記事を探す方は全カテゴリーへ

ブリーフィングのスーツケースがビジネスマンに支持される理由とは【評判・口コミ】

 

どうも、BRIEFING大好きのマクリン( @Maku_ring)です。

ミルスペック(米国の軍用製品規格)に準拠した機能美を備え、オンオフ両方で使えるタフビジネスバッグの代表格であるBRIEFING(ブリーフィング)

BRIEFING(ブリーフィング)のロゴ

 

2018年にブランド20周年を迎えてなお、ビジネスマンから絶大な支持を得ています。

僕もその機能性・デザイン性に魅せられて、ブリーフィングを愛してやまない一人です。

 

マクリン

実はブリーフィング、素晴らしいのはバッグだけじゃないって知ってますか?
 

それが2016年から始まった、ブリーフィングのハードキャリーケース「Hシリーズ」。

同ブランドならではのこだわりが詰まっており、バッグに負けず劣らずの傑作ぞろいなのです。

本記事はブリーフィングのスーツケースに焦点を当て、その圧倒的信頼の理由をひも解いていきます。

そんなわけで「ブリーフィングのスーツケースがビジネスマンに支持される理由とは【評判・口コミ】」です。
 

フロントオープンのスーツケースおすすめ人気5選【評価・口コミ】

【ブリーフィング フロントオープンスーツケース】H-34Fレビュー:機内持ち込み可&軽量でおすすめ

【ブリーフィング スーツケース】H-37:リモワから乗り換えた6つの魅力とは?【評判・口コミ】

ブリーフィングとは?

ブリーフィングは堅牢性の高い素材・ミリタリーテイストの外観を、都会的なデザイン・優れた使い勝手へ落とし込むのに長けた国産ブランドです。

BRIEFINGは、1998年にミル・スペックに準拠した真の”ミリタリズム”を追求し、卓越した機能美を持つラゲッジレーベルとして開発されました。
BRIEFINGのデザインソースは”ミリタリー”のままであってはならない。
アメリカが本気で生み出す、強靭なパーツや最高峰の技術。この本質を理解し、その充分すぎるほどの機能を、どうタウンユースモデルに搭載し、どのようなスタイリングに仕上げるか、そして必要最小限のミニマムな機能として再構築することができるのか…
BRIEFINGのデザインワークは常にそこからはじまるのです。

(中略)

発売以来、BRIEFINGは世界中で最も厳しい目を持つお客様に選ばれる最高品質のラゲッジ・ブランドへと成長を遂げてきました。

―「BRIEFING OFFICIAL SITE 」より引用―

 

同社のミリタリーテイストが生まれたきっかけは、銃弾飛び交う戦場ではなく、なんとビジネスという名の”戦場”でした。

タフなビジネスバッグにふさわしいキーワードを探っていく中で、ブリーフィングが行き着いた言葉。それがブランドコンセプトでもある「ミリタリズム」でした。

それではこのミリタリズム体現に欠かせない、ブリーフィングのスーツケースが持つ5つの魅力を紹介していきます。

 

メイン素材は航空機にも使われるポリカーボネート

堅牢性の高い素材使いに定評のあるブリーフィング。その特長はスーツケースでも遺憾なく発揮されています。

全モデルのメイン素材に「ポリカーボネート」という、耐衝撃・耐熱に優れたプラスチックを使用しているのです。ポリカーボネートが軽くて丈夫なことは、同じく堅牢性・軽量性にこだわる、RIMOWA(リモワ)やサムソナイトが素材に採用していることからも明白。

特に耐衝撃性は相当に強く、通常のガラスの200倍以上と云われています。ときには過酷な環境にさらされるスーツケースですが、ポリカーボネートであれば、多少雑な扱いをしてもヘコたれることはありません。

 

Sponsored Links

 

古き良きアメリカンプロダクツのパネルデザイン

BRIEFING(ブリーフィング)スーツケースのポリカーボネート素材

古き良き時代のアメリカンプロダクツを彷彿とさせるパネルデザイン。ブリーフィングのスーツケースは、3本のストライプがタテに走るデザインを特長としています。

こちらのストライプは単なるデザインのアクセントというだけではありません。

ストライプの部分が、建築でのいわゆる梁(はり)の役割を果たし、強度を上げることに貢献しているのです。また物にぶつかった際、接触面積をできるだけ抑えることにもつながっています。

表面には細かいディンプル(凹凸)が無数に施されており、ストライプデザインとの相乗効果で、接触面積をさらに小さくすることができます。

BRIEFINGスーツケース表層の凹凸

パネルデザインは、機能とデザインを両立しているブリーフィングならではの機能美が詰まった部分なのです。

 

Sponsored Links

 

走行音を抑えた4輪の静音キャスター

BRIEFING(ブリーフィング)スーツケースの静音キャスター

僕はかつてリモワのスーツケースを愛用していましたが、そこからブリーフィングに乗り換えるきっかけとなったのがキャスター走行音のうるささ。いわゆる「ガラガラ音」です。

特に出張移動の多いビジネスマンにとって、走行音の大きさは傍目にも目立つため、移動時のストレスにつながります。

ブリーフィングは、キャスター音にも配慮した設計をしており、全モデルに静音キャスターを採用しているのです。

 

マクリン

本当に静かでスーッと移動できるので、快適に持ち運べますよ!
 

また同社のスーツケースはすべて、場面に応じて使い分けしやすい4輪キャスターモデルとなっています。

しかし傾斜のある場所や車内では、固定しないと動いてしまうことがあります。

ブリーフィングはその点もきっちりカバーしており、サイドにレバー式のキャスターロック機能が付いています。

BRIEFING(ブリーフィング)スーツケースのキャスターロック機能

こちらのレバーを下にスライドすると、2輪だけロックする仕様。キャスターを制止するときだけでなく、2輪的な使い方をしたいときにも活用できます。

 

Sponsored Links

 

使い勝手がよく考えられたメインコンパートメント

BRIEFING(ブリーフィング)スーツケースのメインコンパートメント

バッグではポケットの配置・数や収納の多さなど、ユーザー視点の使いやすさを突き詰めているブリーフィング。その姿勢はスーツケースにおいても健在です。

メインコンパートメントを開くと、背面側には着脱可能な中仕切りポケットが付いています。

BRIEFING(ブリーフィング)スーツケースのメインルームの中仕切りポケット

 

後ろには回転式のハンガーフックも付いているため、そのまま吊り下げ式のグルーミングラックとして使うことができます。

BRIEFING(ブリーフィング)スーツケースの回転式ハンガーフック

 

中仕切りポケットの下には、荷物こぼれを防ぐクロスベルトを備えています。

BRIEFING(ブリーフィング)スーツケースのクロスベルト

 

もう片側の面にはラウンドジップの中仕切りが付いています。

ワイシャツやお土産など、できるだけカタチを崩したくないものを収納するのに適しています。

BRIEFING(ブリーフィング)スーツケースのラウンドジップ式中仕切り

 

マクリン

ポケットや収納の多さなど、バッグの良いところをそのまま継承した内装になっていますよ!

 

宿泊日数と荷物量で選べる豊富なラインナップ

BRIEFING(ブリーフィング)スーツケースのラインナップ

ブリーフィングのHシリーズは5種類。いずれもモデル名は「H-数字」と、同社らしいシンプルな名称です。

MEMO
数字の部分はスーツケースの容量を表しています。

 

カラーはブラック・ミッドナイト(ネイビー)・レンジャーグリーン(カーキ)・アイボリーの4種類です。

いずれも魅力的な色で印象がガラリと変わります。

 

マクリン

ビジネス感を出したい人はブラック、ミリタリー感の好きな人はレンジャーグリーン、クールなテイストが好みの方はアイボリーがおすすめ!

 

シリーズ最小のモデルは1泊分の荷物を収納できる「H-22」。


BRIEFING(ブリーフィング)
¥42,120 (2018/08/18 10:45:52時点 Amazon調べ-詳細)

他のシリーズはヨコ開きなのですが、H-22だけはタテに大きく開く特長があります。

 

マクリン

女性が持ってもサマになる、小ぶりでかっこいいモデルですよ。

 

それから使用頻度が最も高いであろう、2〜3泊分の荷物に対応した「H-37」と「H-34F」です。



BRIEFING(ブリーフィング)
¥48,600 (2018/08/18 10:45:53時点 Amazon調べ-詳細)

H-37の詳細レビューはこちら

【ブリーフィング スーツケース】H-37:リモワから乗り換えた6つの魅力とは?【評判・口コミ】

 

これらのモデルは機内持ち込み可能サイズ。「H-34F」は「H-37」をベースに、フロント部分にオープンポケットが付いたモデルです。

 

マクリン

移動中にパソコンや書類の出し入れが多い方は『H-34F』が断然おすすめ!

H-34Fの詳細レビューはこちら

【ブリーフィング フロントオープンスーツケース】H-34Fレビュー:機内持ち込み可&軽量でおすすめ

 

最後に大型スーツケースとして、5〜7泊分に対応した「H-52」と2週間程度まで収納できる「H-100」があります。自分のライフスタイルに合わせて選んでいきましょう。



BRIEFING(ブリーフィング)
¥56,160 (2018/08/19 00:23:31時点 Amazon調べ-詳細)
BRIEFING(ブリーフィング)
¥73,440 (2018/08/18 22:39:33時点 Amazon調べ-詳細)
 

マクリン

最近『H-100』も武骨でかっこいいなと思いまして……。

 

さすがにアンタ買いすぎ!

ヨメ

 

20周年記念モデル『SILVER』

ブランド設立20周年記念モデルとして、メイン素材のポリカーボネート上にアルミフィルムを装着したSILVERシリーズが発売されました。

H-37 SILVER」、「H-52 SILVER」、「H-100 SILVER」の3モデルです。

従来の特長はそのままにさらに上質感をアップした、実に魅力的なスーツケースです。

H-37 SILVER

H-52 SILVER

H-100 SILVER

 

このモデルのために、BRIEFINGロゴ刻印のハンドル設計、荷物整理に便利なポーチ『TRAVEL CORE』がセット、内装に20周年限定タグが添付など、かなり力の入った内容です。

BRIEFING(ブリーフィング)スーツケースの20周年記念特典

 

マクリン

しかも先行予約限定でハードケースカバー付き!
 

公式サイトのみで予約販売を受け付けているので、ぜひこの機会にご検討くださいませ。

 

ブリーフィングのスーツケースまとめ

本記事は「ブリーフィングのスーツケースがビジネスマンに支持される理由とは【評判・口コミ】」について書きました。

ブリーフィングのスーツケースは、出張・旅行を快適にする機能が詰まっており、デザインと機能を高次元で両立しています。

この両立が独自の機能美につながり、ブランドのアイデンティティとなっているのです。

しかもブリーフィングのスーツケースは、バッグに比べると使っている人も多くないため、個性を出しやすいアイテムです。

マクリン

スーツケースは安い買い物じゃないからこそ、信頼できるブランドから選びましょう!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

BRIEFING(ブリーフィング)
¥42,120 (2018/08/18 10:45:52時点 Amazon調べ-詳細)
BRIEFING(ブリーフィング)
¥48,600 (2018/08/18 10:45:53時点 Amazon調べ-詳細)
BRIEFING(ブリーフィング)
¥56,160 (2018/08/19 00:23:31時点 Amazon調べ-詳細)
BRIEFING(ブリーフィング)
¥73,440 (2018/08/18 22:39:33時点 Amazon調べ-詳細)

フロントオープンのスーツケースおすすめ人気5選【評価・口コミ】

【ブリーフィング フロントオープンスーツケース】H-34Fレビュー:機内持ち込み可&軽量でおすすめ

【ブリーフィング スーツケース】H-37:リモワから乗り換えた6つの魅力とは?【評判・口コミ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です