Amazonチャージで1000円キャンペーン

【おすすめ】今すぐ買うべきUSB急速充電器17選【スマホからPCまで】

USB充電器
本体をコンセントに差し、1つあるいは複数のデバイスとケーブルで接続して充電するUSB機器

どうも、50台以上の充電器を所有するマクリン( @Maku_ring)です。
 

マクリン

今年もたくさんの充電器を買っちゃいました!
 
充電する物より充電器のほうがあきらかに多くない !?

ヨメ

 

マクリン

(……ギクッ!)
 
新しいモノが出たら思わず買ってしまうワタクシなので「これは買うべきじゃなかったな……」という失敗をたくさん経験してきました。

数々の失敗を経て、いまも使い続けているスマホのUSB充電器は、本当の意味でおすすめできるものです。

そんなわけで本記事は「【おすすめ】今すぐ買うべきUSB急速充電器17選【スマホからPCまで】」について書きました。

MEMO
YouTubeでも使用感をまじえて紹介しています。

 

1ポートタイプのおすすめUSB充電器

ひとえにUSB充電器といっても、携帯性を重視したものから大型までさまざまなタイプがあります。

いろいろな種類を使ってみて、僕が行き着いた「使いやすいスマホのUSB充電器」は以下のとおりです。

使いやすいUSB充電器

  • 小型である
  • ポート数は最大4口まで
  • 高出力である

 
持ち運ぶことも視野に入れた場合、小型であることは必須。

また、USBポート数は5つ以上あったところで、同時に使う機会は案外少なく、4口までが実用的です。

それから出力(ワット数)は、デバイスの充電速度にかかわる大事な要素になってきます。

それでは数あるスマホのUSB急速充電器から、まずは1ポートタイプを紹介します。

 

cheero USB-C PD Charger 18W mini

cheero USB-C PD Charger 18W mini」は、急速充電規格「USB PD(USB Power Delivery)」に対応するUSB-C急速充電器です。

cheero USB-C PD Charger 18W miniは最大18W出力のUSB-C急速充電器

最大出力は18Wであり、iPhone 11 ProやiPadはもちろん、iPad Proも急速充電できる充分な出力をそなえています。

本製品最大の特徴が、折りたたみプラグながら18Wクラスで世界最小サイズを実現したことです。

サイズは約40 x 40 x 25mmで、5W出力の充電器といわれても信じちゃうくらいの極小サイズにおさまっています。


 
同出力であるiPhone・iPad Pro純正アダプタと比べると、プラグ部分を除いた筐体きょうたい部よりもひと回り小さいです。

cheero USB-C PD Charger 18W miniとApple 18W USB-C電源アダプタのサイズ比較
 
これまで世界最小であった「Anker PowerPort III Nano」と並べても、cheero USB-C PD Charger 18W miniは折りたたみプラグにすることで、さらに小型化できています。

マクリン
つまり、現時点での世界最小アダプター

世界最軽量はAnker PowerPort III Nanoの約31gにゆずるものの、cheero USB-C PD Charger 18W miniは約45gであり、純正アダプターの25%減を実現しています。

Anker PowerPort III Nanoの重量
cheero USB-C PD Charger 18W miniの重量
Apple 18W USB-C電源アダプタの重量

USB-Cに「Anker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブル」と組み合わせれば、iPhone 11 Proがわずか45分で最大75%まで充電できます。

cheero USB-C PD Charger 18W miniはiPhone 11 Proがわずか45分で最大75%まで充電可能
 
iPhone 11 Pro充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、10Wを超える値を示していました。

cheero x iPhone(10.1W)

 
iPad Pro充電時の出力値は16.6Wであり、最大値に近い値を示し、こちらも急速充電できていることが確認できました。

cheero x iPad Pro(16.6W)

 
世界最小サイズでスマホからタブレットまでフルスピード充電可能。

cheero USB-C PD Charger 18W miniは、18W出力の1ポートタイプで現状もっともおすすめできる充電器です。

cheero USB-C PD Chargerのレビューはこちら

【cheero USB-C PD Charger 18W miniレビュー】世界最小の最大18W出力USB-C急速充電器【CHE-329】  

DART

出張時にかさばるノートパソコンのACアダプターを、どうにかして小型軽量にしようと見つけたのがこちら。

手のひらサイズのノートPC用互換ACアダプター【DART】

世界最小・最軽量の互換ACアダプター「Dart」です。

重さも300g以上あった純正アダプターに対し、Dartはわずか85g

ガラケーよりもひと回り小さく、圧倒的なコンパクトサイズです。

DARTはガラケーよりもひと回り小さい
 
PCと接続するプラグは9種類付属しており、交換することで幅広いPCに対応することができます。

DARTの交換プラグは9種類付属
 
また、ケーブルにはスマホ・タブレット充電用のUSB端子まで搭載しています。

DARTはスマホ充電用のUSB端子を備えている
 
PCとタブレットを同時に接続しても、コンセントが1つで済み、しかもPCのUSBポートを消費しないのは大きなメリット。

DARTはPCとスマホを同時接続してもコンセントが1つで済む
 

Macに現状対応していないのは唯一残念なポイントですが、DartはWindowsパソコンをお使いであれば、迷わず買うべき逸品です。

DARTの詳細レビューはこちら

【DARTレビュー】ノートPC用の最軽量ACアダプターはビジネスマンの必需品

AUKEY PA-Y19

世界最小最軽量の急速充電器「AUKEY PA-Y19」です。

AUKEY PA-Y19は1ポートタイプの30W出力対応USB-C急速充電器
 
折りたたみプラグ式でプラグ部分が格納でき、持ち運びに適しています。

AUKEY PA-Y19は折りたたみプラグ式
 
特筆すべき点は、折りたたみプラグながら30Wクラスで世界最小におさめた超極小サイズであること。

サイズは約30 x 34 x 36mmで、スマホの付属充電器と変わらぬ(むしろ小さいw)サイコロサイズにおさまっています。

AUKEY PA-Y19のサイズは約30 x 34 x 36mm

MacBook Air純正アダプタと比べるとその差は歴然で、約40%の小型化(なんと半分以下!)に成功しています。

AUKEY PA-Y19とMacBook Air純正アダプターのサイズ比較

各社の同クラス充電器と並べても、AUKEY PA-Y19は折りたたみプラグにして、プラグむき出しでサイズを抑えたAnker PowerPort Atom PD 1よりもさらに小さいことが分かります。

30Wクラスの各社のUSB-C充電器

一番上がAUKEY PA-Y19


重量は純正アダプターの約106gに対し、AUKEY PA-Y19は約46gと約半分未満の軽量化を実現し、世界最軽量(約54g)のAnker PowerPort Atom PD 1をも上回る軽さです。

MacBook Airの重量
AUKEY PA-Y19の重量
Anker PowerPort Atom PD1の重量
マクリン
30Wクラスで唯一の40g台なんですよ!
 
USB-Cは最大30W出力に対応しているため、MacBook AirやiPad Pro、一部のノートPCも急速充電することができます。

AUKEY PA-Y19はMacBook AirやiPad Pro、一部のノートPCも急速充電可能
 
MacBook Air充電時の出力値は29.6Wであり、最大値に近い値を示していました。

AUKEY PA-Y19 x MacBook(29.6W)

 
世界最小最軽量でPCふくめ全デバイスにフルスピード充電。

AUKEY PA-Y19は、30W出力の1ポート充電器で携帯性抜群の充電器です。

AUKEY PA-Y19レビューはこちら

【AUKEY PA-Y19レビュー】GaN採用で世界最小最軽量の最大30W出力USB-C急速充電器  

Anker PowerPort Atom III Slim

世界最薄のPD対応急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」です。

Anker PowerPort Atom III Slimは1ポートタイプの30W出力対応USB-C急速充電器

マクリン
表⾯はスタイリッシュなメッシュ加⼯で、デザイン性にもこだわって作られてますよ!
 
最大出力は30Wであり、MacBook Airならば急速充電できる高出力です。

Anker PowerPort Atom III Slimは最大30WでMacBook・MacBook Airならば急速充電できる高出力

MEMO
iPad Pro、iPhone、Galaxy、Nintendo Switchなどにも急速充電可能です。
 
サイズは約75 x 46 x 16mmで、GaN(窒化ガリウム)採用により超薄型サイズにおさまっています。

Anker PowerPort Atom III Slimは指でつまめる極小サイズ
Anker PowerPort Atom III Slimのサイズ

Anker PowerPort Atom PD 1Anker PowerPort III miniと比べると、床置き面積は大きいものの、1.6cmの薄さは断トツで、さすが世界最薄といえる仕上がりになっています。

Anker PowerPort Atom III SlimとAnker PowerPort Atom PD 1とAnker PowerPort III miniのサイズ比較
Anker PowerPort Atom III SlimとAnker PowerPort Atom PD 1とAnker PowerPort III miniのサイズ比較

MacBook Airの純正アダプター(30W)と比べても、その薄さは際立っています。

Anker PowerPort Atom III SlimとMacBook Air純正アダプターのサイズ比較
Anker PowerPort Atom III SlimとMacBook Air純正アダプターのサイズ比較

重量は純正アダプターの約106gに対し、Anker PowerPort Atom III Slimは約57gと約半分の軽量化を実現し、世界最軽量(約54g)のAnker PowerPort Atom PD 1に迫る軽さです。

MacBook Airの重量
Anker PowerPort Atom III Slimの重量
Anker PowerPort Atom PD1の重量

Anker PowerPort Atom III Slimは、最大30W出力のUSB-Cを備えています。

Anker PowerPort Atom III Slimは最大30W出力のUSB-C搭載
 
USB-CにAnker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブルを組み合わせることで、最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応しています。

Anker PowerPort Atom III Slimは最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応
 
USB-C電圧電流チェッカーでiPhone XS充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、10Wを超える値を示していました。

PowerPort Atom III Slim x iPhone(13.8W)

 
USB-Cは最大30W出力に対応しているため、MacBook Airや一部のノートPCも急速充電することができます。

Anker PowerPort Atom III SlimはMacBook Airや一部のノートPCも急速充電できる
 
MacBook Air充電時の出力値は、最大出力に迫る27.8Wであり、PowerIQ 3.0の能力が発揮されていました。

PowerPort Atom III Slim x MacBook(27.8W)

 
世界最薄かつ折りたたみプラグ式で、ノートPCふくめてあらゆるデバイスにフルスピード充電。

Anker PowerPort Atom III Slimは、30W出力の1ポート充電器として大本命の充電器です。

Anker PowerPort Atom III Slimレビューはこちら

【Anker PowerPort Atom III Slimレビュー】GaN採用で世界最薄の最大30W出力USB-C充電器

RAVPower RP-PC112

世界最小・最軽量の60W出力対応PD対応急速充電器「RAVPower RP-PC112」です。

RAVPower RP-PC112はUSB Power Delivery 3.0に対応するUSB-C急速充電器

最大出力は61Wであり、iPhoneやiPad Proはもちろん、MacBook ProやUSB-C給電対応のノートPCまで急速充電できる高出力です。

カラーはブラックホワイトの2色を取りそろえています。

RAVPower RP-PC112のカラーはブラックとホワイトの2色
 
RAVPower RP-PC112最大の特長が、超コンパクトであること

RAVPower RP-PC112は61W出力として世界最小サイズ
 
縦49mm x 横49 x 厚み32mmであり、60WクラスのUSB-C充電器として世界最小サイズです。

RAVPower RP-PC112のサイズは縦49mm x 横49 x 厚み32mm
 
同出力レベルのMacBook Proの純正アダプター(61W)と比べても、約50%の小型化を実現しています。

RAVPower RP-PC112とMacBook Proの純正アダプターをサイズ比較
RAVPower RP-PC112とMacBook Proの純正アダプターをサイズ比較

ちなみにMacBook Airの純正アダプター(30W)と比較しても、RAVPower RP-PC112は2倍の出力にもかかわらず、サイズは下回ってます。

RAVPower RP-PC112とMacBook Airの純正アダプターをサイズ比較
RAVPower RP-PC112とMacBook Airの純正アダプターをサイズ比較

重さは同出力のMacBook Pro純正アダプターの約半分で、半分の出力値のMacBook Air純正アダプターとほぼ同じ、約102gという超軽量設計です。

MacBook Pro純正アダプターの重量
MacBook Air純正アダプターの重量
RAVPower RP-PC112の重量

61Wの高出力なので、MacBook Proなど、パワーが必要なハイスペックのノートPCであっても急速充電することができます。

RAVPower RP-PC112はMacBook Proも急速充電可能

MEMO
MacBook Pro(13インチ)は約100分でフル充電が可能です。

 
USB-C電圧電流チェッカーでRAVPower RP-PC112のワット数を比較したところ、60W純正アダプターと変わらない高出力値を示していました。

RAVPower RP-PC112(47.4W)

61W純正アダプタ(44.4W)

手のひらサイズで全デバイスを急速充電可能。

RAVPower RP-PC112は究極の充電器を体現した理想のチャージャーです。

RAVPower RP-PC112レビューはこちら

【RAVPower RP-PC112レビュー】世界最小サイズの61W出力対応USB-C急速充電器【窒化ガリウムGaN採用】  

Belkin Boost Charge USB充電器 Quick Charge 4+

Belkin Boost Charge USB充電器 Quick Charge 4+」は、高速充電規格「Quick Charge 4+」対応のUSB-Cを搭載するUSB急速充電器です。

Belkin Boost Charge USB充電器 Quick Charge 4+はQC 4+対応USB-C搭載のUSB急速充電器

Quick Charge 4+は、Qualcommクアルコム社が提供する高速充電技術で、業界最速レベルをほこります。

Quick Charge(QC)は他に2.0/3.0/4.0がありますが、このうちQC 2.0とQC 3.0は、スマホ/タブレット側がQCに対応していないと、その高速性を発揮することができませんでした。

Quick Charge 2.0Quick Charge 3.0
最大出力

36W

36W

充電速度

従来と比べて75%急速

30分でスマホ最大50%充電可能

USB-PD互換

なし

なし

下位互換

なし

なし

 
一方QC 4.0ならびに4+は、QC非対応のデバイス(例えばiPhone)であっても、高出力のUSB給電規格「Power Delivery(PD)」に対応しているため、いずれの機器でも高速充電が可能です。

Quick Charge 4.0Quick Charge 4+
最大出力

100W

100W

充電速度

15分でスマホ最大50%充電可能

15分でスマホ最大50%充電可能

USB-PD互換

あり

あり

下位互換

なし

あり

しかも、QC 4+のみ唯一下位互換があるため、スマホ・タブレット側がQC 2.0/3.0/4.0対応でも、それぞれに合わせて急速充電できる万能ぶりを発揮します。
 

マクリン
しかもQC 4+に対応する充電器は、まだBelkin Boost Charge USB充電器 Quick Charge 4+だけなんですよ!
 
カラーはシルバーで、男女選ばぬスタイリッシュなデザインかつQuick Charge 4+の文字が燦然さんぜんと輝いています。

Belkin Boost Charge USB充電器 Quick Charge 4+のカラーはシルバー
 
折りたたみプラグ式でプラグ部分が格納できるため、持ち運びに適しています。

Belkin Boost Charge USB充電器 Quick Charge 4+は折りたたみプラグ式
 
前述のAnker PowerPort Atom PD 1よりやや大きいものの、プラグの出っぱりがない分、すっきり収まるのはメリットです。

Belkin Boost Charge USB充電器 Quick Charge 4+とAnker PowerPort Atom PD 1のサイズ比較
 
MacBook Airの純正アダプター(30W)とサイズはほぼ変わらないものの、重さは約30%の軽量化を実現しています。

Belkin Boost Charge USB充電器 Quick Charge 4とMacBook Airのサイズ比較

Belkin Boost Charge USB充電器 Quick Charge 4+の重さ

USB-CからiPhoneを充電する場合は「Belkin DuraTek Plus USB-C to ライトニングケーブル」がおすすめです。

Belkin DuraTek Plus USB-C to ライトニングケーブル

マクリン
防弾チョッキや消防服にも使われる、高耐久のアラミド繊維を使用してるからめちゃめちゃ丈夫!

こちらのケーブルを組み合わせれば、iPhoneが約15分で50%に到達する高速充電に対応しています。

Belkin Boost Charge USB充電器 Quick Charge 4+は最新のiPhoneでも約15分で50%に到達する高速充電
 

USB-C電圧電流チェッカーでiPhone XS充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、12Wを超える値を示していました。

Belkin x iPhone(12.1W)

マクリン
毎分2%ちょっと増えるスピードで、バッテリーがガンガン回復していきますよ!

USB-Cは最大27W出力に対応しているため、MacBook Airや一部のノートPCでも急速充電することができます。

Belkin Boost Charge USB充電器 Quick Charge 4+はMacBookなど一部のノートPCでも充電可能
 
その出力値はなんと、充電器の最大出力と同じ27Wであり、QC 4+の能力が存分に発揮されていることを実感しました。

Belkin x MacBook(27.6W)

 
軽量コンパクトかつ折りたたみプラグ式で、ノートPCふくめてあらゆるデバイスに高速充電可能。

Belkin Boost Charge USB充電器 Quick Charge 4+は、1ポートタイプの小型充電器として、トータルバランスのすぐれた逸品です。

Belkin Boost Charge USB充電器 Quick Charge 4+レビューはこちら

【Belkin Boost Charge USB充電器 27W Quick Charge 4+レビュー】スマホを15分で50%高速充電可のUSB-C充電器

2ポートタイプのおすすめUSB充電器

実用性の高いUSB充電器が2ポートタイプです。

僕自身、このタイプの使用頻度がもっとも高く、スマホとタブレット、ノートPCとスマホなどの組み合わせで充電することができます。

 

cheero Smart USB Charger 48W

2ポートタイプのUSB急速充電器「cheero Smart USB Charger 48W」です。

cheero Smart USB Charger 48Wは2ポートタイプのUSB急速充電器

USB-Cは最大出力30W、USB-Aは最大18Wで、USB-CはMacBook Airなど一部のノートもふくめて充電が可能な高出力。

同クラスの2ポート充電器である「Anker PowerPort ll PD」や「Belkin BOOST CHARGE USB充電器」よりもスリムに仕上がっています。

Anker PowerPort ll PDとBelkin BOOST CHARGE USB充電器とcheero Smart USB Charger 48Wのサイズ比較
Anker PowerPort ll PDとBelkin BOOST CHARGE USB充電器とcheero Smart USB Charger 48Wのサイズ比較
マクリン
なんと、同クラス最小なんですよ!

重量はAnker PowerPort ll PDの151g、Belkin BOOST CHARGE USB充電器は128gに対し、cheero Smart USB Charger 48Wは117gと抜群の軽さをほこります。

Anker PowerPort ll PDの重量
Belkin BOOST CHARGE USB充電器の重量
cheero Smart USB Charger 48Wの重量

なんなら2ポートにもかかわらず、MacBook Airの純正アダプタとほぼ変わらない重さであり、同クラス最軽量のすごみを感じる結果でした。

MacBook Airの重量
cheero Smart USB Charger 48Wの重量

MacBook Air充電時の出力は、最大値に近い値を示していました。

cheero Smart USB Charger 48WはMacBookなど一部のノートPCでも充電可能

cheero x MacBook(28.4W)

また、USB-CにAnker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブルを組み合わせることで、最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応しています。

cheero Smart USB Charger 48Wは最新のiPhoneでも約30分で50%まで到達する高速充電ができる
 

マクリン
毎分1%ちょっと増えるスピードで、バッテリーがグングン回復していきますよ!

またcheero Smart USB Charger 48Wは、最大18W出力のQC 3.0対応USB-Aを搭載しています。

cheero Smart USB Charger 48Wは最大18WのQC 3.0対応USB-A搭載

Quick Charge(QC)
QCとはスマホ・タブレットを高速充電できる規格で、QC 3.0なら通常USB充電の約4倍の速さで満充電が可能です。ただしスマホ・タブレットが、QCに対応している必要があります。Apple製品はQC対応品ではありません。

例えばQC対応のAndroidスマホGalaxyなら、cheero Smart USB Charger 48Wを使えば、2時間を切る速度でフル充電までもっていくことができます。

ですが、QC非対応のiPhoneでも充分速く、スマホの急速充電に必要な5W以上の値が出ていました。

cheero x iPhone(7.7W)

 
2ポート接続時の出力は最大48Wであるため、ワット数が制限されることなく、フルスピード充電ができます。

2台接続時の出力値を確認したところ、1台のときと値がほとんど変わらず、2台同時の急速充電が確認できました。

cheero x MacBook(28.5W)

cheero x iPhone(7.4W)

同クラス最小最軽量にして、ノートPCふくめて全デバイスに急速充電可能。

cheero Smart USB Charger 48Wは、2ポートタイプでファーストチョイスになりえるUSB急速充電器です。

cheero Smart USB Charger 48Wレビューはこちら

【cheero Smart USB Charger 48Wレビュー】同クラス最小最軽量で30WのPD対応USB-Cと18WのQC対応USB-A搭載の充電器【CHE-320】  

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)

2ポートタイプの60W出力対応USB急速充電器「Anker PowerPort Atom III (Two Ports)」です。

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)のUSB-Cは最大45W

USB-Cは最大45W、USB-Aは最大15Wとなっています。
 

マクリン
USB-CはMacBook AirやほとんどのノートPCふくめ、あらゆる機器の急速充電ができますよ!
 
次世代のパワー半導体素材「窒化ガリウム(GaN)」をスイッチ部分に採用し、超コンパクトサイズ&軽量性を実現しています。

RAVPowerは窒化ガリウム(GaN)を充電器に採用
 
Anker PowerPort Atom III (Two Ports)は2ポートであるにもかかわらず、MacBook Proの61W純正アダプターよりも小さく、約15%の小型化を実現しています。

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)とMacBook Pro純正アダプターのサイズ比較
Anker PowerPort Atom III (Two Ports)とMacBook Pro純正アダプターのサイズ比較

重量は約141gであり、約30%の軽量化に成功しています。

MacBook Pro純正アダプターの重量
Anker PowerPort Atom III (Two Ports)の重量
マクリン
2ポートタイプの60Wクラス充電器で世界最軽量なんですよ!

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)は、MacBook Pro(13インチ)など、パワーが必要なハイスペックのノートPCであっても問題なく充電することが可能です。

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)でもMacBook Proが急速充電可能
 
実際USB-C電圧電流チェッカーでMacBook Pro充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、40Wを超える値を示していました。

PowerPort Atom III (Two Ports)(42.7W)

 
USB-CにAnker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブルを組み合わせることで、最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応しています。

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)は最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電
 

USB-C電圧電流チェッカーでiPhone XS充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、17Wを超える値を示していました。

Atom III x iPhone(17.5W)

 
またAnker PowerPort Atom III (Two Ports)は、最大15W出力のUSB-Aを搭載しています。

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)は最大15W出力対応のUSB-A搭載

しかもこちらのUSB-Aには、前述のAnker独自技術「PowerIQ 2.0」を搭載しています。

PowerIQ 2.0とは「QC 3.0(Quick Charge 3.0)対応品もふくめた全てのデバイスに合わせ、急速充電に必要な電流値を自動で調整してくれる賢い機能」のことです。

出力アンペア数を計測した結果、スマホ・タブレットのいずれも電流値が適切な値に調整できていました。

Atom III x スマホ(5.5W)

Atom III x タブレット(8.5W)

 
2ポート接続時の出力は最大60Wであるため、ワット数が制限されることなく、フルスピード充電ができます。

2台接続時の出力値を確認したところ、USB-A未使用時と値がほとんど変わらず、2台同時の急速充電が確認できました。

Atom III x MacBook Pro(42.1W)

 
小型軽量にして、ノートPCふくめて全デバイスに充電可能。

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)は、1台でなんでもチャージできる万能の充電器です。

Anker PowerPort Atom IIIレビューはこちら

【Anker PowerPort Atom IIIレビュー】最大60WながらGaN採用で超コンパクトなUSB-C充電器【窒化ガリウム】

RAVPower RP-PC108

USB-C&Aの2ポートで最小最軽量クラスの急速USB充電器が「RAVPower RP-PC108」です。

RAVPower RP-PC108
 

最大出力18WのPD対応USB-CとQC対応USB-Aを備え、iPad ProやiPhone XSをふくめ、全てのスマホ・タブレットに急速充電が可能。

RAVPower RP-PC108は2ポートタイプの急速USB充電器
 
折りたたみプラグ式なのでプラグ部分が格納でき、携帯に適しています。

RAVPower RP-PC108は折りたたみプラグ搭載
 

RAVPower RP-PC108の特筆すべき点が、USB-C&Aの2ポートとして業界最小・最軽量クラスであること。

RAVPower RP-PC108はUSB-C&A搭載の2ポートで最小・最軽量クラス

マクリン
サイズはわずか49 x 49 x 30mm

Anker PowerPort ll PD(65 x 65 x 30mm)AUKEY PA-Y10(62 x 62 x 27mm)をも上回るスモール設計となっています。

RAVPower RP-PC108はAnker PowerPort ll PDやAUKEY PA-Y10よりも小型
 

重さもAnkerの151g、AUKEYの136gに対し、RAVPower RP-PC108は68gと約半分におさえています。

Anker PowerPort ll PDの重さ
AUKEY PA-Y10の重さ
RAVPower RP-PC108の重さ
注意
ただしUSB-Cの出力は、Anker PowerPort ll PDが最大30W、AUKEY PA-Y10が最大46Wであり、これらはMacBookの充電にも対応しています。
 

PD対応USB-CでiPhone XSを充電した際のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、最大値にせまる値を示していました。

RP-PC108 x スマホ(14.5W)

マクリン
高出力のおかげで、iPhone 11 Proなら約2時間でフル充電できますよ!

RAVPower RP-PC108はUSB-Cにくわえ、QC 3.0対応のUSB-Aも備え、こちらも最大18Wに対応しています。

例えばQC対応のAndroidスマホGalaxyなら、RAVPower RP-PC108を使えば、2時間を切る速度でフル充電までもっていくことができます。

ですが、QC非対応のiPhoneでも充分速く、スマホの急速充電に必要な10W以上の値が出ていました。

RP-PC108 x スマホ(11.1W)

またRAVPower RP-PC108は「iSmart 2.0」に対応しており、接続された端末を自動判別し、各デバイスに適切な電流を流してくれます。
 

マクリン
つまり、どのデバイスにも最適な電流を流せますよ

ガラケーとタブレットいずれも、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

RP-PC108 x ガラケー(2.33W)

RP-PC108 x タブレット(11.9W)

 
2台接続時のUSBは各最大15Wに制限されますが、USB-Cのワット数は約10Wであり、USB-A未使用時(11.1W)と値がほとんど変わらず、2台同時の急速充電が確認できました。

RP-PC108 x スマホ(10.1W)

軽量小型にして高出力。

RAVPower RP-PC108は、スマホ・タブレット・モバイルWi-Fiなど、充電デバイスが複数台あっても頼りになるUSB急速充電器です。

RAVPower RP-PC108レビューはこちら

【RAVPower RP-PC108レビュー】PD対応USB-CとQC対応USB-A搭載の超小型急速充電器  

RAVPower RP-PC105

RAVPower RP-PC105」は2ポートタイプの60W出力対応USB急速充電器です。

RAVPower RP-PC105は2ポートタイプの60W出力対応USB急速充電器

USB-Cは最大61W、USB-Aは最大12Wとなっています。

61Wはかなりの高出力で、iPhoneやiPad Proはもちろん、MacBook ProやUSB-C給電対応のノートPCまで急速充電できる高出力です。

カラーはブラックホワイトの2色を取りそろえています。



RAVPower RP-PC105最大の特長が、2ポートにしてかなりのコンパクトサイズ(約65 x 65 x 30mm)であること。

RAVPower RP-PC105は2ポートサイズにして超コンパクトサイズ
RAVPower RP-PC105のサイズは約65 x 65 x 30mm

2ポートにもかかわらず、MacBook Proの61W純正アダプター(約75 x 75 x 30mm)より格段に小さいサイズ(約25%の小型化)に仕上がっています。

RAVPower RP-PC105とMacBook Pro 61W純正充電器のサイズ比較
RAVPower RP-PC105とMacBook Pro 61W純正充電器のサイズ比較

従来のシリコン(Si)採用モデルでありながら、次世代の窒化ガリウム(GaN)搭載モデル「Anker PowerPort Atom III (Two Ports)」より若干小さく、RAVPowerの技術力の高さが光るコンパクト設計です。

RAVPower RP-PC105とAnker PowerPort Atom III (Two Ports)のサイズ比較
RAVPower RP-PC105とAnker PowerPort Atom III (Two Ports)のサイズ比較
マクリン
つまり、60Wクラスの2ポートタイプとして世界最小サイズ

重量は純正アダプターの約195gに対し、RAVPower RP-PC105は約146gで、50g近い軽量化に成功しています。

MacBook Pro純正アダプターの重量
RAVPower RP-PC105の重量

MacBook Pro(13インチ)など、パワーが必要なハイスペックのノートPCであっても急速充電することができます。

RAVPower RP-PC105はMacBook Proでも急速充電可能
 
実際USB-C電圧電流チェッカーでMacBook Pro充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ40Wを超える値であり、純正アダプターと同等でした。

RAVPower RP-PC105(47.7W)

61W純正アダプタ(44.4W)

USB-CにBelkin DuraTek Plus USB-C to ライトニングケーブルを組み合わせると、最新のiPhoneでも約2時間で満充電に到達する高速充電に対応しています。

RAVPower RP-PC105はiPhoneでも約2時間で満充電に到達する高速充電
 

USB-C電圧電流チェッカーでiPhone XS充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、15Wを超える値を示していました。

RP-PC105 x iPhone(15.2W)

マクリン
毎分1%ちょっと増えるスピードで、バッテリーがグングン回復していきますよ!
 
またRAVPower RP-PC105は、最大12W出力のUSB-Aを搭載しています。

RAVPower RP-PC105は最大15W出力のUSB-Aを搭載

こちらのUSB-Aは「iSmart 2.0」に対応しており、接続された端末を自動判別し、各デバイスに適切な電流を流してくれます。
 

マクリン
つまり、どのデバイスにも最適な電流を流せますよ

出力アンペア数を計測した結果、スマホとタブレットいずれも、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

RP-PC105 x スマホ(1.49A)

RP-PC105 x タブレット(2.09A)

 
2台接続時のUSBはポート合計最大57W(USB-C:45W + USB-A:12W)に制限されますが、ワット数は1ポート接続時と値が大きく変わらず(約43W)、2台同時の急速充電が確認できました。

RP-PC105 x MacBook Pro(43.1W)

 
世界最小サイズで、ノートPCと全デバイスに2台同時充電可能。

RAVPower RP-PC105は、2ポートタイプでメインになりえる高出力充電器です。

RAVPower RP-PC105レビューはこちら

【RAVPower RP-PC105レビュー】世界最小サイズの最大61W出力PD対応USB-C充電器

cheero 2 port PD Charger

cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-A」は2ポートタイプの60W出力対応USB急速充電器です。

cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-Aは2ポートタイプの57W出力対応USB急速充電器

USB-Cは最大45W、USB-Aは最大12Wとなっています。

ホワイトブラックの2カラーを取りそろえています。



表面はマットな質感で、指紋の付きづらい仕上がりとなっています。


 

2ポートにかかわらず、かなりの小型サイズ(約66 x 65 x 28mm)を実現しています。

cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-Aのサイズは約66 x 65 x 28mm

MacBook Proの61W純正アダプターより格段に小さいサイズ(約25%の小型化)に仕上がっています。

cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-AとMacBook Pro 61W純正充電器のサイズ比較
cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-AとMacBook Pro 61W純正充電器のサイズ比較

なんなら、同クラスの窒化ガリウム搭載モデル「Anker PowerPort Atom III (Two Ports)」や世界最小チャージャー「RAVPower RP-PC105(約65 x 65 x 30mm)」とほぼ同サイズです。

cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-AとRAVPower RP-PC105とAnker PowerPort Atom III (Two Ports)のサイズ比較
cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-AとRAVPower RP-PC105とAnker PowerPort Atom III (Two Ports)のサイズ比較

重量は純正アダプターの約195gに対し、cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-Aは約135gで、約60gの軽量化に成功しています。

MacBook Pro純正アダプターの重量
cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-Aの重量
Anker PowerPort Atom III (Two Ports)の重量

これまで世界最軽量であったAnker PowerPort Atom III (Two Ports)の約141gをも上回る軽さ。

マクリン
つまり、cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-Aは現時点で世界最軽量なんですよ!

MacBook Pro充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ40Wを超える値であり、純正アダプターと同等でした。

cheero 2 port PD Charger(43.3W)

61W純正アダプタ(44.4W)

USB-CにAnker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブルを組み合わせると、最新のiPhoneでも約2時間で満充電に到達する高速充電に対応しています。

cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-AはiPhoneでも約2時間で満充電に到達する高速充電
 

マクリン
毎分1%ちょっと増えるスピードで、バッテリーがグングン回復していきますよ!

さらにcheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-Aは、最大12W出力のUSB-Aを搭載しています。

こちらのUSB-Aは「AUTO-IC機能」に対応し、接続された端末を自動判別し、各デバイスに適切な電流を流してくれます。

出力アンペア数を計測した結果、スマホとタブレットいずれも、電流値が適切な値に調整されていました。

cheero x スマホ(1.53A)

cheero x タブレット(1.89A)

2ポート接続時の出力は最大57Wであるため、ワット数が制限されることなく、フルスピード充電が可能です。

2台接続時の出力値を確認したところ、1台のときと値がほとんど変わらず、2台同時の急速充電が確認できました。

cheero x MacBook Pro(42.9W)

cheero x iPhone 11 Pro(7.8W)

世界最軽量設計で、ノートPCとスマホ・タブレットに2台同時充電可能。

cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-Aは、ノートPCを外に持ち出す機会の多い人におすすめする高出力充電器です。

cheero 2 port PD Chargerレビューはこちら

【cheero 2 port PD Charger USB-C PD 45W + USB-Aレビュー】世界最軽量の最大57W出力PD対応USB-C充電器【CHE-328】  

Anker PowerPort Atom PD 2

2ポートタイプの60W出力対応USB-C急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 2」です。

Anker PowerPort Atom PD 2は2ポートタイプの60W出力対応USB-C急速充電器

1ポート使用時は最大60W、2ポート使用時も各ポート最大30Wずつ(計60W)出力することができます。

2ポートにもかかわらず、MacBook Proの61W純正アダプター(約75 x 75 x 30mm)より格段に小さいサイズ(約20%の小型化)に仕上がっています。

Anker PowerPort Atom PD 2とMacBook Pro 61W純正充電器のサイズ比較
Anker PowerPort Atom PD 2とMacBook Pro 61W純正充電器のサイズ比較

PD対応USB-C + USB-Aで世界最小の「RAVPower RP-PC105」よりは若干大きいものの、それに次ぐ「Anker PowerPort Atom III (Two Ports)」と同じ大きさであり、PD対応USB-C x 2ながらコンパクトに収めた技術力の高さを感じました。

Anker PowerPort Atom PD 2とRAVPower RP-PC105とAnker PowerPort Atom III (Two Ports)のサイズ比較
Anker PowerPort Atom PD 2とRAVPower RP-PC105とAnker PowerPort Atom III (Two Ports)のサイズ比較

重量は純正アダプターの約195gに対し、Anker PowerPort Atom PD 2は約171gで、20g以上の軽量化に成功しています。

MacBook Pro純正アダプターの重量
Anker PowerPort Atom PD 2の重量

1ポート接続時は60Wで、MacBook Pro(13インチ)など、パワーが必要なハイスペックのノートPCであっても急速充電することができます。

Anker PowerPort Atom PD 2はMacBook Proでも急速充電可能
 
実際USB-C電圧電流チェッカーでMacBook Pro充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ40Wを超える値であり、純正アダプターと同等でした。

PowerPort Atom PD 2(44.2W)

61W純正アダプタ(44.4W)

USB-CにAnker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブルを組み合わせると、最新のiPhoneでも30分で最大50%に到達する高速充電に対応しています。

Anker PowerPort Atom PD 2はiPhoneでも30分で最大50%に到達する高速充電
 

またAnker PowerPort Atom PD 2は、2ポート接続時に各ポート最大30W出力に対応しています。

ブロガーさんのステッカーベタベタではずかしい……

マクリン
つまり、MacBook Airならば2台同時にフルスピード充電できるということ!

出力アンペア数を計測した結果、MacBook Air純正充電器(30W)の最大値に迫る出力を示していました。

PowerPort Atom PD 2 x MacBook Air(27.5W)

 
世界最小サイズで、ノートPC2台に同時充電可能。

Anker PowerPort Atom PD 2は、2ポートタイプで本命のUSB-C充電器です。

Anker PowerPort Atom PD 2レビューはこちら

【Anker PowerPort Atom PD 2レビュー】PD対応USB-Cを2つ備える最大60W出力対応の充電器【世界最小サイズ】  

AUKEY PA-D5

AUKEY PA-D5」は2ポートタイプの60WクラスUSB-C急速充電器です。

AUKEY PA-D5は2ポートタイプの60WクラスUSB-C急速充電器

1ポート使用時はそれぞれ最大18W(上)最大60W(下)、2ポート使用時は合計63W出力(上:18W/下:45W)に対応しています。

大きな特徴は、GaN採用で2ポートUSB-Cにして世界最小のコンパクトサイズ(約67 x 64 x 29mm)であること。

AUKEY PA-D5は世界最小の2ポートタイプPD対応USB-C充電器
 
2ポートにもかかわらず、MacBook Proの61W純正アダプター(約75 x 75 x 30mm)より格段に小さいサイズ(約20%の小型化)に仕上がっています。

AUKEY PA-D5とMacBook Pro 61W純正充電器のサイズ比較
AUKEY PA-D5とMacBook Pro 61W純正充電器のサイズ比較

2ポートタイプのUSB-C充電器でこれまで世界最小だった「Anker PowerPort Atom PD 2」を、ほんのわずかながら下回ってきています。

Anker PowerPort Atom PD 2とAUKEY PA-D5のサイズ比較
Anker PowerPort Atom PD 2とAUKEY PA-D5のサイズ比較
マクリン
こういうメーカー同士の技術のせめぎ合いはしびれますね〜!

重量は純正アダプターの約195gに対し、AUKEY PA-D5は約143gで、なんと50g以上の軽量化に成功しています。

MacBook Pro純正アダプターの重量

MacBook Pro

AUKEY PA-D5の重量

AUKEY PA-D5

Anker PowerPort Atom PD 2の重量

PowerPort Atom PD 2

マクリン
2ポートのPD対応USB-C充電器ではもちろん世界最軽量

AUKEY PA-D5は、1ポート使用時は最大18W(上)最大60W(下)、2ポート使用時は合計63W(上:18W/下:45W)で、あらゆるデバイスに急速充電可能です。

AUKEY PA-D5のUSB-Cは最大63W出力
 
1ポート接続時(下側のUSB-C)は、MacBook Pro 13インチなど、パワーの要るハイスペックのノートPCであっても急速充電することができます。

AUKEY PA-D5はMacBook Proでも急速充電可能
 
MacBook Pro充電時のワット数を確認したところ40Wを超える値であり、純正アダプターと同等でした。

AUKEY PA-D5(45.1W)

61W純正アダプタ(44.4W)

またAUKEY PA-D5は、2ポート使用時にそれぞれ最大18Wと最大45W出力に対応するため、MacBook ProiPhone 11 Proの同時充電が可能です。

AUKEY PA-D5はMacBook ProとiPhone 11 Proの同時急速充電可能
 
出力アンペア数を計測した結果、いずれのUSB-Cからも充分な出力が確認できました。

上:7.8W/下:36.6W

 
世界最小・最軽量にして、ノートPCとスマホに同時急速充電可能。

AUKEY PA-D5は、軽くて小さい2ポートタイプをお探しなら、メインになり得るUSB-C充電器です。

AUKEY PA-D5レビューはこちら

【AUKEY PA-D5レビュー】PD対応USB-Cを2つ備える最大63W出力対応の充電器【世界最小・最軽量】  

Sponsored Links

 

3ポートタイプのおすすめUSB充電器

汎用性の高い3ポートタイプのUSB充電器です。

このタイプは多くありませんが、タブレット・スマホ複数台持ちでもカバーできます。
 

RAVPower RP-PC060

3ポートタイプのUSB急速充電器「RAVPower RP-PC060」です。

RAVPower RP-PC060は3ポートUSB急速充電器で最小・最軽量クラス
 
USB-Cは最大出力18W、USB-Aは各ポート最大12W(合計15W出力)で、iPad ProやiPhone XSなどに急速充電できる高出力です。

RAVPower RP-PC060は3ポートタイプのUSB急速充電器
 
折りたたみプラグ式なのでプラグ部分が格納でき、持ち運びに適しています。

RAVPower RP-PC060は折りたたみプラグ搭載
 
3ポートタイプとして業界最小・最軽量クラスで、2ポートタイプのAUKEY PA-Y10より、ポート数が多いにも関わらず、横幅はさらにスリムに仕上がっています。

RAVPower RP-PC060はAUKEY PA-Y10よりもポート数が多い
RAVPower RP-PC060はAUKEY PA-Y10よりも小型

重さも105gと軽量設計です。

RAVPower RP-PC060の重さ
 
USB-Cは大容量の給電規格「PD」対応で、最大18Wの出力が可能

RAVPower RP-PC060は高機能なUSB-AとUSB-C搭載
 
iPhone XS充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、10Wを余裕で超える値を示していました。

RP-PC060 x スマホ(13.2W)

マクリン
この高出力のおかげで、iPad Proは約2時間45分、iPhone 11 Proなら約2時間でフル充電できますよ!

またRAVPower RP-PC060は、「iSmart 2.0」に対応する各ポート最大12W出力のUSB-Aを2つ搭載しています。

出力アンペア数を計測した結果、ガラケーとスマホ・タブレットのいずれも、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

RP-PC060 x ガラケー(2.84W)

RP-PC060 x スマホ(7.88W)

RP-PC060 x タブレット(10.8W)

 

RAVPower RP-PC060は3ポート合計で最大33W出力であり、スマホ・タブレットの3台同時充電に対応しています。

MEMO
3台接続時のUSB-Cは最大18Wのままですが、USB-Aは2ポート合計最大15Wに制限されます。
 
マクリン
このサイズで3台同時充電できるのは画期的!
 
実際に3台接続してみましたが、USB-Cのワット数は約13Wであり、USB-A未使用時(13.2W)と値がほとんど変わらず、3台同時充電可の実力はホンモノでした。

RP-PC060 x スマホ(13.1W)

 
軽量コンパクトにして1台で3つのデバイスに充電可能。

RAVPower RP-PC060は、スマホ・タブレット・モバイルWi-Fiなど、複数の端末を充電する人には頼りになるUSB急速充電器です。

RAVPower RP-PC060レビューはこちら

【RAVPower RP-PC060レビュー】PD対応USB-CとUSB-Aを搭載するコンパクトな3ポートUSB急速充電器  

4ポートタイプのおすすめUSB充電器

ハイパワーの4ポートタイプUSB充電器です。

ノートPC複数台とスマホ・タブレットまで充電できるので、据え置き使用に適しています。
 

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)」は、ポート合計最大65Wに対応する4ポートタイプのUSB急速充電器です。

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)はポート合計最大65Wに対応する4ポートタイプのUSB急速充電器

マクリン
表⾯はスタイリッシュなメッシュ加⼯で、デザインにもこだわって作られてますよ!
 
Ankerの独自技術「PowerIQ 3.0」に対応するUSB-Cポートと、「PowerIQ」に対応するUSB-Aポートを3つ搭載しています。

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)は最大45W出力のPowerIQ 3.0搭載USB-Cと3つのPowerIQ搭載USB-Aをそなえる
 
最大65Wの高出力ながら、サイズは約8.9 x 8.6 x 1.8 cmであり、4ポートとして最小サイズにおさめています。

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)のサイズは約8.9 x 8.6 x 1.8 cm

マクリン
「4ポートは大きい」の常識をくつがえす、手のひらサイズ!
 
中でもそのスリムさは際立っており、わずか1.8cmの厚みにまでおさえています。

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)はわずか1.8cmの厚み
 
重量はケーブルをふくめても約239g(筐体きょうたいだけだと約142g)であり、他の4ポートタイプのケーブルを除いた重量より軽く仕上がっています。

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)の重量は約239g
 
この軽量薄型を実現たらしめているのは、スイッチ部分に採用しているGaN(窒化ガリウム)

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)は窒化ガリウム採用

従来のSi(シリコン)よりも、短い時間で電流・電圧をオンオフできる(=電力効率にすぐれる)ことで、安全性を確保しながらサイズを小さくできるようになったのです。

USB-Cは「PowerIQ 3.0」を搭載し、最大45Wの出力が可能。

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)のPowerIQ 3.0搭載USB-C

PowerIQ 3.0とは「QC 3.0ならびにUSB PDと互換性がある、USB給電テクノロジー」。
 

マクリン
つまり、QCもPD対応USBもまるごとカバー!

45WはMacBook Air(最大30W)や一部のノートPCが急速充電でき、MacBook Pro(最大60W)でも通常充電をカバーできる高出力です。

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)はMacBookでも充電可能
 
まずMacBook Proを接続したところ、最大値の45Wに近い値を示していました。

Anker x MacBook(43.1W)

 
3つUSB-Aは、いずれも最大12W出力(3ポート合計では最大20W)に対応しています。

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)は3つのPowerIQ搭載USB-Aをそなえる
 
接続した機器にあわせて最適な電流で出力する機能があり、iPad接続時は2.0A程度、iPhoneでは1.5A近くに調整されていました。

Anker x iPad(2.01A)

Anker x iPhone(1.48A)

急速充電に必要な電流値

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 
4ポート合計で最大65W出力に対応し、ノートPC・タブレット・スマホ・スマホといった構成でも4台同時の急速充電を可能としています。

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)は4ポート合計で最大65W出力に対応
 
テスター同士が干渉してひとつしか差せませんでしたが、4台接続時でもノートPCをつないだUSB-Cは45W近く出ており、最大65Wの器の大きさを体感できました。

Anker x MacBook Pro(42.9W)

 
小さなボディながらハイパワーで、ノートPCとタブレット・スマホにフルスピード充電。

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)は、小型4ポート充電器の大本命です。

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slimレビューはこちら

【Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim (Four Ports)レビュー】約1.8cmの薄さで最大65W出力の4ポートUSB充電器【GaN採用】  

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャー

Satechi 75W デュアル Type-Cトラベルチャージャー」は、最大75Wに対応する4ポートタイプのUSB急速充電器です。

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーは4ポートタイプのUSB急速充電器

マクリン
Appleとも親和性の高い、洗練された外観ですよ!
 
PD対応USB-CとUSB-Aを2つずつ搭載しています。

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーはUSBタイプC(USB-C)ポートとUSBタイプA(USB-A)ポートを2つずつ搭載
 
サイズは10.3 x 7.2 x 2.3 cmであり、高出力かつ4ポートであることを踏まえると、パスポートサイズ以下に収まっているのはさすがSatechiといったところ。

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーはパスポート以下のコンパクトサイズ
 
重量は約224gです。

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーの重量
 
Satechi 75W デュアル Type-Cトラベルチャージャーは、4ポート合計で最大75Wの出力に対応しています。

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーは4ポート合計で最大75Wの出力に対応
 
このうちUSB-Cはいずれも高出力のPD対応であり、それぞれ60Wと18Wの出力が可能です。

Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーのPD対応USBタイプC端子
 
まずは最大60W出力のPD対応USB-CにMacBook Airを接続し、出力値を確認しました。

MacBook/MacBook Airの純正アダプターは30W仕様ですが、この値を少し超える出力であり、最大60Wの力強さを感じる結果でした。

Satechi x MacBook(約34.5W)

 

続いて「Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」を用い、最大18W出力のUSB-CからiPhone XSを充電しました。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル

こちらのケーブルを使うことで、USB PDの高出力をそのままiPhone・iPadといったLightning端子への充電に活かすことができます。
 

マクリン
つまり、従来のUSB充電よりも高速充電が可能となりますよ!
 
出力値を確認したところ、11.8W(5.05V/2.34A)も出ていました。

Satechi x iPhone(約11.8W)

iPhoneの通常USB充電は5W(5V/1A)で急速充電が可能であるため、USB PD充電は2倍以上の高出力であり、かなりの高速充電であることが分かります。
 
USB-Aは2ポート合計で最大12W出力に対応しています。

Satechi 75W デュアル Type-CトラベルチャージャーのUSB-Aは最大12W出力
 
接続機器を自動判別し、最適な電流を流してくれる機能があるようで、ガラケー・iPhone・iPadいずれも、適切な電流値に調整されていることが確認できました。

Satechi x ガラケー(0.65A)

Satechi x iPhone(1.03A)

Satechi x iPad(1.79A)

急速充電に必要な電流値

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 

Satechi 75W デュアル Type-Cトラベルチャージャー4ポート合計でも最大75W出力の設計となっています。
 

マクリン
つまり75Wもあれば、ノートPCを1台充電しつつ、残りの3ポートでタブレット・スマホ充電ということも1台の充電器で実現できるのです!
 
ためしに4台接続したところ、MacBook Air/iPad/iPhone x 2の組み合わせでも、MacBookにつないだUSB-Cのワット数は約32.5W。

やはり最大75Wの実力は伊達ではありませんでした。

小型かつパワフル。

Satechi 75W デュアル Type-Cトラベルチャージャーは、複数のUSB機器を1台でまとめて充電するのであれば、最強クラスのUSB充電器です。

Satechiトラベルチャージャーレビューはこちら

【Satechi 75W デュアル Type-C PD トラベルチャージャーレビュー】最大75W出力対応の4ポートUSB急速充電器

Nimaso 4ポートUSB PD充電器

Nimaso 4ポート USB PD 充電器」は、最大90Wに対応する4ポートタイプのUSB急速充電器です。

Nimaso 4ポートUSB PD充電は最大90Wに対応する4ポートタイプのUSB急速充電器
 
PD対応USBタイプCとQC3.0対応USBタイプAポートを2つずつ搭載しています。

USBポートは左からそれぞれ、60W・30W・18W・18Wに対応し、4ポートの最大合計出力は90Wとかなりのハイパワーです。

これだけの高出力でありながら、サイズは11.3 x 10.0 x 2.0 cmであり、パスポートサイズ以下におさめているのはさすがのひと言。

Nimaso 4ポートUSB PD充電はパスポート以下のコンパクトサイズ
 
特筆すべきはそのスリムさで、同梱のスタンドを組み合わせると、わずか2cm幅の縦置きができるため、省スペース化を実現できます。


 
重量は約250gです。

Nimaso 4ポート USB PD 充電器の重量
 
Nimaso 4ポート USB PD 充電器は、4ポート合計で最大90Wの出力に対応しています。

Nimaso 4ポートUSB PD充電器は4ポート合計で最大90W出力
 
このうちUSB-Cはそれぞれ60W30Wの出力が可能です。

Nimaso 4ポートUSB PD充電器のPD対応USBタイプC端子

60WはMacBook Proなど、ハイパワーを要するノートPCが急速充電できる高出力、30WのほうでもMacBook Airや一部のノートPCが急速充電できる充分な出力となっています。

まず最大60W出力のPD対応USB-CにMacBook Proを接続したところ、最大値に近い値を示していました。

Nimaso x MacBook Pro(約57.6W)

 
続いて最大30W出力のPD対応USB-CにMacBook Airをつないだところ、30W近い値であり、こちらもしっかり名目どおりの値でした。

Nimaso x MacBook Air(約28.6W)

 
QC3.0対応のUSB-Aは、いずれも最大18W出力に対応しています。

Nimaso 4ポート USB PD 充電器のUSB-Aは最大18W出力
 
接続した機器を自動判別し、最適な電流を流す機能があり、iPhoneとiPadを同時接続したところ、前者は1.0A程度で後者は2.0A近くに調整されていました。

急速充電に必要な電流値

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 
90Wの実力を確かめるべく、MacBook Pro(最大60W)・MacBook Air(最大30W)・iPad Air(最大12W)・スマホ(最大10W)のムチャな構成で臨んでみました。

合計出力では90Wを超えますが、その結果やいかに……!

上から58.9W(MacBook Pro)+28.2W(MacBook Air)+9.5W(iPad Air)+7.8W(スマホ)であり、公称値である最大90Wを超えて、なんと104Wも出ており、4台いずれもしっかり急速充電できていました。

これだけ高出力だと心配になりますが、スマートチップ内蔵で過充電・過電流・過熱・ショート防止機能を搭載しているので、安心して使うことができます。

最大90Wの実力はやはりホンモノでした。

スリムコンパクトかつパワフル。

Nimaso 4ポート USB PD 充電器は、2台のノートPCふくめ、あらゆるUSB機器をまとめて充電できる、頼りになりマクリンのUSB充電器です。

Nimaso 4ポートUSB PD充電器レビューはこちら

【Nimaso 4ポートUSB PD充電器レビュー】最大90W出力でMacBook ProとAirが同時充電できるUSB急速充電器

Sponsored Links

 

スマホとPCのUSB充電器おすすめ17選まとめ

本記事は「【おすすめ】今すぐ買うべきUSB急速充電器17選【スマホからPCまで】」について書きました。

ひとえに充電器といっても、充電したいデバイスやUSB端子の種類によって、その特徴はさまざまです。

用途とデバイスに合わせ、最適な充電器を見つけてください。

僕みたいに複数台持つのもおすすめですw

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【決定版】MacBook AirとProの代用充電器をまとめてみた! 【おすすめ】窒化ガリウム(GaN)採用の超小型USB PD充電器ベスト7! 【おすすめ】Ankerの急速充電器で今すぐ買うべき7モデル! 【2020年】買ってよかった、おすすめのモバイルバッテリー17選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ