マクリンのおすすめガジェット

【TP-Link Archer A10レビュー・設定】MU-MIMO対応の高速デュアルバンドWi-Fiルーター

TP-Link Archer A10設置

 
どうも、Satoshi( @satoshigarage)です。

Macを楽しむテックブログ『Macガレージ』を運営しています。

我が家のWi-Fiルーターがそろそろ古くなってきました。
 

Satoshi
もう4年も使ってるからそろそろ買い替えどきです!

現在使っているのが「NEC AtermWF1200HP」。

NEC AtermWF1200HPは、アンテナが飛び出ていないスッキリしたデザインで、老舗メーカーNECの名作ルーターです。

しかし、木造2階建て一軒家の我が家は「場所によってはWi-Fi電波が届かない」など、Wi-Fi環境の悩みごともちらほら出てきました。

そこで選んだのが、ルーターのトップシェアメーカー、TP-Linkの「Archer A10」。

Archer A10は2.4GHzと5.0GHz、2種類のWi-Fi電波(2つの周波数帯)を持つデュアルバンドのルーターです。

本記事では、新旧のWi-Fi速度比較と接続設定方法を紹介いたします。
 

Satoshi
1万円以下で購入できる高性能なルーターなので期待大!
 

TP-Link Archer A10の概要

中国のネットワーク機器メーカー、TP-LINKは無線LANルーターで世界シェアNo.1をほこります。

そんなTP-LinkのArcher A10は、最大通信速度(理論値)1733Mbpsを有する、高速タイプのデュアルバンドルーターです。

TP-Link Archer A10

Archer A10の特長

  • 5GHz 1733Mbps(11ac) + 2.4GHz 800Mbps (11n)
  • MU-MIMO対応
  • バンドステアリング機能搭載
  • エアタイム・フェアネス機能
  • 全ポートギガビットポート
  • 業界最高基準の3年保証

 

Satoshi
最新機種だけにNEC AtermWF1200HPを超えるパフォーマンスを期待!
 

TP-Link Archer A10の外観と付属品

Archer A10の同梱品は以下のとおりです。

付属品

  • ルーター本体
  • アダプター
  • LANケーブル
  • 説明書

 

Archer A10は通常平置き設置ですが、設置スペースの問題で本体を立てたい場合、専用スタンド付きを購入しましょう。

こちらが専用スタンドです。

Archer A10のスタンド

 
スタンドを使うと、このようにルーター本体が立ちます。

Archer A10 がたったところ

電波塔のようで、見るからに電波強そうw
 

Satoshi
凛々りりしい立ち姿です!
 
インターフェースは、WANポートにギガビット対応LANポート x 4と充実しています。

Archer A10のポート

サイドにはWi-Fiをオンオフできるボタンが付いており、有線のみでの使用が可能です。

LANポートを使わないときのために、ほこりを防ぐためのポートカバーがあるとなお良いと感じました。

 

Sponsored Links

 

TP-Link Archer A10の接続設定方法

Archer A10とモデムをLANケーブルで接続します。

TP-Link Archer A10設置

Archer A10の接続設定はスマホアプリ「Tether」でも可能ですが、本記事ではWebブラウザからの設定方法を紹介します。

 

STEP.1
Webブラウザにアクセス
本体の電源を入れ、PCからArcher A10のWi-Fiネットワーク名(SSID)に接続します。

それからWebブラウザを起動し「http://tplinkwifi.net」もしくは「http://192.168.0.1」にアクセスします。

STEP.2
アカウント作成

新規の場合はアカウントの作成画面が出るので、パスワード設定を行います。タイムゾーンを選択して「次へ」をクリック。


STEP.3
プロバイダの接続情報を入力
「自動検出」ボタンをクリックし、インターネットの接続タイプを検出します。本記事では「PPPoE」を例に説明します。


 
プロバイダの契約情報に記載されている接続用ID・接続用パスワードを入れます。


STEP.4
無線LAN情報を設定

無線LANのSSID(ネットワークの名称)とパスワードを設定します。

Satoshi
パスワードを変更したら忘れないようにメモを残すようにしましょう。
STEP.5
設定完了

要約ページで内容を確認し、問題なければ「保存」ボタンをクリックします。


 
下記の表示になれば接続設定は完了です。


詳細はこちらの資料をご確認ください。

参考 簡単設定ガイド.pdfTP-Link  
TP-Link公式動画はこちら


 

Sponsored Links

 

TP-Link Archer A10の通信速度を計測

MEMO
我が家の回線は最大1GMbpsではなく100Mbpsコースであるため、Archer A10の恩恵を受けづらい旨、あらかじめご承知おきください。
 
我が家では、お風呂場がWi-Fiルーターからもっとも遠く、たまにつながりにくくなります。

 
ブツブツ切れたり止まったり、あげくには完全につながらなくなることも……。

Satoshi
電波の届かないiPhoneなんて単なる文鎮である……。

お風呂場で測った旧機種NEC AtermWF1200HPでのWi-Fi速度は28Mbps。うーむ……。

お風呂のWi-Fi速度
 
我が家の鬼門はもう1つあり、2階にある僕の部屋です。

みんながネットを使う時間帯の平日21時ごろで42Mbps(こちらも旧機種)。

bbiqでの速度測定
 
これらの悩みを解決してくれそうなのが、Archer A10ビームフォーミング機能です。

ビームフォーミング機能
特定の端末を狙い撃ちしてつながりやすくする、TP-Link Archer シリーズではA10にしか付いていない機能です。

ArcherA10ビームフォーミング機能

Satoshi
Archer A10でどこまで改善できるか楽しみですね!

Archer A10ではたしてどうなったか。

まずお風呂場。

28Mbps 60Mbpsに改善!


 
つづいて2階の僕の部屋。仕事でも使っているので、できれば安定して接続できたほうがありがたいです。

ということでいざ計測。

こちらも42Mbps 70Mbpsに改善!

TP-Link 2階のWi-Fi接続

Satoshi
ビームフォーミング機能は効果てきめんですね!
 

TP-Link Archer A10のMU-MIMO機能

我が家には同時接続端末がなんと12台もあります。

スマホ充電ステーション

家族分の端末があるので充電ステーションも限界です……。

それもあってか、利用中にネットが急に重たくなったり、つながりにくくなることが多くなってきました。

この改善に期待できるのがArcher A10MU-MIMO機能です。

MU-MIMO機能

MU-MIMO機能
従来のルーターはWiFi端末ひとつずつと交互に通信をします。MU-MIMO機能は複数端末と同時通信を可能とし、スループットの向上に成功しました。Wi-Fi通信の待ち時間を低減し、より効率的な通信を実現。
Satoshi
つまり、同時接続でもネットが遅くなりにくいということですね!

また、我が家には古いPCやタブレットもあります。

エアタイムフェアネス機能により、古いWi-Fi規格のものと最新規格の端末が混在した場合でも平等に通信を行い、通信パフォーマンス向上が期待できます。

TP-Link エアタイムフェアネス

 

TP-Link Archer A10レビュー・設定まとめ

本記事は「【TP-Link Archer A10レビュー・設定】MU-MIMO対応の高速デュアルバンドWi-Fiルーター」について書きました。

Archer A10の導入で、数値上ではおよそ2倍速くなりました。

Satoshi
体感でもストレスを感じることがなく快適ですよ!

唯一不満があるとすれば、本体の大きさとスタンドがないと立たないデザインでしょうか。

買い替えをお考えの方におすすめのルーターです。

超高速トライバンドWi-Fiルーター「TP-LINK ARCHER C5400」設定・評判・レビュー 【TP-LINK ARCHER C5400レビュー】トライバンドルーターのハイエンド機種【設定・評判】 【Linksys Velopトライバンド比較レビュー】おすすめのメッシュWi-Fiルーター【デュアルバンドとの違い】 トライバンドWi-Fiルーター比較!BUFFALOかTP-LINK・ASUSどれがおすすめ? 【おすすめのメッシュWi-Fiルーター比較】GoogleとVELOP・Orbi・TP-Linkどれがいい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です