記事を探す方は全カテゴリーへ

寿司 しながわ 葵@品川区は青物横丁にある数少ない本格的なお寿司屋さん!

 

どうも、元・青森県民のマクリン( @Maku_ring)とヨメです。

実は我々、青森市に住んでいたのに大間のマグロを食したことがありません

これは青森県あるあるでもありますが、大間のマグロは引き上げられるとすぐに、高いお金に成る築地へ旅立ってしまわれるため、青森県民でもなかなか食べる機会は少ないのです。

そんなある日、ヨメから提案がありました。

 

ヨメ

ねえねえ、近くに大間のマグロ食べられるお店あるよ。

 

なんですと !? それはぜひとも食べに行きたい!

マクリン

そんなわけで今回は、青物横丁駅近くにある品川区のお寿司屋さん「寿司 しながわ 葵」に行ってきました。
 
鮨処 有馬@札幌は極上の北海道ネタを存分に味わい尽くせる本格寿司屋! 『燻製キッチン』@大井町はあらゆる燻製料理が堪能できる大人の隠れ家! 燻製キッチン@大井町はあらゆる燻製料理が堪能できる大人の隠れ家!

寿司 しながわ 葵@青物横丁の立地

寿司 しながわ 葵」は京急本線の青物横丁駅から徒歩2分、駅から激近のビルにあります。

 

 

青横ビルの4階に入っています。

 

青物横丁はどちらかというと完全下町で「こんなとこに上品なお寿司屋さんなんてないだろう」という街。僕たちは懐疑的な気持ちを抱えたまま、雑居ビルのエレベーターを上がっていきました。

 

寿司 しながわ 葵@青物横丁の外観・内観

ビルは古いけど、店構えは見るからに新しそうな雰囲気でした。

 

ランチもやっています。1,500円で寿司10貫とはなかなかリーズナブル。JALカードで払うとマイル2倍!

 

夜のメニュー。今回我々は、特別会席「青森県大間の本鮪(まぐろ)と虎河豚(ふぐ)の会席」という、名前からしてスゴそうなコースにしました。お値段一人12,000円(税抜)なり。

 

店内は明るく清潔感のある雰囲気。

 

青横にあるのが信じられないくらいの上質空間です。カウンター奥には「祝三周年」の花が飾られていました。2014年12月オープン。

 

目の前ではいかつい風貌の店主が、手際よく寿司を握っていました。見た目とは裏腹におちゃめな人でした。

元・六本木のグランドハイアットホテル副料理長で、独立して地元のこちらにお店を構えたのだそう。

 

それでは、僕たちが食した「青森県大間の本鮪(まぐろ)と虎河豚(ふぐ)の会席」を紹介していきます。

 

Sponsored Links

 

寿司 しながわ 葵@青物横丁の本鮪と虎河豚の会席


コース内容
  • 先付:壬生菜お浸し
  • 前菜:河豚皮ポン酢
  • お造り:本鮪・虎河豚・毛ガニ・子持ち昆布
  • 煮物:鉄ちり小鍋仕立て
  • 焼物:河豚白子焼
  • 揚物:河豚唐揚げ
  • お食事:握り寿司七貫・お椀
  • 水菓子:柚子ゼリー・フルーツ

 

まずは壬生菜(みぶな)のお浸しから。

壬生菜のシャキシャキ感に、鰹節の風味とだしの旨味が絡んで口の中に広がります。幸先良いスタート。

 

河豚(ふぐ)皮ポン酢。ふぐ皮の弾力ある食感にポン酢の酸味、紅葉おろしのさっぱり感がマッチしていました。

 

旬のお造り盛り合わせ。

左が今回ファーストコンタクト、青森県大間の本鮪(マグロ)です。それから子持ち昆布、虎河豚、ガラス小鉢には毛ガニのカニ味噌和え。

 

ふぐ刺し。ギュッギュとした新鮮な身の歯ごたえが心地良く、ポン酢と親和性高し。

 

子持ち昆布。プツプツ感がたまらない。ほど良い苦味が素晴らしく、お酒が進みます。

 

毛ガニのカニ味噌和え。毛ガニの旨味とカニ味噌のコクの掛け算で奥深い味に。こりゃ完全に酒の肴なり。

 

いよいよお出まし、大間の本マグロ。

マクリン

もはやお肉! 肉厚なのに繊細かつ甘い!

口の中の温度で脂が溶け、絶妙な旨味と甘味が引き出されるのです。期待を裏切らないネタの良さ。

 

てっちり鍋。寒い時期には体に沁みます。

 

ハモのような弾力のふぐに、ポン酢のさっぱり感がよく合います。

 

ふぐの白子焼。

 

山椒の清涼感と相性抜群。香ばしい表面とプニュっとした食感の対比がクセになる逸品です。

 

ふぐの唐揚げ。肉厚でジューシー。ライムの酸味とふぐの脂が織りなすハーモニーに舌鼓を打ちました。

 

ここから握り寿司が七貫続きます。

まずは虎河豚。大将曰く獲れたてをすぐ出すのではなく、ある程度の期間寝かせたネタを(食べごろに合わせて)出しているとのこと。確かに歯ごたえと甘みがスゴかったです。

マクリン

全般的にいえることですが、シャリのほろほろ感と塩気が素晴らしい!

 

お造りにつづき、大間産マグロの漬け。ちょうどいい歯ごたえと滋味。

味がよく染みています。やはりネタの良さが際立ちます。

 

車海老。エビの旨味が凝縮されており、ぷりっぷりの身と相まって、エゲツない美味しさでした。

 

中トロ(もちろん大間産)。舌に載るとほろける柔らかさ。

それから突き抜ける華やかな甘味は、青森滞在時に食した絶品マグロ(深浦産だけど)を思い出しました。

マクリン

筆舌に尽くしがたい異次元のうまさ!

 

天然ぶり。脂の乗りが良すぎて、口に運んだらそのまま喉までスルッと通ってしまう、引っかかりのなさ。

まさに上品で良質すぎる脂を食しているという感じです。

 

大トロ(こちらも大間産)。身のほとんどを占める上質の脂が口の中で溶け、中トロ以上に華やかな甘味が抜けていく余韻がたまりません。

 

お味噌汁のやさしい出汁でほっこり。

 

最後は柚子ゼリー。果肉のザラつきとゼリーのバランスが良く、柚子の清涼感は舌に残った脂の後にぴったりです。

 

Sponsored Links

 

寿司 しながわ 葵@青物横丁まとめ

雑居ビルの4階にまさかこんな上質空間があるとは予想外でした。

まさに大人の隠れ家

今回食べた会席は一人12,000円と決して安い値段ではありませんが、内容から考えるとコストパフォーマンス良すぎです。

店員さんの人柄も魅力。

たまに見せるユーモラスな一面がかわいい大将の仕事っぷりは見事ですが、それだけではありません。

愛想よい女将さんの接客も素晴らしく、最後まで気持ち良くお見送りしてくださいます。

マクリン

とても居心地の良いお店なので、デートにも仕事にもオールマイティに使いやすいですよ。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

お店情報
  • 店名:寿司 しながわ 葵
  • 住所:東京都品川区南品川3-5-3 青横ビル 4F
  • 電話番号:050-5592-6503
  • 営業時間:11:30~14:30(ラストオーダー14:00)/18:00~22:00(ラストオーダー21:30)
  • 定休日:月曜日
  • お支払い方法:クレジットカード可(VISA、MASTER、AMEX)
参考 寿司 しながわ 葵食べログ 鮨処 有馬@札幌は極上の北海道ネタを存分に味わい尽くせる本格寿司屋! 『燻製キッチン』@大井町はあらゆる燻製料理が堪能できる大人の隠れ家! 燻製キッチン@大井町はあらゆる燻製料理が堪能できる大人の隠れ家!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です