おすすめのガジェット

【Baseus SiMU S1 Proレビュー】5千円台でワイヤレス充電・ANC・外音取り込み搭載の完全ワイヤレスイヤホン

評価:3.5

ワイヤレスイヤホンなら全部入りしか勝たんマクリン( @Maku_ring)です。

かつては手の届きにくい価格だった全部入り(ANC・外音取り込み・ワイヤレス充電搭載)も、近年はどんどんこなれてきています。

Soundcore Life P3EarFun Air Pro 2を筆頭に、1万円未満の全部入りモデルが次々と出ています。

5千円台におさめつつ、そこに仲間入りしたのがBaseusの「SiMU S1 Pro」です。

Baseus SiMU S1 Proの外箱

装着検知センサーや専用アプリは付いていないものの、最大35dBカットするANCやBluetooth5.2に対応し、左右同時伝送にともなう片耳使用も可能です。

デザイン性や軽量性にすぐれ、全部入りで最安クラスとは思えぬ造りを実現しています。

そんなわけで本記事では「【Baseus SiMU S1 Proレビュー】5千円台でワイヤレス充電・ANC・外音取り込み搭載の完全ワイヤレスイヤホン」について書きます。

ご提供品
本記事はBaseus様から商品を提供いただき作成しています。
メリット
  • 5千円台で全部入り
  • 質感が高い
  • 軽い
  • 低音域の密度が高い
  • 通話品質が高い
デメリット
  • 装着検知センサー非搭載
  • イコライザー非搭載
  • タッチセンサーの感度が悪い
  • 中音域が弱い
  • apt-X非対応
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Baseus SiMU S1 Proの概要

Baseus SiMU S1 Pro」は完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホンです。

Baseus SiMU S1 Proは完全防水仕様(IPX5)の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX5
「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」と定義されている防水規格です。水中での使用には適していません。あらかじめご承知おきください。
製品名 Baseus SiMU S1 Pro
重量
(イヤホン / ケース合計)
約8g / 約46g
音楽再生時間
(イヤホン / ケース合計)
最大7時間(ANCで5.5時間) / 最大28時間(ANCで22時間)
ドライバー 10mmダイナミックドライバー
防水 IPX5
対応コーデック SBC / AAC
充電ポート USB-C / ワイヤレス
Bluetooth 5.2

 
本体カラーはディープブルーと魅力的な色で、その外観はまさに青いAirPodsといった出で立ち。

Baseus SiMU S1 Proのカラーはディープブルー
 
装着センサーは残念ながら非搭載で、イヤホン脱着にともなう音楽の自動停止・再生には対応していません。


 
全部入りで最軽量と抜群に軽く、イヤホン単体で約8gにおさまっています。

Baseus SiMU S1 Proのイヤホン重量は約8g
Baseus SiMU S1 Proのケース重量は約46g
 
ケースは約60 x 45 x 23mmとハンディサイズなのにくわえ、AirPods Proよりややスリムです。

Baseus SiMU S1 Proのケースサイズは約60 x 45 x 23mm
Baseus SiMU S1 ProとAirPods Proのケース比較
 
ケースはしっとりした光沢感のある仕上がりで、フタの開閉も小気味よく、安っぽさは全くありません。

マクリン
同価格帯ではダントツのプレミアム感

付属品はイヤホン本体とイヤーピース(S/M/L)、USB-C to Aケーブルです。

Baseus SiMU S1 Proの付属品

Baseus SiMU S1 Proのレビュー

Baseus SiMU S1 Proの特徴を紹介していきます。

バッテリー性能はふつうでワイヤレス充電対応

Baseus SiMU S1 Proのバッテリー性能はふつうです。

イヤホン単体で約7時間、ケースふくめ約28時間(約4回分)の再生が可能です。

Baseus SiMU S1 Proはイヤホン単体で約7時間、ケースふくめ28時間再生
 
充電ポートはUSB-Type-Cで、10分の充電で約1.5時間も再生できる急速充電にも対応しています。

Baseus SiMU S1 Proは10分充電で約1.5時間も再生できる急速充電対応
 
ケースの表側はワイヤレス充電にも対応し、この価格で置くだけ充電が可能なのは良心的です。

Baseus SiMU S1 Proはワイヤレス充電対応
 

価格以上のANC性能

Baseus SiMU S1 ProのANCは最大35dbのノイズ低減効果をうたい、数値上ではEarFun Air Pro 2に準ずるレベル。

実際の効き具合もおおむねその感じで、アンダー1万円でも中間といったところです。

当サイトでレビューした1万円未満のイヤホンで並べると「Soundcore Life P3 = Life A2 NC AVIOT TE-D01q EarFun Air Pro 2 本機 EarFun Air Pro EarFun Free Pro = SOUNDPEATS T2」といった感じで、価格を踏まえるとかなり健闘しています。

車や電車の走行音・エンジン音はかなりかき消してくれます。

一方、掃除機の音や人の声は少し残る感じがあったので、中音域以上の効きはやや甘め。

外音取り込みも自然な仕上がりで、機械音ぽさはほとんどありません。

ただし、環境音をかなり拾うタイプで、例えば静かな空間で扇風機を回している状況だと会話の取り込みが難しく感じました。

バランスの良いドンシャリ傾向

Baseus SiMU S1 Proは、イヤーピースだけでなくボディ部分でも包む感じで装着できるため、安定感のあるつけ心地です。

Baseus SiMU S1 Proの装着感

形状ふくめ、装着感もAirPods Proに近いものがあり、かなり好印象。

ただし、タッチセンサーの感度がよろしくなく、少し遅れて反応する感じがあるので、その点は注意が必要です。

操作 L R
再生 2タップ 2タップ
停止 2タップ 2タップ
曲送り 3タップ
曲戻し 3タップ
モード切り替え
(ANC ANCオフ 外音取り込み)
2秒長押し 2秒長押し

誤操作防止のためか、1タップ操作がふくまれないため、音量調整がタッチ操作でできないのはちと残念です。

音質はソリッドで重厚な低音と伸びやかな高音域に特徴があり、バランスの良いドンシャリ傾向に仕上がっています。

低音だけでなく中高音にも量感をもたせているのは評価できるものの、ボーカル音にあたる中音域の解像感がやや低く、この点は同価格帯のEarFun Air Pro 2のほうが長けています。

ただ、中音域はしぼられている傾向があり、ボーカルが前面に出たPOPSや同音域の楽器が目立つクラシックを聴くと、のっぺりした印象を受けます。

一方でEDMやエレクトロポップを聴くと、他のイヤホンよりも迫力が出るので魅力が引き立ちます。

ちなみに、この価格帯のイヤホンではマイクの品質がかなり良く、オンライン会議や電話でも問題なく使えるのはポイント高いです。

Baseus SiMU S1 Pro
高音域
(4.0)
中音域
(3.0)
低音域
(4.5)
ノイズキャンセリング
(3.5)
総合評価
(3.5)

Sponsored Links

 

Baseus SiMU S1 Proはこんな人におすすめ

Baseus SiMU S1 Proは「5千円台で全部入りのワイヤレスイヤホンが欲しい人」におすすめです。

デザインや質感、低音の密度は、価格からイメージできないほど完成度が高いです。

ただし、タッチ感度が悪かったり、ボタンの割り当てが変更できないなど、弱点がないわけではありません。

ボーカルの解像感や装着センサーが欲しいならEarFun Air Pro 2、専用アプリやEQ機能まで欲しいならSoundcore Life P3もおすすめです。

Baseus SiMU S1 Proレビューまとめ

本記事では「【Baseus SiMU S1 Proレビュー】5千円台でワイヤレス充電・ANC・外音取り込み搭載の完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

Baseus SiMU S1 Proは、デザイン性や軽量性にすぐれ、全部入りで最安クラスのワイヤレスイヤホンです。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 5千円台で全部入り
  • 質感が高い
  • 軽い
  • 低音域の密度が高い
  • 通話品質が高い
デメリット
  • 装着検知センサー非搭載
  • イコライザー非搭載
  • タッチセンサーの感度が悪い
  • 中音域が弱い
  • apt-X非対応
YouTube
動画でも紹介しています。

【EarFun Air Pro 2レビュー】7千円台でANCとワイヤレス充電に装着センサー搭載の完全ワイヤレスイヤホン 【Soundcore Life P3レビュー】8千円台で全部入りと上位レベルのANCを実現するAnkerの完全ワイヤレスイヤホン 【AVIOT TE-D01qレビュー】アンダー1万円で強力なノイキャンと外音取り込みに専用アプリもそなえる完全ワイヤレスイヤホン 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です