おすすめのガジェット

【ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)レビュー】高音から低音まで全音域がクリアに届く!ピエール中野監修の完全ワイヤレスイヤホン

音質こだわり派には、高価格帯のワイヤレスイヤホンをおすすめするマクリン( @Maku_ring)です。

近ごろは数千円台でも素晴らしいフルワイヤレスが出揃ってきていますが、それでもやはり数万円クラスのものと比べると、音の解像度・表現力で差が出てきます。

多くのハイクラスイヤホンは、アクティブノイズキャンセリング(ANC)を搭載していますが、ノイキャン独特の閉塞感がニガテな人も少なからずいます。

そんな人にもぴったりの、音質だけをとことん煮詰めたワイヤレスイヤホンが「AVIOT TE-BD21j-pnk」です。

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)の外箱

本製品は、ロックバンド「凛として時雨」のドラマーであり、イヤホンマニアを公言するピエール中野氏のプロデュース製品第三弾となっています。

通称「ピヤホン3」とも呼ばれています。

サウンドはもちろん、機能的にも優秀で、ロングバッテリー・aptX Adaptive対応・左右同時伝送・外音取り込みなど、ANC以外はほぼ全部入り。

そんなわけで本記事は「【ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)レビュー】高音から低音まで全音域がクリアに届く!ピエール中野監修の完全ワイヤレスイヤホン」について書いていきます。

YouTube
本製品へのこだわりを、ピエール中野氏ご本人が語ってくださっています。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。プロフィール詳細

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)の概要

AVIOT TE-BD21j-pnkは、生活防止仕様(IPX4)の完全ワイヤレスイヤホンです。

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)は生活防水仕様の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX4
「水の飛まつに対して保護されている」という定義の防水規格です。浸水状態での使用は厳しいですが、雨が降っている中で使う分には問題ありません。
 
イヤホン・ケース筐体ともに高品位のジュラルミン素材を削り出し、持った瞬間からひんやりした高級感が伝わります。

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)は高品位のジュラルミン素材採用

重厚感あるブラックに、いやらしさのないブロンズのアクセントカラーも上質さを演出しています。

ケースのサイズは約70 x 35 x 28 mmで、フタはスライドで開閉します。

パカッと開くタイプが多い中、スライド機構は使いやすくてクセになります。

イヤホン本体は約11g、ケースふくめて約83gであり、ジュラルミン仕様だけあって、ケースはやや重量感があります。

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)のイヤホン重量は約11g
ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)のケース重量は約83g
 
「片耳だけ紛失してしまった……」なんてことがないように、シリコン製の紛失防止ストラップが付属しています。

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)のシリコン製の紛失防止ストラップ
 
ピエール中野氏のロゴ「バイブスくん」が施された専用ポーチもあり、伸縮性があるのでケースも入り、ほかには充電ケーブルやイヤーピースを入れるのに適しています。

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)の専用ケース

そのほかシリコン製イヤーチップ(S/M/L)とウレタン製イヤーチップ(S/M/L)が付属しています。

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)の付属品

AVIOT TE-BD21j-pnkのレビュー

AVIOT TE-BD21j-pnkの特徴を紹介します。

 

長時間再生が可能なロングバッテリー

AVIOT TE-BD21j-pnkは、イヤホン単体で最大9時間、ケースふくめ最大45時間使用できるバッテリーを搭載しています。

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)はイヤホン単体9時間、ケースふくめて最大45時間再生可能

マクリン
通常モデルの1.5〜2倍というロングバッテリー!

ケース側面に充電用のUSBタイプCポートが付いています。

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)の側面にUSB-Cポート

ポート上部にはLEDインジケーターが付き、ケーブル接続時には4段階の点灯でバッテリー残量を確認できます。
 

遊び心あるデザインとスペシャルボイスガイダンス

AVIOT TE-BD21j-pnkは高級感ただようカラーリングにくわえ、ところどころに「バイブスくん」がいるので、さりげない遊び心が散りばめられています

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)の外箱裏フタにバイブスくん
 
バイブスくんは、イヤホンのフェイスプレートやスライドケースの裏ブタにも刻印され、あらゆる場所に登場します。

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)のフェイスプレートにバイブスくん

またシステムボイスには、アニメ「サイコパス」の常森朱(CV:花澤香菜)が採用され、専用アプリを使えば、ドミネーター(CV:日高のり子)にも切り替えられます。

マクリン
ファンに行き届いた配慮が素晴らしいですね!
AVIOT PNK CHANGER

AVIOT PNK CHANGER

AVIOT無料posted withアプリーチ

長時間でも疲れにくい抜群の装着性

AVIOT TE-BD21j-pnkは、通常のシリコン製イヤーピースにくわえ、ウレタン製のイヤーピースがセットになっています。

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)のイヤーピースは2種類

ウレタンピースは耐久性が低い代わり、遮音性密閉性にすぐれています。

耳からの飛び出しはあるものの、フィット感がかなり高く、長時間つけても疲れにくく感じました。

ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)の装着感
 
また、フォルムが楕円だえんになったことで、装着時の安定性も向上しています。


 
タッチセンサーの感度も素晴らしく、押し込み式のような確実性があり、正確に操作できます。

ボタン操作一覧
  • (右/左)1回押す 再生/一時停止/受話/終話
  • 右2回押す 曲送り(次の曲)
  • 右3回押す 曲戻し(前の曲)
  • 左2回押す 音量を下げる
  • 左3回押す 音量を上げる
  • 左2秒押す アンビエントマイクON/OFF
  • (右/左)2秒押す 着信拒否
 

高音から低音まで全音域がクリアに届く

AVIOT TE-BD21j-pnkは、イヤホンマニアのピエール中野氏がこだわり抜いたチューニングというだけあり、音質面はめちゃくちゃ優秀です。

伸びやかな高音域、リアルを追求した中音域、ずしりと沈み込む低音域。

繊細で質の高い音が、耳の奥まで響き渡ります。

ピエール中野氏がドラマーということもあり、ドラム音はとくに解像度高く楽しめます。

(余談ですが、U2の「Sunday Bloody Sunday」のイントロが良い意味でやばかったです……)

ただし、外音取り込み機能は正直イマイチでした……。

ANC非搭載のイヤホンとしては、音質面ではナンバーワンといえるのではないでしょうか。

マクリン
ROCK & POPSに特におすすめのイヤホンですよ!
ピヤホン3の評価
音質(全体的に高水準)
(5.0)
連続再生時間(9時間)
(5.0)
音声操作(あり)
(1.0)
防水・防滴(IPX4)
(3.0)
総合評価
(4.0)

Sponsored Links

 

AVIOT TE-BD21j-pnkレビューまとめ

本記事は「【ピヤホン3(AVIOT TE-BD21j-pnk)レビュー】高音から低音まで全音域がクリアに届く!ピエール中野監修の完全ワイヤレスイヤホン」について書きました。

AVIOT TE-BD21j-pnkは、音質が洗練され、正統的な進化モデルのフルワイヤレスイヤホンとなっています。

ピエール中野氏こだわりのチューニングで、ラグジュアリーな音楽鑑賞を長時間楽しめます。

マクリン
ノイキャンにこだわらない人には現時点でもっともおすすめのイヤホンですよ!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【ゼンハイザーCX 400BTレビュー】最上位モデル同等の7㎜ドライバーをもつ高コスパの完全ワイヤレスイヤホン 【MPOW M5 PLUSレビュー】業界トップクラスのバッテリー性能かつaptX Adaptive対応の完全ワイヤレスイヤホン 【AVIOT TE-D01mレビュー】ロングバッテリーとノイキャン・aptX Adaptive搭載で1万円台前半の完全ワイヤレスイヤホン 【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめBEST8 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン20選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です