【2022年】今すぐ買うべきUSB急速充電器のおすすめ20選【スマホからPD対応まで】

最終更新日 2022年10月1日

ガジェットの中でも充電器大好きマクリン( @Maku_ring)です。
 

マクリン

今月もたくさんの充電器を買っちゃった!
充電するものより充電器のほうがあきらかに多くない !?

ヨメ

マクリン

(……ギクッ!)
 
新しいモノが出たら思わず買ってしまうので「これは買うべきじゃなかった……」という失敗をたくさん経験してきました。

数々の失敗を経て、いまも使い続けているスマホのUSB充電器は、本当の意味でおすすめできるものです。

そこで本記事は「【2022年】今すぐ買うべきUSB急速充電器のおすすめ20選【スマホからPD対応まで】」について書きました。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

USB急速充電器とは?

USB急速充電器とはその名のとおり「モバイル機器やノートPCを急速充電するためのUSB機器」のことです。

モバイルバッテリーとよく混同されがちですが、充電器は本体内にバッテリーを内蔵せず、コンセントを差してケーブルあるいはワイヤレスでデバイスを充電します。

この「バッテリーを内蔵しない」「コンセントを有している」の2点が、充電器とモバイルバッテリーの大きなちがいです。

ひとえに充電器といっても、携帯性を重視したものから大型までさまざまなタイプがあります。

いろいろな種類を使ってみて、僕の行き着いた「使いやすいスマホのUSB充電器」は以下のとおりです。

使いやすいUSB充電器

  • 小型である
  • ポート数は最大4口まで
  • 高出力である

 
持ち運ぶことも視野に入れた場合、小型であることは必須。

近年は、次世代パワー半導体のGaNを搭載する充電器が次々と登場し、コンパクトな高出力モデルが増えています。

AUKEY Omnia Mini 20W IIのサイズは約30 x 30 x 33mm

 
また、USBポート数は5つ以上あったところで、同時に使う機会は案外少なく、4口までが実用的です。

それから出力(ワット数)は、デバイスの充電速度にかかわる大事な要素になってきます。

ワットは「電圧 x 電流」の掛け算で算出され、各デバイスごとに対応ワット数は細かく分かれます。

各デバイスの急速充電時に必要なワット数を挙げていきます。

Apple製品の各出力
  • iPhone(11シリーズまで) 18W
  • iPhone(12シリーズ以降)・iPad Air/Pro 20W
  • PPS対応のAndroidスマホ(Super Fast Charging対応) 25W
  • MacBook Air 30W
  • 13インチMacBook Pro 61W
  • 14インチMacBook Pro(8コアCPU) 67W
  • 14インチMacBook Pro(10コアCPU) 96W
  • 16インチMacBook Pro 140W

このようにデバイスによってワット数は異なり、おぼえきれないほど多岐にわたります。

なお、USB PD規格の最大は100Wであり、小型の100W対応充電器も増えているので、それらは以下の記事で紹介しています。

デバイス・メーカー別におすすめの充電器

デバイスによって最適な充電器は分かれるのでそれぞれ紹介します。

iPhoneにおすすめの充電器

12シリーズ以降のiPhoneから、付属品の充電器がカットされたため、iPhone用充電器を別途用意する必要があります。

iPhone 13 Proの付属品

iPhone 12/ 13シリーズは、有線充電時だと30分で50%充電できる「高速充電」に対応しています。

ただし、充電器の出力が20W以上に対応している必要があります。

それを知らずに昔のiPhone充電器を使ったりすると、5Wにしか対応していないので「ぜんぜん充電されない……!」ということになりかねません。

Apple 5W 充電器
 
最新のiPhoneで高速充電できる20W対応充電器を、下記記事にて特集しています。

 

PPS対応Androidスマホにおすすめの充電器

PPS(Programmable Power Supply)とはUSB PD 3.0(USB Power Delivery 3.0)のオプション機能で、PPS対応デバイスに最適な充電が可能となっています。

PPS(Programmable Power Supply)とは?

PPS対応デバイスとPPS対応充電器をPD対応ケーブルでつなぐことで、従来のPDをしのぐ出力(25W以上)と速度で充電できます。

ただし、現時点でその対応機種は多くなく、Galaxy S21など一部のAndroidスマホにとどまります。

Galaxyの場合、PPS対応充電器で充電されていると「超急速充電」と表示し、それでPPS対応充電器か否か判断できます。

Galaxy S21はSuper Fast Charging(超急速充電)に対応
 
実際に使って「良い」と感じたおすすめのPPS対応充電器を、下記記事にて特集しています。

置くだけ充電できるおすすめのワイヤレス充電器

iPhoneふくめ、近年のスマホは置くだけ充電の「ワイヤレス充電」に対応しています。

有線充電にくらべて充電速度は落ちるものの、それ以上にケーブルの抜き差しなしに充電できる利便性がまさります。

スタンド型・パッド型・マグネット型と、使用シーンに応じて自分に最適なワイヤレス充電器は異なります。

そこで下記記事では、各形状ごとにおすすめのワイヤレス充電器を特集しています。

 

MacBook Air/Proにおすすめの充電器

MacBookの充電器は、Airが30Wの電源アダプタ、13インチと14インチのPro(8コアCPU)が61Wと67Wのアダプタ、14インチのPro(10コアCPU)は96Wと、多岐にわたります。

MacBook Airと13・14インチMacBook Proの純正充電器

(左)Airの充電器(30W)/(右)Pro 13″の充電器(61W)

14インチMacBook Proと16インチMacBook Proの純正充電器

(左)Pro 16″の充電器(140W)/(右)Pro 14″の充電器(96W)

いずれも小さくなく、ワット数さえ合わせられれば、小型の代用充電器に変えたほうがベターです。

各モデルに合った充電器を集めてみたので下記記事を参考ください。

Apple Watchにおすすめの充電器

Apple Watchはバッテリー内蔵のスマートウォッチであるため、充電をわすれると、外出時に「バッテリー残量がない……!」ということになりかねません。

Apple Watchの低電力状態

そういった事態に見舞われないよう、Apple Watchの磁気充電器を常に携帯しておきたいところ。

Apple Watchの充電器は大きく、直挿しのコードレスタイプ巻き取りケーブルタイプスタンドタイプの3つに分かれています。

Apple Watchに最適な充電器を集めてみたので下記記事を参考ください。

 

Anker(アンカー)でおすすめの充電器

数ある充電器メーカーでもおすすめなのがAnkerアンカー

Anker 725 Charger (65W)のカラーはホワイト

ひとめでAnkerと分かる洗練されたデザインにくわえ、スマホ用からノートPC用、単ポートから多ポート仕様まで実にバリエーションに富んでいます。

また、一度買えばほぼ故障知らずの品質の高さも人気の理由です。

Ankerでおすすめの充電器を集めてみたので下記記事を参考ください。

CIOでおすすめの充電器

AnkerとならんでおすすめのメーカーがCIOです。

CIO NovaPort DUOの外観

小型化・高出力化に特化したメーカーで、他社にはない独創的かつ魅力的なモデルを数多くリリースしています。

マクリン
スマホ用からノートPC用、充電器兼用のハイブリッドモデルまで、じつにバラエティに富んでます!

こちらの記事では、CIOでおすすめの充電器を集めてみたので参考ください。

1ポートタイプのおすすめUSB充電器

それでは数あるスマホのUSB急速充電器から、まずは1ポートタイプを紹介します。

製品名 サイズ 重量 出力ポート数 出力
DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger
約28 x 28 x 33mm 約35g 1(USB-C x 1) 最大20W
Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)
約36 x 29 x 29mm 約38g 1(USB-C x 1) 最大30W
Anker PowerPort Atom III Slim
約75 x 46 x 16mm 約57g 1(USB-C x 1) 最大30W
Anker Nano II 45W
約35 x 38 x 41mm 約68g 1(USB-C x 1) 最大45W
CIO NovaPort SOLO 65W
約52 × 41 × 28 mm 約95g 1(USB-C x 1) 最大65W
Baseus 100W
約55 x 67 x 30mm 約170g 1(USB-C x 1) 最大100W

 

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger」は、最大20W対応の1ポート充電器です。

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerは1ポートタイプのUSB-C充電器

iPhone 12シリーズやiPad Proの高速充電にも対応しています。

ホワイトブラックのよくある色以外に、チャコールグレーオリーブグリーンネイビーブルーのパステルカラーが用意され、男女問わず使いやすい色がそろっています。

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerのカラーバリエーション
 
省スペースを実現しつつ、プラグが格納でき、裏面には製品情報が芸術的な文字詰めで入っています。

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerは折りたたみプラグ式
 
サイズは約28 x 28 x 33mmと、20W充電器の折りたたみ式プラグで3cm角を唯一下回り、世界最小サイズを実現しています。

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerのサイズは約28 x 28 x 33mm
 
プラグむき出しのタイプをふくめても、Appleの5W充電器やAnker PowerPort III Nano 20Wと並ぶ超小型となっています。


 
重量は約35gでAnkerよりやや重いものの、折りたたみ式では最軽量。

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerの重量は約35g
Anker PowerPort III Nano 20Wの重量は約30g

iPhone 12 Pro充電時の出力は20W近くあり、最大値に近いワット数を計測しました。

iPhone 12 Pro(18.8W)

30分充電で50%に到達するハイスピードぶりで、フル充電まで急ぐときほど重宝します。

サイズ・デザイン・性能ともに完成度高くまとまった、本命の20W充電器です。

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerレビューはこちら

【DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerレビュー】豊富なカラバリかつ最小最軽量のiPhone 13向けUSB充電器   

Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)

Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)」は、1ポートタイプの30W充電器です。

Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)は1ポートタイプの30W充電器
 
サイズは約36 x 29 x 29mmと同クラスの最小設計であり、もちろん卵サイズ未満です。

Anker 511 Chargerのサイズは約36 x 29 x 29mm
 
同クラスのAnker 711 Charger (Nano II 30W)BELLEMOND Ultra Mini 30Wとほぼ同等であり、これまでプラグむき出しでないと実現できなかった極小サイズを、格納型で実現できるようになりました。

Anker 511 ChargerとAnker 711 Chargerのサイズ比較
Anker 511 ChargerとBELLEMOND Ultra Mini 30Wのサイズ比較

  
MacBook Airの30W純正アダプターと並べても、約70%程度小型化できています。

Anker 511 ChargerとMacBook Air 30W純正アダプターのサイズ比較

 
重量は約38gであり、同クラスの最軽量にせまりつつ、MacBook Air充電器と比べても半分未満の軽量設計です。

Anker 511 Chargerの重量は38g

Anker 511 Charger

Anker 711 Charger

Apple 30W純正アダプター

 
USB-Cは最大30W出力にまで対応し、MacBook Airでも急速充電可能です。

Anker 511 ChargerはMacBook Airも急速充電可能

MacBook Air(30W)

  
iPhone 14 Pro充電時も22W以上を記録し、高速充電にもしっかり対応していることが確認できました。

Anker 511 ChargerはiPhone 14 Proを急速充電可能

iPhone 14 Pro(22.4W)

 
PPSにも対応し、Galaxy S21などPPS対応スマホとの組み合わせで、20W以上の超急速充電に対応しています。

Anker 511 ChargerはPPSに対応

 
Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)は「プラグが格納できるiPhone 14・MacBook Air用充電器が欲しい人」におすすめのモデルです。

Anker PowerPort Atom III Slim

世界最薄のPD対応急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」です。

Anker PowerPort Atom III Slimは1ポートタイプの30W出力対応USB-C急速充電器

マクリン
表⾯はスタイリッシュなメッシュ加⼯で、デザイン性にもこだわって作られてますよ!
 
最大出力は30Wであり、MacBook Airならば急速充電できる高出力です。

Anker PowerPort Atom III Slimは最大30WでMacBook・MacBook Airならば急速充電できる高出力

MEMO
iPad Pro、iPhone、Galaxy、Nintendo Switchなどにも急速充電可能です。
 
サイズは約75 x 46 x 16mmで、GaN(窒化ガリウム)採用により超薄型サイズにおさまっています。

Anker PowerPort Atom III Slimは指でつまめる極小サイズ
Anker PowerPort Atom III Slimのサイズ

Anker PowerPort Atom PD 1Anker PowerPort III miniと比べると、床置き面積は大きいものの、1.6cmの薄さは断トツで、さすが世界最薄といえる仕上がりになっています。

Anker PowerPort Atom III SlimとAnker PowerPort Atom PD 1とAnker PowerPort III miniのサイズ比較
Anker PowerPort Atom III SlimとAnker PowerPort Atom PD 1とAnker PowerPort III miniのサイズ比較

MacBook Airの純正アダプター(30W)と比べても、その薄さは際立っています。

Anker PowerPort Atom III SlimとMacBook Air純正アダプターのサイズ比較
Anker PowerPort Atom III SlimとMacBook Air純正アダプターのサイズ比較

重量は純正アダプターの約106gに対し、Anker PowerPort Atom III Slimは約57gと約半分の軽量化を実現し、世界最軽量(約54g)のAnker PowerPort Atom PD 1に迫る軽さです。

MacBook Airの重量
Anker PowerPort Atom III Slimの重量
Anker PowerPort Atom PD1の重量

Anker PowerPort Atom III Slimは、最大30W出力のUSB-Cを備えています。

Anker PowerPort Atom III Slimは最大30W出力のUSB-C搭載
 
USB-CにAnker PowerLine+ II USB-C & ライトニング ケーブルを組み合わせることで、最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応しています。

Anker PowerPort Atom III Slimは最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応
 
USB-C電圧電流チェッカーでiPhone XS充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、10Wを超える値を示していました。

PowerPort Atom III Slim x iPhone(13.8W)

 
USB-Cは最大30W出力に対応しているため、MacBook Airや一部のノートPCも急速充電することができます。

Anker PowerPort Atom III SlimはMacBook Airや一部のノートPCも急速充電できる
 
MacBook Air充電時の出力値は、最大出力に迫る27.8Wであり、PowerIQ 3.0の能力が発揮されていました。

PowerPort Atom III Slim x MacBook(27.8W)

 
世界最薄かつ折りたたみプラグ式で、ノートPCふくめてあらゆるデバイスにフルスピード充電。

Anker PowerPort Atom III Slimは、30W出力の1ポート充電器として大本命の充電器です。

Anker PowerPort Atom III Slimレビューはこちら

【Anker PowerPort Atom III Slimレビュー】GaN採用で世界最薄の最大30W出力USB-C充電器  
45Wバージョン

Anker PowerPort Atom III 45W Slimレビューはこちら

【Anker PowerPort Atom III 45W Slimレビュー】フリスクサイズで最大45W出力に対応するUSB-C充電器  

Anker Nano II 45W

Anker Nano II 45W」は、1ポートタイプの45W充電器です。

Anker Nano II 45Wは1ポートタイプのUSB-C充電器

白あるいは黒一色のデザインから一新され、シルバーとブラックグレーのツートーンで洗練された雰囲気に仕上がっています。

GaN充電器の中でも究極の小型化を追求し、約35 x 38 x 41mmを実現しています。

Anker Nano II 45Wのサイズは約35 x 38 x 41mm
 
30Wながらその小ささで反響を呼んだ「Anker PowerPort Atom PD 1」とほぼ同サイズです。

Anker Nano II 45WとAnker PowerPort Atom PD 1のサイズ比較
 
しかも、Anker Nano II 45Wプラグが格納できちゃいます。


 
MacBook Airの30W純正アダプターと比較しても、その差は歴然です。

Anker Nano II 45WとMacBook Air純正充電器のサイズ比較

重量も、同出力のGaN充電器である「Anker PowerPort Atom III 45W Slim」より15g以上軽い、約68gにおさえています。

Anker Nano II 45Wの重量は約68g

Anker Nano II 45W

Anker PowerPort Atom III 45W Slimの重量

Anker PowerPort Atom III 45W Slim

最大45W出力に対応し、MacBook Airなら急速充電、MacBook Pro 13″でも通常充電が可能です。

Anker Nano II 45WはMacBook Pro13インチも通常充電可能

MacBook Pro(43.7W)

サイコロサイズの超小型設計で、あらゆるデジタル機器に高出力充電。

Anker Nano II 45Wは、スマホ充電器でもノートPC充電器でも使える45Wタイプでベストの完成度をもつ逸品です。

Anker Nano II 45Wレビューはこちら

【Anker Nano II 45Wレビュー】さらなる超小型化に磨きをかけた最大45W出力のUSB-C充電器

CIO NovaPort SOLO 65W

NovaPort SOLO 65W」は、1ポートタイプの60Wクラス充電器です。

CIO NovaPort SOLO 65Wは1ポートタイプの60Wクラス充電器
 
サイズは約52 × 41 × 28 mmで、MacBook Proの61W USB-C電源アダプタと並べると、半分未満にまで小型化できています。

NovaPort SOLO 65Wのサイズは約52 × 41 × 28 mm

 
同クラスの最小充電器「Anker Nano II 65W」や「CIO G65W1C」と比べても、ほぼ変わらぬサイズにおさまっています。

NovaPort SOLO 65WとAnker Nano II 65Wのサイズ比較

NovaPort SOLO 65WとCIO G65W1Cのサイズ比較
  
重量は前のCIO充電器よりやや重いものの、純正アダプターの半分未満であり、モビリティ性は十分。

NovaPort SOLO 65Wの重量は約95g

NovaPort SOLO 65W

CIO G65W1Cの重量

CIO G65W1C

Apple 61W USB-C電源アダプタ

 
USB-Cは最大65W出力に対応し、MacBook Airや14インチのProをはじめ、大抵のモバイルノートPCの急速充電が可能です。

NovaPort SOLO 65Wは14インチMacBook Proも急速充電可能

14インチMacBook Pro(58.4W)

 
PPSにも対応し、PPS対応スマホのGalaxy S21で「超急速充電」と表示しました。

NovaPort SOLO 65WはPPSに対応

Galaxy S21(21.3W)

NovaPort SOLO 65Wは「スマホからモバイルノートPCまで、デバイス問わずに急速充電したい人」におすすめです。

 

Baseus 100W

Baseus 100W」は、1ポートタイプの100WクラスUSB-C充電器です。

Baseus 100Wは1ポートタイプの100WクラスUSB-C充電器

最大出力の100Wは、16インチMacBook Proをはじめ、全てのUSB-C機器が急速充電できる超高出力となっています。

また、世界で初めて「Quick Charge 5.0」に対応し、Quick Charge対応スマホで高速充電できるのにくわえ、USB PD互換やPPS互換も加わりました。

Quick Charge 4+ Quick Charge 5.0
最大出力

100W

100W以上

充電速度

15分でスマホ最大50%充電可能

5分でスマホ最大50%充電可能

USB PD互換

あり

あり

PPS互換

なし

あり

下位互換

あり

あり

QC 5.0の進化点
  • 最大出力が100W以上に
  • 充電速度がさらに高速化
  • PPSとの互換性ができた
 
カラーはブラックのみで、メタリックな光沢感をまとい、上質感があります。


 
サイズは約30 x 55 x 67mmと、100Wクラス充電器ではかなり小さく、名刺ケース以下のコンパクトサイズにおさまっています。

Baseus 100Wのサイズは3 x 5.5 x 6.7 cm

 
同クラス最小のAUKEY「Omnia PA-B5」には高さが若干およばないものの、こちらはQC 5.0に対応していないため、機能的にはBaseusがまさっています。

Baseus 100WとAUKEY Omnia PA-B5のサイズ比較

 
また、16インチMacBook Pro純正アダプタ(96W)と比べると、約60%の小型化を実現しています。
Baseus 100Wと16インチMacBook Proアダプタのサイズ比較

 
重量も約171gであり、16インチMacBook Pro純正アダプタより100g以上軽いのにくわえ、13インチMacBook Proの61W純正アダプタをも下回っています。

Baseus 100Wの重量

Baseus 100W

16インチMacBook Pro純正アダプタの重量

16インチMacBook Pro

13インチMacBook Pro純正アダプターの重量

13インチMacBook Pro

 
最大100W出力であるため、16インチMacBook Proでも急速充電に対応しています。


(86.5W)

MEMO
カラの状態からでも約2時間でフル充電できます。
 
名刺ケースサイズ以下ながら、100W出力で全USB-Cデバイスをフルスピード充電可能。

Baseus 100Wは、100Wチャージャーのマストバイモデルです。

Baseus 100Wレビューはこちら

Baseus 100W GaN II Fast Chargerをレビュー!世界初QC 5.0搭載のUSB-C充電器

2ポートタイプのおすすめUSB充電器

実用性の高いUSB充電器が2ポートタイプです。

僕自身、このタイプの使用頻度がもっとも高く、スマホとタブレット、ノートPCとスマホなどの組み合わせで充電することができます。

製品名 サイズ 重量 出力ポート数 出力
DIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast Charger
約31 x 31 x 37mm 約49g 2(USB-A x 1 / USB-C x 1) USB-A:最大18W
USB-C:最大20W
※ポート合計15W出力
CIO NovaPort DUO 30W
約45 x 36 x 28 mm 約71g 2(USB-C x 2) USB-C:各ポート最大30W
※ポート合計40W(20W+20W)出力
CIO NovaPort DUO 45W
約45 x 36 x 28 mm 約63g 2(USB-C x 2) USB-C:各ポート最大45W
※ポート合計40W(20W+20W)出力
MATECH Sonicharge Flat 65W
約90 x 48 x 15.5 mm 約102g 2(USB-A x 1 / USB-C x 1) USB-A:最大18W
USB-C:最大65W
※ポート合計63W(18W+45W)出力
CIO NovaPort DUO 65W
約52 x 41 x 28 mm 約90g 2(USB-C x 2) USB-C(1):最大65W
USB-C(2):最大65W
※ポート合計65W(45W + 20W / 30W + 30W / 20W + 20W)出力
Anker PowerPort III 2-Port 100W
約69 x 69 x 31 mm 約213g 2(USB-C x 2) USB-C:各ポート最大100W
※ポート合計100W(60W+40W)出力

 

DIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast Charger

2ポートタイプの20Wクラス充電器「DIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast Charger」です。


 
色はネイビーブルー以外にホワイトブラックのベーシックカラー、チャコールグレーオリーブグリーン小洒落こじゃれたカラーまで用意され、男女問わず使いやすいラインナップがそろっています。

ホワイトのDIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast Charger
ブラックのDIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast Charger
チャコールグレーのDIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast Charger
オリーブグリーンのDIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast Charger
 
サイズは約31 x 31 x 37mmと500円玉よりほんのり大きい程度におさめつつ、プラグも格納可能と、驚きの省スペース設計を実現しています。

DIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast Chargerのサイズは約31 x 31 x 37mm
DIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast Chargerはプラグ格納型
同クラス2ポートのプラグ格納型では最小サイズとなっています。

同社の1ポート20W充電器「DIGIFORCE 20W USB PD Fast Charger」と比べても、ポート数が2倍にもかかわらず、若干の大型化にとどまっています。

DIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast ChargerとDIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerのサイズ比較

 
なんなら、ひと昔前のiPhone充電器(Apple 5W充電器)と並べても、そんなに変わりません。

DIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast ChargerとApple 5W充電器のサイズ比較

 
重量は約49gで、1ポートのDIGIFORCEに肉薄する軽さを実現しています。

DIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast Chargerの重量は約49g

DIGIFORCE 2Port

DIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerの重量は約44g

DIGIFORCE 1Port

 
USB-Cを1ポート接続した際は最大20W出力に対応し、iPhone 12/13シリーズの高速充電(30分で50%充電)をサポートしています。

DIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast ChargerはiPhone 13シリーズの高速充電に対応

iPhone 13(19.0W)

 
USB-A側はQC 3.0(Quick Charge 3.0)に対応しているらしく、QC対応スマホ「Galaxy S21」の急速充電が確認できました。


Galaxy S21(14.6W)

USB-A側の出力が小さい充電器も多い中、最大18W対応はうれしいポイントです。

2ポート使用時は合計最大15Wに制限されるため、スマホの急速充電は厳しいですが、スマホ(通常充電)+ イヤホンであれば同時充電可能です。


 
DIGIFORCE 20W Dual Port PD Fast Chargerは「プラグ格納型で小さい2ポートのスマホ充電器が欲しい人」におすすめです。

 

CIO NovaPort DUO 30W

1ポート使用ならノートPC用になる、2ポートタイプの30WクラスUSB-C充電器「NovaPort DUO 30W」です。

CIO NovaPort DUO 30Wは2ポートタイプの30WクラスUSB-C充電器
 
カラーはホワイトとブラックの2色があります。



 
表面にはキズつきにくいシボ加工が施され、長期間愛用できるデザインに仕上がっています。

NovaPort DUO 30Wの表面にシボ加工
 
サイズは約45 x 36 x 28 mmNovaPort DUO 45Wと共通の筐体きょうたいを採用し、卵サイズ未満の最小設計を実現しています。

CIO NovaPort DUO 30Wのサイズは約45 x 36 x 28 mm
NovaPort DUO 30Wと45Wのサイズは同一
 
同クラス1ポートのMacBook Airの純正充電器と比べても、半分未満におさまっています。

CIO NovaPort DUO 30Wと30W USB-C電源アダプタのサイズ比較

 
これまで同出力・同ポートの最小サイズであったInnergie C3 Duoと並べても、スリム設計であり、世界最小となっています。

CIO NovaPort DUO 30WとInnergie C3 Duoのサイズ比較

 
重量は約71gで、MacBook Air用充電器より軽いものの、NovaPort DUO 45Wのほうがなぜか軽いです。

CIO NovaPort DUO 30Wの重量は約71g

NovaPort DUO 30W(71g)

CIO NovaPort DUO 45Wの重量は約64g

NovaPort DUO 45W(64g)

MacBook Air(106g)

 
1ポート接続では上下ともに各ポート最大30W出力に対応し、MacBook Airなど一部のモバイルノートPCも急速充電可能です。

CIO NovaPort DUO 30Wは1ポート接続でMacBook Air急速充電対応

MacBook Air(28.8W)

 
PPSにも対応し(3.0V-11.0V 3A)、Galaxy S21では「超急速充電」が確認できました。

CIO NovaPort DUO 30WはPPS対応

Galaxy S21(20.9W)

 
2ポート接続だと20Wずつに分配され、iPhone 2台やiPhone + Androidスマホはもちろん、iPhone + iPadの組み合わせでも同時に急速充電できます。

CIO NovaPort DUO 30Wの2ポート接続時は20Wずつ出力可能

NovaPort DUO 30Wは「ふだんはノートPCの充電器として使い、スマホやイヤホンもときどき充電したい人」におすすめです。

2ポート仕様の30W充電器は他になかなか無く、携帯性も抜群なので、ふだん使いで重宝します。

CIO NovaPort DUO 45W

1ポート使用ならノートPC用でも使える、2ポートタイプの40WクラスUSB-C充電器「NovaPort DUO 45W」です。

CIO NovaPort DUO 45Wは2ポートタイプの45WクラスUSB-C充電器
 
カラーはホワイトとブラックの2色があります。



 
サイズは約45 x 36 x 28 mmであり、卵サイズ未満の最小設計を実現しています。

CIO NovaPort DUO 45Wのサイズは約45 x 36 x 28 mm
 
MacBook Airの純正充電器(30W USB-C電源アダプタ)よりポート数が多いにもかかわらず、半分未満におさまっています。

CIO NovaPort DUO 45Wと30W USB-C電源アダプタのサイズ比較

 
ほぼ同仕様の出力ポートをもつ、これまでの最小サイズがAnker 521 Charger (Nano Pro)でしたが、本機はプラグが格納できるにもかかわらず、さらなるスリム化を実現しています。

CIO NovaPort DUO 45WとAnker 521 Charger (Nano Pro)のサイズ比較

 
重量は約63gで、Ankerで85g、MacBook Air用充電器でも100gちょっとなので、かなりの軽量設計であることが分かります。

CIO NovaPort DUO 45Wの重量は約63g

NovaPort DUO 45W(63g)

Anker 521 Charger (Nano Pro)の重量

Anker(85g)

MacBook Air(106g)

 
1ポート接続だと上下いずれも各ポート最大45W出力に対応し、MacBook Airなど一部のモバイルノートPCなら、このサイズ感ながら急速充電も可能です。

CIO NovaPort DUO 45Wは1ポート接続で45W出力に対応

MacBook Pro(44.3W)

注意
13インチ・14インチ8コアCPUのMacBook Proでも充電可能ですが、通常充電になることがあります。
 
PPSにも対応し、PPS対応スマホのGalaxy S21を充電したところ「超急速充電」と表示され、PPSであることが確認できました。

CIO NovaPort DUO 45WはPPS対応

Galaxy S21(20.7W)

 
2ポート接続は20Wずつに分配され、iPhone 2台はもちろん、iPhone + その他スマホやiPhone + iPadといった組み合わせでも同時に急速充電でき、かなり使いやすいです。

CIO NovaPort DUO 45Wの2ポート接続時は20Wずつ出力可能

 
NovaPort DUO 45Wは「スマホ・タブレットを2台同時急速充電したい人かつ、ノートPCもときどき充電したい人」におすすめです。

 

MATECH Sonicharge Flat 65W

2ポートタイプのUSB-C&A急速充電器「MATECH Sonicharge Flat 65W」です。

MATECH Sonicharge Flat 65Wは最大65W出力の2ポートUSB充電器
 
カラーはブラックのみで、絶妙な光沢を帯びつつ指紋がつきづらく、扱いやすい表面に仕上がっています。

MATECH Sonicharge Flat 65Wのカラーはブラック
 
サイズは約90 x 48 x 15.5 mmであり、ミンティアより若干大きい程度におさまっています。


 
厚みもわずか1.55cmで、同クラスの「Anker 725 Charger (65W)」「DIGIFORCE 65W USB Fast Charger」と比べても、ダントツの最薄設計です。

MATECH Sonicharge Flat 65Wの厚みは約1.55cm
MATECH Sonicharge Flat 65WとAnker 725 ChargerとDIGIFORCE 65W USB Fast Chargerのサイズ比較

 
MacBook Pro 14″の67W純正アダプターと比べても、めちゃくちゃ薄いのが分かります。

MATECH Sonicharge Flat 65WとMacBook Pro 14インチの67W純正アダプターのサイズ比較

 
重量は約102gと同クラスの最軽量で、67W純正アダプターよりなんと半分未満です。

MATECH Sonicharge Flat 65Wの重量

MATECH Sonicharge Flat 65W

MacBook Pro 67W純正アダプターの重量

MacBook Pro

 
ケーブル別売りの充電器も多い中、本機は60W対応のUSB-Cケーブル(2m)が付き、ケーブルを別途買わなくていいのは親切です。

MATECH Sonicharge Flat 65WのUSB-Cケーブル
 
USB-Cは単ポート最大65W出力に対応し、13インチ/14インチのMacBook Proでも急速充電可能と、かなり頼りになる高出力です。


MacBook Pro(61.8W)

 
USB-A側はQuick Charge 3.0に対応し、最大18W出力までカバーしています。

MATECH Sonicharge Flat 65WのUSB-AはQC3.0に対応

Galaxy S21(14.5W)

 
2ポート使用時は合計63W(USB-C:最大45W / USB-A:最大18W)に制限されるものの、ノートPCとスマホの2台同時充電も可能です。


MacBook Pro(42.8W)/ Galaxy S21(14.8W)

 
MATECH Sonicharge Flat 65Wは「フリスク形状のノートPC + スマホ用2ポート充電器がほしい人」におすすめです。

CIO NovaPort DUO 65W

NovaPort DUO」は2ポートタイプの65WクラスUSB-C充電器です。

CIO NovaPort DUOは65Wクラスの2ポート充電器
 
Nova Intelligence」という出力振り分け機能を搭載し、充電デバイスに組み合わせで最適な出力配分に振り分けてくれます。

USB-C(上) USB-C(下) Total
65W 65W
65W 65W
20W 45W 65W
20W 20W 40W
30W 30W 60W

 
表面には粗いシボ加工が施され、すりキズ・ひっかきキズの目立ちにくいデザインに仕上がっています。

CIO NovaPort DUOの表面は粗いシボ加工
   
サイズは約52 x 41 x 28mmであり、65Wクラスの2ポート充電器の中でもダントツに小さい卵サイズを実現しています。

CIO NovaPort DUOのサイズは約52 x 41 x 28mm

マクリン
なんと、クレカサイズ未満
 
同じく65Wの2ポートでも小さいほうである「Anker PowerPort III 2-Port 65W」と並べると、高さが4分の3におさえられ、本機がいかに小さいか分かります。

CIO NovaPort DUOとAnker PowerPort III 2-Port 65Wのサイズ比較

 
重量は約90gで、先ほどのAnkerやMacBook Air純正充電器すら100gを超える中、100gを切る軽量設計です。

CIO NovaPort DUOの重量

NovaPort DUO(90g)

Anker PowerPort III 2-Port 65Wの重量

Anker(135g)

MacBook Air(106g)

 
1ポート接続では上下いずれも各ポート最大65W出力に対応し、MacBook Pro(13・14インチ8コアCPU)ふくめ、大抵のモバイルノートPCでも急速充電できます。

CIO NovaPort DUOは1ポート接続で最大65W出力対応

MacBook Pro(64.7W)

 
PPSにも対応し、PPS対応スマホの充電時は「超急速充電」と表示されます。

CIO NovaPort DUOはPPS対応充電器

Galaxy S21(17.0W)

 
2ポート使用時はデバイスの組み合わせで出力が変わり、iPhone + iPadなら20Wずつの出力が可能となっています。

CIO NovaPort DUOはiPhoneとiPad miniの2台同時急速充電に対応

iPhone / iPad(15.8W / 16.7W)

 
それからMacBook Air 2台だと30Wずつの出力になります。

CIO NovaPort DUOはMacBook Airの2台同時急速充電に対応

MacBook Air1 / 2(28.6W / 30.3W)

マクリン
デバイスの自動認識でポート出力が変わるのは便利すぎ!
 
NovaPort DUOは「スマホ・タブレット・モバイルノートPCをあらゆる組み合わせで急速充電したい人」におすすめです。

 

Anker PowerPort III 2-Port 100W

Anker PowerPort III 2-Port 100W」は、2ポートタイプの100WクラスUSB-C充電器です。

Anker PowerPort III 2-Port 100Wは2ポートタイプのUSB-C急速充電器
 
サイズは約69 x 69 x 31 mmで手のひらに載る大きさであり、100Wクラスの2ポートではかなり小さくまとまっています。

Anker PowerPort III 2-Port 100Wの約69 x 69 x 31 mm
  
同クラスであるMacBook Pro 14″の96W USB-C電源アダプタと比べても、約75%の小型化を実現しています。

Anker PowerPort III 2-Port 100Wと14インチMacBook Pro充電器のサイズ比較

 
重量は約213gと、96W USB-C電源アダプタから80g程度軽量化できています。

Anker PowerPort III 2-Port 100Wの重量

PowerPort III 2-Port 100W

96W USB-C電源アダプタ

 
100W対応のUSB-Cケーブルが別途必要で、絡みにくいケーブル「Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル」やThunderbolt 4対応の「Anker Thunderbolt4ケーブル」がおすすめです。

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル
AnkerのThunderbolt4ケーブル
 
1ポート使用時は、PD規格最大でもある最大100W出力に対応し、14インチMacBook Proふくめ、ほぼ全てのデバイスが急速充電できます。

Anker PowerPort III 2-Port 100Wは16インチMacBook Proの急速充電に対応

16インチMacBook Pro(89.0W)

  
2ポート使用時は上部:最大60W、下部:最大40Wに分配され、13インチMacBook ProとAirの組み合わせでも2台同時に急速充電できます。

Anker PowerPort III 2-Port 100WはMacBook ProとAirが同時急速充電可能

MacBook Pro 13 / MacBook Air(43.0W / 33.4W)

 
100Wの2ポートでありつつ、どこでも持ち運べるサイズ感。

Anker PowerPort III 2-Port 100Wは「ノートPCでも2台同時に急速充電したい人」におすすめです。

PowerPort III 2-Port 100Wレビューはこちら

Anker PowerPort III 2-Port 100Wをレビュー!ノートPC 2台でも充電できるパワフルな2ポート充電器

3ポートタイプのおすすめUSB充電器

汎用性の高い3ポートタイプのUSB充電器です。

このタイプは多くありませんが、タブレット・スマホ複数台持ちでもカバーできます。

製品名 サイズ 重量 出力ポート数 出力
CIO NovaPort TRIO
約43 x 28 x 59mm 約92g 3(USB-C x 2 / USB-A x 1) USB-C:各ポート最大65W
USB-A:最大18W
※ポート合計60W(45W+15W)出力
UGREEN CD244
約40 x 31 x 66mm 約130g 3(USB-C x 2 / USB-A x 1) USB-A:最大22.5W
USB-C:各ポート最大65W
※ポート合計62W(45W+17W)出力
Baseus CCGAN65S2
約36 x 32 x 70mm 約130g 3(USB-C x 2 / USB-A x 1) USB-A:最大60W
USB-C:各ポート最大65W
※ポート合計60W(45W+15W)出力
Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)
約66 × 38 × 29mm 約124g 3(USB-A x 1 / USB-C x 2) USB-A:最大22.5W
USB-C:各ポート最大65W
※ポート合計65W出力
MATECH Sonicharge 100W Pro
約32.2 × 61 × 61 mm 約178g 3(USB-C x 2 / USB-A x 1) USB-A:最大30W
USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大65W
※ポート合計83W(65W+18W)出力
Anker 736 Charger (Nano II 100W)
約67 × 57 × 32 mm 約205g 3(USB-C x 2 / USB-A x 1) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-A:最大22.5W
※ポート合計93W(45W+30W+18W)出力
Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)
約80 x 43 x 32mm 約197g 3(USB-A x 1 / USB-C x 2) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-A:最大22.5W
※ポート合計120W出力
UGREEN Nexode 140W
約76 x 76 x 35mm 約299g 3(USB-A x 1 / USB-C x 2) USB-C(1):最大140W
USB-C(2):最大100W
USB-A:最大22.5W
※ポート合計132.5W出力

  

CIO NovaPort TRIO

CIO NovaPort TRIO 65W」は3ポートタイプの60WクラスUSB急速充電器です。

CIO NovaPort TRIO 65Wは3ポートタイプの60WクラスUSB急速充電器
 
USB-C x 2 + USB-Aのポート構成で使いやすく、3ポートながら約43 x 28 x 59mmの卵サイズを実現しています。

CIO NovaPort TRIO 65Wは約43 x 28 x 59mmの卵サイズ
 
Apple 67W USB-C電源アダプタ(14インチMacBook Pro充電器)の半分未満なのにくわえ、30W USB-C電源アダプタ(MacBook Air充電器)よりさらに小さいのは驚き。

CIO NovaPort TRIO 65WとApple 67W USB-C電源アダプタで比較

 
重量は同クラス唯一の100g切りで抜群の軽量設計となっています。

CIO NovaPort TRIO 65Wの重量は約92g

 
1ポート使用なら65W出力に対応し、13・14インチMacBook Pro(8コアCPUのみ)ふくめ、モバイルノートPCの急速充電が可能です。

CIO NovaPort TRIO 65WはMacBook Proの急速充電に対応

MacBook Pro(62.7W)

 
USB-C 2ポート接続時では「Nova Intelligence」という出力の自動振り分け機能に対応しています。

MacBook Air 2台みたいな組み合わせなら充電器側もそれを認識し、30Wずつの出力が可能となっています。

CIO NovaPort TRIO 65WはMacBook 2台同時充電可能

MacBook (29.1W / 28.2W)

 
ノートPC + スマホ(タブレット)の組み合わせでは、45W + 20W(つなぐ側が逆だと20W + 45W)出力で充電されます。


MacBook Pro(44.3W)

 
3ポート接続時はUSB-C(上)が最大45W出力で、残り2ポートで15Wを分け合う形に制限されるものの、ノートPC + モバイル機器 x 2台の3台同時充電が可能です。


 
CIO NovaPort TRIO 65Wは「ノートPC・スマホ・タブレットを同時充電したい人」におすすめです。

 

UGREEN CD244

UGREEN CD244」は65WクラスUSB急速充電器です。

UGREEN CD244は3ポートタイプの65WクラスUSB急速充電器
 
CIOと同クラスであり、サイズは同じくクレカサイズ未満におさまっています。

UGREEN CD244のサイズは約40 x 31 x 66mm
 
重量はCIOほどではないものの、それに次ぐレベルの約122gと軽いです。

UGREEN CD244の重量

UGREEN CD244

CIO LilNobの重量

CIO LilNob

 
1ポート接続時は最大65W出力で、MacBook Air・Pro(13・14インチ)ふくめ、ほとんどのモバイルノートPCが急速充電できます。

UGREEN CD244は14インチMacBook Proでも急速充電可能

14インチMacBook Pro(61.2W)

注意
14インチMacBook Proでも10コアCPUモデルの場合、通常充電になります。
 
2ポート使用時はUSB-Cに45W + 20Wで分配され、ノートPCを充電しつつ、もう一方のポートでiPhone 12/13シリーズの高速充電にも対応しています。

UGREEN CD244の2ポート接続時の充電状態

MacBook Pro / Galaxy S21(43.1W / 17.3W)

マクリン
18Wではなく20Wなのがミソ!

3ポート接続時もノートPC + スマホ2台の組み合わせで充電できます。

UGREEN CD244の3ポート接続時の充電状態

UGREEN CD244レビューはこちら

UGREEN CD244をレビュー !クレカサイズ未満で最大65W出力の3ポートUSB充電器

Baseus CCGAN65S2

Baseus CCGAN65S2」は65WクラスUSB-C充電器です。

Baseus CCGAN65S2は3ポートタイプの65WクラスUSB-C充電器
 
USB-Cの1ポート接続時は最大65W出力、2ポート接続時は45W + 18Wに配分されるものの、同時使用時だとUSB-C(下)の出力が制限される点は注意ください。

USB-C(上) USB-C(下) USB-A(下) Total
65W 65W
65W 65W
60W 60W
45W 18W 63W
45W 18W 63W
15W 15W
45W 15W 60W

 
サイズはCIOやUGREENと同等です。

UGREEN CD244とCIO LilNobとBaseus CCGAN65S2のサイズ比較

  
Baseus CCGAN65S2の重量は約130gであり、CIOやUGREENほどではないものの、十分軽量に仕上がっています。

Baseus CCGAN65S2の重量は約130g

Baseus CCGAN65S2

14インチMacBook Pro

 
1ポート接続時に各最大65Wに対応し、MacBook AirやProふくめ、大抵のモバイルノートPCが急速充電可能です。

Baseus CCGAN65S2は14インチMacBook Proの急速充電可能

14インチMacBook Pro(64.5W)

注意
14インチMacBook Proでも10コアCPUモデルの場合、通常充電になります。
 
3ポート接続時もUSB-C(上)は最大45W出力をキープしているため、3台同時充電時もノートPC + スマホ2台をカバーできる出力配分となっています。

Baseus CCGAN65S2レビューはこちら

Baseus CCGAN65S2をレビュー !最大65W出力で最小を実現する3ポートUSB充電器  

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)」は3ポートタイプの65WクラスUSB急速充電器です。

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)は3ポートタイプの60WクラスUSB急速充電器
 
サイズは約66 × 38 × 29mmの筒形状で、卵よりやや横幅はあるものの、高さは同程度におさまっています。

Anker 735 Chargerのサイズは約66 × 38 × 29mm
 
前モデル「Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod」とはほぼ同サイズですが、USB-C上下いずれも65W対応になったことで、ポートのアイコンが「PC + スマホ」から「PCのみ」に変わりました。

Anker 735 ChargerとPowerPort III 3-Port 65W Podのサイズ比較

 
Apple 67W USB-C電源アダプタ(14インチMacBook Pro充電器)の半分程度なのにくわえ、30W USB-C電源アダプタ(MacBook Air充電器)とも遜色ないサイズ感。

Anker 735 ChargerとApple 67W USB-C電源アダプタで比較
Anker 735 ChargerとApple 30W USB-C電源アダプタで比較
 
重量は約124gで同クラス最軽量のNovaPort TRIO 65Wにはさすがにおよばないものの、同クラスのApple充電器から80g程度軽い設計です。


CIO NovaPort TRIO 65Wの重量は約92g

 
USB-Cはいずれも単ポート最大65W出力に対応し、13・14インチMacBook Proの急速充電が可能です。

Anker 735 ChargerのUSB-Cは最大65Wに対応

MacBook Pro(59.5W)

 
USB-C複数ポート接続時に最大65Wまでの範囲内で、各デバイスに適切な出力に分配してくれる機能(Dynamic Power Distribution機能)を搭載しています。

例えばMacBook 2台のときは充電器側もそれを認識し、30Wずつ出力されます。

Anker 735 ChargerはDynamic Power Distribution機能対応

MacBook (31.9W / 27.8W)

 
つづいてノートPC + スマホで充電すると、これらは45W + 20W出力に配分されます。


MacBook / スマホ(42.7W / 14.4W)

注意
Dynamic Power Distribution機能はUSB-Cポートのみ対応しており、USB-Aポートには対応していません。
 
3ポート接続時は40W + 15W + 10Wに分配されるようで、MacBook Air + iPhone 13 + AirPodsといった組み合わせでも一気に急速充電できます。

Anker 735 Chargerの3ポート接続時はMacBook AirとiPhone、AirPodsで急速充電可能

28W / 11.1W / 9.7W

 
Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)は「ノートPC・スマホ・イヤホンを同時充電したい人」におすすめです。

MATECH Sonicharge 100W Pro

MATECH Sonicharge 100W Pro」は3ポートタイプの100WクラスUSB急速充電器です。

MATECH Sonicharge 100W Proは3ポートタイプの100WクラスUSB-C急速充電器
 
本機の大きな特徴のひとつがサイズ(約61 × 61 x 32.2mm)で、100Wクラス最小なだけでなく、名刺ケース以下のコンパクト設計を実現しています。

MATECH Sonicharge 100W Proのサイズは約61 × 61 x 32.2mm
 
同クラスの2ポート「Anker PowerPort III 2-Port 100W」と並べても、ポート数が多いのに若干小さいのです。

MATECH Sonicharge 100W ProとAnker PowerPort III 2-Port 100Wのサイズ比較

 
MacBook Proの96W USB-C電源アダプタと比べても、約35%小型化しています。

MATECH Sonicharge 100W Proと96W USB-C電源アダプタのサイズ比較

 
重量も、100Wクラスでも1ポート級の約178gにとどまり、96W純正アダプターの約295gに対し、100g以上軽くできています。

MATECH Sonicharge 100W Proの重量は約178g

MATECH

Apple

 
ケーブル別売りの充電器も多い中、本機は100W対応のUSB-Cケーブル(2m)が付属しているので良心的です。

MATECH Sonicharge 100W Proの100W対応ケーブル
 
1ポート接続なら最大100W出力に対応し、14インチMacBook Pro(10コアCPU)や前の16インチMacBook Proすら急速充電可能です。

MATECH Sonicharge 100W ProのUSB-Cは1ポート接続なら100W出力に対応

16インチMacBook Pro(88.7W)

 
超急速充電のPPSにも対応し、PPS対応スマホのGalaxy S21を充電したところ、青色の充電グラフィックとダブルの稲妻マークが表示され、PPS対応が確認できました。

MATECH Sonicharge 100W ProはPPS対応

Galaxy S21(16.9W)

 
USB-Cの2ポート接続時は65W + 30Wに分配され、ノートPC(13インチ/14インチ8コアMacBook Pro)+ タブレットはもちろん、MacBook Pro + Airの同時急速充電もこなせる強力布陣です。

MATECH Sonicharge 100W ProはノートPC2台の同時急速充電可能
 
USB-C(上)+ USB-Aの2ポート接続でも65W + 30W(QC)なので、QC対応スマホとの組み合わせでも、同時に急速充電可能です。


 
3ポート同時使用時は合計83Wに制限されるものの、USB-C(上)側は65W出力を維持できます。

注意
USB-C(下)+ USB-Aは合計18Wなので、デバイスによっては通常充電になる可能性があります。
 
MATECH Sonicharge 100W Proは「ノートPCを急速充電しつつ、他2ポートでスマホやイヤホンを同時充電したい人」におすすめです。

 

Anker 736 Charger (Nano II 100W)

Anker 736 Charger (Nano II 100W)」は3ポートタイプの100WクラスUSB急速充電器です。

Anker 736 Chargerは3ポートタイプの100WクラスUSB-C急速充電器
 
サイズは約67 × 57 × 32 mmMATECH Sonicharge 100W Proより高さはややあるものの(幅は4mmスリム)、それでも名刺ケース以下のサイズ感におさめています。


Anker 736 Charger (Nano II 100W)のサイズは約67 × 57 × 32 mm
 
MacBook Proの96W USB-C電源アダプタと比べても、約35%小型化しています。

Anker 736 Charger (Nano II 100W)とApple 96W USB-C電源アダプタのサイズ比較

 
重量は約205gであり、96W純正アダプターより90g程度軽量化しています。

Anker 736 Charger (Nano II 100W)の重量は約205g

MATECH

Apple

 
1ポート接続では上下とも最大100W出力に対応し、14インチMacBook Pro(10コアCPU)や前の16インチMacBook Proも急速充電可能です。

Anker 736 Charger (Nano II 100W)のUSB-Cは1ポート接続なら100W出力に対応

16インチMacBook Pro(89.4W)

 
USB-CはPPSにも対応し、PPS対応スマホのGalaxy S21を充電した際、20W以上の超急速充電が確認できました。

Anker 736 Charger (Nano II 100W)はPPSに対応

Galaxy S21(22.8W)

 
USB-Cの2ポート接続時は60W + 40Wに分配され、ノートPC2台の組み合わせでもカバーできるバランスの良い出力配分です。


MacBook Pro/Air(57.7W/28.3W)

 
USB-C(下)+ USB-Aの2ポート接続でも60W + 22.5W(QC)であり、USB-A側の高出力を維持しつつ、ノートPC充電が可能です。

注意
USB-C(上)+ USB-Aの2ポート接続だと80W + 18Wの配分になります。
 
3ポート接続時は上からそれぞれ45W + 30W + 18Wに分配されるものの、ノートPC2台 + スマホ(タブレット)の組み合わせで3台同時充電に対応しています。

注意
USB-C側は、PCによっては通常充電になる可能性があります。
 
Anker 736 Charger (Nano II 100W)は「ノートPCも無理なく充電できる高出力の3ポートがほしい人」におすすめです。

Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)

Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)」は3ポートタイプの120WクラスUSB急速充電器です。

Anker 737 Chargerは3ポートタイプの120WクラスUSB-C急速充電器
 
USB-Cは各ポート最大100W出力、USB-Aは単ポート最大22.5Wで、複数ポート使用時に最大120Wの超高出力まで対応しています。

USB-C(上) USB-C(下) USB-A Total
100W 100W
100W 100W
22.5W 22.5W
合計120W 120W
合計120W 合計120W 120W
合計24W 24W
合計120W 120W

 
サイズは約80 x 43 x 32mmの筒形状でスリムに仕上がり、65Wクラスと比べても少し大きい程度におさまっています。

Anker 737 Chargerのサイズは約80 x 43 x 32mm
Anker 737 ChargerとAnker PowerPort III 3-Port 65W Podのサイズ比較
 
MacBook Proの96W USB-C電源アダプタと比べても、約40%小型化しています。

Anker 737 Chargerと96W USB-C電源アダプタの比較

 
重量は約197gと100WのAnker 736 Chargerよりなんと軽く、96W純正アダプターより100g程度軽量化しています。

Anker 737 Chargerの重量

Anker 737 Charger

Anker 736 Charger (Nano II 100W)の重量は約205g

Anker 736 Charger

Apple

 
1ポート接続ではいずれも最大100W出力に対応し、100WクラスのMacBook Proでも急速充電可能です。

Anker 737 Chargerの1ポート使用時は最大100W出力対応

16インチMacBook Pro(87.4W)

 
USB-Cの2ポート接続時は最大120W出力まで可能であり、各デバイスに適切な出力に分配してくれます。

MacBook Pro(13・14インチ8コアCPU)のような60WクラスのノートPCなら2台同時充電です。

Anker 737 Chargerは2ポート接続で最大120W対応

MacBook Pro/Pro(44.0W/44.8W)

注意
Dynamic Power Distribution機能はUSB-Cポートのみ対応しており、USB-Aポートには対応していません。
 
MacBook ProとAirを組み合わせると、充電器側も認識して適切に分配してくれます。


MacBook Pro/Air(55.2W/30.9W)

 
3ポート接続時の出力は100W + 10W + 10Wに配分されるようで、MacBook Pro + スマホ2台の組み合わせでも同時充電できます。


85.6W / 9.1W

注意
USB-A側のスマホやイヤホンは通常充電になる可能性があります。
 
Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)は「ノートPCも複数台充電できる小型の3ポートがほしい人」におすすめです。

 

UGREEN Nexode 140W

UGREEN Nexode 140W」は、3ポートタイプの140WクラスUSB急速充電器です。

UGREEN Nexode 140Wは3ポートタイプの140WクラスUSB-C急速充電器
 
サイズは約76 x 76 x 35mmであり、Apple純正140W USB-C電源アダプタと比べ、22%の小型化を実現しています。

UGREEN Nexode 140WとApple 140W USB-C電源アダプタのサイズ比較

 
Ankerの120W充電器「Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)」と並べると、ワット数が小さいのと空間設計の妙で、Ankerのほうがかなり小さくまとまっています。

UGREEN Nexode 140WとAnker 737 Charger (GaNPrime 120W)のサイズ比較

 
重量は約299gと、1ポートのApple 140W USB-C電源アダプタより少しだけ重め。

UGREEN Nexode 140Wの重量

UGREEN Nexode 140W

Apple 140W USB-C電源アダプタの重量

Apple 140W USB-C電源アダプタ

 
USB-Cは下側(USB-C1)だと単ポート最大140W出力に対応し、純正ケーブルなら16インチMacBook Proすら急速充電可能です。

UGREEN Nexode 140Wは単ポート最大140W出力に対応

16インチMacBook Pro(91.7W)

MEMO
上側のUSB-C2は単ポート最大100W出力に対応しています。
 
PPSにも対応し、PPS対応スマホでの超急速充電をサポートしています。

UGREEN Nexode 140WはPPS対応

Galaxy S21(16.9W)

 
USB-Cの2ポート接続時は最大130Wに抑えられるものの、65Wずつに分配され、60WクラスのノートPCを2台同時に急速充電可能です。

UGREEN Nexode 140Wは60WクラスのノートPCを2台同時充電可能

THIRDWAVE SA507i / MacBook Pro(58.1W / 64W)

 
3ポート接続時も65W + 45W + 22.5Wとバランス良く分配され、ノートPC2台 + スマホといった組み合わせでも同時充電できます。


50.1W / 44W / 14.6W

 
UGREEN Nexode 140Wは「ノートPCを複数台充電できる3ポートがほしい人」におすすめです。

4ポートタイプのおすすめUSB充電器

ハイパワーの4ポートタイプUSB充電器です。

ノートPC複数台とスマホ・タブレットまで充電できるので、据え置き使用に適しています。

製品名 サイズ 重量 出力ポート数 出力
CIO NovaPort QUAD 65W
約48 x 28 x 55mm 約100g 4(USB-C x 3 / USB-A x 1) USB-C:各ポート最大65W
USB-A:最大18W
※ポート合計65W(50W+15W)出力
KOVOL 4-IN-1 USB-C充電器
約45 × 45 × 76 mm 約252g 4(USB-A x 2 / USB-C x 2) USB-A:各ポート最大18W
USB-C:最大65W
※ポート合計65W(30W+20W+15W)出力
Baseus GaN II Pro Charger
約85 x 55 x 30.5mm 約207g 4(USB-A x 2 / USB-C x 2) USB-A:各ポート最大60W
USB-C:各ポート最大100W
※ポート合計95W(60W+20W+15W)出力
UGREEN CD226
約69 × 69 × 33mm 約215g 4(USB-A x 1 / USB-C x 3) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-C(3):最大22.5W
USB-A:最大22.5W
※ポート合計96W(45W+30W+10.5W+10.5W)出力
MATECH Sonicharge 130W
約84 × 69 × 33 mm 約296g 4(USB-A x 2 / USB-C x 2) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-A(1):最大18W
USB-A(2):最大18W
※ポート合計115W(65W+30W+10W+10W)出力
Anker 547 Charger (120W)
約99 x 70 x 34mm 約392g 4(USB-C x 4) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大60W
USB-C(3):最大20W
USB-C(4):最大20W
※ポート合計120W(50W+30W+20W+20W)出力
Anker 747 Charger (GaNPrime 150W)
約68 x 61 x 31mm 約234g 4(USB-A x 1 / USB-C x 3) USB-C(1):最大100W
USB-C(2):最大100W
USB-C(3):最大100W
USB-A(1):最大22.5W
※ポート合計150W出力

  

CIO NovaPort QUAD 65W

4ポートの65Wクラス充電器「NovaPort QUAD 65W」です。

NovaPort QUADは4ポートタイプの65WクラスUSB急速充電器
 
本機がすごいのはそのサイズで、わずか約48 x 28 x 55mmであり、ほぼ卵サイズを実現しています。

NovaPort QUADのサイズは約48 x 28 x 55mm
 
Apple 67W USB-C電源アダプタ(14インチMacBook Pro充電器)の半分近くなのにくわえ、30W USB-C電源アダプタ(MacBook Air充電器)より小さくおさまっているのはびっくり。

CIO NovaPort QUAD 65WとApple 67W USB-C電源アダプタで比較

マクリン
65Wの4ポートの充電器で文句なしの世界最軽量!

重量も67W純正充電器の約200gちょっとに対し、本機は100gジャストと抜群の軽量設計です。

CIO NovaPort QUAD 65Wの重量は約100g

 
1ポート使用時は最大65Wに対応し、13インチ・14インチMacBook Proふくめ、ほぼ全てのモバイルノートPCを急速充電できます。

CIO NovaPort QUAD 65WはMacBook Proの急速充電に対応

MacBook Pro(62.1W)

 
PPSにも対応し、PPS対応スマホのGalaxy S21で「超急速充電」と表示し、20W以上の出力が確認できました。

CIO NovaPort QUAD 65WはPPSに対応

Galaxy S21(21.0W)

 
USB-C 2ポート使用時は「Nova Intelligence」に対応し、最大65Wまでの範囲で各デバイスに最適な出力を配分してくれます。

例えばMacBook Air x 2台なら30Wずつの出力、ノートPC + スマホでは、45W + 20W(接続側が逆だと20W + 45W)出力で充電されます。

MacBook (29.0W / 28.2W)

MacBook Pro(42.9W)

 
4ポート接続時は上2ポートが最大50W内で最適に振り分け、残り2ポートで15Wを分け合う形に制限されるものの、ノートPC + モバイル機器 x 3台の4台同時充電が可能です。


 
世界最小・最軽量の4ポートで、接続ポート数に合わせてノートPCからスマホまで急速充電できる柔軟性。

NovaPort QUAD 65Wは、持ち運びできる4ポート充電器なら、かなりおすすめのモデルです。

 

KOVOL 4-IN-1 USB-C充電器

KOVOL 4-IN-1 USB-C充電器」は、60Wクラスの4ポートタイプのUSB急速充電器です。

KOVOL 4-IN-1 USB-C充電器は60Wクラスの4ポートタイプのUSB急速充電器
 
単ポート65Wの高出力ながらサイズは約45 × 45 × 76 mmであり、コンビニの手巻き寿司をちょっと短くしたくらいのサイズ感です。


 
ポート面を正面から見たときの表面積は、14インチMacBook Pro 67Wアダプタとほとんど変わらないので、なかなかの省スペース設計なのが分かります。


 
折りたたみプラグ式ではなくAC入力ケーブルが付き、コンセントから離れた位置でも使いやすいのはありがたいです。



 
重量はケーブルをふくめても約252gです。

KOVOL 4-IN-1 USB-C充電器の重量は約252g
 
USB-Cの単ポート接続だと最大65W出力に対応し、13インチ・14インチMacBook Proなども急速充電できる出力です。

KOVOL 4-IN-1 USB-C充電器は最大65W出力対応

MacBook Pro 14インチ(64.9W)

 
こちらのUSB-CはPPSにも対応し、PPS対応スマホであれば20W以上の超急速充電に対応しています。

KOVOL 4-IN-1 USB-C充電器はPPS対応

Galaxy S21(20.8W)

 
USB-C + USB-A + USB-Aの3台接続時は45Wと15W(= USB-A x 2)に分けられ、MacBook Air/Proとスマホ2台を同時に充電できます。

注意
スマホは通常充電になる可能性があります。
 
4ポート接続時でもUSB-Cは30W出るため、MacBook Air(30W)+ タブレット(20W)+ スマホ2台(合計15W)の同時充電が可能です。


 
KOVOL 4-IN-1 USB-C充電器は「ケーブルタイプの小型4ポート充電器が欲しい人」におすすめです。

Baseus GaN II Pro Charger

Baseus PD 100W USB充電器 4ポート」は、4ポートタイプの100WクラスUSB-C充電器です。

Baseus GaN II Pro Chargerは4ポートタイプの100WクラスUSB-C充電器
 
単ポートではUSB-Cが最大100W、USB-Aは最大60W出力できるものの、接続ポート数によって出力ワット数が細かく分かれています。

USB-C 1 USB-C 2 USB-A 1 USB-A 2 Total
100W 100W
100W 100W
60W 60W
60W 60W
65W 30W 95W
30W 65W 95W
15W(2ポート合計) 15W
65W 30W 95W
60W 20W 18W 98W
60W 20W 15W(2ポート合計) 95W
65W 15W(2ポート合計) 80W
65W 15W(2ポート合計) 80W
注意
複数ポート使用時は安全のため、ワット数が制限されます。
 
サイズは約30.5 × 55 × 85 mmと、4ポートではかなり小型におさまり、名刺ケース以下のサイズにおさまっています。

Baseus PD 充電器 100W USB充電器 4ポートのサイズは約30.5 × 55 × 85 mm