おすすめのガジェット

【AVIOT TE-D01mレビュー】ロングバッテリーとノイキャン・aptX Adaptive搭載で1万円台前半の完全ワイヤレスイヤホン

どうも、一日中会議でイヤホン付けマクリンまくり @Maku_ring)です。

イヤホンといえば完全ワイヤレスが主流になりつつある今、気になるのは使用感音質

手軽に購入できるワイヤレスイヤホンも増えてきている一方、いまだに「実際そんなに便利じゃなさそう」「音質が悪そう」といわれることがあります。

そういうイメージをくつがえすといっても過言ではないワイヤレスイヤホンが「AVIOT TE-D01m」です。

AVIOT TE-D01mの外箱

同社のベストセラーモデル「TE-D01gv」に機能を追加した機種となっています。

AVIOT独自のマイルドANC(アクティブノイズキャンセリング)に物理的なパッシブノイズアイソレーションをかけ合わせ、音楽に没入して楽しめるようになっています。

「AAC」「aptX」の音質コーデックにくわえ、上位互換の「aptX Adaptive」までサポートし、対応するAndroid端末なら高音質かつ低遅延の音楽・動画再生を可能としています。

さらに業界トップクラスのロングバッテリーをそなえ、イヤホンのみでも最大10時間、ケースふくめると最大50時間の使用が可能です。

マクリン
これだけ盛りだくさんなのに、価格は1万円台前半

そんな機能がありながら、1万円台前半で購入できるコスパ最強の「AVIOT TE-D01m」について、レビューやおすすめできる人・できない人を紹介していきます。

そんなわけで本記事は「【AVIOT TE-D01mレビュー】ロングバッテリーとノイキャン・aptX Adaptive搭載で1万円台前半の完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。プロフィール詳細

AVIOT TE-D01mの概要

TE-D01mは、AVIOTで初めてアクティブノイズキャンセレーションを搭載したモデルです。

AVIOT TE-D01mの外観

マクリン
VGPアワード2021にてワイヤレス大賞・金賞のW受賞

カラーは僕が持っているBlackのほか、Cardinal Red・Ivory・Pearl White・Navyと、豊富なバリエーションをそなえています。

AVIOT TE-D01mのカラーは全5色
 
付属品はイヤホン本体とイヤホンケース、シリコン製のイヤーチップにUSB-C to Aケーブルとなっています。

AVIOT TE-D01mの付属品
 
AVIOTが持つ日本人の耳形状に関するデータベースが活用されたエルゴノミクスデザインは、激しい動きでも落ちないことが特徴です。

AVIOT TE-D01mは日本人の耳形状に関するデータベース活用のエルゴノミクスデザイン
 
耳にフィットしてくれるので、トレーニングするときでも落とす心配がありません。


 
デザインもシンプルで洗練され、ちょうどいい高級感をまとっています。

AVIOT TE-D01mのデザインは高級感がある
 
イヤホン単体で約13g、ケースふくめて約53gと、標準的な重量です。

AVIOT TE-D01mのイヤホン重量は約13g
AVIOT TE-D01mのケース重量は約53g

ケースのサイズは50 x 35 x 45mmと、コンパクトで持ち運びにも便利。スウェットやパーカーならポケットに余裕で忍ばせられます。

AVIOT TE-D01mのサイズは約50 x 35 x 45mm
 
⽶国Knowles社⾼品位マイクを4基搭載し、通話中のノイズを軽減できるため、よりクリアな音声が届くのも特徴です。

AVIOT TE-D01mは⽶国Knowles社⾼品位マイクを4基搭載

防水性能はIPX4レベルで、水中での使用はできないものの、運動中の汗やにわか雨などの心配はありません。

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。

AVIOT TE-D01mのレビュー

それではAVIOT TE-D01mを使ってみたレビューを4点に分けて紹介します。

 

1. ノイズキャンセリングは便利だがおまけ程度

AVIOT TE-D01mは、物理的に遮音するパッシブノイズキャンセリングと、マイクからノイズを拾って逆位相を重ねるアクティブノイズキャンセリングのハイブリッド仕様。

AVIOT TE-D01mはパッシブノイズキャンセリングとアクティブノイズキャンセリングのハイブリッド仕様

外を歩いても電車に乗っていても環境音が気にならず、作業に集中したいときにも便利です。

ただし、アクティブノイキャンはマイルドANCと銘打っているだけあり、その味付けは正直おまけ程度です。

ゼンハイザーのMOMENTUM True Wireless 2と同程度で、ANC特有の閉塞感は控えめに仕上がっています。

車内やコンビニなど、周りの音が聞こえないと危険な場合もありますが、左イヤホンの2秒押しで外⾳を取り込めるアンビエントマイク機能がオンオフできるので、シーンによって使い分けられます。
 

2. ケース込みで最大50時間の再生が可能

AVIOT TE-D01mはQualcommクアルコムチップ「QCC3040」搭載により、抜群のロングバッテリーを実現しています。

AVIOT TE-D01mはケースもふくめたら最大50時間再生可能

イヤホン単体で10時間の連続再生が可能で、ケースもふくめると最大50時間も使用できます。

マクリン
一般的なイヤホンの約2倍のバッテリーですよ!

充電用には汎用性の高いUSB-Cポートをそなえ、充電時間は1.5時間しかかからないのもうれしいポイントです。

AVIOT TE-D01mは充電用のUSB-Cポート搭載

3. 高音はまろやかで低音は量感しっかり

AVIOT TE-D01mは小ぶりのスマートデザインで、人間工学に基づいた形状なので女性でも付けやすいです。

AVIOT TE-D01mの装着感は優秀
 
高感度タッチセンサーを搭載し、耳元を軽く触るだけで操作できます。

AVIOT TE-D01mは高感度タッチセンサー搭載

マクリン
感度が高く操作がラクなので、使っていて楽しいですよ!

音量調整ふくめた全操作が可能となっています。

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右2回押す 曲送り(次の曲)
  • 右3回押す 曲戻し(前の曲)
  • 左2回押す 音量を下げる
  • 左3回押す 音量を上げる
  • 左2秒押す アンビエントマイクON/OFF
  • 右2秒押す ノイズキャンセリングON/OFF
ペアリングが上手く行かないとき
機器のBluetooth設定を解除してイヤホンをケースに格納した後、両ボタンを12秒間押してください。イヤホンを再度取り出すと、ペアリングモードに入ってリセットが完了します。

ノイキャン・外音取り込みともに片手でサクッと操作できるので、音楽に集中したいとき・急に話しかけられたときにも便利です。

AVIOT TE-D01mの音質を確認しました。

高音はまろやかで抑え気味であり、低音域も重低音というほどではないものの、しっかりした量感を持たせています。

全音域にわたって比較的フラットで、ロック&ポップスとの組み合わせでその特性をより発揮します。

しかもaptX・AAC両方に対応し、iPhoneとAndroidスマホの双方で、質の高いサウンドを提供可能です。

aptXでも最新のコーデックである「aptX Adaptive」に対応しています。

対応するAndroidスマホは一部のハイエンド機にとどまるものの、超高音質と超低遅延を実現し、動画再生でも力を発揮します。

MEMO
aptX Adaptiveに対応していないスマホであっても、aptXでの視聴が可能です。
AVIOT TE-D01mの評価
高音域
(4.0)
中音域
(4.0)
低音域
(4.0)
ノイズキャンセリング
(2.0)
総合評価
(3.5)

Sponsored Links

 

AVIOT TE-D01mをおすすめする人・しない人

AVIOT TE-D01mを使ってみて感じた、本製品をおすすめできる人・できない人が見えてきたので伝えます。
 

おすすめしない人

ナチュラルでクセのない音質なので、重低音のビートをガンガン楽しみたい人にはおすすめしません。

音自体は高音質で非常に聴きやすいです。

クセもないので音のこだわりが強くない人には最適なイヤホンに仕上がっています。

しかし、音の重さや臨場感など迫力を求める人には多少物足りなく感じるので、低音にボリュームが欲しい方にはおすすめできません。
 

おすすめする人

ワイヤレスイヤホンに大事な要素のひとつが耳へのフィット感

その点AVIOT TE-D01mは日本のメーカーなので、日本人が聴きやすいイヤホンを実現しています。

マクリン
海外のメーカーだと耳に合わなくて落ちる場合でも、AVIOTのイヤホンなら大丈夫ですよ!

また、ロングバッテリーでケースもふくめると最長50時間も使用できるので、長時間イヤホンを使いたい人におすすめです。

僕のように一日中オンライン会議など、イヤホンの使用時間が多い人には一般的なワイヤレスイヤホンだと途中でスタミナ切れになること数知れず……。

しかし、TE-D01mならイヤホン単体でも最大10時間の長時間再生に対応し、一日で5個以上の会議があった日でも問題なくこなせました。

それから最大の訴求ポイントはその価格

ANC搭載のイヤホンは2〜3万円するものも少なくない中、AVIOT TE-D01mはなんと12,375円(税込み)で購入できます。

マクリン
ロングバッテリーかつノイキャン付き、aptX Adaptive対応で1万円台前半はビビります……!

AVIOT TE-D01mレビューまとめ

本記事は「【AVIOT TE-D01mレビュー】ロングバッテリーとノイキャン・aptX Adaptive搭載で1万円台前半の完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

AVIOT TE-D01mは、最長クラスのロングバッテリーをそなえ、多くの音質コーデックに対応するワイヤレスイヤホンです。

ノイキャンや外音取り込みまで搭載しながら1万円台前半と手軽に購入でき、これからワイヤレスイヤホンを使いたい人にもおすすめ。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)レビュー】高音から低音まで全音域がクリアに届く!ピエール中野監修の完全ワイヤレスイヤホン 【Jabra Elite 85tレビュー】音質・ノイキャンどちらも進化したハイクオリティな完全ワイヤレスイヤホン 【SoundPEATS H1レビュー】aptX Adaptive対応かつ単体10時間のロングバッテリーをほこる完全ワイヤレスイヤホン 【TaoTronics SoundLiberty 94レビュー】1万円以下でノイキャンと左右同時伝送をそなえる破格の完全ワイヤレスイヤホン【TT-BH094】 【MPOW X3 ANCレビュー】ノイキャン&10mmドライバー搭載で1万円以下の完全ワイヤレスイヤホン 【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめBEST10 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です