おすすめのガジェット

【AVIOT TE-D01tレビュー】単体18時間の超ロングバッテリーかつノイキャン付きの完全ワイヤレスイヤホン

評価:4

長時間会議でANC搭載イヤホンがバッテリー切れを起こしマクリンまくり @Maku_ring)です。

ワイヤレスイヤホンを使用するとき、バッテリー性能が気になる方は多いはず。

充電しながら使用できないため、突然切れたらかなり困りもの。

世界トップクラスのバッテリー性能をほこり、音質面やその他の機能も優秀なワイヤレスイヤホンが、AVIOTの「TE-D01t」です。

AVIOT TE-D01tの外箱

単体でなんと約18時間の連続再生が可能な、超ロングバッテリーのイヤホンを実現しています。

ケース込みなら60時間とまさに盤石の仕様です。

さらに、ワイヤレス充電や専用アプリにも対応し、ANC・外音取り込みもそなえるなど、約1万円ながら全部入り

そんなわけで本記事では「【AVIOT TE-D01tレビュー】単体18時間の超ロングバッテリーかつノイキャン付きの完全ワイヤレスイヤホン」について書きます。

メリット
  • イヤホン単体で最長クラス
  • 専用アプリが優秀
  • ワイヤレス充電対応
  • 片耳モードに対応
デメリット
  • マイクが良くない
  • apt-X非対応
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

AVIOT TE-D01tの概要

AVIOT TE-D01t生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

AVIOT TE-D01tは生活防水仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。
製品名 AVIOT TE-D01t
重量
(イヤホン / ケース合計)
約16g / 約66g
音楽再生時間
(イヤホン / ケース合計)
最大18時間 / 最大60時間
ドライバー 10㎜ダイナミックドライバー
防水性能 IPX4
対応コーデック AAC / SBC
充電ポート USB-C / ワイヤレス
Bluetooth 5.2

 
イヤホンは丸みを帯びていて光沢感があり、ツルツルとした質感です。


 
タッチセンサー部分には小さなくぼみがあり、操作しやすくなっています。

AVIOT TE-D01tのタッチセンサー部分
 
カラーはブラック以外にネイビー・レッド・ホワイトの3色があります。

AVIOT TE-D01tのネイビー
AVIOT TE-D01tのレッド
AVIOT TE-D01tのホワイト

重量はイヤホン単体で約16g、ケースをふくめて約66gと、ややずっしりした印象です。

AVIOT TE-D01tのイヤホン重量は約16g
AVIOT TE-D01tのケース重量は約66g
 
ケースはロングバッテリーながら約65 x 40 x 30mmと、手のひらに収まるサイズ感におさまっています。

AVIOT TE-D01tのケースサイズは約65 x 40 x 30mm
 
フタ部分はツルリとしたピアノブラック塗装、台座部分はさらりとした触感になっており、切り返しがオシャレで洗練されたデザイン。


 
付属品はイヤホン本体とイヤーチップ(S/M/L)、USB-C to Aケーブルです。

AVIOT TE-D01tの同梱品
 
イヤーチップはモチッとした触感で密閉性の高いものとなっています。

AVIOT TE-D01tのイヤーチップ

AVIOT TE-D01tのレビュー

ここからはAVIOT TE-D01tの特徴を紹介していきます。

 

1. イヤホン単体で超ロングバッテリー

AVIOT TE-D01tの特徴として、バッテリー性能が非常に優秀なことがあげられます。

イヤホン単体で約18時間の連続再生が可能であり、世界最長クラス。ケースをふくめると最大60時間も連続再生が可能です。

AVIOT TE-D01tはイヤホン単体で18時間再生が可能

通常モデルで4〜5時間、長いモデルでも9〜10時間であったことを踏まえると、本機がいかにロングライフバッテリーか分かるでしょう。

汎用性の高いUSB Type-Cの充電ポートをそなえ、15分の充電で3時間駆動できる急速充電にも対応しています。


 
ワイヤレス充電にも対応し、充電方式も抜かりありません。

AVIOT TE-D01tはワイヤレス充電に対応
 

2. 専用アプリは機能満載

AVIOT TE-D01tの専用アプリは、UIが優秀かつ機能も多く、かなり使いやすいものに仕上がっています。

AVIOT SOUND ME

AVIOT SOUND ME

AVIOT無料posted withアプリーチ

 
ダッシュボードでは、充電の残量確認やANC・外音取り込み機能のON/OFFが設定可能。

AVIOT TE-D01tの専用アプリのダッシュボード
 
ANCと外音取り込みは、その強さをバーでなめらかに調整できるようになっています。

風雑音抑制モードも付き、いわゆる風切り音をある程度カットしてくれます。
 
メニューバーからはさらに詳細な設定が可能です。


 
操作ボタン設定では、6つの操作アクション(左右のシングルタップ・ダブルタップ・トリプルタップ)に6つの操作を割り当てられます。

AVIOT TE-D01tの専用アプリの操作ボタン割り当て

他のイヤホンでよくありがちな「この操作が設定できん……!」といったことが生じず、親切設計なのはポイント高いです。

イコライザーは6種類のプリセットにくわえ、2種類のカスタムも設定でき、10バンドで各10段階ずつとそれなりに細かく調整できます。

AVIOT TE-D01tの専用アプリのイコライザー設定
 
アプリ・ソシャゲ全盛でありがたいのが「ゲーミングモード」で、こちらをONにすれば、より低遅延で動画やゲームを楽しめます。


 
「位置情報履歴」では、Bluetooth接続が最後に途切れた場所をマップ上に表示してくれるので「あれ……!? どこ行った?」が起きがちな人には大変助かります。

3. 実用レベルに上がったノイキャンと外音取り込み

これまでのAVIOTはどちらというとマイルド志向でしたが、AVIOT TE-D01tでは最大50dBのノイズ低減うたい、本格的なものが搭載されています。

ただ、最大50dBの触れ込みほどではないのもまた事実。

イヤーチップの物理的な遮音しゃおん性が高く、ANCをオンにすることで低音域を強めに抑制してくれるようになります。

人の話し声や動物の鳴き声はそこまでカットしないものの、車のロードノイズや電車の走行音、空調音・タイピング音あたりの音域にはかなり効いている感があります。

同価格帯ではAnker Soundcore Liberty Air 2 ProJBL LIVE PRO+ TWSに並ぶレベルで、出来はいい感じです。

外音取り込みもこれまでのAVIOT製品を踏まえるとかなり使いやすくなっており、会話できるレベルにまで向上しています。

ただし、ANC・外音取り込みともにホワイトノイズは若干気になります。
 

4. 素直でフラットな音質

筐体はやや大ぶりではあるものの、耳にあたるフォルムが良く、フィット感は見た目以上にすぐれています。

AVIOT TE-D01tの装着感
 
操作はタッチセンサー式でくぼみもあるので操作しやすいものの、確認音が鳴らないのはちょっと気になりました。

操作 L R
再生 1タップ 1タップ
停止 1タップ 1タップ
曲送り 2タップ
曲戻し 3タップ
音量を上げる 3タップ
音量を下げる 2タップ
受話 着信中に1タップ 着信中に1タップ
通話終了 通話中に1タップ 通話中に1タップ

音質は全体的にバランス良く、フラットで解像感の高い仕上がりです。

かなり柔らかめの音設計で、低音はちょうどよく、中高音域も刺さる感じは全くありません。

素直であるがゆえに、ズシッとした低音やクリアな中高音といった味付けはなく、そういったものを求める人は少し物足りなさを感じるかもしれません(個人的には好きです)

通話・オンライン会議時の声は若干こもり気味で、日常使いは問題ないものの、正直良いといえるレベルではなかったです。

ただ、左右ともに片耳モードに対応し、片方だけイヤホンを付けた状態で作業できるのは重宝します。

AVIOT TE-D01t
高音域
(4.0)
中音域
(4.0)
低音域
(4.0)
ノイズキャンセリング
(4.0)
総合評価
(4.0)

Sponsored Links

 

AVIOT TE-D01tはこんな人におすすめ

AVIOT TE-D01tは「約1万円で全部入りのワイヤレスイヤホンが欲しい人」におすすめです。

アプリの出来も良く、ANC・外音取り込みともに一定レベルにあるので使いやすくできています。

ただし、マイクの音質は良くありませんので、会議の機会が多い人はもうちょっとだけ出して、Anker Soundcore Liberty Air 2 ProJBL LIVE PRO+ TWSがおすすめです。

AVIOT TE-D01tレビューまとめ

本記事では「【AVIOT TE-D01tレビュー】単体18時間の超ロングバッテリーかつノイキャン付きの完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

AVIOT TE-D01tは、世界トップクラスのバッテリー性能にくわえ、ノイキャン機能・ハイエンドクラスの専用アプリ対応など、イヤホンとして欲しい機能がしっかりそなわっています。

マクリン
これが約1万円で買えるとは、いやはやすごい時代になったもんだ……!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • イヤホン単体で最長クラス
  • 専用アプリが優秀
  • ワイヤレス充電対応
  • 片耳モードに対応
デメリット
  • マイクが良くない
  • apt-X非対応
【Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー】Anker初にしてAirPods Proと同レベルのANCをもつ完全ワイヤレスイヤホン 【JBL LIVE PRO+ TWSレビュー】ダイナミックな低音を楽しめるANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン 【AVIOT TE-D01mレビュー】ロングバッテリーとノイキャン・aptX Adaptive搭載で1万円台前半の完全ワイヤレスイヤホン 【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめBEST10 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です