記事を探す方はサイトマップへ

東京都内で車を持つならカーシェアリングをおすすめする3つの理由

 

どうも、東京に引越してから愛車を手放した、夫婦共働きのマクリン(@Maku_ring)とヨメです。

愛車のマツダCX-3

 

僕とヨメはCX-3が大好きでしたので、東京(23区内)でもなんとか車を持ち続けることができないか模索してきました。

ですが、これまで住んでいた東北とは、あまりにも家賃と駐車場代が違いすぎたのです。

 

ヨメ

東北では2台分の駐車場が家賃に含まれていたのに……。

 

東京の家賃は東北の2倍もする上に狭いからね……。

マクリン

 

僕たちの住んでいるエリアでは、どれだけ安く抑えても駐車場代が3万以上することが判明したため、泣く泣く自家用車を持たない生活を選びました。

電車やバスでどうにかなる場所に住んでいるとはいえ、ときには車が必要な時もあります。そんなときはカーシェアリングの活用です。

当初は自家用車が持てないことを悲観的に考えていましたが、そんな生活を送るうちにあらゆる面でカーシェアのメリットが高いことを実感したのです。

そんなわけで今回の記事は「東京都内で車を持つならカーシェアリングをおすすめする3つの理由」について書いていきます。

 

東京都内で車を持つならカーシェアリングをおすすめする3つの理由

1. 土日だけ使うなら自家用車を持つより断然安い

東京都23区内で車を持ち続ける上で、一番の障害になったのが冒頭でも挙げた駐車場代。最低でも3万円以上はします。

これに加えてガソリン代が月々1万円近く必要です。おまけに2年ごとに車検代(ディーラーだと15万くらい)もかかります。

これらをひっくるめると、車を持ち続けるだけで約5万円/月を要するという計算になります。ローンを組んでいるとさらにかさむわけで。

 

マクリン

まさに都内の自家用車は金食い虫……!

 

一方カーシェアはどれくらいかかるのでしょうか。

下表は大手カーシェアサービス、オリックスカーシェアカレコ(careco)の料金表です。

 

モバイルは右スライドで全表示

オリックスカレコ
クラススタンダード(コンパクト含む)コンパクトミドル
時間料金200円/15分130円/10分150円/10分
6時間パック3,500円3,800円3,800円
12時間パック4,500円5,300円6,300円
24時間パック6,000円6,800円7,800円
夜間パック2,500円(20時〜翌9時)2,500円(18時〜翌9時)2,500円(18時〜翌9時)
MEMO
  • 時間料金とパック料金を比較して、自動的に安いほうが反映される。
  • いずれも月会費980円であるが、980円以上の使用で利用料金から980円差し引かれるため、実質月会費0円となる。

実際僕たちのように働いていると、平日に車を使う機会がなく、土日使用に限定されます。「土日両方使ってかつ、6時間パックの使用」だと仮定すると、月々の使用金額は約3万円/月です。

 

マクリン

しかもガソリン代が使用料金に含まれているので、かかる金額は本当にコレだけ!

 

プラスアルファでかかるとすれば高速道路料金くらいでしょう。

ちなみに土日ともにカーシェアを使う機会はそれほど多くありません。都内の公共交通機関は充実しているので、大抵のスポットは電車・バスで行けてしまうからです。

したがって我々がカーシェアを使うのは、月2回(千葉県や神奈川県に足を伸ばすとき)が現実的なところ。つまり実際は月1万円以下しかかかっていないということです。

好きなタイミングで予約して近くのステーションから車に乗れるので、感覚的には自家用車を持っているのと変わりません

 

マクリン

財布に優しいのは断然カーシェアですね!

 

2. 乗りたいクルマに乗ることができる

飽き性の方なら分かってくださると思うんですが、愛車に満足していても魅力的な新車が発売されたらついつい目移りしちゃうことありませんか?

たとえば僕の場合、元々マツダCX-5が欲しかったのですが、ヨメの意見に負けてCX-3を買ったクチです。ですので、CX-5をはじめ魅力的なSUVが発売されると、無駄に試乗したりカタログ眺めたりで欲求を鎮めていました。

 

マクリン

ところがカーシェアならば、そんな欲求を我慢する必要がありません。

 

これは車種ラインナップの豊富なカレコにかぎったお話ですが、新型車・高級車も取り揃えているため、乗りたいクルマがあればカーシェアで借りちゃえばいいのです。

実際僕はカレコでマツダ新型CX-5を借りて、大いなる満足感を得ることができました。

CX-5と同じ通常料金でトヨタ ハリアーを借りることもできますし、ちょっとお値段追加すれば、レクサスやベンツに乗ることだって可能です。



特別な日は高級車で気分を盛り上げることだってできるわけです。

 

マクリン

気軽に新型車・高級車に乗り換えることができるのは、カーシェアならではの利便性ですね ♪

 

3. 旅行先・帰省先でも使うことができる

僕のように実家(京都)が少し離れていると、帰省時に自家用車を運転したいと思っても、移動すること自体が大変なのでなかなか実現できません。

旅行のときも「日によってはクルマを使わないけど、この日はちょっとだけ使いたい」といった臨機応変な対応を迫られることがあります。

このような場合でも、旅行先・帰省先にステーションがあれば、カーシェアを活用することができるのです。

僕自身もカーシェアを利用していて良かったと感じた場面が何回かありました。

 

カーシェアでよかった事
  • 電車で鎌倉観光に行く予定だったが、途中で母親が足を痛めたので、急きょ近くのステーションでクルマを借りて車案内に変更した。
  • 帰省時に遠出する際、実家近くのステーションでワゴンを借りて、家族みんなを乗せて出かけた。

 

これらにかぎらず、出先で少しだけ車が必要なとき、カーシェアは力を発揮します。

ただしひとつだけ注意点があります。全国的に満遍なくステーションを持つタイムズに比べると、カレコオリックスカーシェアのステーション数は、地域によってやや偏りがあります。

あらかじめ近くにステーションがあるかどうか確認しておきましょう。

 

マクリン

都内で使う分には、どのサービス会社でも困ることはありませんけどね。

 

まとめ

今回の記事は「東京都内で車を持つならカーシェアリングをおすすめする3つの理由」について書きました。

車を手放した現在も、カレコのおかげで不便なく暮らすことができています。

自家用車ほど高くなく、レンタカーよりも小回りが効くカーシェアは、都会暮らしにこそぴったり合います。

都内でカーシェアの利用を迷われているなら、迷わず利用することをおすすめします。

どうも、マクリンでした。
 

 

 

【東京都内のおすすめカーシェアリング】オリックスを利用していた僕がカレコに変えた4つの理由