ガジェットのおすすめ

BenQ GV11をレビュー!135度角度調整機能がついて天井投影ができるモバイルプロジェクター

評価:4

どうも、毎日プロジェクターで動画を楽しんでるマクリン( @Maku_ring)です。

プロジェクターは自宅でも大画面で迫力ある映像を楽しめる反面、本体を置く場所、投影する壁をしっかり確保しなければならず、セッティングに意外と苦労しますよね。

自分が座る場所も考慮すると「ここだ!」というベストポジションが見つからないことも。

本記事で紹介する「BenQ GV11」は、そんな苦労を解消してくれます。

BenQ GV11の箱

軽量・コンパクトな本体には135度角度調整機能がついているので、なんと天井にも映し出せちゃいます。

マクリン
寝転びながらの動画鑑賞も可能!

バッテリー内蔵なので、コードにつながず使用できるのもとても便利。

キャリーケースつきで持ち運びラクラク、投影場所にも困らないので、ファミリーの住宅・一人暮らしのワンルーム・宿泊施設・会議室など、さまざまな場所で手軽に使えます。

OSにAndroid TV 10を搭載し、Google Playストア収録のAndroidアプリを楽しめるなど、エンタメ性も抜群です。

本記事では「BenQ GV11をレビュー!135度角度調整機能がついて天井投影ができるモバイルプロジェクター」について書きます。

ご提供品

本記事はベンキュージャパン様から商品を提供いただき作成しています。

メリット
  • 独自のスライド機構で135度の角度調整可能
  • Android TV 10.0搭載
  • 独自のtreVolo技術を採用したサウンドシステム
  • 軽量・コンパクト
デメリット
  • 明るさ・解像度が低め
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

BenQ GV11の外観と付属品

BenQベンキュー社の「GV11」は、天井投影ができるモバイルプロジェクターです。

BenQ GV11の斜めから見た写真

製品名 BenQ GV11
サイズ 約113 × 153 × 140mm
重さ 約970g
明るさ 200ANSIルーメン
解像度 FWVGA(854×480)
スピーカー 5W
ワイヤレス規格 Bluetooth 4.2
OS Android TV 10.0
価格 6万円前後

BenQ GV11の姉妹品であるBenQ GV30や、他のモバイルプロジェクターと比較しました。

解像度やスピーカー性能は劣るものの、低価格で角度調整機能がついているという面では魅力的です。

左スライドで全表示

製品名 BenQ GV11
BenQ GV30
Nebula Capsule II
XGIMI MoGo Pro+
サイズ 約113 × 153 × 140mm 約120 x 185 x 195mm 約150 x 80 x 80mm 約106 x 95 x 146mm
重さ 約970g 約1.7kg 約740g 約914g
明るさ 200ANSIルーメン 300ANSIルーメン 200ANSIルーメン 300ANSIルーメン
解像度 FWVGA (854 × 480画素) HD (1280 x 720画素) HD (1280 x 720画素) フルHD (1920 x 1080画素)
スピーカー 5W 16W(4W x 2 + 8Wウーファー) 8W 6W(3W x 2)
OS Android TV 10.0 Android TV 9.0 Android TV 9.0 Android TV 9.0
価格 6万円前後 10万円前後 59,800円 80,080円

 
箱を開けると、キャリーケースに入った本体と付属品、右側にはAndroid TVドングル(QS01)が入っています。
箱を開けると、キャリーケースに入った本体と付属品、Android TVドングル(QS01)が入っている
 
しっかり厚みのある布製のキャリーケースは、約140 × 220 × 150mmで、お弁当用保冷バックのようなビジュアル。
しっかり厚みのある布製のキャリーケース
 
コンパクトサイズにくわえ、重さは約1.4kgと軽量なので、リュックや手さげにポンっと入ります。

中身の入ったキャリーケースの重さは約1.4kg
キャリーケースはリュックにポンっと入る
 
ファスナーを開けると、仕切りがついていて、左側に本体、右側とふたの裏に付属品が入っています。
キャリーケースの中は左側に本体、右側とふたの裏に付属品が入っている
キャリーケースの中身を出した写真

形状はドラム型で、ころっとしていて愛らしい見た目です。

完全な円形ではなく、レンズ部分はなだらかな角になっているので、コロコロ転がってしまうことはありません。

BenQ GV11はレンズ部分はなだらかな角になっている

サイズは台座をふくめても約113 × 153 × 140mmでコンパクト。

台座を除いた場合の正面は、カップうどんとほぼ同じ大きさです。

BenQ GV11の正面はカップうどんとほぼ同じ大きさ
 
重さは約918gで、ずっしりとした重さは感じません。

BenQ GV11の重さは約918g

上部にはハンドストラップがつき、持ち運びに配慮されています。

本体の幅が約95mmあり、掴んで持とうとすると、手の小さい人だと落とす危険性があるので、このハンドストラップはとても便利。

上部にはハンドストラップがついている
ハンドストラップは持ちやすくとても便利
マクリン
万が一落としても大丈夫なように50cmの落下衝撃耐性がついてますよ!

片面にはピントを調節するフォーカスノブがつき、もう一方の面にはポートがあります。

片面にはピントを調節するフォーカスノブがついている
片面にはポートがある
 
ポートには、オーディオ出力端子・USB・HDMI・電源端子がついています。

ポートには、オーディオ出力端子、USB、HDMI、電源端子がついている
 
バッテリー駆動時間は映画なら160分、音楽は240分です。

バッテリー駆動時間は、映画は160分、音楽は240分で、バッテリー内蔵

バッテリー内蔵なので、充電がなされていれば、コードにつながず使用できます。

スピーカーはハンドストラップの下についています。

BenQ独自のtreVolo技術を採用した5Wのスピーカーで、270度の方向に音を出せるよう内蔵されています。

BenQ独自のtreVolo技術を採用した5Wのスピーカー
 
電源、Bluetooth、ボリューム調節のボタンがついています。

電源、Bluetooth、ボリューム調節のボタンがついている
 
付属品は本体・台座・電源アダプター・電源プラグ(3種)・リモコン・電池です。

付属品は本体、台座、電源アダプター、電源プラグ(3種)、リモコン、電池
 
キャリーケースとAndroid TVを利用するためのAndroid TVドングル(QS01)もついています。

キャリーケース
Android TVを利用するためのAndroid TVドングル(QS01)

利用を始める前にドングルをセットします。

フォーカスノブがついている面が開くようになっているので、両手親指でグイッとスライドさせるように押して開けます。

ドングルをセットするにはまずはフォーカスノブがついている面を開ける
 
中にはドングルを接続するためのコードとHDMIの差込口があるので、ドングルをセットします。

ドングルを接続するためのコードとHDMIの差込口がある
ドングルをセットする

カバーを戻せば準備完了。簡単にセットできました。

リモコンはボタンが軽く、操作性にすぐれ、音声入力にも対応しています。

リモコンはボタンが軽い
電池のふたは、透明のプラスチック部品で本体とつながっている

電池のふたは、透明のプラスチック部品で本体とつながっています。

マクリン
失くさなくて済みますね。

専用のスマホアプリ「BenQ Smart Control」からもリモコン操作が可能です。

BenQ Smart Control

BenQ Smart Control

BenQ無料posted withアプリーチ

 
本体とスマホを同じWi-Fiに接続するだけで、簡単に使えます。

専用のスマホアプリ「BenQ Smart Control」のマウス
専用のスマホアプリ「BenQ Smart Control」のコントローラー

マウス機能もついていて使いやすいです。

BenQ GV11のレビュー

BenQ GV11」の特徴を紹介します。

 

135度角度調整機能でいろんな所に投影可能

BenQ GV11の台座は内側両サイドに小さな突起がつき、本体をカチっとはめると、安定して投影できるようになっています。

BenQ GV11の台座
台座に本体をカチっとはめると、安定して投影できる
 
台座上で本体をスライドさせて、投影角度をなめらかに変えられるのはとても快適。


 
このスライド機構にくわえ、台形自動補正機能もすばやく働くので、プロジェクター初心者でもセッティングが超簡単です。

135度の角度調整が可能なので、正面、斜め上、そしてこのように天井にまで手軽に投影できちゃいます。

BenQ GV11は天井にまで手軽に投影できる
 
本体を床に置くだけで「周りに空いてる壁がない」というリビングでも、家族みんなで映像を楽しめます。

映りは驚くほどくっきりきれい

映りは驚くほどくっきりきれいです。

本体をクルッとスライドさせるだけで、壁から天井に投影位置を切り替えられるのは超便利。

本体をくるっとスライドさせるだけで、壁から天井に投影位置を切り替えられる(壁)
本体をくるっとスライドさせるだけで、壁から天井に投影位置を切り替えられる(天井)
 
和室の木目柄の入った天井にも投影してみました。

和室の木目柄の入った天井に投影

木目が透けてしまいますが、気にしなければ問題なく使えます。

マクリン
ベッドで寝転んだり、リクライニングチェアでリラックスしながら動画を観られるのは夢のよう!

本格的なサウンドシステムを搭載

GV11は、BenQ独自のtreVolo技術を採用した5Wのスピーカーを搭載し、270度の方向に音を出せるようになっています。

BenQ独自のtreVolo技術を採用した5Wのスピーカー

そのため、プロジェクターが天井を向いていても、部屋いっぱいにきれいなサウンドが広がります。

GV11はスピーカーモードも搭載しています。

本体のBluetoothボタンを押し、青く光ると、Bluetoothスピーカーモードに変わります。

GV11はスピーカーモードも搭載

スマホから音楽を流せば、本格的なスピーカーとしても大活躍。

GV11のサウンドシステムは低音が強化されているというだけあり、低音がずっしり響き渡り、バランスの取れたサウンドを楽しめます。

また、標準・シネマ・音楽・ユーザーと4つのサウンドモードを選択できるので、視聴するもののジャンルや好みに応じて違ったサウンド感を味わえます。

4つのサウンドモードを選択できる

プロジェクターとしても多機能

GV11LED光源のプロジェクターでもあり、静音性にすぐれ、本体も熱くなりにくいです。

GV11はLED光源のプロジェクター
 
明るさは最大200ANSIルーメンで数値的にはあまり高くありませんが、夕方以降の暗い環境ならくっきり見えます。

夕方以降の暗い環境ならくっきり見える
 
昼間でも電気を消し、カーテンを閉めれば、色が少し薄いですが問題なく映し出せます。

昼間でも電気を消し、カーテンを閉めれば、色が少し薄いが映し出せる
 
解像度はFWVGAで、決して高精細ではありませんが、細かい文字も案外しっかり視認できました。

細かい文字も案外しっかり視認できた
 
壁紙の凸凹によって映りが荒く見えてしまうプロジェクターもありますが、GV11は壁紙の凹凸を感じさせない自然な映りを実現できているので、解像度の低さは気になりませんでした。

壁紙の凹凸を感じさせない自然な映りを実現

さらに、iOSデバイス用のAirPlay、Androidデバイス用のChromecastも内蔵し、スマホやPCからのミラーリング(ワイヤレス投影)にも対応しています。

台形自動補正の検知は優秀で、スピーディーに修正してくれます。

投影位置を上下に動かしてみました。


 
また、明るく・リビング・ゲーム・スポーツ・シネマ・日中の6つの画像モードがついているので、観るものによって映り方を変えられます。

6つの画像モードがついている
 

Andorid TV 10.0で5,000以上のコンテンツを楽しめる

OSにはAndroid TV 10.0を搭載し、見やすいUIなので、初めての操作でも戸惑うことはありません。

OSにはAndroid TV 10を搭載

アプリストアはAndroid純正の「Google Play」なので、5,000以上の最新のAndroidアプリをそのまま楽しめるのもポイント。

YouTubeやAmazonプライムビデオはもちろん、ABEMA、U-NEXT、GYAO!、Hulu、TVer、DAZN、Paravi、dTVなど、主要なアプリはすべて収録しています。

5,000以上の最新のAndroidアプリをそのまま楽しめる

ただしNetflixはGoogle Playからインストールできません

アプリはカテゴリ別で探せるようになっています。

アプリはカテゴリ別で探せる
アプリのスポーツカテゴリー
 
僕の運営するコワーキングスペース「レイテラス」のYouTube動画を流してみました。

色鮮やかな映りと部屋全体に広がる立体感のあるサウンドで、快適に視聴できました。

早い動きのシーンも動きを繊細に表現できていて、スムーズでした。

BenQ GV11はこんな人におすすめ

BenQ GV11は「いろんな場所で手軽に映像を映し出したい人」におすすめです。

軽量・コンパクトなBenQ GV11は、特別なスペースや投影場所を確保しなくていいので、どんな住環境でも手軽に大画面の映像を楽しめます。

セッティングだけではなく、操作方法も簡単なので「機械操作が得意でないけどプロジェクターを使ってみたい初心者」にもおすすめです。

ただ、数値的に解像度・明るさ・スピーカーのW数が低いので、本体の重量が少し増しても高スペックのモバイルプロジェクターを使いたい人には、姉妹品である「BenQ GV30」の方が合っているでしょう。

BenQ GV11レビューまとめ

本記事は「BenQ GV11をレビュー!135度角度調整機能がついて天井投影ができるモバイルプロジェクター」について書きました。

BenQ GV11は低価格ながら利便性・使い勝手の良いモバイルプロジェクターに仕上がっています。

本体をくるくるスライドさせるだけで投影角度を自由に変えられ、いたるところの壁・天井に映し出せるのは本当に魅力的。

持ち運びとセッティングが簡単なBenQ GV11は、自宅・会議室・観光先の宿泊施設などさまざまな場所で大活躍間違いなしです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 独自のスライド機構で135度の角度調整可能
  • Android TV 10.0搭載
  • 独自のtreVolo技術を採用したサウンドシステム
  • 軽量・コンパクト
デメリット
  • 明るさ・解像度が低め

BenQ GV30をレビュー!独創的なスライド機構で135度角度調整できるAndroid搭載モバイルプロジェクター 【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい【小型から4Kまで】モバイルプロジェクターとホームプロジェクターのおすすめ人気モデル総ざらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。