おすすめのガジェットを探す「マクナビ」

【Anker PowerPort Atom IIIレビュー】最大60WながらGaN採用で超コンパクトなUSB-C充電器【窒化ガリウム】

 

どうも、MacBook Pro愛用しマクリン( @Maku_ring)です。

MacBook Proと一緒に持ち運ぶのが61W USB-C電源アダプタとケーブルです。

MacBook Proの電源アダプター

これが結構かさばるので、小型の充電器を探しマクリンまくりでしたが、この60Wという高出力がネックでなかなか見つからずにいました。
 

マクリン
でもついに、あのAnkerアンカーコンパクトサイズの60Wクラス急速充電器を出しましたよ!

しかも一気に2製品で、1ポートタイプの「Anker PowerPort Atom III 60W」と2ポートタイプの「Anker PowerPort Atom III (Two Ports)」です。

Anker PowerPort Atom III 60WとAnker PowerPort Atom III (Two Ports)

いずれも次世代のパワー半導体素材「窒化ガリウム(GaN)」をスイッチ部分に採用し、超コンパクトサイズ&軽量性を実現しています。

Anker PowerPort Atom III 60WはMacBook AirのUSB充電器(30W)と変わらぬサイズ、Anker PowerPort Atom III (Two Ports)は2ポートにかかわらず、1ポートのMacBook Pro充電器(61W)より格段に小さいサイズに仕上がっています。
 

マクリン
Anker PowerPort Atom III (Two Ports)は、ノートPCとスマホを2台同時フルスピード充電できますよ!
 
本記事は「【Anker PowerPort Atom IIIレビュー】最大60WながらGaN採用で超コンパクトなUSB-C充電器【窒化ガリウム】」について書いていきます。

MEMO
YouTubeでも使用感をまじえて紹介しています。

 

Anker PowerPort Atom IIIに搭載する新技術「Power IQ 3.0」と「GaN」

製品紹介に入る前に、Ankerのガジェット群を支える新技術について、簡単に説明します。

Ankerは充電デバイスの高出力化にともない、最大12W出力のPowerIQ、最大18W出力のPowerIQ 2.0と、独自技術で進化を遂げてきました。

AnkerのUSB給電技術である最大12W出力のPowerIQと最大18W出力のPowerIQ 2.0

大容量のUSB給電規格「Power Delivery(PD)」も登場し、ノートPCの充電まで視野に入れる時代になってきました。

そんな中、Ankerはついに、PD規格値上限の最大100WならびにQuick Charge 3.0に対応する最新規格「PowerIQ 3.0」を発表しました。

AnkerのPowerIQ 3.0
 
Anker PowerPort Atom III 60WはPowerIQ 3.0、Anker PowerPort Atom III (Two Ports)はPowerIQ 2.0とPowerIQ 3.0を搭載し、まさに新世代をになう製品に仕上がっています。

PowerIQ 2.0PowerIQ 3.0
最大出力

18W

100W

互換性

Quick Charge 3.0

Quick Charge 3.0
USB Power Delivery

マクリン
しかもそれだけではありませんよ!

Anker PowerPort Atom IIIにはもうひとつ、GaN(窒化ガリウム)という新しい素材が採用されています。

従来の充電器は、電源をオンオフするスイッチ部分にシリコン(Si)を使っています。

しかし前述のとおり、近年の充電器はノートPCも想定しているため、高出力であることが求められています。

しかし、Si素材のまま高出力に対応することは、熱と大型化という2つの問題を抱えていました。

Siデバイスで高出力の電源をオンオフすると時間を要するため、発熱をその分ともない、その発熱をおさえるために製品を大型化しなくてはいけませんでした。

この問題を解決するために、短い時間で電流・電圧をオンオフできる(=電力効率のすぐれた)素材を選ぶ必要がありました。

そしてSiの代替素材を検討した結果、Siよりも耐圧性と電力効率の高い窒化ガリウム(GaN)に行き着いたのです。

RAVPowerは窒化ガリウム(GaN)を充電器に採用

マクリン
GaNを使うことで、充電器が圧倒的に小さくできるんですよ!

Siの代わりにGaNを素材に用いたUSB充電器を、Ankerは「Anker PowerPort Atomシリーズ」と名付けました。

Anker PowerPort Atomシリーズ
 
シリーズの第一弾「Anker PowerPort Atom PD 1」は、指でもつまめる超コンパクトサイズでありながら、MacBookも充電できる30W出力に対応しています。

Anker PowerPort Atom PD1はコンパクトサイズ

 
Anker PowerPort Atom III 60WAnker PowerPort Atom III (Two Ports)は、同シリーズ第二弾にして、実用性と完成度を高めたモデルに仕上がっています。

Anker PowerPort Atom III 60WとAnker PowerPort Atom III (Two Ports)の外観

そんなわけで両者の紹介をしていきます。

 

Anker PowerPort Atom IIIの外観とサイズ比較

Anker PowerPort Atom III 60W」は1ポートタイプ、「Anker PowerPort Atom III (Two Ports)」は2ポートタイプの60W出力対応USB急速充電器です。

Anker PowerPort Atom III 60WとAnker PowerPort Atom III (Two Ports)
 
Anker PowerPort Atom III 60WのUSB-Cは最大60WAnker PowerPort Atom III (Two Ports)のUSB-Cは最大45W、USB-Aは最大15Wとなっています。

いずれのUSB-Cも、ほとんどのノートPCふくめ、あらゆる機器の急速充電が可能な高出力です。

シリーズ第一弾の「Anker PowerPort Atom PD 1」はプラグが折りたためないという欠点がありました。

Anker PowerPort Atom PD1は折りたたみ式プラグではない
 
しかし、Anker PowerPort Atom III 60W折りたたみプラグ式でプラグ部分が格納でき、持ち運びに適しています。

Anker PowerPort Atom III 60Wは折りたたみプラグ式
Anker PowerPort Atom III (Two Ports)は折りたたみプラグ式

サイズはAnker PowerPort Atom III 60Wが約61 x 58 x 28.5mm、Anker PowerPort Atom III (Two Ports)が約69 x 69 x 28mmで、いずれも手の平サイズにおさまっています。

Anker PowerPort Atom III 60Wのサイズ
Anker PowerPort Atom III (Two Ports)のサイズ

Anker PowerPort Atom III 60Wは、MacBook Proの61W純正アダプター(約75 x 75 x 30mm)より格段に小さいサイズ(約35%の小型化)に仕上がっています。

Anker PowerPort Atom III 60WとMacBook Pro純正アダプターのサイズ比較
Anker PowerPort Atom III 60WとMacBook Pro純正アダプターのサイズ比較

重量は純正アダプターの約195gに対し、Anker PowerPort Atom III 60Wは約128gと、約65%の軽量化を実現しています。

MacBook Pro純正アダプターの重量
Anker PowerPort Atom III 60Wの重量

しかし、同じくGaN採用の同出力充電器である「RAVPower RP-PC112」に比べるとやや大きいため、小型軽量にこだわる人はRAVPowerのほうがベターといえます。

Anker PowerPort Atom III 60WとRAVPower RP-PC112のサイズ比較
Anker PowerPort Atom III 60WとRAVPower RP-PC112のサイズ比較

とはいえ、半分の出力であるMacBook Airの30W純正アダプターと大きく変わらず、Anker PowerPort Atom III 60Wがコンパクトであるのは間違いありません。

Anker PowerPort Atom III 60WとMacBook Air純正アダプターのサイズ比較
Anker PowerPort Atom III 60WとMacBook Air純正アダプターのサイズ比較

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)は2ポートであるにもかかわらず、MacBook Proの61W純正アダプターよりも小さく、約15%の小型化を実現しています。

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)とMacBook Pro純正アダプターのサイズ比較
Anker PowerPort Atom III (Two Ports)とMacBook Pro純正アダプターのサイズ比較

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)の重量は約141gであり、約30%の軽量化に成功しています。

MacBook Pro純正アダプターの重量
Anker PowerPort Atom III (Two Ports)の重量
マクリン
2ポートタイプの60Wクラス充電器で世界最軽量なんですよ!

ちなみに僕は、ノートPCも充電できる2ポートタイプのUSB充電器として、ほぼ同サイズの「Anker PowerPort ll PD」をメインで使っていました。

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)とAnker PowerPort ll PDのサイズ比較
Anker PowerPort Atom III (Two Ports)とAnker PowerPort ll PDのサイズ比較

ですが、Anker PowerPort ll PDは2ポート合計48Wで、計60WのAnker PowerPort Atom III (Two Ports)よりも重く(151g)、GaN搭載モデルがいかに軽いかが分かるでしょう。

Anker PowerPort ll PDの重量
Anker PowerPort Atom III (Two Ports)の重量
マクリン
軽くて小さい充電器なら、GaN採用品がベストアンサー!

付属品は無く本体のみですので、USB-CにはPD対応USBケーブルが別途必要です。

USB-CからiPhoneなどLightning端子のデバイスを充電する際は「Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」がおすすめ。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル

 
USB-A用には、巻き取り式の2in1タイプUSBケーブル「cheero 2in1 Cable with Lightning & micro USB」が使いやすいです。

cheero 2in1 Cable with Lightning & micro USB

 

Sponsored Links

 

Anker PowerPort Atom IIIは最大60W出力でノートPC充電可能

Anker PowerPort Atom III 60WAnker PowerPort Atom III (Two Ports)のUSB-Cは、それぞれ60Wと45Wで、ほとんどのノートPCが急速充電できる出力です。

Anker PowerPort Atom III 60WのUSB-Cは最大60W
Anker PowerPort Atom III (Two Ports)のUSB-Cは最大45W

このうちAnker PowerPort Atom III 60Wは、MacBook Pro(13インチ)など、パワーが必要なハイスペックのノートPCであっても急速充電することができます。

Anker PowerPort Atom III 60WはMacBook Proでも急速充電可能

MEMO
MacBook Pro(13インチ)は約100分でフル充電が可能です。
 
45WのAnker PowerPort Atom III (Two Ports)でも、問題なく充電することが可能です。

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)でもMacBook Proが急速充電可能
 
実際USB-C電圧電流チェッカーでMacBook Pro充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、両者とも40Wを超える値であり、純正アダプターと同等でした。

PowerPort Atom III 60W(47.2W)

PowerPort Atom III (Two Ports)(42.7W)

61W純正アダプタ(44.4W)

USB-Cに先ほどのAnker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブルを組み合わせることで、最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電に対応しています。

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)は最新のiPhoneでも約30分で50%に到達する高速充電
 

USB-C電圧電流チェッカーでiPhone XS充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、17Wを超える値を示していました。

Atom III x iPhone(17.5W)

マクリン
毎分1%ちょっと増えるスピードで、バッテリーがグングン回復していきますよ!
 
またAnker PowerPort Atom III (Two Ports)は、最大15W出力のUSB-Aを搭載しています。

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)は最大15W出力対応のUSB-A搭載

しかもこちらのUSB-Aには、前述のAnker独自技術「PowerIQ 2.0」を搭載しています。

PowerIQ 2.0とは「QC 3.0(Quick Charge 3.0)対応品もふくめた全てのデバイスに合わせ、急速充電に必要な電流値を自動で調整してくれる賢い機能」のことです。

出力アンペア数を計測した結果、スマホ・タブレットのいずれも電流値が適切な値に調整できていました。

Atom III x スマホ(5.5W)

Atom III x タブレット(8.5W)

 
2ポート接続時の出力は最大60Wであるため、ワット数が制限されることなく、フルスピード充電ができます。

2台接続時の出力値を確認したところ、USB-A未使用時と値がほとんど変わらず、2台同時の急速充電が確認できました。

Atom III x MacBook Pro(42.1W)

 
小型軽量にして、ノートPCふくめて全デバイスに充電可能。

Anker PowerPort Atom IIIは、1台でなんでもチャージできる万能の充電器です。

 

Sponsored Links

 

Anker PowerPort Atom IIIレビューまとめ

本記事は「【Anker PowerPort Atom IIIレビュー】最大60WながらGaN採用で超コンパクトなUSB-C充電器【窒化ガリウム】」について書きました。

Anker PowerPort Atom III 60Wは1ポート、Anker PowerPort Atom III (Two Ports)は2ポートタイプの60W出力対応USB急速充電器で、さまざまなデバイスに効率的な充電が可能です。

しかも、PowerIQ 3.0とGaNを採用し、軽量コンパクトにおさえながら、高出力を実現する最新技術の結集ともいえる製品に仕上がっています。

特にAnker PowerPort Atom III (Two Ports)は世界最軽量クラスですので、2ポートタイプの60Wクラス充電器で現状ベストといえるでしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【おすすめ】窒化ガリウム(GaN)採用の超小型USB PD充電器ベスト3! 【RAVPower RP-PC105レビュー】世界最小サイズの最大61W出力PD対応USB-C充電器 【Anker PowerPort ll PDレビュー】MacBookとスマホ同時充電可の小型ACアダプター 【AUKEY PA-Y10レビュー】USB-CとUSB-Aを兼ね備えた軽量小型のPD対応充電器【46W】 【おすすめ】今すぐ買うべきUSB充電器13選【スマホからPCまで】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です