おすすめのガジェット

【audio-technica ATH-ANC300TWレビュー】オーディオテクニカ初の完全ワイヤレスイヤホンの出来やいかに…?

オンライン会議の連続で、ワイヤレスイヤホンを一日中付けているマクリン( @Maku_ring)です。

会議だけでなく、音楽・動画に集中したいとき、ノイズキャンセリング機能は欠かせません。

かくいう僕も、AirPods Proをはじめ、ノイキャン付きのワイヤレスイヤホンを活用しマクリンまくりです。

オーディオブランドの雄でもあるaudio-technicaオーディオテクニカからも、初のアクティブノイズキャンセリング搭載ワイヤレスイヤホン「audio-technica ATH-ANC300TW」が出ました。

audio-technica ATH-ANC300TWの外箱

専用アプリでノイキャンと外音取り込みの効きを調整できたり、cVc(Clear Voice Capture)テクノロジーで通話品質にすぐれるなど、音楽視聴時・通話時の環境に配慮されたイヤホンです。

ただ、同社初のノイキャン搭載イヤホンということもあり、他社の高級イヤホンにくらべ、作り込みに甘さがやや残る面もありました。

そんなわけで本記事は「【audio-technica ATH-ANC300TWレビュー】オーディオテクニカ初の完全ワイヤレスイヤホンの出来やいかに…?」について書いていきます。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

audio-technica ATH-ANC300TWの外観とその特徴をレビュー

ATH-ANC300TW防滴仕様(IPX2)の完全ワイヤレスイヤホンです。

audio-technica ATH-ANC300TWは防滴仕様(IPX2)の完全ワイヤレスイヤホン

防水規格IPX2
「左右15度以内から落下する水滴によって有害な影響を受けない」という定義の防水規格です。
 
カラーはブラックのみで、無骨なかっこよさをまとっています。

マクリン
オーディオテクニカのロゴがあるだけで所有欲高まりますね!

イヤホンの重量は約14gであり、ワイヤレスとして標準的な重さです。

audio-technica ATH-ANC300TWの重量は約14g
 
ハウジング部分は耳にフィットしやすい曲面形状の設計となっています。


 
タッチセンサーと思いきや、左右のイヤーカップ周囲にボタンが付いており、これを押して操作します。

audio-technica ATH-ANC300TWはボタン式
 
ケースのボディ全体は樹脂ですが、台座部分はツヤッとした上質感があり、フタ部分は吹き付け塗装が施されています。


 
ケースの大きさは約54 x 53 x 30mmであり、手の平に充分おさまるサイズ感です。

audio-technica ATH-ANC300TWのケースサイズは約54 x 53 x 30mm
 
ケースの側面には本体充電用のUSBタイプC(USB-C)が付いています。

audio-technica ATH-ANC300TWのケース側面には充電用USB-Cポート
ただ、できればワイヤレス充電にも対応して欲しかったところ。

ケース前面にはLEDが付き、フタを開閉すると3段階のLED点灯でケースのバッテリー残量が分かります。


 
同梱品は本体とUSB-Cケーブル、イヤピース(XS/S/M/L)、COMPLYフォームイヤピース(M)です。

audio-technica ATH-ANC300TWの付属品

 

バッテリー性能はふつう

ATH-ANC300TWのバッテリー性能は可もなく不可もなくといったところ。

イヤホンだけで最大4.5時間、ケースふくめ最大18時間使用でき、フルワイヤレスとして平均的な連続使用時間です。


 
また、10分充電で60分再生可能の急速充電に対応し、外出前の急いでいるときも重宝します。


 

ペアリングはスムーズ

ATH-ANC300TWは他のモデルと同様、ペアリングも簡単にできます。

イヤホンをケースから取り出すだけでペアリングモード(右は早い点滅、左はゆっくり点滅)に入るので、Bluetooth設定から接続するのみです。


 
2台目以降を接続する際は、左右ボタンを長押しして電源オンすると、ペアリングモードに入ります。

左右イヤホンいずれにもマイクを備え、どちらでも片耳使用することができます。

複数台個別接続のマルチペアリングには対応しているものの、Jabra Elite Active 75tのような同時接続(マルチポイント)には対応していません。

専用アプリの機能はあと一歩

ATH-ANC300TWには専用アプリ「A-T Connect」があり、複数の機能が盛り込まれています。

Audio-Technica | Connect

Audio-Technica | Connect

audio-technica無料posted withアプリーチ

 
操作画面はシンプルで、イヤホンマークのタップで詳細のカスタマイズが可能となっています。


  • バッテリー確認
  • 音質コーデック変更
  • アンビエンスコントロール(ノイキャン・外音取り込み機能)
 
音質コーデックやノイキャンは、カスタマイズからでもいじることができます。


 
ATH-ANC300TWはSBC/AAC/apt-Xと3つの音質コーデックに対応していますが、接続性が悪いときはSBCに固定するといった使い方もアリです。


 
ノイズキャンセリング・ヒアスルー(外音取り込み機能)ともに効きを3段階で調整することが可能。



マクリン
オンオフしかできないモデルも多いのでこれはありがたいですね!

ノイズキャンセリングは「Airplane」「On The Go」「Office/Study」というモードに変更でき、それぞれ飛行機のエンジン音・車の走行音・室内ノイズに相当する周波数を抑制できる代物です。


 
キーアサインでは右利き用・左利き用といった、おおまかな切り替えには対応しています。



あとは、オートパワーオフ(自動電源オフ)のオンオフが可能ですが、専用アプリの機能としてはあと一歩といったところ。

個人的には、イコライザー調整であったり、イヤホンを外した際の音楽自動停止、キー割り当ての細かい変更に対応していないのが少々残念でした。

audio-technica ATH-ANC300TWの音質とノイズキャンセリング性能

ATH-ANC300TWは、コンパクトでないにもかかわらず、専用の曲面設計の恩恵で装着しやすさは抜群です。

audio-technica ATH-ANC300TWの装着感
 
左右のイヤーカップ周囲にボタンになっており、こちらでボタン操作可能です。

ボタン操作一覧
  • 右1回押す 再生 / 一時停止 / 受話 / 終話
  • 左1回押す ノイズキャンセリング / ヒアスルー(外音取り込み)
  • 右2回押す 曲送り(次の曲)
  • 左2回押す 音量上げ
  • 右3回押す 曲戻し(前の曲)
  • 左3回押す 音量下げ
マクリン
音量調整もボタン操作でできるのはうれしいですね!

音声アシスタント(Siri / Googleアプリ)の起動は割り当てられていませんが、誤動作させてしまうことも多いため、個人的にはありがたい仕様です。

音質はクリアサウンド設計です。

低音・中音はフラットなものの、高音は好き嫌いがやや分かれそうな印象があります。

硬くて鋭い音設計で、女性ボーカルやEDMだと、高音が耳障りに聴こえるかもしれません。

その反面、男性ボーカルのロックやラウドロックを聴くと、ギターやドラムのスネアが耳に刺さって気持ちいいです。

それからATH-ANC300TWアクティブノイズキャンセリングを搭載しています。

マイクで周囲の環境騒音を拾い、その逆位相音を出して騒音を打ち消す仕組みです。

ただし、説明書にも「ノイキャン機能は主に300Hz以下の騒音低減に効き、それ以上の騒音(電話着信音、話し声など)にはほとんど効果がない」と書かれています。

実際、電車や車の音は7割程度カットしてくれていますが、人の声は3〜4割減といった印象で、過度な期待は禁物。

その分、ノイキャン特有の閉塞感が苦手な人でも使いやすいイヤホンといえます。

ATH-ANC300TWの評価
高音域
(3.0)
中音域
(4.0)
低音域
(4.0)
ノイズキャンセリング
(3.0)
総合評価
(3.5)

Sponsored Links

 

audio-technica ATH-ANC300TWレビューまとめ

本記事は「【audio-technica ATH-ANC300TWレビュー】オーディオテクニカ初の完全ワイヤレスイヤホンの出来やいかに…?」について書きました。

ATH-ANC300TWは男性ボーカルのロックサウンドに合う、オーディオテクニカらしいイヤホンに仕上がっています。

ただ、イコライザー調整や音楽自動停止機能がないなど、高級イヤホンとしては少し物足りない面もあります。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【AirPods Proレビュー】真空にいるかのごとく最強のノイキャンをもつ完全ワイヤレスイヤホンの真打ち 【SONY WF-1000XM3レビュー】防水はないが史上最強の音質をほこる完全ワイヤレスイヤホン 【ゼンハイザーMOMENTUM True Wireless 2レビュー】ノイキャンはおまけ程度も本格派の完全ワイヤレスイヤホン! 【Technics EAH-AZ70Wレビュー】初の完全ワイヤレスイヤホンにして円熟した完成度…! 【最強はどれ?】ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめBEST3 【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】【おすすめ】コスパ最強の安い完全ワイヤレスイヤホン16選【1万円台以下】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ