【最強はどれ?】ポータブル電源のおすすめとその選び方【2021年】


どうも、屋外イベントにポータブル電源が欠かせないマクリン( @Maku_ring)です。

ポータブル電源は大容量バッテリーを内蔵する上、AC出力(コンセント)も搭載し、どこでも電力を使える便利なアイテム。

キャンプや車中泊のみならず、災害時の備えとしても活躍します。

しかし、使用目的に合う容量や機能など、どのように選べばいいか分からないもの。

そこで本記事では、ポータブル電源を選ぶポイントおすすめ品を紹介します。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。プロフィール詳細

ポータブル電源を選ぶ4つのポイント

それでは、ポータブル電源を選ぶときのポイントを4つ挙げていきます。

 

1. 目的に合わせて容量を選ぶ

ポータブル電源の使用目的に合わせ、容量を選びましょう。

というのも、使用目的によって必要な容量は大きく変わってくるからです。

例えば、ポータブル電源がよく使われるシーンに、キャンプや車中泊があります。

寝泊まりするアウトドアで使用するには、250Wh以上のものが基本的におすすめです。

ヨメ

そもそもWhワットアワーってなによ?
ワット(出力) x アワー(時間)」をあらわす単位のことだよ!

マクリン

「Wh(ワットアワー)」はワット(W)と時間(h)の掛け算で、例えば250Whは「100Wの家電製品を2.5時間使用できること」を表しています。

つまり、使用する家電の種類によって、ポータブル電源に必要なWhの値は変わります。

夜間にライトや小型家電を使ったり、電気毛布が必要だったりする場合は、250Wh以上のものを選ぶといいでしょう。

一方、ちょっとしたスマホやノートPCの充電、小型扇風機など使用の場合は、100Wh以下で充分です。
 

2. 持ち運びやすい重さかどうか

ポータブル電源は、できるだけ持ち運びやすいものを選びましょう。

容量やスペックによって重量も変わります。

軽いもので1.0kg程度、大型のもので10kg以上と幅広いです。

ポータブル電源を使うシーンは、外出先や持ち運ぶ必要がある場所が多いですよね。

マクリン
キャンプなどで荷物が多い場合、あまり大型なものは荷物の移動に苦労することも……。

目安として、重くても約5kgであれば多少の持ち運びも可能で、350Wh以上のモデルが出揃っています。

一方10kg以上あると、容量は多いものの、持ち運びが大変。

必要な容量と使うシーンを想像し、最適な重量を選びましょう。

3. 使いやすい出力ポート数か

出力ポートの数が、目的に合っているか確認しましょう。

コンセント式の家電を使用するためのAC電源ポートやUSBポート数などは重要です。

キャンプや車中泊では、複数の家電を使用することが多くあります。

アウトドアで使う場合は、AC電源ポートが2口以上あるものが便利です。

また、パソコンやスマホなどの電子機器を複数充電できるよう、USBポートが2つ以上あるものを選びましょう。
 

4. 安全基準を満たしているか

安全基準を満たしている証拠にもなる、電気用品安全法(PSE)適合性検査に合格しているかも確認しましょう。

ポータブル電源を選ぶときは、安全性の確認が大切です。

万が一のことがあってからでは間に合いません。

電気用品安全法に基づく技術基準に沿った、PSE検査に合格しているかを必ずチェックしてください。

基準を満たしているものであれば、安心して使用できます。

ブランドのものでない場合や、安価なポータブル電源は安全性に確証はないので、信頼できるものを選びましょう。

ポータブル電源のおすすめ5選

ポータブル電源を選ぶポイントも踏まえ、僕の愛用している「おすすめのポータブル電源」を紹介します。

製品名 バッテリー容量 電力量 重量 ポート 入力 出力
RAVPower RP-PB054Pro
20,000mAh 80Wh(推定) 約660g ACコンセント/USB-A x 1/USB-C x 1 USB-C:最大30W AC:最大80W
USB-A:最大18W
USB-C:最大30W
Anker PowerHouse 100
27,000mAh 97.2Wh 約860g ACコンセント/USB-A x 2/USB-C x 1 USB-C:最大45W AC:最大100W出力
USB-A:各ポート最大12W出力(合計最大15W)
USB-C:最大45W入出力
RAVPower RP-PB187
70,200mAh 252.7Wh 約2.54kg ACコンセント/DC/USB-A x 2/USB-C x 1 DC:最大60W
USB-C:最大60W
AC x 2:各最大250W(合計300W)
DC:最大120W
USB-A 1/2:最大12W
USB-A 3:最大18W
USB-C:最大60W
AUKEY PowerStudio
82,500mAh 297Wh 約3.6kg ACコンセント x 2/DC/USB-A x 4/USB-C x 1/シガーソケット DC:最大60W
USB-C:最大100W
AC x 2:最大300W
シガーソケット:最大120W
DC:最大96W
USB-A x 2:各最大12W
QC3.0対応USB-A x 2:各最大18W
USB-C:最大100W
Anker PowerHouse II 400
108,000mAh 388.8Wh 約4.6kg ACコンセント/DC/USB-A x 3/USB-C/シガーソケット DC:最大65W
USB-C:最大60W
AC:最大300W
シガーソケット + 5.5mm DC x 2:最大120W
USB-A x 3:各最大12W
USB-C:最大60W

 

RAVPower RP-PB054Pro

RAVPower RP-PB054pro」は20,000mAhのポータブル電源です。

RAVPower RP-PB054proは20,000mAhのポータブル電源
 
20,000mAhのバッテリー容量は、ポータブル電源としては小さいですが、モバイルバッテリーとしては充分で、MacBookでも約1回充電できます。

RAVPower RP-PB054proのバッテリー容量は20,000mAh
 
サイズは約6.9 x 6.9 x 15.5 cmの500mlペットボトルサイズで、モバイルバッテリーとして考えると大きめですが、握りやすい形状に仕上がっています。

RAVPower RP-PB054proのサイズは約6.9 x 6.9 x 15.5 cm
 
重量は約664gで、ポータブル電源では唯一ともいえる、重さ1kgを切る最軽量クラスです。

RAVPower RP-PB054proの重量は約660g
 
天面には、ゴム蓋のACコンセントと2種類のUSBポートを搭載しています。

RAVPower RP-PB054proのポート類

RP-PB054Proの端子類

  • QC3.0対応USBタイプA(最大18W出力)
  • PD対応USBタイプC(最大30W入出力)
  • ACコンセント(最大80W出力)
マクリン
30W以上のPD対応充電器を使えば、USBタイプCから約3時間でバッテリー本体を充電できますよ!

RAVPower RP-PB054proのUSBポートは、USB-C(PD)とUSB-A(QC3.0)を備えています。


 
USB-C(PD)は最大30W対応であり、スマホ・タブレットはもちろん、MacBook Airのように一部のノートPCでも急速充電することができます。

RAVPower RP-PB054proはMacBook Airでも急速充電可能

MacBook Air(28.0W)

USB-CとUSB-Aを組み合わせれば、USBポートだけでノートPC + スマホ/タブレットの同時急速充電も可能です。


MacBook(27.8W)/ スマホ(7.1W)

最大80W出力のACコンセントも搭載し、13インチMacBook Proのように高パワーのノートPC・ドローン・Nintendo Switch・GoProなどの充電までカバーしています。


MacBook Pro(59.3W)

注意
アイロン・ドライヤー・電気ケトルなどには使用不可です。

持ち運びできるサイズ感ながら、ACコンセント・USB-C(PD)・USB-A(QC3.0)と多彩なポート出力に対応。

RAVPower RP-PB054proはアウトドア・ビジネスあらゆるシーンに使えるポータブル電源です。

RAVPower RP-PB054Proレビューはこちら

【RAVPower RP-PB054Proレビュー】コンセント・PD対応USB-C・USB-A搭載の20,000mAhポータブル電源  

Anker PowerHouse 100

Anker PowerHouse 100」は27,000mAhのポータブル電源です。

Anker PowerHouse 100は27,000mAhのポータブル電源
 
サイズは約12.0 x 20.1 x 3.1 cmとクラッチバッグサイズで、KindleとiPad Proのちょうど中間くらいの大きさです。

Anker PowerHouse 100のサイズは約12.0 x 20.1 x 3.1 cm

重量は約866gで、ポータブル電源では数少ない、1kgを切る軽量クラスです。

Anker PowerHouse 100の重量は約866g
 
側面には、ゴム蓋のACコンセントと2種類のUSBポートを搭載しています。

Anker PowerHouse 100のポート類

入出力端子

  • ACコンセント(最大100W出力)
  • USBタイプA(各ポート最大12W ※合計最大15W)
  • PD対応USBタイプC(最大45W入出力)

 
さらにポート端部には、屋外や非常時にも使えるフラッシュライトが付いています。

Anker PowerHouse 100はフラッシュライト搭載
 
ボタンを一回押すごとに「低照度 / 高照度 / SOSモード」と切り替わります。


 
USB-Cは本体充電にも対応し、付属の充電器「Anker PowerPort Atom III 45W Slim」とUSB-Cケーブルとの組み合わせで、最大45Wの入力に対応しています。

Anker PowerHouse 100は最大45W入力に対応

41.8W入力を確認

45W出力にも対応し、一般的なノートPCにくわえ、13インチMacBook Proの通常充電もカバーしています。

Anker PowerHouse 100は13インチMacBook Proの通常充電に対応

MacBook Pro 13″(43.5W)

ACコンセントは最大100W出力まで対応し、ノートPCはもちろん、車載冷蔵庫や扇風機などの小型家電へも給電できる高出力。

Anker PowerHouse 100は最大100WのACコンセント搭載

注意
アイロン・ドライヤー・電気ケトルなどには使用不可です。
 
100WクラスのノートPCである16インチMacBook Proでももちろん急速充電できます。

Anker PowerHouse 100は16インチMacBook Proにも急速充電可能

MacBook Pro 16″(83.6W)

4ポート接続時は最大160W出力に対応し、MacBook Pro 16″(最大96W)・MacBook Air(最大30W)・Pixel 5(最大18W)・Air Pods Pro(最大10W)の組み合わせでも大丈夫。

Anker PowerHouse 100は最大160W出力に対応

軽量クラスのポータブル電源ながら、最大100WのACコンセントをはじめ、3種類のポートに対応。

Anker PowerHouse 100は、サイズ・容量・形状のトータルバランスに長けた高実用のポータブル電源です。

Anker PowerHouse 100レビューはこちら

【Anker PowerHouse 100レビュー】最大100WのAC出力に対応する27,000mAhのコンパクトなポータブル電源

RAVPower RP-PB187

RAVPower RP-PB187」は70,200mAhのポータブル電源です。

RAVPower RP-PB187は70,200mAhのポータブル電源
 
70,200mAhの超大容量で、MacBookでも約2回・車載冷蔵庫が約5.5時間・Nintendo Switchが8回以上充電でき、まさに電源代わりに使うことができます。


 
サイズは約18.9 x 13.0 x 13.0 cmとポータブル電源でかなり小型です。

RAVPower RP-PB187のサイズは約18.9 x 13.0 x 13.0 cm

ヨメ
女性の手でも持ちやすいですよ!

重量は約2.54kgで、ポータブル電源ではかなり軽量クラス

RAVPower RP-PB187の重量は約2.54kg
 
右側面には、USBポート群をそなえています。

RAVPower RP-PB187の右側面のポート類

RP-PB187の出力端子

  • PD対応USBタイプC(最大60W) x 1
  • USBタイプA(最大12W) x 2
  • QC3.0対応USBタイプA(最大18W) x 1

 
USB-Cは60W入力にも対応し、RAVPower RP-PC112など60W以上のPD対応充電器を使えば、約3時間でフル充電できます。

56.1W入力

 
60WのDC入力にも対応し、2種類の充電方式をカバーしています。

RAVPower RP-PB187はDC入力対応

マクリン
最大120WのDC出力も付いてるので、小型家電ならDCケーブルをつなげば使えちゃいますよ!

背面にはランプには3種類の点灯パターンがあり、1回押しで常時点灯、2回押しすると災害発生時に役立つSOS点滅ストロボ点滅を選ぶことができます。


 
USB-C(PD)は最大60W対応であり、13インチMacBook Proのようにパワーを要するノートPCでも急速充電可能です。

RAVPower RP-PB187は13インチMacBook Proでも急速充電可能

13インチMacBook Pro(57.8W)

USB-Aも組み合わせれば、USBポートだけでノートPC・タブレット・スマホのセットでも急速充電できちゃいます。


Google Pixel 4 / MacBook(5.7W/42.5W)

単体250WのACコンセントも2つ(合計300W)搭載し、ノートPC x 2台やノートPC + プロジェクターなど、小さい家電であれば同時給電に耐えうる高出力となっています。




注意
小型家電の中でもアイロン・ドライヤー・電気ケトルは250W以上であるため使用不可です。
 
キャンプやBBQ、ライブイベントなどの屋外イベントでRAVPower RP-PB187は頼りになります。

防災&非常時にも最適なので、一台置いておくことをおすすめします。

RAVPower RP-PB187レビューはこちら

【RAVPower RP-PB187レビュー】2口のコンセントにDC出力もそなえる70,200mAhのポータブル電源  

AUKEY PowerStudio

AUKEY PowerStudio」は82,500mAhのポータブル電源です。

AUKEY PowerStudioは70,000mAhのポータブル電源

MEMO
本製品は現在クラウドファンディングが終了し、一般販売待ちとなっています。
 
ドイツ車のMINIを彷彿ほうふつとさせるレトロテイストで、家にもなじむインテリア性の高いデザインです。


 
約82,500mAhの圧倒的な容量で、MacBook約5回・iPhone 12 Proなら20回以上充電できます。

AUKEY PowerStudioのバッテリー容量は82,500mAh
 
フロントには液晶ディスプレイと5種類の出力端子を備えています。




PowerStudioの出力端子

  • シガーソケット(最大120W) x 1
  • DCポート(最大96W) x 1
  • PD対応USBタイプC(最大100W) x 1
  • USBタイプA(最大12W) x 2
  • QC3.0対応USBタイプA(最大18W) x 2
  • ACコンセント x 2(最大300W)

 
LEDライトもそなえ、防災用だけでなく枕元に置けばベッドサイドランプとしても使えます。

AUKEY PowerStudioのLEDランプ
 
本体充電は、DCとPD対応USB-Cの2種類に対応しています。

PowerStudioの本体充電はDCとPD対応USB-Cの2種類に対応
 
しかも、DCとPD対応USB-Cの同時急速入電に対応してます。


 
両方駆使すれば、驚異の最大160W入力に対応し、最大2.5時間でのフル充電が可能となります。

PowerStudioは最大160Wの同時急速入電に対応
 
左側には最大120Wのシガーソケットが付いており、ミニ冷蔵庫や扇風機・ハイパワーのノートPCすら動作できる高出力です。


 
中央部は、最大100WのUSB-C(PD)と最大12WのUSB-A x 2、最大18WのQuick Charge 3.0(QC3.0)対応USB-A x 2を備えています。


 
USB-C(PD)は、13インチMacBook Proのようにパワーを要するノートPCでも急速充電可能です。

PowerStudioのUSB-C(PD)は、16インチMacBook Proでも急速充電可能

右側はACコンセント部であり、合計最大300Wと頼りになります。

PowerStudioのACコンセントは最大300W
 
PowerStudioは297Whの容量かつ合計最大出力400Wと、見た目によらず懐の大きいポータブル電源を実現しています。

マクリン
全ポートを組み合わせれば、なんと9つものデバイスが同時充電可能……!

具体的には「ノートPC x 3台 + タブレット x 2台 + スマホ x 4台」の組み合わせでも充電できちゃいます。

デザイン性と機能性と高次元で両立した、まさに機能美のポータブル電源

インテリアに防災にアウトドアに、全方位で使えるポータブル電源をお探しならAUKEY PowerStudio一択でしょう。

AUKEY PowerStudioレビューはこちら

【AUKEY PowerStudioレビュー】最大9台同時充電できるレトロでおしゃれなポータブル電源

Anker PowerHouse II 400

Anker PowerHouse II 400」は108,000mAhのポータブル電源です。

Anker PowerHouse II 400は108,000mAhのポータブル電源
 
約108,000mAhの超大容量で、MacBookでも約5回・iPhone 12 Proなら20回以上充電できます。

Anker PowerHouse II 400のバッテリー容量は約108000mAh
 
前面には5種類の入出力端子を備えています。

Anker PowerHouse II 400のシガーソケット
Anker PowerHouse II 400のUSBポート類
Anker PowerHouse II 400のACコンセント
入出力端子

  • シガーソケット + 5.5mm DC x 2(最大120W)
  • USBタイプA(最大12W) x 3
  • PD対応USBタイプC(最大60W) x 1
  • DCポート(最大65W) x 1
  • ACコンセント x 1(最大300W)

 
側面にはフラッシュライト、背面にはアンビエントライトを搭載しています。



本体充電は、DCとPD対応USB-Cの2種類に対応しています。

Anker PowerHouse II 400の本体充電はDCとPD対応USB-Cの2種類に対応
 
DCとPD対応USB-Cの同時急速入電もでき、最大125Wの入力まで対応しているので、フル充電まで最大4時間に縮めることが可能です。

Anker PowerHouse II 400はDCとPD対応USB-Cの同時急速入電
 
Anker PowerHouse II 4005種類の出力端子をそなえ、多様なデバイス充電ができます。


 
左側のシガーソケットは最大120Wなので、ミニ冷蔵庫や扇風機・ハイパワーのノートPCすら動作できる高出力です。

上部には5.5mmのDC入力が付き、「Anker PowerPort Solar 60」を組み合わせればソーラー充電できます。

PD対応USB-Cは、MacBook Pro 13″などパワーを要するノートPCでも急速充電可能です。

Anker PowerHouse II 400はMacBook Pro13インチでも急速充電可能
 
右側は最大300WのACコンセントであり、MacBook Pro 16″はもちろん、加湿器・スピーカー・小型冷蔵庫・扇風機・テレビにも対応できる懐の大きさを有しています。


 
全ポートを駆使すればなんと、合計最⼤出⼒516Wで最⼤8台の機器に同時充電可能です。

Anker PowerHouse II 400は合計最⼤出⼒516Wで最⼤8台の機器に同時充電可能

5種類のポートと8つの充電端子を搭載。

超大容量かつ多彩なポータブル電源をお探しならAnker PowerHouse II 400がおすすめです。

Anker PowerHouse II 400レビューはこちら

【Anker PowerHouse II 400レビュー】最大8台同時充電できる108,000mAh の超⼤容量ポータブル電源

ポータブル電源のおすすめまとめ

本記事は「【最強はどれ?】ポータブル電源のおすすめとその選び方」について書きました。

ひとえにポータブル電源といっても、デザイン・バッテリー容量・ワット数・ポート数でその種類は多岐にわたります。

このたび紹介したモデルはどれもおすすめなので、手持ちのデジタル機器と合わせ、最適なポータブル電源を見つけてください。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

製品名 バッテリー容量 電力量 重量 ポート 入力 出力
RAVPower RP-PB054Pro
20,000mAh 80Wh(推定) 約660g ACコンセント/USB-A x 1/USB-C x 1 USB-C:最大30W AC:最大80W
USB-A:最大18W
USB-C:最大30W
Anker PowerHouse 100
27,000mAh 97.2Wh 約860g ACコンセント/USB-A x 2/USB-C x 1 USB-C:最大45W AC:最大100W出力
USB-A:各ポート最大12W出力(合計最大15W)
USB-C:最大45W入出力
RAVPower RP-PB187
70,200mAh 252.7Wh 約2.54kg ACコンセント/DC/USB-A x 2/USB-C x 1 DC:最大60W
USB-C:最大60W
AC x 2:各最大250W(合計300W)
DC:最大120W
USB-A 1/2:最大12W
USB-A 3:最大18W
USB-C:最大60W
AUKEY PowerStudio
82,500mAh 297Wh 約3.6kg ACコンセント x 2/DC/USB-A x 4/USB-C x 1/シガーソケット DC:最大60W
USB-C:最大100W
AC x 2:最大300W
シガーソケット:最大120W
DC:最大96W
USB-A x 2:各最大12W
QC3.0対応USB-A x 2:各最大18W
USB-C:最大100W
Anker PowerHouse II 400
108,000mAh 388.8Wh 約4.6kg ACコンセント/DC/USB-A x 3/USB-C/シガーソケット DC:最大65W
USB-C:最大60W
AC:最大300W
シガーソケット + 5.5mm DC x 2:最大120W
USB-A x 3:各最大12W
USB-C:最大60W
【RAVPower RP-PB054Proレビュー】コンセント・PD対応USB-C・USB-A搭載の20,000mAhポータブル電源 【Anker PowerHouse 100レビュー】最大100WのAC出力に対応する27,000mAhのコンパクトなポータブル電源 【RAVPower RP-PB187レビュー】2口のコンセントにDC出力もそなえる70,200mAhのポータブル電源 【AUKEY PowerStudioレビュー】最大9台同時充電できるレトロでおしゃれなポータブル電源 【Anker PowerHouse II 400レビュー】最大8台同時充電できる108,000mAh の超⼤容量ポータブル電源

記事一覧