Android搭載モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめをまとめて紹介


家電の中でもプロジェクター大好きマクリン( @Maku_ring)です。

以前はビジネス要素の強かったプロジェクターも、Android OSを搭載するモデルが増え、エンタメデバイスとして浸透しつつあります。

かくいう我が家も、テレビ番組・動画・音楽はすべてプロジェクターで楽しんでいます。

お家時間を充実させようと、プロジェクターを買おうか迷っている友人知人から相談される機会も増えてきています。

同僚
たくさんあってどれを選べばいいか分からない……!

そこで、いろいろな種類のプロジェクターを使ってきた僕が、選ぶポイントとおすすめのモバイルプロジェクターホームプロジェクターをまとめました。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

プロジェクターの種類と選ぶポイント

プロジェクターは大きく、2種類に分かれます。

それがモバイルプロジェクターホームプロジェクターです。

ホームプロジェクター
厳密には仕事で使うビジネスプロジェクターもあります。しかし、基本的にはホームプロジェクターからエンタメ要素を廃したものであり、家庭で使うには適さないため、本記事では割愛します。
 
まず両者の大きな違いは携帯性

モバイルプロジェクターはその名のとおり、手で持ち運べるサイズ感におさまり、どこでも気軽に持ち出せるのが特徴です。

MoGo Pro+のサイズは約105.5 x 94.5 x 146mm

その多くはバッテリーを内蔵し、コンセントを挿さなくても数時間駆動するので、電源のない屋外でも使用できます。

一方ホームプロジェクターは大きく重く、据え置きを想定したモデルとなっています。

Nebula Cosmos MaxのスピーカーはDolby Digital PlusとSound Dimensionを搭載

本体にバッテリーは搭載していないため、電源に接続して駆動するのが基本。

モバイルプロジェクターは携帯性、ホームプロジェクターは機能性に割り振られたモデルであるものの、両者を選ぶポイントはおおむね同じです。

各ポイントを簡単に紹介します。
 

1. 投影サイズ

プロジェクターで映す映像の大きさ、投影サイズは大事なポイントです。

マクリン
せっかくプロジェクターを使うなら、壁いっぱいに映したいですよね!

壁の大きさを測り、対応する投影サイズよりも最大インチ数が高いプロジェクターを選ぶとよいでしょう。

投影サイズ(インチ) 壁の大きさ(縦 x 横)
60 約133 x 75cm
80 約177 x 100cm
100 約221 x 125cm
150 約332 x 187cm
200 約443 x 249cm
300 約664 x 374cm

例えば壁の大きさが縦133cm x 横75cmなら、投影サイズは60インチです。

この場合、最大インチ数が80インチ以上のプロジェクターがおすすめ。

最大インチ数で投影すると解像度が落ちる場合があるので、投影サイズよりも少し余裕のあるものにするとよいでしょう。
 

2. 解像度

プロジェクターの解像度が高いほど、高精細の映像を楽しめます。

通称 ピクセル数(横 x 縦)
VGA 640 x 480ピクセル
WVGA 800 x 480ピクセル
UWSVGA 1280 x 600ピクセル
HD 1280 x 720ピクセル
フルHD 1920 x 1080ピクセル
4K 4096 x 2400ピクセル

映画やYouTubeを観るなら、モバイルプロジェクターはHD以上、ホームプロジェクターはフルHD以上の解像度をもつモデルをおすすめします。

ホームプロジェクターには4K対応モデルもありますが、映像側も4Kでないと、その映像美を堪能できないので注意しましょう。

3. ANSIルーメン(明るさ)

映像の明るさであるANSIルーメンも忘れずにチェックしましょう。

ルーメンが低いものだと、部屋を暗くしないと映像がくっきり見えません。

夕方ごろの明るさで使うなら300ANSIルーメン以上、昼ごろの明るさにも耐えうるものなら800ANSIルーメン以上欲しいところ。

ただし、モバイルプロジェクターよりもホームプロジェクターのほうが筐体きょうたいが大きい分、明瞭度は基本的に高いです。
 

4. オートフォーカス・台形補正

画像調整の利便性もプロジェクターにおける大事なポイントです。

投影距離を変えるたびに焦点を自動的に合わせてくれるオートフォーカスは、必須レベルで搭載して欲しい機能。

それにくわえ、投影形状の歪みを長方形に修正する台形補正があればなおよし。

ただ、垂直方向の自動補正をそなえているモデルでも、水平方向は手動のものが少なくありません。

とはいえ最近は垂直水平ともに自動補正の製品も増えてきているので、予算に余裕があるならこの機能をもつモデルを選びましょう。

小型モバイルプロジェクターのおすすめ7選

まずはおすすめのモバイルプロジェクターを紹介します。

製品名 サイズ 重さ バッテリー容量 動画再生時間 明るさ 解像度 スピーカー OS 価格
XGIMI Halo
約113.5 x 171.5 x 145mm 約1.6kg 17,100mAh 4時間 800ANSIルーメン 1920 x 1080画素 10W(5W x 2) Android TV 9.0 96,800円
XGIMI MoGo Pro+
約105.5 x 94.5 x 146mm 約914g 10,400mAh 4時間 300ANSIルーメン 1920 x 1080画素 6W(3W x 2) Android TV 9.0 80,080円
BenQ GV30
約120 x 185 x 195 mm 約1.7kg 未記載 2.5時間 300ANSIルーメン 1280 x 720画素 16W(4W x 2 + 8W) Android TV 9.0 7万円前後
Nebula Vega Portable
約192 x 192 x 59mm 約1.4kg 20,000mAh 3時間 500ANSIルーメン 1920 x 1080画素 8W(4W x 2) Andoroid TV 9.0 79,990円
Nebula Apollo
約131 x 65 x 65mm 約579g 9,750mAh 4時間 200ANSIルーメン 854 x 480画素 6W Android 7.1 39,999円
Nebula Capsule II
約150 x 80 x 80mm 約740g 9,700mAh 3時間 200ANSIルーメン 1280 x 720画素 8W Android TV 9.0 59,800円
Anker Nebula Mars II Pro
約122 x 137 x 178mm 約1545g 12,500mAh 3時間 500ANSIルーメン 1280 x 720画素 20W(10W x 2) Andoroid 7.1 69,800円

 

XGIMI Halo

XGIMI Halo」は、Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクターです。

XGIMI HaloはAndroid TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター
 
モバイルプロジェクターの中ではサイズは大きいものの、片手でなんとか持ち運べないこともないです。

XGIMI Haloのサイズは約113.5 x 171.5 x 145mm
 
高機能だけに重さは約1.6kgとそれなりの重量感があります。

XGIMI Haloの重量は約1.6kg
 
オートフォーカス機能を搭載し、焦点距離が変わるごとに自動調整してくれます。

XGIMI Haloはオートフォーカス搭載

さらには台形補正まで付き、上下方向であれば、歪みを自動で修正してくれます。


 
音響面の完成度も高く、オーディオ老舗メーカーであるHarman Kardon製のスピーカーを5W x 2機搭載しています。

XGIMI HaloはHarman Kardon製のスピーカー搭載

プロジェクターとしても優秀で、明るさは最大800ANSIルーメン、解像度はフルHD(1920 x 1080)であり、ダントツの性能をほこります。

XGIMI Haloは最大800ANSIルーメン

マクリン
昼間でも視認性高く観ることができますよ!

輝度と解像度が高いおかげで、細かい文字でもつぶれずに観れるので、ビジネス用途のプロジェクターとしても充分に活躍してくれます。


 
ゲーム機とももちろん接続でき、Nintendo Switchでリングフィットアドベンチャーをプレイしたところ、15時ごろでも快適にプレイできました(カーテンは閉じています)。


 
XGIMI HaloはAndroid TV 9.0を搭載し、豊富なアプリが収録されています。


 
ドローンさんのYouTubeチャンネルを再生してみたところ、モバイルプロジェクター最高峰の映像を鑑賞することができました。

木々の緑や空・海の青の微妙な色味のちがいも見事に表現でき、水面のゆらぎも精細かつ音の解像度も高かったです。

また「torne mobile」や「DiXiM Play」といったアプリ経由で、ネットワーク接続された機器につなげてTV番組視聴が可能です。

参考 接続確認済み機器DiXiM Play  
HDDレコーダーに録画した番組も観ることができるので、もはや液晶テレビすら必要ありません。


 
ビジネスからエンタメまでオールマイティにカバーする全方位型。

XGIMI Haloは究極のモバイルプロジェクターであり、どれか一台購入するならもっともおすすめの製品です。

注意
公式サイト以外で購入した場合、日本国内でのサポートは受けられませんので注意ください。
製品名 XGIMI Halo
サイズ 約113.5 x 171.5 x 145mm
重さ 約1.6kg
明るさ 800ANSIルーメン
解像度 フルHD(1920 x 1080画素)
ワイヤレス規格 2.4 / 5.0GHz(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 5.0
OS Android TV 9.0
価格 96,800円

XGIMI Haloレビューはこちら

【XGIMI Haloレビュー】Android TV 9.0搭載でアプリ・TVが観れるフルHD対応ポータブルプロジェクター  

XGIMI MoGo Pro+

XGIMI MoGo Pro+」は、Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクターです。

XGIMI MoGo Pro+はAndroid TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター
 
継ぎ目のないアルミボディは、XGIMIシリーズ共通の高級感を放ち、持つだけでも所有欲が満たされる造りです。

MoGo Pro+は継ぎ目のないアルミボディ
 
片手でも持ち運べる小ぶりサイズで、500mlペットボトルと比較しても、径は太いものの高さは短く仕上がっています。

MoGo Pro+のサイズは約105.5 x 94.5 x 146mm

本体はバッテリー内蔵で動画再生4時間・音楽再生8時間に対応し、屋内使用時は電源駆動が安心です。


 
オートフォーカスにくわえ、垂直水平方向の自動台形補正も付き、利便性はさらに上がっています。

マクリン
ソフトも優秀で、台形やピントずれをすぐに検知してくれますよ!

XGIMI Haloと同様、Harman Kardon製のスピーカーを3W x 2機搭載しています。

MoGo Pro+はHarman Kardon製のスピーカー搭載
 
プロジェクターの明るさは300ANSIルーメンで、800ANSIルーメンのXGIMI Haloにゆずるものの、夕方以降の投影環境なら両者に大きな差異は感じませんでした。

XGIMI MoGo Pro+は最大300ANSIルーメンでフルHDのプロジェクター
 
解像度はフルHDなので、ルビ打ちの小さく細い文字でもつぶれず視認でき、解像度が高いことの恩恵はかなり出ていました。


 
Android TV 9.0を搭載し、タブレットライクなUIで直感的に操作できます。

XGIMI MoGo Pro+はAndroid TV 9.0搭載
 
XGIMI Haloと映像比較(上がMoGo Pro+)した結果、ソフトの映像処理が上手いのか、見方によってはMoGo Pro+のほうが明るい印象を受けました。


 
ペットボトルサイズにしてハード面・ソフト面ともに優秀。

MoGo Pro+は、小型サイズと性能の究極バランスを実現したモバイルプロジェクターです。

注意
公式サイト以外で購入した場合、日本国内でのサポートは受けられませんので注意ください。
製品名 XGIMI Halo
サイズ 約105.5 x 94.5 x 146mm
重さ 約0.9kg
明るさ 300ANSIルーメン
解像度 フルHD(1920 x 1080画素)
ワイヤレス規格 2.4 / 5.0GHz(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 5.0
OS Android TV 9.0
価格 80,800円

XGIMI MoGo Pro+レビューはこちら

【XGIMI MoGo Pro+レビュー】小型サイズ最高の解像度と垂直水平の台形自動補正をもつモバイルプロジェクター

BenQ GV30

BenQ JAPANベンキュージャパン社の「GV30」は、Android TV 9.0搭載のホームプロジェクターです。

BenQ GV30はAndroid TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター
 
形状はドラム型で、角張った四角い形状のプロジェクターが多い中、親しみやすいデザインに仕上がっています。

BenQ GV30の形状はドラム型
 
上部にはハンドストラップが付き、持ち運びに配慮されています。

BenQ GV30のハンドストラップ

マクリン
万が一落としても大丈夫なように70cmの落下衝撃耐性が付いてますよ!

本機の特色といえるのがスピーカーで、左右に4Wスピーカー2機、真ん中には8Wのウーファーが付いています。


BenQ GV30は8Wのウーファー搭載
マクリン
レビューしたモバイルプロジェクターでは最高出力

バッテリー駆動は動画再生2.5時間と長いわけではないものの、PD対応USB-Cポートを介してPD対応モバイルバッテリーからも充電できるので、電源のないところでも安心して使えます。


 
あと、このUSB-CはDisplay Portにも対応し、Display Port Alt Mode対応のケーブルと組み合わせれば、ケーブル一本で映像出力にも対応しています。

BenQ GV30のUSB-Cは映像出力に対応

USB-Cで充電も映像出力もできるモデルはほとんどないので、この点はかなりのメリットです。
 
台座はマグネットベースになっており、本体とベースを組み合わせて投影するようになっています。

BenQ GV30のマグネットベース

このマグネットベースの存在が、GV30をユニークたらしめています。

本体をスライドすることで投影角度をなめらかに135度変えられる、独自の調整機能をそなえています。


 
斜め上の投影はもちろん、天井投影も手軽に実現できちゃいます。

BenQ GV30の天井投影
 
オートフォーカスにくわえ、垂直方向の台形自動補正をそなえ、このとおりスピーディーに修正してくれます。


 
明るさは最大300ANSIルーメンであり、明るすぎず暗すぎずといったところですが、夕方以降の暗い環境ならくっきり見えます。

BenQ GV30の明るさは最大300ANSIルーメン

解像度はHDであり、このクラスでもフルHDが増えているため、できればここまで対応してほしかったところ。
 
HDMIの有線接続もできるので、Nintendo Switchなどのコンソール機も接続できます。

BenQ GV30はNintendo Switchも接続可能
 
Chromecast / AirPlayも内蔵し、スマホやPCからのミラーリング(ワイヤレス投影)にも対応しています。

BenQ GV30はミラーリングに対応
 
OSにはAndroid TV 9.0を搭載し、見やすいUIなので初めての操作でも戸惑うことがありません。

BenQ GV30はAndroid TV 9.0搭載
 
アプリストアはAndroid純正の「Google Play」なので、5千以上のAndroidアプリをそのまま楽しめるのもポイント。

BenQ GV30のアプリストアはGoogle Play

YouTubeやAmazonプライムビデオはもちろん、ABEMA、U-NEXT、GYAO!、Hulu、TVer、DAZN、Paravi、dTVなど、主要なアプリはすべて収録しています。

ドローンさんのYouTubeチャンネルを再生したところ、草木や水面の繊細な表現もHDとは思えないほどできており、臨場たっぷりの音響も気分を盛り上げてくれます。

BenQ GV30は「投影角度を柔軟に変えれて、高音質のプロジェクターが欲しい人」におすすめです。

製品名 BenQ GV30
サイズ 約120 x 185 x 195 mm
重さ 約1.7kg
明るさ 300ANSIルーメン
解像度 HD(1280 x 720画素)
スピーカー 4W x 2 + 8Wウーファー
ワイヤレス規格 2.4 / 5.0GHz(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 4.2
OS Android TV 9.0
価格 7万円前後

BenQ GV30レビューはこちら

BenQ GV30をレビュー!独創的なスライド機構で135度角度調整できるAndroid搭載モバイルプロジェクター  

Anker Nebula Vega Portable

Anker社の「Anker Nebula Vega Portable」は、Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクターです。

Nebula Vega PortableはAndroid TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター
 
設置サイズは約192 x 192mmで、横幅ふくめA4サイズに充分おさまり、バッグに忍ばせられる大きさです。

Nebula Vega Portableのサイズは約192 x 192 x 59mm
 
重量は約1.4kgであり、ちょっと重めのモバイルノートPCくらい。

Nebula Vega Portableの重量は約1.4kg
 
本体カラーはブラックグレーで、赤いNEBULAロゴとのコントラストがクールでかっこいいです。

Nebula Vega Portableのカラーはブラックグレー
 
オートフォーカスならびに台形自動補正(タテ±40°まで自動)を搭載し、台形やピントずれをすぐに検知して修正してくれます。

Nebula Vega Portableはオートフォーカス搭載
Nebula Vega Portableは第京自動補正搭載

裏面にはフリップスタンドも付き、ちょっとした傾斜(最大13°)であればこちらで対応可能です。

Nebula Vega Portableのフリップスタンド

 
オーディオの出力面もモバイルにしては優秀で、4Wスピーカーを2機搭載しています。

Nebula Vega Portableは4W x 2機搭載
 
明るさ最大500ANSIルーメン、解像度はフルHD(1920 x 1080)であり、昼すぎから充分に視認可能です。

Nebula Vega Portableの明るさは500ANSIルーメンでフルHDの解像度
 
ルビ打ちの小さく細い文字でもつぶれず視認できていました。

HDMIの有線接続に対応しているほか、iPhone・Androidスマホ・各種PCからのミラーリングにも対応しています。

注意
iOS端末でミラーリング/スクリーンキャストする場合は、Nebula Manager内からAirPin(PRO)をダウンロードする必要があります。
 
Android TV 9.0を搭載し、タブレットライクなUIで直感的に操作できます。

Nebula Vega PortableはAndroid TV 9.0搭載
 
アプリストアはAndroid純正の「Google Play」なので、5,000以上のAndroidアプリをそのまま楽しむことができます。

Nebula Vega PortableのアプリストアはAndroid純正のGoogle Play
 
YouTubeやAmazonプライムビデオ、Spotify、Hulu、TVer、DAZN、Paravi、ABEMA、GYAO!など、主要なアプリはすべて収録しています。



MEMO
「torne mobile」や「DiXiM Play」といったアプリを使い、ネットワーク接続された機器(レコーダー・nasne)につなげることで、TV番組視聴も可能です。
 
ドローンさんのYouTubeチャンネルを再生したところ、映像も美しく、水面のゆらぎやきらめき、木々や草の緑の微妙なちがいもしっかり表現できていました。


 
同社のモバイルプロジェクターで最高峰。

Anker Nebula Vega Portableはサイズを抑えつつ、性能面も妥協なく、モバイルプロジェクターでもかなりレベルの高い逸品です。

製品名 Nebula Vega Portable
サイズ 約192 x 192 x 59mm
重さ 約1.4kg
明るさ 500ANSIルーメン
解像度 フルHD(1920 x 1080画素)
投影距離(投影サイズ) 3.18m(120インチ)/ 2.66m(100インチ)/ 2.12m(80インチ)
バッテリー駆動時間 3時間
スピーカー 8W(4W x 2)
OS Android TV 9.0
価格 79,990円

Nebula Vega Portableレビューはこちら

【Nebula Vega Portableレビュー】フルHDの解像度と500ANSIルーメンの明るさをもつAnkerのモバイル型最上位プロジェクター

Anker Nebula Apollo

Anker社の「Nebula Apollo」は、Android 7.1搭載のモバイルプロジェクターです。

Anker Nebula AppoloはAndroid 7.1搭載のモバイルプロジェクター
 
Nebula Capsuleシリーズのプロジェクターでも、Nebula Apollo最小かつ最安値となっています。
 
外装はアルミニウムボディで高級感と耐久性があり、ひんやりした手触りが所有欲を高めてくれます。

Anker Nebula Appoloはアルミニウムボディ
 
大きさは約131 x 65 x 65mmの350ml缶サイズで、床置き面積にいたってはなんとiPhone 11 Proとほぼ同一でした。

Anker Nebula Appoloは350ml缶サイズ
 
天面にはシリーズ初のタッチパネルを採用し、スライド&タップだけの直感的な操作が可能です。

Anker Nebula Appoloの天面はタッチパネル

Nebula Apolloは、付属のACアダプターからの給電にくわえ、本体に内蔵するバッテリー駆動にも対応しています。



バッテリー駆動の再生時間

  • 動画:約4時間
  • 音楽:約30時間(Bluetoothスピーカーモード)

 
Nebula ApolloBluetoothスピーカーとしても使うことができ、モード切り替えボタンで切り替わります。


 
搭載するスピーカーは6W出力と、5WのNebula Capsule Proと8WのNebula Capsule IIの中間であり、そのサウンドはそこそこパワフル。

量感のある低音を中心に、臨場感ある音を楽しむことができるスピーカーに仕上がっています。

Nebula Apolloはミラーリングを搭載し、AirPlay(iOS)・Miracast(Microsoft)に対応しています。



解像度は480p(850 x 480画素)であるものの、細かい文字もつぶれず精細で、ビジネス用途に耐えうる仕様です。



 
投影サイズは最大100インチ、輝度きどは200ANSIルーメンと視認性は高く、プロジェクターとしての実用性は充分に兼ね備えています。


 
台形自動補正機能(オートキーストーン補正)を搭載しています。


 
Nebula Apolloの素晴らしい点は、片手で持てる350ml缶サイズにかかわらず、Android 7.1を搭載していることです。

Anker Nebula ApolloはAndroid 7.1搭載

マクリン
アプリプレイヤーとしても優秀なんですよ!
 
画面操作は前述のとおり、天面のタッチパネルをスライド&タップすることで直感的に操作可能です。


 
しかし、専用のスマホアプリ「Capsule Control」の操作のほうが使いやすく、こちらがおすすめです。

Capsule Control

Capsule Control

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

 
アプリストアはサードパーティ製の「AptoideTV」であるため、ラインナップが豊富ではありません。

Anker Nebula Apolloのアプリはサードパーティ製のAptoideTV
 
この点は、純正のGoogle Playを搭載するNebula Capsule IIに軍配が上がります。

Anker Nebula Capsule IIは純正のGoogle Play搭載

とはいえ、YouTubeとAmazonプライム・ビデオ、Netflixがプリセットで入り、主要な動画アプリはおさえており、実用面で困る場面は少ないでしょう。

ためしに僕のYouTubeチャンネル「マクリンのおすすめガジェット」を再生しました。

鮮明かつ音質もしっかりしており、大画面で動画を楽しむことができます。

350ml缶サイズにして直感的な操作性と充実した機能性。

Nebula Apolloは、場所を選ばずオンデマンドで好きな動画を楽しめるスマートガジェットです。

製品名 Nebula Apollo
サイズ 約131 x 65 x 65mm
重さ 約579g
バッテリー容量 9,750mAh
明るさ 200ANSIルーメン
解像度 854 x 480画素
OS Android 7.1
価格 39,999円

Anker Nebula Apolloレビューはこちら

【Anker Nebula Apolloレビュー】350ml缶サイズのAndroid 7.1搭載モバイルプロジェクター【200ルーメン】  

Anker Nebula Capsule II

Nebula Capsule II」は、世界初のAndroid TV 9.0搭載のモバイルプロジェクターです。

Anker Nebula Capsule IIはAndroid TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター
 
前機種「Anker Nebula Capsule Pro」の弱点である以下の2点を見事に払拭ふっしょくした製品に仕上がっています。

Nebula Capsule Proの気になる点
  • 画面がやや暗くて解像度が低いこと
  • 選べるアプリが少ないこと
 

サイズは350ml缶のAnker Nebula Capsule Proにくらべ、若干大きくなっているものの、それでも手で持ち運べるサイズ感です。

Nebula Capsule IIとNebula Capsule Proのサイズ比較
Anker Nebula Capsule IIのサイズ

Nebula Capsule IIは、プロジェクター・TV・スピーカー・ゲーム機・PCモニターの機能が詰め込まれた5-in-1モデルなので、ひとつずつ簡単に紹介していきます。

Nebula Capsule IIはプロジェクター・TV・スピーカー・ゲーム機・PCモニターの機能が詰め込まれた5-in-1モデル
 
まずBluetoothスピーカーとしても優秀で、Scan-Speak社のドライバー搭載かつ8Wの出力であり、そのサウンドは想像以上にパワフル。

Anker Nebula Capsule IIはScan-Speak社のドライバー搭載
 

マクリン
音の輪郭りんかくがクリアで臨場感もあって、スピーカー専用機と遜色そんしょくないサウンドですよ!


 
それから投影サイズは最大100インチ、解像度は720p HD(1280 × 720画素)で、細かい文字でもボヤけずにくっきり見えるほど高精細。

Nebula Capsule IIは解像度も854 x 480から1280 x 720に上がっている
 
輝度きど200ANSIルーメンであり、他では100や150ANSIルーメンのものが多い中、モバイルプロジェクターとしても抜群の明るさを実現しています。


 
また、オートフォーカス機能を備え、投影距離を変えるだけでフォーカスをこのように自動で調整してくれます。


 
本体はUSB-C充電に対応しており、付属のPD対応充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD30」を使うことで、約2.5時間で満充電が可能です。

Anker Nebula Capsule IIに付属する充電器はAnker PowerPort Speed 1 PD30
Anker Nebula Capsule IIは付属のPD対応充電器を使うことで約2.5時間で満充電が可能

本機種最大の特徴は、モバイルプロジェクターとして世界で初めてAndroid TV 9.0を搭載していることです。

Nebula Capsule IIは世界初のAndroid TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター

Android TV
Googleが提供するAndroid OSを搭載したスマートテレビのプラットフォームのこと。
マクリン
プロジェクターというより、もはや小さなパソコン
 
純正のGoogle Playがアプリストアであるため、3,600以上ある豊富なアプリの中から好きなものを選ぶことができます。

Anker Nebula Capsule IIは純正のGoogle Play搭載
 
ひととおりの動画アプリやゲームアプリが揃っているので、アプリ不足で困ることはまずありません。


 
YouTubeももちろん視聴可能で、本記事二度目の登場かっつーのYouTubeチャンネルを再生してみました。

参考 かっつーのチャンネルYouTube

高精細かつ音質もすばらしいので、安定のド迫力で動画を楽しむことができます。

Nebula Capsule IIはなんと、テレビと録画番組も視聴することができます。

厳密には「torne mobile」というアプリを介し、nasne(ナスネ)につなげて番組視聴が可能です。

Anker Nebula Capsule IIのtorne mobile
 
torne mobile自体も直感的かつスピーディーで使いやすく、操作面で困ることはまったくありませんでした。

Anker Nebula Capsule IIのtorne mobileのアプリ画面

マクリン
いつでもどこでもテレビが観れるので、据え置きのTVが完全置き物になってますw

Nebula Capsule IIは、持ち運びできるサイズ感におさえつつ、スピーカー・プロジェクター・アプリビューワーの完成度がどれも高く、もはや弱点のない製品に仕上がっています。

Ankerが「Life Changer(生活を一変するもの)」と呼ぶのもうなづける、現状最強の一台です。

Anker「Nebula Capsule II
本体サイズ 直径8.0 x 高さ15cm
重量 740g
解像度 1280 x 720(720p HD)
投影サイズ 最大100インチ
明るさ 200ルーメン
スピーカー出力 8.0W(モノラル)
バッテリー駆動時間 3時間
バッテリー容量 9,700mAh
入出力端子 HDMI
ワイヤレス Bluetooth・Wi-Fi

Anker Nebula Capsule IIレビューはこちら

【Anker Nebula Capsule IIレビュー】世界初Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター【200ルーメン】
MEMO
YouTubeでも使用感をまじえて紹介しています。

Anker Nebula Mars II Pro

Anker Nebula Mars II Pro」は、Android 7.1搭載のモバイルプロジェクターです。

Anker Nebula Mars II ProはAndroid 7.1搭載のモバイルプロジェクター
 
持ち手部分はレザーで、他モデルと一線を画す高級感をたたえ、NEBULAの刻印もカッコいい仕上がりです。

Anker Nebula Mars II Proの持ち手はレザー
 
サイズは約122 x 137 x 178mmであり、超コンパクトとはいえないものの、持ち運びに不自由はなく、弁当箱(大)くらいの大きさです。

Anker Nebula Mars II Proのサイズは約122 x 137 x 178mm

重さは約1,545gでちょっと重いモバイルノートPC程度なので、持ち運びはまったく問題ありません。

Anker Nebula Mars II Proの重量は約
  
DCポートからの給電にくわえ、本体に内蔵するバッテリー駆動にも対応しています。

バッテリー駆動の再生時間
  • 動画:約3時間
  • 音楽:約30時間(Bluetoothスピーカーモード)

動画再生3時間はやや心もとないので、欲をいえばNebula Capsule IIのようにモバイルバッテリー充電に対応しているとありがたかったです。
 
側面には10Wスピーカーを2機搭載し、他のモバイルプロジェクターが6Wや8W出力である中、2倍以上のハイパワーとなっています。

Anker Nebula Mars II Proは10Wスピーカーを2機搭載
 

マクリン
音の解像度が高くて臨場感もあり、没入感あるサウンドが楽しめますよ!

明るさ最大500ANSIルーメンであり、モバイルプロジェクターとしてはかなり明瞭めいりょうです。

Anker Nebula Mars II Proの明るさは最大500ANSIルーメン
 
解像度はHD(1280 x 720)であり、鮮明さではフルHDのNebula Vega Portableにゆずるものの、ルビ打ちでもつぶれず視認できて充分実用的。

Anker Nebula Mars II Proの解像度はHD
 
オートフォーカス台形自動補正(タテ自動・ヨコ手動)を搭載し、画面調整面は充実しています。

Anker Nebula Mars II Proはオートフォーカスと台形自動補正搭載
 
台形やピントずれをすぐに検出して修正してくれます。


 
Android 7.1を搭載し、バージョンは若干古いものの、シンプルなUIで使いやすいメニュー画面となっています。

Anker Nebula Mars II ProはAndroid 7.1搭載

マクリン
アプリプレイヤーとしても優秀なんですよ!
 
しかし、アプリストアがサードパーティ製の「AptoideTV」であるため、ラインナップは豊富ではありません。

Anker Nebula Mars II ProのアプリストアはAptoideTV搭載

とはいえ、YouTubeとAmazonプライム・ビデオ、Netflixがプリセットで入り、主要な動画アプリはおさえているため、実用面で困ることはあまりないでしょう。

ドローンさんのYouTubeチャンネルを再生したところ、HDではありますが、水面が繊細に揺れる様子や草木をかき分ける様子もしっかり表現されていました。

鮮明かつ音質もすばらしく、迫力ある大画面で動画を楽しむことができます。

サウンド面の優秀さはモバイルプロジェクター随一で、オーディオ面を重視するならAnker Nebula Mars II Proを買う理由は充分にあります。

家のリビングからキャンプなどのアウトドアまで、場所を選ばす活用できる、イベント時の頼れる相棒です。

製品名 Nebula Mars II Pro
サイズ 約122 x 137 x 178mm
重さ 約1.5kg
明るさ 500ANSIルーメン
解像度 HD(1280 x 720画素)
投影距離(投影サイズ) 2.66m(100インチ)/ 2.13m(80インチ)
バッテリー駆動時間 3時間
スピーカー 20W(10W x 2)
OS Android 7.1
価格 69,800円

Anker Nebula Mars II Proレビューはこちら

【Anker Nebula Mars II Proレビュー】500ルーメンと20Wスピーカー搭載のモバイルプロジェクター

4K・フルHDのホームプロジェクターおすすめ7選

次に、おすすめのホームプロジェクターを紹介します。

4Kモデルに照明一体型モデルと、尖った機能をもつモデルがそろっています。

製品名 サイズ 重さ 明るさ 解像度 スピーカー OS 価格
Nebula Cosmos
約290 x 198 x 91mm 約2.0kg 900ANSIルーメン 1920 x 1080画素 20W(10W x 2) Android TV 9.0 79,980円
Nebula Cosmos Max
約351 x 249 x 99mm 約3.6kg 1500ANSIルーメン 3840 x 2160画素 40W(10W x 4) Android TV 9.0 179,980円
popIn Aladdin 2
約476 x 476 x 145mm 約4.9kg 700ANSIルーメン 1920 x 1080画素 16W(8W x 4) Android TV 9.0 99,800円
Anker Nebula Solar
約192 x 192 x 59mm 約1.0kg 400ANSIルーメン 1920 x 1080画素 6W(3W x 2) Andoroid TV 9.0 69,990円
XGIMI Elfin
約193 x 193 x 48mm 約0.9kg 800ANSIルーメン 1920 x 1080画素 6W(3W x 2) Android TV 10.0 78,900円
XGIMI HORIZON Pro
XGIMI HORIZON ProはAndroid TV 10.0搭載のホームプロジェクター
約208 x 218 x 136mm 約2.9kg 2200ANSIルーメン 3840 x 2160画素 16W(8W x 2) Andoroid TV 10.0 176,880円
BenQ TK700STi
約312 x 246 x 110mm 約3.1kg 3000ANSIルーメン 3840 x 2160画素 5W(5W x 1) Andoroid TV 9.0 200,000円

 

Nebula Cosmos

Nebula Cosmos」は、Android 9.0搭載のホームプロジェクターです。

Anker Nebula Cosmosの外観
 
サイズは約290 x 198 x 91mmのおしゃれなオーバル形状であり、床置き面積は13インチのノートPCと同じくらいです。

Anker Nebula Cosmosのサイズは約290 x 198 x 91mm
 
スピーカーは左右に10Wずつ搭載する20W出力であり、全方位から音を出す360°スピーカーに仕上がっています。



快適なオートフォーカス機能を備え、リモコンのフォーカスボタンを押すと、焦点を自動調整してくれます。


 
さらに台形自動補正機能(オートキーストーン補正)も備え、垂直方向であれば自動修正できます。

注意
垂直方向のみで、水平方向の傾きは自動調整できません。
 
解像度はフルHDであり、細かい文字(ルビ打ちまできっちり読める)もしっかり視認でき、ビジネス用途でも余裕で使えます。

Anker Nebula Cosmosの解像度はフルHDで当サイトもしっかり読める

明るさは900ANSIルーメンであり、さすがに真っ昼間の投影は厳しいものの、夕方以降ならくっきり視認できます。

OSにはAndroid 9.0を搭載し、YouTubeとAmazonプライムビデオ、Spotify、Huluなどがプリセットで入り、主な動画アプリはおさえています。

Anker Nebula CosmosはAndroid 9.0搭載
 
アプリストアは独自の「Nebula Manager」であり、Google Playほど豊富ではないものの、Netflixやtwitch、DAZN、TEDなど、よく考えられたラインナップです。


 
4K動画を再生したところ、水面の繊細なゆらぎや草木の一本一本まで鮮明に観ることができました。

音響の臨場感も素晴らしく、まさにワンランク上の動画体験が得られました。

Nebula Cosmosはコンパクト設計ながら、モバイルプロジェクターとは一線を画す性能を有し、エンタメ性にもすぐれています。

製品名 Nebula Cosmos
サイズ 約290 x 198 x 91mm
重さ 約1496g
明るさ 900ANSIルーメン
解像度 1920 x 1080画素
OS Android 9.0
価格 79,980円

Nebula Cosmosレビューはこちら

【Anker Nebula Cosmosレビュー】フルHD対応のAndroid 9.0搭載ホームプロジェクター!  

Nebula Cosmos Max

Nebula Cosmos Max」は、Android TV 9.0搭載のホームプロジェクターです。


 
スピーカーは四方に10Wずつ搭載する40W出力であり、Dolby Digital PlusとSound Dimensionの搭載により、全方位からサウンドに包まれる360°スピーカーに仕上がっています。

Nebula Cosmos MaxのスピーカーはDolby Digital PlusとSound Dimensionを搭載
 
便利なオートフォーカス機能にくわえ、電源オンすると焦点距離に合わせて自動調整してくれます。

Nebula Cosmos Maxはオートフォーカス搭載
 
さらに台形自動補正機能も備え、垂直方向なら台形から長方形になめらかに補正されます。


 
1,500ANSIルーメンと抜群の明るさで、昼すぎの明るい時間帯でも鑑賞に充分耐えます。


 
解像度は4Kと超高精細であり、ルビ打ちの細かい読みがなでもしっかり視認可能です。

Anker Nebula Cosmos Maxの解像度は4K
 
OSにAndoroid TV 9.0を搭載し、タブレットライクなUIとなっています。

Anker Nebula Cosmos MaxのOSはAndroid TV 9.0搭載
 
アプリストアは純正の「Google Play」であり、5,000以上のAndroidアプリをそのまま楽しむことができます。

Anker Nebula Cosmos MaxはGoogle Play搭載
 
YouTubeやAmazonプライムビデオ、Spotify、Hulu、TVer、DAZN、Paravi、ABEMA、GYAO!など、主要な動画アプリはもれなくおさえています。




4K動画を再生したところ、映像はべらぼうにきれいで、水のなめらかや草木の鮮明さも現地にいるかのごとく、再現度高く表現していました。

それから驚いたのが音響の良さで、ドルビーサウンドの恩恵で音の解像度と立体感がずば抜けていました。

マクリン
まさにMAX級のホームシアター!
製品名 Nebula Cosmos Max
サイズ 約350 x 248 x 99mm
重さ 約3.6kg
明るさ 1,500ANSIルーメン
投影距離(投影サイズ) 3.98m(150インチ)/ 3.18m(120インチ)/ 2.66m(100インチ)
解像度 3840 x 2160画素
OS Andoroid TV 9.0
価格 179,980円

Nebula Cosmos Maxレビューはこちら

【Anker Nebula Cosmos Maxレビュー】4K対応かつAndroid TV 9.0搭載で最強レベルのホームプロジェクター!

popIn Aladdin 2

シーリングライト内蔵プロジェクター「popIn Aladdin 2」です。

  
プロジェクターでありながら同時にライトでもあり、リング状に多数のLEDが搭載されています。

popIn Aladdin 2のサイズは直径476 x 高さ145mm
 
オーディオ老舗メーカーである、Harman Kardonハーマンカードン製のスピーカーを2機内蔵しています。

popIn Aladdin 2はHarman Kardon製スピーカー2機搭載
 
引掛シーリングであれば、角型・丸型・引掛埋込ローゼットいずれのタイプでも取り付けできるようになっています。

popIn Aladdin 2の引掛シーリング用専用アダプター
 
popIn Aladdin 2はシーリングライトとしても優秀です。

popIn Aladdin 2のLEDライト機能
 
調光・調色が無段階でなめらかに100段階ずつ、合計でなんと10,000通りもの調整パターンに対応しているのです。

popIn Aladdin 2のLEDライトは10,000通りの調光・調色に対応

マクリン
自分好みの明るさに完ぺきに合わせられるようになりましたよ!

また、細かく合わせるのが面倒くさい人向けに「昼光色・電球色・昼白色・常夜灯」の4パターンがプリセットされているので、実用性も高いです。


 
プロジェクターの基本性能も高く、明るさは700ANSIルーメン、解像度はフルHD(1920×1080)であり、ビジネス用途でも実用レベルです。

popIn Aladdin 2は700ANSIルーメンでフルHD対応のプロジェクター
 
手動の台形補正が付き、斜めからの投影でもきれいな長方形に合わせることができます。

popIn Aladdin 2の台形補正
 
上下方向の調整ももちろんでき、自分の目線にぴったり持っていくことが可能です。

popIn Aladdin 2の上下位置調整

有線接続には対応していませんが、PC・スマホ・タブレットの画面をスクリーンにそのまま投影できるミラーリング機能を備えています。

ミラーリング
AirPlay(iOS)・Miracast(Android)に対応しています。
 
本機最大の特長は、テレビと録画番組を視聴できること。

つながるTV」というアプリ経由で、ネットワーク接続された機器につなげて番組視聴が可能です。

popIn Aladdin 2のつながるTVアプリ
 
これまたフルHD対応の恩恵で、本当におおげさでなく据え置きテレビで観ているのと同じレベルでの鑑賞ができちゃいます。


 
映像美も素晴らしく、水面のゆらぎや緑の微妙な色のちがいも表現でき、再生ボタンを押せばそこはさながらシアタールームです。


 
Android OSを搭載し、多くのエンタメアプリを堪能することができます。

popIn Aladdin向けにチューニングされたアプリのみ収録しています。

とはいえ、Amazonプライム・YouTube・Hulu・Abema TV・DAZN・Netflix・Spotify・radikoなど、メジャーどころはきっちりカバーしています。

popIn Aladdin 2はAndroid OS搭載

これだけ入っていれば、一人で楽しめるだけでなく、誰かが遊びに来たときも一緒に時間を過ごせるので、かなり重宝します。

動画アプリ以外にも豊富なアプリがあり、例えば美風景アプリでは窓から覗くさまざまな風景を投影することができ、気分転換にもなります。

popIn Aladdin 2の美風景アプリ
 
壁時計で時計代わりにも活用することもできます。

popIn Aladdin 2の壁時計
 
popIn Aladdin 2はシーリングライト・スピーカー・プロジェクターの全方位でパワーアップしています。

もはや死角のないレベルに進化を遂げているといっても過言ではありません。

popIn「popIn Aladdin 2
本体サイズ 直径476 x 高さ145mm
重量 約4.9kg
解像度 1920 x 1080(フルHD)
投影サイズ 最大120インチ
明るさ 700ANSIルーメン
スピーカー出力 8W x 2
ワイヤレス Bluetooth・Wi-Fi・Miracast・AirPlay

popIn Aladdin 2レビューはこちら

【popIn Aladdin 2レビュー】フルHD対応かつデュアルスピーカーでパワーアップしたスマートプロジェクター  

Anker Nebula Solar

Anker社の「Nebula Solar」は、Android TV 9.0搭載のホームプロジェクターです。

Nebula SolarはAndroid TV 9.0搭載のホームプロジェクター
 
設置サイズは約192 x 192mmで、横幅ふくめA4サイズに充分おさまり、バッグに忍ばせられる大きさです。

Anker Nebula Solarのサイズは約192 x 192 x 59mm
 
重量は約1.1kgでモバイルノートPC程度。

Anker Nebula Solarの重量は約1.1kg
 
本体カラーは兄貴分のNebula Vega Portableと対をなすホワイトで、ベーシックで清潔感ある仕上がりです。

Anker Nebula Solarのカラーはホワイト
 
オートフォーカスならびに台形自動補正(タテ±40°まで自動)を搭載し、台形やピントずれをすぐに検知して修正してくれます。

Anker Nebula Solarはオートフォーカス搭載
Anker Nebula Solarはオートキーストーン搭載

裏面にはフリップスタンドも付き、ちょっとした傾斜(最大13°)であればこちらで対応可能です。

Anker Nebula Solarのフリップスタンド

 
オーディオの出力は標準的で、3Wスピーカーを2機搭載しています。

Anker Nebula Solarは6W出力のスピーカー搭載
 
明るさ最大400ANSIルーメン、解像度はフルHD(1920 x 1080)であり、ホームプロジェクターではミドルスペックにあたります。

Nebula Solarは400ANSIルーメンの明るさでフルHDの解像度
 
細かい文字でもしっかり視認でき、ビジネス・ゲームふくめ、幅広い用途で使いやすくできています。

HDMIの有線接続に対応しているほか、iPhone・Androidスマホ・各種PCからのミラーリングにも対応しています。

注意
iOS端末でミラーリング/スクリーンキャストする場合は、Nebula Manager内からAirPin(PRO)をダウンロードする必要があります。
 
Android TV 9.0を搭載し、タブレットライクなUIで直感的に操作できます。

Nebula SolarはAndroid TV 9.0搭載
 
アプリストアはAndroid純正の「Google Play」なので、5,000以上のAndroidアプリをそのまま楽しむことができます。

Nebula SolarのアプリストアはGoogle Play
 
YouTubeやAmazonプライムビデオはもちろん、Spotify、Hulu、TVer、DAZN、Paravi、dTV、ABEMA、GYAO!など、主要なアプリはすべて収録しています。




MEMO
「torne mobile」や「DiXiM Play」といったアプリを使い、ネットワーク接続された機器(レコーダー・nasne)につなげることで、TV番組視聴も可能です。
 
ドローンさんのYouTubeチャンネルを再生したところ、水面のゆらぎや輝き、木々や草の緑の変化も表現できていました。


 
Anker Nebula Solarは中位のホームプロジェクターながら、実用性の高いスペックにおさまり、6万円台では魅力的なモデルです。

製品名 Nebula Solar
サイズ 約192 x 192 x 59mm
重さ 約1.0kg
明るさ 400ANSIルーメン
解像度 フルHD(1920 x 1080画素)
投影距離(投影サイズ) 3.18m(120インチ)/ 2.66m(100インチ)/ 2.12m(80インチ)
スピーカー 6W(3W x 2)
OS Android TV 9.0
価格 69,990円

Nebula Solarレビューはこちら

【Nebula Solarレビュー】400ANSIルーメンの明るさをもつAnkerのフルHD対応ホームプロジェクター

XGIMI Elfin

XGIMI Elfin」は、Android TV 10.0搭載のホームプロジェクターです。

XGIMI ElfinはAndroid TV 10.0搭載のホームプロジェクター
   
外観デザインを白を基調とするシンプルなもので、インテリアを邪魔せず溶け込みます。

XGIMI Elfinのデザインは白基調
 
約19cm四方のコンパクトサイズかつ900g台の軽量設計で、片手でもかるがる持ち上げられます。

XGIMI Elfinのサイズは約193 x 193 x 48mm
XGIMI Elfinの重量は約0.9kg
 
オートフォーカスにくわえ、垂直水平方向ともに自動の台形補正機能を搭載しています。


 
明るさは最大800ANSIルーメンであり、フルHD対応では最高クラスの明るさです。

XGIMI Elfinは800ANSIルーメン

真っ昼間の鑑賞はさすがに厳しいものの、夕方以降はくっきり明るく観ることができます。

投影画面上の細かい文字もしっかり視認可能です。

XGIMI Elfinの解像度はフルHD
 
OSにはAndroid TV 10.0を搭載しています。

XGIMI ElfinはAndroid TV 10.0搭載
 
アプリストアも純正のGoogle Playであり、数千以上のアプリをそのまま利用できます。

XGIMI ElfinはGoogle Play搭載
 
友人の4K動画を再生したところ、水面のゆらぎや空や海の微妙な青の違い、草木が鮮明に見て取れ、抜群の映像体験が得られました。

Harman Kardonスピーカーによるクリア感のある音質も体感できました。

モバイルプロジェクターのサイズ感ながら本格的なホームプロジェクター。

XGIMI Elfinは、必要な機能が万遍まんべんなくそろった、小型高性能プロジェクターです。

製品名 XGIMI Elfin
サイズ 約193 x 193 x 48mm
重さ 約0.9kg
明るさ 800ANSIルーメン
解像度 フルHD(1920 x 1080画素)
スピーカー 6W(3W x 2)
ワイヤレス規格 2.4 / 5.0GHz(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 5.0
OS Android TV 10.0
価格 78,900円(税込み)

XGIMI Elfinレビューはこちら

【XGIMI Elfinレビュー】小型スリムながら性能も抜かりないフルHD対応ホームプロジェクター  

XGIMI HORIZON Pro

XGIMIの「XGIMI HORIZON Pro」は、Android TV 10.0搭載のホームプロジェクターです。

XGIMI HORIZON ProはAndroid TV 10.0搭載のホームプロジェクター
 
外周には継ぎ目のないアルミが貼られ、パンチングメッシュの上質感は、インテリアにも見事に溶け込みます。


 
重量は約2.9kgとそれなりの重さです。

XGIMI HORIZON Proの重量は約2.9kg
 
スピーカーには、オーディオ老舗メーカーであるHarman Kardon製のスピーカーを8W x 2機内蔵しています。

XGIMI HORIZON ProはHarman Kardon製のスピーカーを8W x 2機搭載

垂直水平(タテヨコ)方向の台形自動補正を搭載し、高速のオートフォーカスと合わせてその検知・修正精度は抜群です。


 
明るさ最大2,200ANSIルーメン、解像度は4K(3840 x 2160)であり、ホームプロジェクターでもかなりの高性能をほこります。

XGIMI HORIZON Proは2200ANSIルーメンの明るさに4Kの解像度
 
解像度も4Kと超高精細なので、草木の一本一本や細かい文字でもつぶれず表示でき、TV代わりに使っても全く遜色ありません。



HDMI制御にも対応し、HDMIで接続したデバイス(レコーダー・ゲーム機)のオンオフに連動したプロジェクターのオンオフに対応しています。

有線接続にくわえ、Chromecastも内蔵し、対応するスマホやPCからのミラーリングにも対応しています。

OSにはAndroid TV 10.0を搭載し、直感的なUIで操作性にすぐれています。

XGIMI HORIZON ProはAndroid TV 10.0搭載
 
アプリストアは純正のGoogle Playであり、数千以上ものAndroidアプリを楽しむことができます。

XGIMI HORIZON ProのアプリストアはGoogle Play搭載

YouTube、Amazon Prime Video、Hulu、dTV、Abema TV、DAZNなど、ふだん使っているアプリがそのまま使えます。

4K動画を再生したところ、音響の豊かさはもちろん、岩のゴツゴツ感や草木の鮮明さも素晴らしく、モバイルプロジェクターとは一線を画す映像美を堪能たんのうできます。

ホームプロジェクターの最適解。

XGIMI HORIZON Proは、デザイン・質感・機能性ともに妥協なく造り込まれたプロジェクターです。

製品名 XGIMI HORIZON Pro
サイズ 約208.4 x 218.4 x 136.2mm
重さ 約2.9kg
明るさ 2,200ANSIルーメン
解像度 4K(3840 x 2160画素)
スピーカー 16W(8W x 2)
ワイヤレス規格 2.4 / 5.0GHz(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 5.0
OS Android TV 10.0
価格 176,880円(税込み)

XGIMI HORIZON Proレビューはこちら

【XGIMI HORIZON Proレビュー】史上最高にパワフルで使いやすいホームプロジェクター

BenQ TK700STi

BenQベンキュー社の「TK700STi」は、Android TV 9.0搭載のホームプロジェクターです。

BenQ TK700STiはAndroid TV 9.0搭載のホームプロジェクター
 
出で立ちはビジネスプロジェクターを連想するシンプルなもので、ゲーミングらしきギラつき感は全くありません。


 
天面のレンズ側には、焦点を調整できるフォーカスダイヤルとズームレバーがついています。

なかでもズーム機能(約1.2倍)が付いているのはめずらしく、投影距離があまり確保できない部屋でも画面を拡張できるので重宝します。

操作自体は基本的に付属のリモコン(単三電池 x 2)で行い、音声操作ボタンやPrime Videoボタンも付いており、操作感・質感ともにかなり優秀です。

BenQ TK700STiのリモコン
 
明瞭度は最大3,000ANSIルーメン、解像度は4K(3840 x 2160)であり、明るさはかなりのレベルにまとまっています。

4Kで超高精細なのはもちろん、14時ごろの比較的明るい時間帯でも充分視認できるくらいの明るさです。

投影距離の短さも特色のひとつで、100インチの大画面を映すのに通常2.5〜3m必要であるところ、BenQ TK700STiなら2mで100インチ投影できます。

BenQ TK700STiは2mで100インチ投影可能
 
フォーカス調整は手動なものの、台形補正機能を搭載し、タテ方向なら画面のゆがみを自動で修正してくれます(水平方向は手動)。

BenQ TK700STiは台形自動補正機能搭載
 
OSにはAndroid TV 9.0を搭載し、タブレットライクなUIで使いやすくできています。

BenQ TK700STiはAndroid TV 9.0搭載
 
アプリストアには純正のGoogle Playを収録し、5,000以上ものAndroidアプリを楽しむことができます。


注意
Netflixは非対応です。Fire TV Stickを挿し込むか、ミラーリングで使用ください。
 
4K動画をYouTube再生したところ、なめらかかつ繊細なところまで表現し切り、さながらシアターで観ているような臨場感とダイナミックさがありました。

スピーカーの出力は5Wですが、前後両方向に音を放つtreVoloスピーカーの恩恵で、想像以上にサラウンド感のある仕上がり。

本機唯一ともいえるユニークな特徴が、ゲーミングプロジェクターであるという点です。

ジャンル別にゲームを楽しめるよう、RPG / FPS / SPG(スポーツゲーム)という3つのゲームモードを搭載しています。

各ゲームモードの特徴
  • RPG 没入感のある映像に低音重視
  • FPS 絶妙な陰影表現に定位重視
  • SPG リアル感のある映像にくっきりした音響
 
BenQ TK700STiでは、動きの速いゲームでもラグが生じにくいよう、応答速度の向上を図っています。

製品 BenQ TK700STi 通常のDLPプロジェクター
[email protected] 16.67ms 約40ms
フル[email protected] 8.33ms 約20ms
フル[email protected] 4.16ms 約15〜20ms
MEMO
フルHDのリフレッシュレートは、ゲーム機接続時で120Hz、PC接続時だと240Hzまで設定できます。
 
RPGゲームとFPSゲームを実際に流し、どの程度プレイできそうか確認してみました。

まずはファイナルファンタジー15を[email protected]で流してみたところ、戦闘・召喚シーンでのカクつきもなく映像美も堪能でき、まさにプロジェクターにうってつけのゲームといった感じでした。


 
次にApex Legendsを最初に[email protected]でプレイしたところ、当然高精細ではあるものの、激しく動いたときにややカクつくので正直厳しかったです。

フルHDに落として120Hz以上に持っていけば、索敵も問題なく充分に楽しめるレベルまで引き上がりました。

ただし、100インチの大画面で視線の移動量が多いと、首が左右に振れる機会が増え、それで若干酔ってしまいました……。

以上を踏まえると、モンハンやバイオハザードといった、動きの激しすぎないアクションゲームをプレイするのに適していると感じました。

とはいえ、プロジェクターでゲームをここまで遊べるのは驚きでしかなく、まさにゲーミングプロジェクターの名にふさわしい一品。

製品名 BenQ TK700STi
サイズ 約312 x 246 x 110mm
重さ 約3.1kg
明るさ 3,000ANSIルーメン
解像度 4K(3840 x 2160画素)
ズーム 1.2倍
スピーカー 5W x 1(CinemaMaster Audio+2)
ワイヤレス規格 2.4 / 5.0GHz(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 5.0
OS Android TV 9.0
応答速度 4K:16.67ms(60Hz動作時)
フルHD:16.67ms(60Hz動作時)
フルHD:8.33ms(120Hz動作時)
フルHD:4.16ms(240Hz動作時)
価格 200,000円(税込み)

BenQ TK700STiレビューはこちら

【BenQ TK700STiレビュー】RPGやFPSもこなす4K対応のゲーミングプロジェクター

おすすめのプロジェクターまとめ

本記事は「Android搭載モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめをまとめて紹介」について書きました。

場所を選ばず使えるモバイルプロジェクターとマルチに活躍するホームプロジェクター。

このたび紹介したプロジェクターは、いずれも自信を持っておすすめできるものなので、ご自身の使い方や目的と照らし合わせながら吟味してみてください。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【XGIMI Haloレビュー】Android TV 9.0搭載でアプリ・TVが観れるフルHD対応ポータブルプロジェクター 【XGIMI MoGo Pro+レビュー】小型サイズ最高の解像度と垂直水平の台形自動補正をもつモバイルプロジェクター BenQ GV30をレビュー!独創的なスライド機構で135度角度調整できるAndroid搭載モバイルプロジェクター 【Nebula Vega Portableレビュー】フルHDの解像度と500ANSIルーメンの明るさをもつAnkerのモバイル型最上位プロジェクター 【Anker Nebula Mars II Proレビュー】500ルーメンと20Wスピーカー搭載のモバイルプロジェクター 【Anker Nebula Apolloレビュー】350ml缶サイズのAndroid 7.1搭載モバイルプロジェクター【200ルーメン】 【Anker Nebula Capsule IIレビュー】世界初Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター【200ルーメン】 【Anker Nebula Cosmosレビュー】フルHD対応のAndroid 9.0搭載ホームプロジェクター! 【Anker Nebula Cosmos Maxレビュー】4K対応かつAndroid TV 9.0搭載で最強レベルのホームプロジェクター! 【popIn Aladdin 2レビュー】フルHD対応かつデュアルスピーカーでパワーアップしたスマートプロジェクター 【Nebula Solarレビュー】400ANSIルーメンの明るさをもつAnkerのフルHD対応ホームプロジェクター 【XGIMI Elfinレビュー】小型スリムながら性能も抜かりないフルHD対応ホームプロジェクター 【XGIMI HORIZON Proレビュー】史上最高にパワフルで使いやすいホームプロジェクター 【BenQ TK700STiレビュー】RPGやFPSもこなす4K対応のゲーミングプロジェクター

記事一覧