタ(25.8W)

マクリン
これぞまさに手のひらサイズの未来

Anker PowerPort Atom PD 1レビューはこちら

【Anker PowerPort Atom PD 1レビュー】MacBookも充電できる30Wの超小型USB PD充電器は窒化ガリウム採用  

7. RAVPower RP-PC108

USB-C&Aの2ポートで最小最軽量クラスの急速USB充電器が「RAVPower RP-PC108」です。

RAVPower RP-PC108
 

最大出力18WのPD対応USB-CとQC対応USB-Aを備え、iPad ProやiPhone XSをふくめ、全てのスマホ・タブレットに急速充電が可能。

RAVPower RP-PC108は2ポートタイプの急速USB充電器
 
折りたたみプラグ式なのでプラグ部分が格納でき、携帯に適しています。

RAVPower RP-PC108は折りたたみプラグ搭載
 

RAVPower RP-PC108の特筆すべき点が、USB-C&Aの2ポートとして業界最小・最軽量クラスであること。

RAVPower RP-PC108はUSB-C&A搭載の2ポートで最小・最軽量クラス

マクリン
サイズはわずか49 x 49 x 30mm

前述のAnker PowerPort ll PD(65 x 65 x 30mm)AUKEY PA-Y10(62 x 62 x 27mm)をも上回るスモール設計となっています。

RAVPower RP-PC108はAnker PowerPort ll PDやAUKEY PA-Y10よりも小型
 

重さもAnkerの151g、AUKEYの136gに対し、RAVPower RP-PC108は68gと約半分におさえています。

Anker PowerPort ll PDの重さ
AUKEY PA-Y10の重さ
RAVPower RP-PC108の重さ
注意
ただしUSB-Cの出力は、Anker PowerPort ll PDが最大30W、AUKEY PA-Y10が最大46Wであり、これらはMacBookの充電にも対応しています。
 

PD対応USB-CでiPhone XSを充電した際のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、最大値にせまる値を示していました。

RP-PC108 x スマホ(14.5W)

マクリン
高出力のおかげで、iPhone XSなら約2時間でフル充電できますよ!

RAVPower RP-PC108はUSB-Cにくわえ、QC 3.0対応のUSB-Aも備え、こちらも最大18Wに対応しています。

例えばQC対応のAndroidスマホGalaxyなら、RAVPower RP-PC108を使えば、2時間を切る速度でフル充電までもっていくことができます。

ですが、QC非対応のiPhoneでも充分速く、スマホの急速充電に必要な10W以上の値が出ていました。

RP-PC108 x スマホ(11.1W)

またRAVPower RP-PC108は「iSmart 2.0」に対応しており、接続された端末を自動判別し、各デバイスに適切な電流を流してくれます。
 

マクリン
つまり、どのデバイスにも最適な電流を流せますよ

ガラケーとタブレットいずれも、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

RP-PC108 x ガラケー(2.33W)

RP-PC108 x タブレット(11.9W)

 
2台接続時のUSBは各最大15Wに制限されますが、USB-Cのワット数は約10Wであり、USB-A未使用時(11.1W)と値がほとんど変わらず、2台同時の急速充電が確認できました。

RP-PC108 x スマホ(10.1W)

軽量小型にして高出力。

RAVPower RP-PC108は、スマホ・タブレット・モバイルWi-Fiなど、充電デバイスが複数台あっても頼りになるUSB急速充電器です。

RAVPower RP-PC108レビューはこちら

【RAVPower RP-PC108レビュー】PD対応USB-CとQC対応USB-A搭載の超小型急速充電器  

8. RAVPower RP-PC060

3ポートタイプのUSB急速充電器「RAVPower RP-PC060」です。

RAVPower RP-PC060は3ポートUSB急速充電器で最小・最軽量クラス
 
USB-Cは最大出力18W、USB-Aは各ポート最大12W(合計15W出力)で、iPad ProやiPhone XSなどに急速充電できる高出力です。

RAVPower RP-PC060は3ポートタイプのUSB急速充電器
 
折りたたみプラグ式なのでプラグ部分が格納でき、持ち運びに適しています。

RAVPower RP-PC060は折りたたみプラグ搭載
 
3ポートタイプとして業界最小・最軽量クラスで、2ポートタイプのAUKEY PA-Y10より、ポート数が多いにも関わらず、横幅はさらにスリムに仕上がっています。

RAVPower RP-PC060はAUKEY PA-Y10よりもポート数が多い
RAVPower RP-PC060はAUKEY PA-Y10よりも小型

重さも105gと軽量設計です。

RAVPower RP-PC060の重さ
 
USB-Cは大容量の給電規格「PD」対応で、最大18Wの出力が可能

RAVPower RP-PC060は高機能なUSB-AとUSB-C搭載
 
iPhone XS充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、10Wを余裕で超える値を示していました。

RP-PC060 x スマホ(13.2W)

マクリン
この高出力のおかげで、iPad Proは約2時間45分、iPhone XSなら約2時間でフル充電できますよ!

またRAVPower RP-PC060は、「iSmart 2.0」に対応する各ポート最大12W出力のUSB-Aを2つ搭載しています。

出力アンペア数を計測した結果、ガラケーとスマホ・タブレットのいずれも、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

RP-PC060 x ガラケー(2.84W)

RP-PC060 x スマホ(7.88W)

RP-PC060 x タブレット(10.8W)

 

RAVPower RP-PC060は3ポート合計で最大33W出力であり、スマホ・タブレットの3台同時充電に対応しています。

MEMO
3台接続時のUSB-Cは最大18Wのままですが、USB-Aは2ポート合計最大15Wに制限されます。
 
マクリン
このサイズで3台同時充電できるのは画期的!
 
実際に3台接続してみましたが、USB-Cのワット数は約13Wであり、USB-A未使用時(13.2W)と値がほとんど変わらず、3台同時充電可の実力はホンモノでした。

RP-PC060 x スマホ(13.1W)

 
軽量コンパクトにして1台で3つのデバイスに充電可能。

RAVPower RP-PC060は、スマホ・タブレット・モバイルWi-Fiなど、複数の端末を充電する人には頼りになるUSB急速充電器です。

RAVPower RP-PC060レビューはこちら

【RAVPower RP-PC060レビュー】PD対応USB-CとUSB-Aを搭載するコンパクトな3ポートUSB急速充電器  

9. Anker PowerPort Atom PD 4

4ポートタイプのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」です。

Anker PowerPort Atom PD4は4ポートタイプのUSB急速充電器
 
 
PD対応USB-CとUSB-Aを2つずつ搭載しています。

Anker PowerPort Atom PD4はUSBタイプCポートとUSBタイプAポート x 2を搭載
 
PD対応USBの出力値として規格上限かつAnker史上最大の100W出力に対応しています。

Anker PowerPort Atom PD4は最大100Wの高出力

15インチMacBook Proの電源アダプターですら87Wで、しかもポート数はUSB-Cひとつ。
 

マクリン
Anker PowerPort Atom PD 4の出力値と拡張性の高さがよく分かりますね!

決して小型ではありませんが、100W出力かつ4ポートを踏まえると、110 x 85 x 34mmのパスポートサイズに抑えたのは、企業努力を感じます。

Anker PowerPort Atom PD4は110 x 85 x 34mmのパスポートサイズ
 

ポート数はちょうど「(左)AUKEY PA-Y10」と「(中)Anker PowerPort ll PD」を合体したイメージ。

Anker PowerPort Atom PD4のサイズ比較

これらのワット数がそれぞれ30Wと46Wで、両者を合わせてもAnker PowerPort Atom PD 4の100Wにはおよびません。

マクリン
Anker PowerPort Atom PD 4がいかにコンパクト設計なのか分かります!
 
 
重量は本体約370gでケーブル約90gなので、大きめ(20,000mAh)のモバイルバッテリーくらい。

Anker PowerPort Atom PD 4本体の重量
Anker PowerPort Atom PD 4ケーブルの重量
 
PD対応USB-Cは、ポート1つでも最大100W出力を実現するすぐれもの。

Anker PowerPort Atom PD4のPD対応USB-C
 
しかし、高出力機器を使用するにあたり、ひとつ注意すべきことがあります。

それはケーブルも100W対応のものを選ぶ必要があるということ。

100W対応のケーブル

充電器がいくら100W対応であったとしても、それを通すケーブルが対応していないと、出力値をそのまま発揮することができないからです。

ちなみにPD対応USB-CでMacBookを充電したところ、30Wあれば充分(純正アダプターが30W仕様)なのに対し、むしろ少し超える出力であり、実力の高さを感じさせる結果となりました。

ANKER x MacBook(約31.4W)

 

続いて「Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」を用い、USB-CからiPhone XSとiPadを充電しました。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル

こちらのケーブルを使うことで、USB PDの高出力をそのままiPhone・iPadといったLightning端子への充電に活かすことができます。
 

マクリン
つまり、従来のUSB充電よりも高速充電が可能となりますよ!
 
出力値を確認したところ、iPhoneでは8.0W(4.86V/1.64A)、iPadでは11.9W(4.82V/2.47A)も出ていました。

ANKER x iPhone(約8.0W)

ANKER x iPad(約11.9W)

通常のUSB充電では、スマホ5W(5V/1A)・タブレット7.5W(5V/1.5A)で急速充電が可能であることを踏まえると、かなりの高速充電となります。

公称だとUSB PD充電は通常のUSB充電よりも約1時間短縮できるとされています(体感でも毎分1%回復していくので同等のイメージ)。


 
最大12W出力のUSB-Aは「PowerIQ」というAnkerの独自技術を搭載しています。

Anker PowerPort Atom PD4はPowerIQ対応USB-A搭載

PowerIQとは平たく書くと「デバイスに応じ、最大2.4Aまでの範囲の適切な電流値で充電する機能」です。
 

マクリン
つまり、どのデバイスにもベストマッチの電流を流せるということ!
注意
iPad・iPhone・Android端末を急速充電可能ですが、PowerIQはQuick Chargeには対応しておりませんので、ご留意ください。
 
スマホ・タブレットでは、以下のアンペア数を出力できれば、急速充電が可能です。

急速充電の電流値

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 
ガラケー・iPhone・iPadいずれも、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

ANKER x ガラケー(0.55A)

ANKER x iPhone(1.17A)

ANKER x iPad(2.23A)

またAnker PowerPort Atom PD 4は、4ポート合計でも最大100W出力の設計となっています。

Anker PowerPort Atom PD 4は4ポート合計でも最大100W出力の設計
 
15インチMacBook Proは最大87Wですが、ほとんどのノートPCは最大45Wに収まります。

つまり、100Wもあれば「ノートPCを2台充電しつつ、残りの2ポートでスマホ充電」なんてことも1台の充電器で実現するのです。

Anker PowerPort Atom PD4は最大100W

マクリン
4台同時につなげても、ほとんどの組み合わせでフルスピード充電できちゃいます!

ためしに4台接続したところ、MacBook/MacBook Air/iPad/iPhoneの組み合わせでも、MacBookにつないだUSB-Cのワット数は約22W。

最大100Wの余裕を感じる懐の大きさでした。



コンパクトにして史上最大のパワフルさ。

Anker PowerPort Atom PD 4は、複数のUSB機器を一気に高速充電するのであれば、現状最強レベルのUSB充電器です。

Anker PowerPort Atom PD 4レビューはこちら

【Anker PowerPort Atom PD 4レビュー】最大100W出力対応の4ポートUSB急速充電器【USB-C&A搭載】  

おすすめの小型USB充電器まとめ

本記事は「2019年買ってよかった、おすすめの小型USB充電器9選!」について書きました。

ひとえに充電器といっても、充電したいデバイスやUSB端子の種類によって、その特徴はさまざまです。

用途とデバイスに合わせ、最適な充電器を見つけてください。

僕みたいに複数台持つのもおすすめですw

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【Anker PowerPort Atom PD 4レビュー】最大100W出力対応の4ポートUSB急速充電器【USB-C&A搭載】 【RAVPower RP-PC060レビュー】PD対応USB-CとUSB-Aを搭載するコンパクトな3ポートUSB急速充電器 【RAVPower RP-PC108レビュー】PD対応USB-CとQC対応USB-A搭載の超小型急速充電器 【Anker PowerPort Atom PD 1レビュー】MacBookも充電できる30Wの超小型USB PD充電器は窒化ガリウム採用 【窒化ガリウムUSB-C充電器レビュー】RAVPower RP-PC104はMacBookも充電できる小型PDチャージャー【45W】 【AUKEY PA-Y10レビュー】USB-CとUSB-Aを兼ね備えた軽量小型のPD対応充電器【46W】 【Anker PowerPort ll PDレビュー】MacBookとスマホ同時充電可の小型ACアダプター 【DARTレビュー】ノートPC用の最軽量ACアダプターはビジネスマンの必需品 【RAVPower RP-PB125比較レビュー】Ankerより大容量のACプラグ搭載6700mAhモバイルバッテリー 2019年買ってよかった、おすすめのモバイルバッテリー11選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です