Amazonチャージで千円もらえるキャンペーン

【ブリーフィングH-37レビュー】リモワのスーツケースから乗り換えた6つの魅力とは?【評判・口コミ】

ブリーフィング スーツケース│H-37:リモワから乗り換えた6つの魅力とは?【評判・口コミ】

 

どうも、マクリン( @Maku_ring)です。

僕とヨメは同じスーツケースを共有しています。

僕たちは長らく、RIMOWAリモワのサルサというスーツケースを愛用していました。

これからもずっと使い続けるつもりでした。

ところが先日、出逢ってしまったのです。
 

マクリン
リモワを超える使い勝手のスーツケースに!
 

それがブリーフィング(BRIEFING)のスーツケース「H-37」でした。

容量は37L。3泊分までの荷物であればこのサイズで対応可能です。

サイズ3辺合計は114cmなので、100席以上の飛行機ならば機内持ち込みができます。

そんなわけで本記事は「【ブリーフィングH-37レビュー】リモワのスーツケースから乗り換えた6つの魅力とは?【評判・口コミ】」について書いていきます。

 

ブリーフィングのスーツケースH-37をリモワから乗り換えた6つの魅力

BRIEFING(ブリーフィング)はそのミリタリーな風貌から海外ブランドと思われがちですが、実は立派な日本ブランドです。

1998年にブランドを設立してから20周年を迎え、老舗ブランドの域に入ってきましたが、今なお絶大な人気を誇ります。ビジネスマンを中心に幅広い世代から支持されています。

BRIEFINGは、1998年にミル・スペックに準拠した真の”ミリタリズム”を追求し、卓越した機能美を持つラゲッジレーベルとして開発されました。
BRIEFINGのデザインソースは”ミリタリー”のままであってはならない。
アメリカが本気で生み出す、強靭なパーツや最高峰の技術。この本質を理解し、その充分すぎるほどの機能を、どうタウンユースモデルに搭載し、どのようなスタイリングに仕上げるか、そして必要最小限のミニマムな機能として再構築することができるのか…
BRIEFINGのデザインワークは常にそこからはじまるのです。

(中略)

発売以来、BRIEFINGは世界中で最も厳しい目を持つお客様に選ばれる最高品質のラゲッジ・ブランドへと成長を遂げてきました。

―「BRIEFING OFFICIAL SITE 」より引用―

 

マクリン
おかげで上司とカバンがカブったことも……。

 

このたび新しい相棒となったブリーフィングのスーツケース「H-37」は、日本ブランドならではのきめ細やかさが光る逸品です。

こちらの魅力を6つに絞ってお伝えします。

 

1. キャスター(ホイール)音が静か

僕たちはリモワが好きでしたが、いくつかの不満も抱えていました。

 

マクリン
その一つはキャスターがうるさすぎること!
 

いわゆる「ガラガラ音」のことです。

数あるスーツケースの中でも、リモワのキャスターはなかなかうるさい方です。だからリモワを購入されたら、まず始めに静音キャスターと交換する人も少なくありません。

開放空間でスーツケースを引くときはそんなに気にならないのですが、電車などの密閉空間で転がすとどうしてもガラガラ音が大きくて、人目が気になってしまいます。

ところがこちらの「H-37」、もはや忍べるのではないかと思うほどキャスター音が静かです。

あまりにもスムーズにスーッと静かに引けるので、良い意味で存在感を感じません。

 

マクリン
走行音量を軽減した静音キャスターを採用しているメリットですね!
 

2. キャスターのロック機能がある

4輪キャスターのスーツケースだと特にキャスターのロック機能が重要です。

 

マクリン
傾斜のある面にスーツケースを置いてたら、スーッと動いていっちゃいますからね……。

 

そこら辺も「H-37」は抜かりがありません。

サイドのレバーを下げるだけでキャスターにロックがかかるという分かりやすさ。しかも2輪にだけロックがかかるので、ちょっとした移動で2輪的な使い方をしたいときにも便利です。

 

3. 軽くて丈夫なポリカーボネート素材

耐久性の高い素材使いに定評のあるブリーフィング。

H-37」でもそのこだわりを発揮しています。

リモワやサムソナイトでもお馴染みのポリカーボネート素材です。

衝撃にも熱にも強く、その優れた物性から航空機や医療機器に使用されている樹脂素材です。

軽くて丈夫なので扱いが多少雑でも全然ヘコたれません。

ただでさえ強度の高いポリカーボネートに、ブリーフィングはさらなる工夫を加えています。

まず外観デザインを見ていただいても分かりますとおり、縦に3本のストライプが入っています。

こちらのでっぱりは強度を上げるのみならず、何かにぶつかったとき、接触面積をできるだけ減らす目的でもあるのです。

また面自体にも細かいディンプル(くぼみ)が無数に施されているため、対象物と面ではなく点で当たるようになっています。

 

マクリン
素材面と形状面、双方からの工夫にブリーフィングの強いこだわりを感じます!
 

4. 横向きのファスナーである

細かいポイントですが、意外に大事なのがTSAロックに固定した際のファスナーの向きです。

H-37」は横向きです。ところが通常のスーツケースは縦向きが多いのです。

これだとスーツケースにカバンを重ねた際、カバンの素材によってはファスナーが食い込んで跡が残ることがあります。

 

マクリン
あるいはカバンの重みでファスナーに負荷がかかって、軽くひしゃげることもあったり……。

 

そういった場面を想定すると、「H-37」のように横向きタイプのファスナーのほうが安心です。

 

5. 3段階調節可のハンドルがある

ハンドルの高さが3段階に調節できるタイプのスーツケースは意外と少ないのです。

H-37」は87/94/102cmの3段階に高さが変えられるようになっています。

3段階に調節できることで、例えば下記のような使い分けが可能になります。

  • 通常移動は3段階目まで出す
  • 小柄な人は2段階目まで出す
  • 階段などで取っ手のように持ち上げたいときは1段階目だけ出す
  • 狭いところ・人が多いところを通るときは2段階目まで出して、なるべくスーツケースと身体の距離を近づける

2段階調節のタイプが多い中、1段階増えるだけでかなり使い勝手が良くなります。

ユーザーに優しい設計を心がけているブリーフィングならではのポイントです。

 

6. ポケット収納が充実

カバンでも抜群の収納力を誇るブリーフィングですが、その特長がスーツケースでも生かされています。

まず左側のポケット部。

大ポケットが1つ、中ポケットが2つあります。

パソコン・タブレット・ケーブル・モバイルバッテリーといったガジェット類や、手帳・ノートを入れるのにちょうどいいです。

さらにラウンドジップの中仕切りが付いています。ワイシャツやお土産など、形をくずしたくないものを入れるとき、この形式のポケットはとても助かります。

 

右側のベルト部は衣服を入れられるスペースです。荷物こぼれを防ぐクロスベルトも付いています。

 

さらに着脱式の中仕切りポケットが付属しています。

これがかなり便利で、化粧品や洗面用具、ネクタイなどを入れられるグルーミングケースとして使えます。

 

しかも背面に回転式のハンガーフックが付いているので、そのまま吊るすこともできます。

 

マクリン
どこまでも使い勝手重視で素晴らしい!

 

右上には着脱できるキーホルダーが付いています。

カラビナとの相性が良いです。僕はこちらのカラビナを愛用していますが、剛性が高いのでおすすめです。

 

 

以上6点がブリーフィング「H-37」の魅力です。

 

マクリン
どうですか? かなり使いやすそうでしょ?

 

日本ブランドならではのきめ細やかさ・心遣いが随所に散りばめられた傑作スーツケースです。

男性だけでなく女性が持ってもサマになります。

 

Sponsored Links

 

ブリーフィングのスーツケースH-37レビューまとめ

本記事は「【ブリーフィングH-37レビュー】リモワのスーツケースから乗り換えた6つの魅力とは?【評判・口コミ】」について書きました。

スーツケースは決して安い買い物ではありません。

長い付き合いにもなりますので、使い勝手は重要な要素のひとつです。

そんな中「H-37」は細かい点にも気を配られており、ユーザー視点で丁寧に作られた製品です。

もしスーツケースをお探しであれば、有力候補になり得るでしょう。

マクリン
実際に愛用しているマクリンも全力でおすすめします!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

ブリーフィングのスーツケースがビジネスマンに支持される理由とは【評判・口コミ】 ブリーフィングの3wayバッグ全4モデル評価レビュー【おすすめ】 【おすすめ】ブリーフィングの3wayバッグ全5モデル比較レビュー ブリーフィング フロントオープンスーツケース│H-34F レビュー:機内持ち込み可&軽量でおすすめ! 【ブリーフィングH-34Fレビュー】機内持ち込み&軽量のフロントオープンスーツケース フロントオープンのスーツケースおすすめ5選【口コミ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ